TOEIC、英検、英会話、英語学習法紹介

TOEIC 英検 英語学習
英語嫌いを克服し1年でTOEIC 900を達成した(現在は990(満点)、英検1級、TOEFL 600)英語・英会話学習法、TOEIC・英検攻略、海外ドラマ情報をお届け。
1年でTOEIC 900の秘訣
分かる! 解ける! 英文法!
初心者用講座!
英語真っすぐリーディング講座
英会話のための英文法
勘違い解消でTOEICアップ!
無料レポート
「1年でTOEIC 900!
TOEICの意外な落とし穴」

無料レポートの入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて、送信を押すだけ。さらには単語の覚え方、英会話上達についてまとめた無料レポートも。

そのアドレスに人が読んでいる私の無料メールマガジン(メルマガ)と一緒にお送りいたします。

メルマガ読者登録は完全無料、いつでも配信停止可能
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたメールアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。




sweetは「甘い」ではない?

◆--------------------------------------------------------------------◇
        英語力向上メルマガ The English Times
     第990号 2013/07/29 (月) 発行    発行者:鈴木 拓
◇--------------------------------------------------------------------◆

こんにちは。The English Timesをお読みいただきありがとうございます。
発行者の鈴木 拓(すずき たく)です。


「TOEIC 235点と英語が苦手だったのに、745点まで伸びました。
 この講座のおかげもあって、510点アップです!」(受講生さんのご感想)

じっくり型、英会話で役立つ応用力も養える、大人気の新講座、

「ゼロからの英語やり直し教室 New Beginning」
http://51.thebelltree.com/newbeginning24.htm

では現在第76期生を募集させていただいておりますが、
その締切が、今週木曜8月1日と迫ってまいりました。


「英語がとにかくしゃべれない」
「適当に知っている単語を並べてるだけ」
「知っている単語、知っている構文なのに、いざ英会話になるとしゃべれない」
「TOEIC対策がんばったのに、英会話はあまり進歩してない」

なんて経験ありませんか?


「英語を読んだり、聞いたりしてわかること」
「TOEICの問題が解けること」



「英語が話せること」

はまったく別の話なのです。


「読み聞き」と「TOEIC」は知識を身に付ければ上達します。

しかし、「英会話」は知識を身につけただけでは不十分で、
その知識を使って、自分で英文を作る練習をしないといけないのです。


現に、私はTOEIC 660と、なかなか良いスコアを持っていた時代でさえも、
(今では、TOEIC 990(満点)、英検1級を持っています)

簡単な英語すらしゃべることができず。

「え!? 自分ってこんなにしゃべれないのか!」
「読んでわかることと、しゃべれることってここまで違うのか!」

とショックを受けたことがあります。


・英文のツールの基礎知識を身に付ける
・身につけた知識を使って、英文を作れるようになり、英会話でも応用できる力
 を身に付ける

こちらをやっていただけるのが、本講座。

基礎からじっくりと説明させていただきますので、初心者の方も安心ですし、

知識を身に付けるだけでなく、その知識を使って、英文を作っていただきますの
で、英会話を上達させたい方にはピッタリの講座となります。

アメリカ人(女性)、イギリス人(男性)のネイティヴ音声付きで、
わからないところは、制作者である私に直接メールでご質問いただけます。

詳しくは↓をご覧下さいませ。
無料サンプル、サポート制度でのご質問と回答の例も公開しております。
締切が今週木曜8月1日と、迫っておりますのでお急ぎください。

詳しい内容、お申込は↓をご覧下さいませ。
http://51.thebelltree.com/newbeginning24.htm

すでに内容を把握されていて、すぐにお申し込みたい方は↓より。
http://51.thebelltree.com/nb24apply.htm


※:このメールは、講座受講中かどうかに関係なく、
  無料メルマガ「The English Times」をお読みの方全員にお送りしています

※:当メルマガについて
http://www.thebelltree.com/tet.html

その他の情報は当メルマガの下部をご覧下さいませ。


────────────────────────────────────
◆今号のあらすじ (フレンズ、シーズン3のエピソード12)
------------------------------------------------------------------------

セントラルパーク(喫茶店)。

レイチェルとロスが座って話している。
チャンドラーは、離れた席に座って、一人でペンで遊んでいる。

レイチェルは転職したばかりなのだが、新しい同僚のマークとやたらと仲が良
い。彼氏のロスはそれに嫉妬して、我慢ならない。

そんな嫉妬心から、ロスはいろいろな失態をして、レイチェルに迷惑をかけて
しまう。

そのため、ロスは心から謝っている。

その中で、ロスは過去に長年の交際の後に別れてしまった昔の妻の話をし、
それ以上に愛しているレイチェルとも同じように別れてしまうのではないかと心
配でたまらないと正直に打ち明ける。


■フレンズって何?
http://www.thebelltree.com/aboutfriends.html

■今回のエピソードが収録されているDVD
http://amazon.co.jp/o/ASIN/B0009Q0JFQ/thebelltree-22/

■前号の場面からの続きです。前号のバックナンバーは↓をどうぞ。
http://www.thebelltree.com/archives/2013/07/130722.html



────────────────────────────────────
◆スクリプト+日本語訳
------------------------------------------------------------------------

レイチェル: Honey, that's very sweet, it just seems to me though, that
      if two people love each other and trust each other, like we
      do, there's no reason to be jealous. (she kisses him)

ロス: I gotta get going. Bye Chandler.



ーThinking Time 日本語訳を見る前に、英語だけで意味を考えてみてくださいー



レイチェル:本当に嬉しいわ。でも、私はね、私たちみたいにお互いに愛し合っ
      ていて、信頼し合っているなら、嫉妬する理由なんてないと思う
      わ。(ロスにキス)

ロス:そろそろ行かなきゃ。じゃあね、チャンドラー。



────────────────────────────────────
◆英会話表現解説
------------------------------------------------------------------------

■sweet レイチェル

「甘い」という意味で覚えている方が多いと思いますが、
ネイティヴはよく別の意味で使います。

ただ、厄介なことに、日本語でピタリと合う言葉はありません。

「優しい、親切」というような意味もありますし、
「(子どものように)可愛い」というような意味もありますし、
「嬉しい、心温まる」というような意味もあります。

残念ながら、こういった、日本語にはない単語は、
海外ドラマなど、多くの生英語に触れて、自分なりに感覚をつかむしかありま
せん。


レイチェルは、ロスが正直に気持ちを打ち明けてくれたこと、
そして、子どもっぽさがありつつも、レイチェルと別れてしまわないか心配し
ていること、レイチェルのことをとても愛していると言ってくれたこと。

それに対して、

「本当に嬉しいわ」

that's very sweet

と言っています。


先ほどもお話ししたように、sweetは日本語にはピタリと当てはまる語はありま
せん。上記では「嬉しい」訳を書きましたが、これは便宜上です。



■though レイチェル

「~にもかかわらず」という意味の従属接続詞として覚えている方が多いです
が、実は、ネイティヴは副詞として使ってしまうことが多いのです。

意味はhoweverと同じで、「しかし」「だけれども」という意味。
howeverほどフォーマルではなく、くだけた印象です。


ロスの謝罪を聞いて、レイチェルはまず素直にsweetと言った上で、
「心配し過ぎだよ」という前に、

「でも、私はね、私たちみたいにお互いに愛し合っていて、
 信頼し合っているなら、嫉妬する理由なんてないと思うわ」

it just seems to me though, that if two people love each other and
trust each other, like we do, there's no reason to be jealous.

と言っています。


☆[英文法の知識を使って、英会話の応用トレーニング!]

先ほどお話したように、thoughは本来は従属接続詞。

I had to go out, though it was raining.
「雨が降っていたにもかかわらず、私は外出しなければならなかった」

このように、後ろに文を置いて、「though+文」で副詞節を作ります。



■get going ロス

直訳すると、「行くことを手に入れる」となりますが、
これはネイティヴが会話でよく使う表現。

「(話や用事を切り上げて)行く、出発する、去る」

という意味になります。


ロスの謝罪を受け入れ、レイチェルはキスをして仲直り。
ロスも安心したようで、

「そろそろ行かなきゃ」

I gotta get going.

と言っています。


☆[英文法の知識を使って、英会話の応用トレーニング!]

gottaというのは、got to「~しなくてはならない」の略形。

got toは学校では習わないことが多いですが、
have toと同じ意味です。

got to、have got toと、過去形か現在完了形で使われるのですが、
意味はhave toと同じく、「~しなくてはならない」と現在形です。


★ 基礎からじっくり、英会話でも応用できる力を身に付けるならこちら!
http://51.thebelltree.com/newbeginning24.htm

★ 英文法を最初の基礎から一緒にがんばろう! 私に直接メールで質問できる!
http://51.thebelltree.com/grammar51.htm

★ 英語を真っすぐに読む力を身に付けるには↓から!
http://51.thebelltree.com/reading35.htm



────────────────────────────────────
◆編集後記
------------------------------------------------------------------------

本メルマガでは、日本語訳も書いているのですが、
日本語訳を書くのに、苦労する単語がいくつかあります。

今回お話しした、sweetはそのうちの1つ。

「優しい」というような意味もありますし、
「(子どものような純粋さがあって)可愛い」というような意味もありますし…

日本語ではぴったりとした表現がないんですよね。


あと、意外と大変なのが、heyなんです。
ネイティヴは男女問わず、友達にあったら、heyと呼びかけます。

でも、日本人はあんまりそういう呼びかけをしませんよね。

こっちが近づいて来ているのに、相手が気づいていない時は、

「おーい!」「○○ちゃーん!」

とか言いますが、相手が気づいているのなら、特に何も言わなかったり、
「久しぶり」とか、「お疲れさま」とか、別のことを言ったりします。

なので、heyも日本語にはない表現なんですよね。


私は、学習法のメルマガなどで、常々

「今すぐは無理でも、将来的には日本語に訳すのではなく、
 英語のまま理解できるようになることを目指すべき」

とお話させていただきますが、こういった日本語にない表現があることも、
その理由の1つです。
無料レポート「必須英単語2000語を半年で苦労なく覚える方法」
通信簿が2で、英語が大嫌いだった私が1年でTOEIC 900を達成した原動力です。

書きまくりや、赤シート、カードなんか使わなくたって英単語は苦労なく覚えられるんです!

その英単語の覚え方を無料レポートで解説! さらにはTOEIC対策、英会話上達についてまとめた無料レポートも。人が読んでいるの無料メールマガジンと共にお届け。メールマガジンは読者登録は完全無料、不要になったらいつでも配信停止可能

無料レポート入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて"送信"を押すだけ。入力されたアドレスにお送りいたします。
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。
英語力向上メルマガThe English Times