TOEIC、英検、英会話、英語学習法紹介

TOEIC 英検 英語学習
英語嫌いを克服し1年でTOEIC 900を達成した(現在は990(満点)、英検1級、TOEFL 600)英語・英会話学習法、TOEIC・英検攻略、海外ドラマ情報をお届け。
1年でTOEIC 900の秘訣
分かる! 解ける! 英文法!
初心者用講座!
英語真っすぐリーディング講座
英会話のための英文法
勘違い解消でTOEICアップ!
無料レポート
「1年でTOEIC 900!
TOEICの意外な落とし穴」

無料レポートの入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて、送信を押すだけ。さらには単語の覚え方、英会話上達についてまとめた無料レポートも。

そのアドレスに人が読んでいる私の無料メールマガジン(メルマガ)と一緒にお送りいたします。

メルマガ読者登録は完全無料、いつでも配信停止可能
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたメールアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。




「ありえないかもしれないけど」は英語で?

◆--------------------------------------------------------------------◇
        英語力向上メルマガ The English Times
     第988号 2013/07/22 (月) 発行    発行者:鈴木 拓
◇--------------------------------------------------------------------◆

こんにちは。The English Timesをお読みいただきありがとうございます。
発行者の鈴木 拓(すずき たく)です。


「本講座や英検対策のおかげもあって、英検準1級の1次試験合格しました!
 しかも、前回の42点に比べ一気に点数が69点まで伸びての合格です」
 (受講生様、H.K様(プライバシー保護のためイニシャル表記)のご感想)


「英語を読むのが遅くて…」
「日本語に訳して読まないと読めなくて…」
「長い文、複雑な文が苦手で…」

そんな方にオススメなのが、人気の新講座、

「1年でTOEIC 900! 英語真っすぐリーディング講座」
http://51.thebelltree.com/reading35.htm

現在、第53期生を募集させていただいております。
(締切は、今週7月25日(木)になります)


学校では、英語を日本語に訳して読むように習いますが、
実はこれは間違った読み方。
.   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

英語ができる人は、わざわざ日本語に訳して読まず、
英語は英語のまま読みます。

逆に、「日本語でなんて言うの?」と聞かれても、

「え? 日本語で? 考えてないからなぁ」

と即答できなかったりするのです。


「英語で読む」と言うと、

「そうだよね。日本語と英語では語順が違うから、英語の語順で読まないとね。
 それには、日本語にとらわれず、先頭から単語や熟語の意味をつなげて読まな
 いと」

といったことを思い浮かべるかもしれません。


しかし、私が言いたいのはそういうことではないのです。

確かに、簡単な文なら、単語や熟語の意味をつなげれば読めます。
しかし、

「長い文、複雑な文になると読めなくなってしまう」

なんてことないですか?


これは、英語の読み方がわからず、適当にフィーリングで読んでいるために起き
てしまうことなのです。

そうではなく、英語が読める人は、ちゃんと、「読むポイント」というのがわ
かっています。

これがわかって、それを練習すれば、徐々に英語は英語のまま読め、
最終的には、日本語と同じように読めるようになってきます。


この読むポイントを学べるのが、

「1年でTOEIC 900! 英語真っすぐリーディング講座」
http://51.thebelltree.com/reading35.htm

なのです。


ネイティヴの音声付きですし、
わからないところがあったら、制作者の私に直接メールでご質問できます。

リーディング力を向上させたい方のお役に立てれば幸いです。

詳しくは↓をご覧下さいませ。
無料サンプル、ご質問と回答の例も公開しております。

詳しい内容は↓をご覧下さいませ。
http://51.thebelltree.com/reading35.htm

すでに内容を把握されていて、すぐにお申し込みされたい方は↓
http://51.thebelltree.com/r35apply.htm


※:このメールは、講座受講中かどうかに関係なく、
  無料メルマガ「The English Times」をお読みの方全員にお送りしています

※:当メルマガについて
http://www.thebelltree.com/tet.html

その他の情報は当メルマガの下部をご覧下さいませ。


────────────────────────────────────
◆今号のあらすじ (フレンズ、シーズン3のエピソード12)
------------------------------------------------------------------------

セントラルパーク(喫茶店)。

レイチェルとロスが座って話している。

レイチェルは転職したばかりなのだが、新しい同僚のマークとやたらと仲が良
い。彼氏のロスはそれに嫉妬して、我慢ならない。

そんな嫉妬心から、ロスはいろいろな失態をして、レイチェルに迷惑をかけて
しまう。

そのため、ロスは心から謝っている。

その中で、「マークの件は僕には辛いということだけはわかってほしい」と言
う。

ちなみに、セントラルパークの店長のガンターが後ろで密かに盗み聞きしてい
る。ガンターはレイチェルが好きなので、ロスとレイチェルの交際の行方が気に
なるようだ。


■フレンズって何?
http://www.thebelltree.com/aboutfriends.html

■今回のエピソードが収録されているDVD
http://amazon.co.jp/o/ASIN/B0009Q0JFQ/thebelltree-22/

■前号の場面からの続きです。前号のバックナンバーは↓をどうぞ。
http://www.thebelltree.com/archives/2013/07/130716.html



────────────────────────────────────
◆スクリプト+日本語訳
------------------------------------------------------------------------

レイチェル: Honey, why is it hard? We've been together for almost a
      year now?

ロス: Well, I was with Carol for like eight years and I lost her. And
   now, if it's possible, I think I love you even more. So, it's
   hard for me to believe I'm not gonna ... well that ... someone
   else isn't gonna take you away.

ガンター: Let it be me ... let it be me!



ーThinking Time 日本語訳を見る前に、英語だけで意味を考えてみてくださいー



レイチェル:ロス、なんで辛いの? 私たちもう1年近く付き合っているのよ。

ロス:あぁ、僕はキャロルとは8年ぐらい一緒だったんだ。それで別れてしまっ
   た。そして、もしかしたら、僕はあのとき以上に君を愛していると思う。
   だから、僕は信じたくないんだ、僕が…、その…、誰かが君を奪い去って
   しまうなんて。

ガンター:それは僕でありますように…、僕でありますように!



────────────────────────────────────
◆英会話表現解説
------------------------------------------------------------------------

■like ロス

「好き」という意味の動詞で知られている単語ですが、
実は、それ以外の意味でも、ネイティヴはとてもよく使う単語なのです。

ここでは、「~ぐらい」「~みたいな」と言うように、
意味をぼかす意味で使われています。

ロスは、前妻のキャロルと一緒だった期間が厳密には覚えていないものの、
8年ぐらいだった(それぐらい長い期間だった)として、

「僕はキャロルとは8年ぐらい一緒だったんだ」

I was with Carol for like eight years

と言っています。


☆[英文法の知識を使って、英会話の応用トレーニング!]

ここでのlikeは特に意味のない単語として使われていますが、
もともとは、前置詞で「~みたい」という意味のlikeから来ています。

This book is like a movie!
「この本は映画みたいだ!」



■if it's possible ロス

直訳すると、「もしそれが可能なら」という意味ですが、
ネイティヴはよく、

「ありえないかもしれないけど」
「もしかしたら」

という意味で使います。

特に、ロスが今回使ったように、比較級と一緒に使って、

「あれ以上なんてあり得ないかもしれないけど、現にそうかもしれないんだ」

という意味でよく使います。


ロスは前の妻のキャロルのことを、それ以上なんてあり得ないぐらいとても愛し
ていたけど、レイチェルのことは、それよりもっと愛していると思うとして、

「もしかしたら、僕はあのとき以上に君を愛していると思う」

と言っています。


☆[英文法の知識を使って、英会話の応用トレーニング!]

もちろん、if it's possibleは従来の意味である「もし可能なら」という意味
で使うことができます。

よくお願いの表現で使います。

Can we change the schedule if it's possible?
「もし可能なら予定を変えていいかな?」



■let it be me ガンター

直訳すると、「それが私であることを許せ」ですが、

これは神様や運命にお願い、お祈りするときに使う表現で、
抽選で1人選ばれたり、昇進で1人選ばれたり、など、こういった状況で、

「それが自分に当たりますように」

という意味で使う表現です。


ロスが「誰かがレイチェルを奪ってしまうかもしれない」と言います。

それを盗み聞きしていたガンターは、独り言で、

「それは僕でありますように…、僕でありますように!」

Let it be me ... let it be me!

と言っています。


★ 英語を真っすぐに読む力を身に付けるには↓から!
http://51.thebelltree.com/reading35.htm

★ 基礎からじっくり、英会話でも応用できる力を身に付けるならこちら!
http://51.thebelltree.com/newbeginning24.htm

★ 英文法を最初の基礎から一緒にがんばろう! 私に直接メールで質問できる!
http://51.thebelltree.com/grammar51.htm



────────────────────────────────────
◆編集後記
------------------------------------------------------------------------

「日本の大学受験は厳しくて、日本人の高校生はよく勉強する」

とよく言われていますし、多くの外国人もそういう先入観を持っています。


しかし、アメリカ人の友人が教えている高校ではそうでもないようで、
友人も、

「自分の友人も日本の高校で教えているけど、多くのネイティヴは"学生が勉強
 しない"とがっかりする」

と言っていました。

「そうかねぇ」と思っていたのですが、よくよく聞いていると、
彼が教えているのは、高校1年生だけだと判明。

高校1年生っていうと、まだまだ大学受験は先の話。

進学校は別でしょうし、進学校じゃなくても真面目な生徒はちゃんと勉強します
が、高校1年生となると、まぁ、いい加減になりますよね。

「ある程度はいい点取りたいから、試験前とかはがんばるけど、
 普段からガリガリ勉強したりはしないよ」

というのが平均的な高校生ではないでしょうか?
私もそうでした。


ガリガリ勉強するのは、高校3年生になってから。
早くても、高校2年の後半、遅いと、高校3年の後半になってからというのも
珍しくないです。

この時期は本当にやる人はバリバリやります。

「寝る時間とご飯を食べる時間以外はすべて勉強」
「寝る時間も削って勉強」

なんて人は珍しくもなんともありません。


高校1、2年はダラダラだったけど、高校3年になったら急にスイッチが入って
別人のように勉強する。

そういう人は珍しくないですし、私も一杯見て来ました。

私から見れば、これは当たり前ですし、高校生ってそういうものだと思っていま
す。


しかし、アメリカにはそういう現象はないようで、
そういった「突然、勉強し出す」というのは理解ができないようです。

アメリカだと、最初から勉強する人は勉強するし、
勉強しない人は勉強しないままであることが多いそうです。


「高校1年は高校生活をエンジョイ。
 高校3年になったらスイッチが入る」
(もちろん、スイッチが入らないまま終わる人も多いですが(笑))

なんとも当たり前だと思っていたことが、
外国から見ると不思議なんだなぁと、文化の違いを実感しました。
無料レポート「必須英単語2000語を半年で苦労なく覚える方法」
通信簿が2で、英語が大嫌いだった私が1年でTOEIC 900を達成した原動力です。

書きまくりや、赤シート、カードなんか使わなくたって英単語は苦労なく覚えられるんです!

その英単語の覚え方を無料レポートで解説! さらにはTOEIC対策、英会話上達についてまとめた無料レポートも。人が読んでいるの無料メールマガジンと共にお届け。メールマガジンは読者登録は完全無料、不要になったらいつでも配信停止可能

無料レポート入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて"送信"を押すだけ。入力されたアドレスにお送りいたします。
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。
英語力向上メルマガThe English Times