fixedImage

TOEIC、英検、英会話、英語学習法紹介

TOEIC 英検 英語学習
英語嫌いを克服し1年でTOEIC 900を達成した(現在は990(満点)、英検1級、TOEFL 600)英語・英会話学習法、TOEIC・英検攻略、海外ドラマ情報をお届け。
1年でTOEIC 900の秘訣
分かる! 解ける! 英文法!
初心者用講座!
英語真っすぐリーディング講座
英会話のための英文法
勘違い解消でTOEICアップ!
無料レポート
「1年でTOEIC 900!
TOEICの意外な落とし穴」

無料レポートの入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて、送信を押すだけ。さらには単語の覚え方、英会話上達についてまとめた無料レポートも。

そのアドレスに人が読んでいる私の無料メールマガジン(メルマガ)と一緒にお送りいたします。

メルマガ読者登録は完全無料、いつでも配信停止可能
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたメールアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。




アメリカは文武両道色が強い

英語・英会話 ENJOY 大事典の編集後記より

私も教育関係の仕事をしていて、アメリカ人の友人も教育関係の仕事をしている
ので、よく教育の話になるのですが、アメリカの大学入試で、不思議だなぁと
感じるのは、

「大学の入学審査に、高校の成績も見る場合が多い」

ということ。

日本では、高校入試には成績を見ることは多いですが、
大学入試に高校の成績を見ると言うのはほとんど聞いたことがありません。

しかも、体育とか家庭科の成績まで見るのだとか。


野球が強い大学、例えば、早稲田大学の野球部に入るとかならわからなくは
ないですが、例えば、東京大学に入る人の体育の成績を見るとか、日本じゃ考え
られないですよね。

私が運動音痴なせいもあるのかもしれませんが、

「なんで勉強しに行くのに、体育の成績が関係あるわけ?」

と疑問に思ってしまいます。


ただ、アメリカは「文武両道」を重んじる部分があるなぁというのは、
前から感じます。

例えば、アメリカの大学では、プロに入れるほど優れたバスケットボール選手で
も、大学の成績が一定以上でないと出場できない規定があります。

日本だと、なかなか考えられないことですよね。

無料レポート「必須英単語2000語を半年で苦労なく覚える方法」
通信簿が2で、英語が大嫌いだった私が1年でTOEIC 900を達成した原動力です。

書きまくりや、赤シート、カードなんか使わなくたって英単語は苦労なく覚えられるんです!

その英単語の覚え方を無料レポートで解説! さらにはTOEIC対策、英会話上達についてまとめた無料レポートも。人が読んでいるの無料メールマガジンと共にお届け。メールマガジンは読者登録は完全無料、不要になったらいつでも配信停止可能

無料レポート入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて"送信"を押すだけ。入力されたアドレスにお送りいたします。
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。
メルマガの編集後記