TOEIC、英検、英会話、英語学習法紹介

TOEIC 英検 英語学習
英語嫌いを克服し1年でTOEIC 900を達成した(現在は990(満点)、英検1級、TOEFL 600)英語・英会話学習法、TOEIC・英検攻略、海外ドラマ情報をお届け。
1年でTOEIC 900の秘訣
分かる! 解ける! 英文法!
初心者用講座!
英語真っすぐリーディング講座
英会話のための英文法
勘違い解消でTOEICアップ!
無料レポート
「1年でTOEIC 900!
TOEICの意外な落とし穴」

無料レポートの入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて、送信を押すだけ。さらには単語の覚え方、英会話上達についてまとめた無料レポートも。

そのアドレスに人が読んでいる私の無料メールマガジン(メルマガ)と一緒にお送りいたします。

メルマガ読者登録は完全無料、いつでも配信停止可能
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたメールアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。




激しく同意する英会話表現

◆--------------------------------------------------------------------◇
        英語力向上メルマガ The English Times
     第1121号 2014/12/08 (月) 発行    発行者:鈴木 拓
◇--------------------------------------------------------------------◆

The English Timesをお読みいただきありがとうございます。
発行者の鈴木 拓(すずき たく)です。


「TOEIC 235点と英語が苦手だったのに、820点まで伸びました。
 この講座のおかげもあって、585点アップです!
 さらに英検準1級も114点という高得点で合格できました!」
 (受講生さんのご感想)

締切は今週12月11日(木)と迫っております。


TOEIC対策でオススメなのが、パート5、6の文法問題対策をすること。

なぜなら、パート5、6の半分以上を占める英文法問題のうち、
実に約3/4が「簡単な分野」からの出題だからです。


英文法にはいろいろな分野がありますよね。

品詞や文型のように簡単な分野もあれば、関係詞や不定詞のようにむずかしい分
野もあります。

しかし、TOEICにおいては、簡単な分野からの出題が約3/4を占めており、
英語が苦手な方にはオススメな「狙い目」となっています。


英文法の問題は解ける人なら、素早く解くことが可能な問題。

なので、英文法の問題が解けるようになれば、語彙問題や、パート7に回せる時
間が増えるので、リーディングセクション全体でのスコアアップが期待できます

もちろん、英文法はリーディングに不可欠なものですので、
パート7で、英文を読む力を上げるのにも役立ちます。


つまり、

・パート5、6の英文法の問題で解ける問題が増える
・語彙問題、パート7に回せる時間が増える
・英文を読む力がつく(→パート7に役立つ)
・全体としてリーディングセクションスコアアップ

という効果が期待できるわけです。


そんな、英文法の簡単な分野を、初心者の方でも安心なように、基礎からわかり
やすく解説するのが、

「ゼロからの英語やり直し教室 New Beginning」
http://51.thebelltree.com/newbeginning24.htm

開講以来、

「TOEIC 400点台から、5カ月で、150点以上アップして、600点突破!
 文法問題は84%正解! さらに3カ月後730点にアップ」

「今までわからなかったところが、どんどん"あ、そういうことだったのか!"
 と、わかっていくのが快感です」

「TOEICの問題が、以前よりもかなりスイスイと解けるようになりました!」

「今までは感覚で適当に英会話していたのが、ちゃんと実感を持って話せるよう
 になりました!」

とご好評いただいている講座なんです。


英語の基礎知識を丁寧に解説させていただくだけでなく、
その知識を使って、英文を作る練習までしていただくので、

英会話でも応用が利くようになります。


また、わからないところがあっても、制作者である私に直接メールでご質問いた
だけるサポート制度を備えております。


こちらの講座では、現在第99期生を募集しております。
その締切が今週12月11日(木)と迫って来ておりますので、
ご検討中の方はお急ぎくださいませ。

詳しい内容、お申込は↓をご覧下さいませ。
http://51.thebelltree.com/newbeginning24.htm

すでに内容を把握されていて、すぐにお申し込みたい方は↓より。
http://51.thebelltree.com/nb24apply.htm


※:このメールは、講座受講中かどうかに関係なく、
  無料メルマガ「The English Times」をお読みの方全員にお送りしています

※:当メルマガについて
http://www.thebelltree.com/tet.html

その他の情報は当メルマガの下部をご覧下さいませ。


────────────────────────────────────
◆今号のあらすじ(フレンズ、シーズン3のエピソード14)
------------------------------------------------------------------------

レイチェルとモニカのアパート。モニカとフィービーがいる。

フィービーのポケベルが鳴り出し、ポケベルをチェック。
すると、フィービーは怒り、ポットにポケベルを入れてしまう。

怒りの原因は、昔のバンド仲間、レスリーのようだ。
レスリーはフィービーと悪い解散の仕方をしたので、フィービーは未だにそれ
を根に持っている。

レスリーはコンビ再結成を持ちかけてきているが、それがしつこくてフィービー
は怒っている模様。

フィービーはその旨をモニカに言う。

それを聞いてモニカは、「レスリーはきっと酷いことしたんだろうね」と言う。

※:若い方だと「ポケベル」をご存知ないかもしれませんので、念のため説明
  しておきますね。ポケベルは、簡単に言うと、「ごくごく簡単なメールの
  受信のみができる機械」みたいなもの。

  電話からポケベルにメッセージを送り、そのメッセージを見た人が折り返し
  電話をかけて使うのが一般的な使い方でした。


■フレンズって何?
http://www.thebelltree.com/aboutfriends.html

■今回のエピソードが収録されているDVD
http://amazon.co.jp/o/ASIN/B0009Q0JG0/thebelltree-22/

■前号の場面からの続きです。前号のバックナンバーは↓をどうぞ。
http://www.thebelltree.com/archives/2014/12/141201.html



────────────────────────────────────
◆スクリプト+日本語訳
------------------------------------------------------------------------

フィービー: Well, yeah! You know, we were best friends. Ever since we
      were little - our moms worked on the barge together.



ーThinking Time 日本語訳を見る前に、英語だけで意味を考えてみてくださいー



フィービー:そうよ! その、私たち親友だったの。小さい頃からずーっとね。
      2人ともママが遊覧船で働いててね。



────────────────────────────────────
◆英会話表現解説
------------------------------------------------------------------------

■Well, yeah! フィービー

直訳すると、「あー、そうだ!」という意味ですが、
これはネイティヴがよく使う表現で、

「そう、本当にそうなんだよ!」
「何当たり前のことを。そうなんだよ!」

というように、激しく肯定する意味になります。


モニカに「レスリーはきっと酷いことしたに違いない」と言われ、
フィービーは激しく同意。

「そうよ!」

Well, yeah!

と言っています。


☆[さらなるポイントor英文法での注意事項]

ほかにもこの表現は、

Oh, yeah!
Hell, yeah!

などの形でも使われます。



■you know フィービー

恐らく、「実際にネイティヴが使うのに、学校では教えてくれない表現」として
はナンバー1でしょう。

直訳すると、「あなたは知っている」ですが、これは、

「あー」「えー」「そのー」

というように、間を取るような意味になります。


フィービーは、レスリーとは昔は親友だったとして、

「その、私たち親友だったの」

You know, we were best friends.

と言っています。



■ever since フィービー

sinceは「~以来」という意味で使える、従属接続詞or前置詞ですが、
これにeverをつけると、

「~以来ずーっと」

というように、期間が長いことを示して使えます。

フィービーは、レスリーとは昔は親友だったとして、

「その、私たち親友だったの。小さい頃からずーっとね」

You know, we were best friends. Ever since we were little

と言っています。



★ 基礎中の基礎からじっくり、初心者の方はこちら!
http://51.thebelltree.com/newbeginning24.htm

★ 英会話のための特化した英文法はこちら!
http://51.thebelltree.com/g4c19.htm

★ 英文法を品詞という基礎から学んで行こう!
http://51.thebelltree.com/grammar51.htm

★ 英語を真っすぐに読む力を身に付けるには↓から!
http://51.thebelltree.com/reading35.htm



────────────────────────────────────
◆編集後記
------------------------------------------------------------------------

今は12月。12月は文句なしに「寒い月」ですよね。
逆に、8月なんかは文句なしに「暑い月」です。

最近ふと、「どこで気温の分岐点が来るんだろう?」と不思議に思いました。

どこかで、

「この日は気温がピタリ平均気温。
 昨日までは暑い時期(あるいは寒い時期)でした。
 明日から寒い時期(暑い時期)です」

というようなポイントがあるはずなんですよね。


それを調べてみたら、4月25日と、10月29日であることが判明しました。

あくまで東京のデータですが、
ここ30年の東京の1年の平均気温は16.3度。

4月25日と10月29日の平均気温も16.3度なんです。

なので、10月30日~4月24日は「寒い時期」
4月26日~10月28日は「暑い時期」

ということになります。


意外だなと思ったのは、4月のほとんどが「寒い時期」に入ること。

4月と言うと、花見をしたりして、外で過ごしても気持ちいい時期。
暖かい時期だと思っていたのですが、実は寒い時期だったんですね。

特に花見は4月の第1週か、3月の最終週が一般的なので、
この時期は文句なしに「寒い時期」ですね。
(あくまで私が住む横浜や東京の話ですが)

恐らく、気温は低くても、寒い冬を終えて暖かく感じるから、
それほど寒い印象がないんでしょうね。


逆に10月と11月は私の実感通り。
10月までは暖かく、11月からは寒いと言う印象でしたが、実際にその通りの
ようです。
無料レポート「必須英単語2000語を半年で苦労なく覚える方法」
通信簿が2で、英語が大嫌いだった私が1年でTOEIC 900を達成した原動力です。

書きまくりや、赤シート、カードなんか使わなくたって英単語は苦労なく覚えられるんです!

その英単語の覚え方を無料レポートで解説! さらにはTOEIC対策、英会話上達についてまとめた無料レポートも。人が読んでいるの無料メールマガジンと共にお届け。メールマガジンは読者登録は完全無料、不要になったらいつでも配信停止可能

無料レポート入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて"送信"を押すだけ。入力されたアドレスにお送りいたします。
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。
英語力向上メルマガThe English Times