fixedImage

TOEIC、英検、英会話、英語学習法紹介

TOEIC 英検 英語学習
英語嫌いを克服し1年でTOEIC 900を達成した(現在は990(満点)、英検1級、TOEFL 600)英語・英会話学習法、TOEIC・英検攻略、海外ドラマ情報をお届け。
1年でTOEIC 900の秘訣
分かる! 解ける! 英文法!
初心者用講座!
英語真っすぐリーディング講座
英会話のための英文法
勘違い解消でTOEICアップ!
無料レポート
「1年でTOEIC 900!
TOEICの意外な落とし穴」

無料レポートの入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて、送信を押すだけ。さらには単語の覚え方、英会話上達についてまとめた無料レポートも。

そのアドレスに人が読んでいる私の無料メールマガジン(メルマガ)と一緒にお送りいたします。

メルマガ読者登録は完全無料、いつでも配信停止可能
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたメールアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。




日本馬がヨーロッパに遠征すると起きる事

The English Timesの編集後記より

ちょっと前の話になりますが、オルフェーヴルという馬が、
世界最高峰のレース、「凱旋門賞」に挑戦しました。

今まで、日本勢は2着が2回あるのが最高。

今年こそは! と思ったのですが、
今回も2着でした…。

ただ、私の中で、今回の2着は今までの2着とは全然印象が違います。

今までの2着は、普通の2着と言いますか、
「普通の流れで惜しくも2着になった」という感じ。

ただ、今回は、

「直線半ばで、すごい勢いでぶっちぎったのに、
 突然ゴール前で失速して差し替えされた」

という変な負け方でした。


日本のレースではなかなか普通はない負け方です。

しかし、日本馬がヨーロッパ挑戦をした際にはよく見かけて来た光景です。

なぜか、日本馬はヨーロッパで走ると、
直線の最初の勢いはものすごくても、それが一瞬で終わってしまい、
ゴール前ではばててしまうことが何回かあったのです。

なので、今回もぶっちぎったのを見ても、

「日本ならこれで決まりだけど、またあれがあるかもしれないぞ…」

と思っていたので、負けた時も「あー、やっぱり…」と思いました。

騎手もそれはわかっているので、今回はスパートを遅らせていたのですが、
それでも止まってしまいました。


日本の馬は、一瞬の勢いはほんとすごいんですよね。
でも、ゴール前で止まってしまう。

ヨーロッパの馬は逆に、なんか鈍重で最高速度は遅いのですが、
なっかなかばてない。

日本の競馬場は芝が綺麗に短く整っていて走りやすいのに対して、
ヨーロッパの競馬場は、芝が長く、地面も傾斜があって走りづらい。

こういう差もあるんでしょうね。

何回も見て来たとは言え、グーンと来て、「勝った! あれ止まった…」って
光景は残念です。

無料レポート「必須英単語2000語を半年で苦労なく覚える方法」
通信簿が2で、英語が大嫌いだった私が1年でTOEIC 900を達成した原動力です。

書きまくりや、赤シート、カードなんか使わなくたって英単語は苦労なく覚えられるんです!

その英単語の覚え方を無料レポートで解説! さらにはTOEIC対策、英会話上達についてまとめた無料レポートも。人が読んでいるの無料メールマガジンと共にお届け。メールマガジンは読者登録は完全無料、不要になったらいつでも配信停止可能

無料レポート入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて"送信"を押すだけ。入力されたアドレスにお送りいたします。
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。
メルマガの編集後記