fixedImage

TOEIC、英検、英会話、英語学習法紹介

TOEIC 英検 英語学習
英語嫌いを克服し1年でTOEIC 900を達成した(現在は990(満点)、英検1級、TOEFL 600)英語・英会話学習法、TOEIC・英検攻略、海外ドラマ情報をお届け。
1年でTOEIC 900の秘訣
分かる! 解ける! 英文法!
初心者用講座!
英語真っすぐリーディング講座
英会話のための英文法
勘違い解消でTOEICアップ!
無料レポート
「1年でTOEIC 900!
TOEICの意外な落とし穴」

無料レポートの入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて、送信を押すだけ。さらには単語の覚え方、英会話上達についてまとめた無料レポートも。

そのアドレスに人が読んでいる私の無料メールマガジン(メルマガ)と一緒にお送りいたします。

メルマガ読者登録は完全無料、いつでも配信停止可能
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたメールアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。




なぜ漁は早朝にするのか?

英語・英会話 ENJOY 大事典の編集後記より

NHKを見ていたら、たまたま石川県のブリ漁のドキュメンタリーをやっていまし
た。

その中で、まだ真っ暗な早朝(というか、まだ深夜?)から、寒い中、漁にで
かける若い漁師たちが出ていました。

冬は日が昇るのが遅く、早朝はとても寒いはず。
しかも、石川県は日本海側にあるので、余計寒いはずです。

なぜ、そんな過酷な時間に漁に出るのだろう?

そして、よく考えてみると、プロの漁師さんたちって、みんな早朝に漁をして
いるイメージばかり。

早朝に魚を取って来て、朝市で売る…。

魚は昼でもいるはずなのに、なぜわざわざ過酷な条件である早朝に漁に出るの
だろう? と不思議に思ったのですが、どうやらそれは、まだ暗いうちの方が
活発な魚が多く、良く捕れるからだそうです。

なるほど、確かにそれだったら、たとえ過酷な条件でも、早朝に捕るのがベスト
なのだなと納得しました。

無料レポート「必須英単語2000語を半年で苦労なく覚える方法」
通信簿が2で、英語が大嫌いだった私が1年でTOEIC 900を達成した原動力です。

書きまくりや、赤シート、カードなんか使わなくたって英単語は苦労なく覚えられるんです!

その英単語の覚え方を無料レポートで解説! さらにはTOEIC対策、英会話上達についてまとめた無料レポートも。人が読んでいるの無料メールマガジンと共にお届け。メールマガジンは読者登録は完全無料、不要になったらいつでも配信停止可能

無料レポート入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて"送信"を押すだけ。入力されたアドレスにお送りいたします。
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。
メルマガの編集後記