fixedImage

TOEIC、英検、英会話、英語学習法紹介

TOEIC 英検 英語学習
英語嫌いを克服し1年でTOEIC 900を達成した(現在は990(満点)、英検1級、TOEFL 600)英語・英会話学習法、TOEIC・英検攻略、海外ドラマ情報をお届け。
1年でTOEIC 900の秘訣
分かる! 解ける! 英文法!
初心者用講座!
英語真っすぐリーディング講座
英会話のための英文法
勘違い解消でTOEICアップ!
無料レポート
「1年でTOEIC 900!
TOEICの意外な落とし穴」

無料レポートの入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて、送信を押すだけ。さらには単語の覚え方、英会話上達についてまとめた無料レポートも。

そのアドレスに人が読んでいる私の無料メールマガジン(メルマガ)と一緒にお送りいたします。

メルマガ読者登録は完全無料、いつでも配信停止可能
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたメールアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。




メジャーではダルビッシュのトレードは普通のこと

The English Timesの編集後記より

今週は明日11日(金)からお盆休みの方が多いかと思いますので、
いつもの金曜日ではなく、木曜日にお送りしております。

また、来週の月曜版は、いつもの月曜日ではなく、
火曜日15日にお送りさせていただきますので、
何卒よろしくお願いいたします。


私は長年メジャーリーグと、同じくアメリカのプロスポーツであるNBA(バス
ケットボール)を見続けているので、今回のトレードは当然自然の流れで、
何のおどろきもありませんでしたが、日本のプロ野球とは大分事情が違い
ますよね。

なので、「背景知識解説」で解説させていただきました。

メジャーリーグも、NBAも、こういう移籍は本当に多いんです。

メジャーもNBAも、弱いチームにはスターはいたがりません。
それより、優勝できる強いチームに行きたがるのです。

なので、このように、契約切れ間際のスター選手と、将来有望な若手と交換
することはしょっちゅうあります。

弱いチームは、将来有望な選手を手に入れて、
数年後に強くなることを目指す。

強いチームは、スター選手を手に入れて、今シーズンの優勝を狙う。

選手も、スター選手は優勝の可能性があるからやりがいがあるし、
有望な若手選手も弱いチームなら出場機会がもらえるので、成長できます。


日本のプロ野球も好きで、よく見ますが、
この点は、もう少し、メジャー方式を取り入れてもいいのになぁと思ったり
もします。

ただ、マイナス面もあり、あまりに移籍が盛んなために、
場合によっては、「元はどこのチームだったっけ?」というように、
まるで別のチームに変わり果ててしまうこともあります。

勝てばまだいいですが、これで負けると悲惨ですね。

弱い上に、そのチームで育った選手もいないとなると、
なかなかファンは応援できませんよね。
(イチロー選手が所属しているマイアミ・マーリンズは昔よくそういう
 ことがありました)


余談ですが、私の英語は、メジャーとNBAを一杯英語で見て、
ネット上の英語記事を毎日のように読んでいることで、かなり鍛えられました。


長くなりましたが、カレンダーの並び上、
明日からお盆休みという方は多そうですね。

お盆休みでない方もいらっしゃるかと思いますが、
お盆休みの方は、皆様よいお盆をお過ごしくださいませ。

無料レポート「必須英単語2000語を半年で苦労なく覚える方法」
通信簿が2で、英語が大嫌いだった私が1年でTOEIC 900を達成した原動力です。

書きまくりや、赤シート、カードなんか使わなくたって英単語は苦労なく覚えられるんです!

その英単語の覚え方を無料レポートで解説! さらにはTOEIC対策、英会話上達についてまとめた無料レポートも。人が読んでいるの無料メールマガジンと共にお届け。メールマガジンは読者登録は完全無料、不要になったらいつでも配信停止可能

無料レポート入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて"送信"を押すだけ。入力されたアドレスにお送りいたします。
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。
メルマガの編集後記