fixedImage

TOEIC、英検、英会話、英語学習法紹介

TOEIC 英検 英語学習
英語嫌いを克服し1年でTOEIC 900を達成した(現在は990(満点)、英検1級、TOEFL 600)英語・英会話学習法、TOEIC・英検攻略、海外ドラマ情報をお届け。
1年でTOEIC 900の秘訣
分かる! 解ける! 英文法!
初心者用講座!
英語真っすぐリーディング講座
英会話のための英文法
勘違い解消でTOEICアップ!
無料レポート
「1年でTOEIC 900!
TOEICの意外な落とし穴」

無料レポートの入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて、送信を押すだけ。さらには単語の覚え方、英会話上達についてまとめた無料レポートも。

そのアドレスに人が読んでいる私の無料メールマガジン(メルマガ)と一緒にお送りいたします。

メルマガ読者登録は完全無料、いつでも配信停止可能
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたメールアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。




日本の教習所システムは特殊

The English Timesの編集後記より

日本で車の運転免許を取る場合、

「教習所に通って、最後に試験場で筆記試験を受けて合格する」

というのが一般的です。
最後の筆記試験以外は教習所ですべて済ませてしまいます。

技術試験(実際に運転する試験)は教習所で行います。
費用は大体30万円です。


でも、アメリカだと全然方式が違うんですよね。

アメリカだと、「教習所」というものは基本的にありません。
親とかに運転を習って試験を受けて合格すれば免許取得というものです。

そのため、費用は日本に比べればかなり安く済みます。


日本でもこのように「独自に練習して試験を受けに行く」という方式もあること
はあるのですが、その場合、教習所で受ける試験よりもずっとむずかしくて、
なかなか合格できないと言われています。

私も教習所に行っていましたが、教習所の試験はそれほどむずかしくなく、
落ちている人もいましたが、合格者が多かった印象です。


日本ではこのようにお金がかかるわけですから、一度免許を取ったら、
基本的には必ず更新します。

「最近車乗らないから今はいいや。また乗るようになったら取ろう」

とは考えません。


ただ、アメリカ人の友人はその辺の事情を知らなかったようで、
免許更新せずに免許がなくなってしまいました。

アメリカでは簡単に免許を取れるので、アメリカに住んでいる時代に免許を取
り、それを日本に住み始めてから日本の免許に変更したそうです。

ただ、めんどくさかったのか、更新を怠ってしまいました。

「また取ればいいや」と試験を受けたそうですが、
外国人で日本語が不自由ということもあり、落ちてしまったそうです。


「礼金」も外国人には理解されがたい習慣だと聞きますが、
この免許取得も外国人は注意が必要ですね。

無料レポート「必須英単語2000語を半年で苦労なく覚える方法」
通信簿が2で、英語が大嫌いだった私が1年でTOEIC 900を達成した原動力です。

書きまくりや、赤シート、カードなんか使わなくたって英単語は苦労なく覚えられるんです!

その英単語の覚え方を無料レポートで解説! さらにはTOEIC対策、英会話上達についてまとめた無料レポートも。人が読んでいるの無料メールマガジンと共にお届け。メールマガジンは読者登録は完全無料、不要になったらいつでも配信停止可能

無料レポート入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて"送信"を押すだけ。入力されたアドレスにお送りいたします。
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。
メルマガの編集後記