fixedImage

TOEIC、英検、英会話、英語学習法紹介

TOEIC 英検 英語学習
英語嫌いを克服し1年でTOEIC 900を達成した(現在は990(満点)、英検1級、TOEFL 600)英語・英会話学習法、TOEIC・英検攻略、海外ドラマ情報をお届け。
1年でTOEIC 900の秘訣
分かる! 解ける! 英文法!
初心者用講座!
英語真っすぐリーディング講座
英会話のための英文法
勘違い解消でTOEICアップ!
無料レポート
「1年でTOEIC 900!
TOEICの意外な落とし穴」

無料レポートの入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて、送信を押すだけ。さらには単語の覚え方、英会話上達についてまとめた無料レポートも。

そのアドレスに人が読んでいる私の無料メールマガジン(メルマガ)と一緒にお送りいたします。

メルマガ読者登録は完全無料、いつでも配信停止可能
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたメールアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。




アメリカの不思議なところ

英語・英会話 ENJOY 大事典の編集後記より

英語学習をしていると、どうしても、アメリカと言う国のことをいろいろと
知ることになります。

アメリカは世界一の先進国で、魅力的なところも一杯あります。
しかし、逆に、不思議なところも多いんですよね。

特に2つ。「え?」と感じてしまうのが、

1、一般市民が銃を合法的に所持できる
2、誰でも加入できる医療保険制度がない

というもの。

恐らく、先進国ではこれはアメリカだけだと思います。


日本はもちろん、ヨーロッパでも、
「銃を一般市民が持てない」というのはごくごく当然と受け止められています
が、アメリカではそうではないんですよね。

銃での悲劇が起こると、「被害者が銃を持っていれば、応戦できただろうに」と
嘆く人もいるほど。


医療保険制度も、日本では、ほとんどの人が公的な医療保険に加入していて、
たとえケガや病気をしても、全額負担をせずに済みます。

でも、アメリカでは、「保険に入るかどうかは自由であるべき」という考えで、
半ば加入を強制する医療保険制度は、「自由の侵害」という人も多かったり
します。


「たくましい」と言えばたくましいですけどね。
もちろん、弊害もすごく多そうですが。

無料レポート「必須英単語2000語を半年で苦労なく覚える方法」
通信簿が2で、英語が大嫌いだった私が1年でTOEIC 900を達成した原動力です。

書きまくりや、赤シート、カードなんか使わなくたって英単語は苦労なく覚えられるんです!

その英単語の覚え方を無料レポートで解説! さらにはTOEIC対策、英会話上達についてまとめた無料レポートも。人が読んでいるの無料メールマガジンと共にお届け。メールマガジンは読者登録は完全無料、不要になったらいつでも配信停止可能

無料レポート入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて"送信"を押すだけ。入力されたアドレスにお送りいたします。
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。
メルマガの編集後記