fixedImage

TOEIC、英検、英会話、英語学習法紹介

TOEIC 英検 英語学習
英語嫌いを克服し1年でTOEIC 900を達成した(現在は990(満点)、英検1級、TOEFL 600)英語・英会話学習法、TOEIC・英検攻略、海外ドラマ情報をお届け。
1年でTOEIC 900の秘訣
分かる! 解ける! 英文法!
初心者用講座!
英語真っすぐリーディング講座
英会話のための英文法
勘違い解消でTOEICアップ!
無料レポート
「1年でTOEIC 900!
TOEICの意外な落とし穴」

無料レポートの入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて、送信を押すだけ。さらには単語の覚え方、英会話上達についてまとめた無料レポートも。

そのアドレスに人が読んでいる私の無料メールマガジン(メルマガ)と一緒にお送りいたします。

メルマガ読者登録は完全無料、いつでも配信停止可能
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたメールアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。




「ほらね!」は英語で?

◆--------------------------------------------------------------------◇
        英語力向上メルマガ The English Times
     第1426号 2017/12/25 (月) 発行    発行者:鈴木 拓
◇--------------------------------------------------------------------◆

The English Timesをお読みいただきありがとうございます。
発行者の鈴木 拓(すずき たく)です。


「本講座学習を始めてから、不定詞の学習にほんの少し入る所までの時点で、
 TOEICを受験したら、リーディングセクションが、265から360になりました」
(受講生様、H.M様(プライバシー保護のためイニシャル表記)のご感想)

「長い文、複雑な文を読むのが苦手」という方にオススメの、

「1年でTOEIC 900! 英語真っすぐリーディング講座」
http://51.thebelltree.com/reading35.htm

では、現在第121期生を募集しておりますが、
その締切が、今週12月28日(木)と迫ってまいりました。


英語リーディングには、「着目ポイント」というものがあります。

例えば、以前お話しした文ですが、

The man accused of lying has been telling the truth for the whole time,
which led to the public sentiment that the accusers should have
apologized.

ちゃんとリーディングができている人は

「accusedの後ろに名詞が来るかどうか」

に着目していて、

「後ろに名詞が来たら、"男は非難した"という意味」
「来なかったら、"男は非難された"という意味」

というのがちゃんとわかっています。

「感覚で適当に読む」
「ただ単に意味をつなげる」
「全部日本語に訳す」

なんてことは、リーディング力が高い人はやらないんです。


「着目ポイント」がわかっているからこそ、
しっかりと、左から右に真っすぐ、返り読みをせずに理解できるんです。

しかし、いきなり「accusedの後ろに名詞が来るかどうかに着目せよ」と言わ
れても、なんでそうなのかわかりませんよね。

そうなんです。
着目ポイントを理解するためには、
英文の構造の知識、つまり英文法も必要なのです。
(リーディングのためであれば、すべてを細かく学ぶ必要はありませんが)


そのために、

・着目ポイントを学び、それを使ってリーディングの練習をする
・着目ポイントを理解するための英文法の知識を学ぶ

これをやっていただけるのが、リリースさせていただきました、

「1年でTOEIC 900! 英語真っすぐリーディング講座」
→< http://51.thebelltree.com/reading35.htm >

になります。


わからないところがあったら制作者の私に直接メールでご質問いただけますし、
ネイティヴの音声もついております。

「リーディング力をつけたい方」
「英語を左から右に真っすぐに理解できる力をつけたい方」
 (これはリスニングでも重要です)

は、ぜひご検討いただければ幸いです。

詳しくは↓をご覧下さいませ。
無料サンプル、ご質問と回答の例も公開しております。
締切が、今週12月28日(木)と迫っておりますので、お急ぎくださいませ。

詳しい内容は↓をご覧下さいませ。
http://51.thebelltree.com/reading35.htm

すでに内容を把握されていて、すぐにお申し込みされたい方は↓
http://51.thebelltree.com/r35apply.htm


※:このメールは、講座受講中かどうかに関係なく、
  無料メルマガ「The English Times」をお読みの方全員にお送りしています

※:当メルマガについて
http://www.thebelltree.com/tet.html

その他の情報は当メルマガの下部をご覧下さいませ。


────────────────────────────────────
◆今号のあらすじ(フレンズ、シーズン3のエピソード18)
------------------------------------------------------------------------

レイチェルとモニカのアパート。
そこにチャンドラーが入ってくる。

チャンドラーは今、禁煙しようとしている。

レイチェルが禁煙の手助けにと、禁煙のメッセージが入っている催眠テープ
をチャンドラーに貸していた。

レイチェルはその感想を聞く。

ちなみに、チャンドラーはリップスティックがほしいようで、
モニカに貸してもらうよう頼んでいて、モニカはリップスティックを
取りに行っている。

話題はその後、モニカをデートに誘ってきたピートという男の話に。


■フレンズって何?
http://www.thebelltree.com/aboutfriends.html

■今回のエピソードが収録されているDVD
http://amazon.co.jp/o/ASIN/B0009Q0JG0/thebelltree-22/

■前号の場面からの続きです。前号のバックナンバーは↓をどうぞ。
http://www.thebelltree.com/archives/2017/12/171218.html



────────────────────────────────────
◆スクリプト+日本語訳
------------------------------------------------------------------------

レイチェル: Hey, how are those tapes working out for you?

チャンドラー: You know what, pretty good.

レイチェル: Yeah?

チャンドラー: Good! I haven't smoked yet today, I feel great,
       and-and-and confident, that is a stunning blouse.

レイチェル: Thank you.

モニカ: Here you go.

チャンドラー: Thanks.

レイチェル: Hey Mon, let's give Pete a chance. Come on, he was funny,
      he seems really nice, and that check thing was adorable.

チャンドラー: What check thing?

モニカ: As a joke, this customer at work who has a crush on me gave
    me a $20,000 tip. His number is on the check, he just did
    so that I'd call him.

チャンドラー: (reading the check) Pete Becker. Pete… (quickly
       grabs a magazine and opens it up to show her a
       picture) (pointing to the picture) Is this him?

モニカ: That's Bill Clinton.

チャンドラー: Who's he hugging?

モニカ: Oh my God! That's Pete! But why is Bill hugging Pete?

チャンドラー: This guy invented Moss 865! Every office in the
       world uses that program!

レイチェル: We use it!!

チャンドラー: There you go!!

レイチェル: Oh my God, Monica's gonna go out with a millionaire.



ーThinking Time 日本語訳を見る前に、英語だけで意味を考えてみてくださいー



レイチェル:ねぇ、あのテープはどう?

チャンドラー:おぉ、そうそう、けっこういいんだよね。

レイチェル:でしょ?

チャンドラー:いいよぉ! 今日はまだタバコ吸ってないんだ。素晴らしい
       気持ちだし、それにそれに自信があるんだ。それって、
       綺麗なブラウスねー。

レイチェル:ありがとう。

モニカ:はいどうぞ。

チャンドラー:ありがとう。

レイチェル:ねぇモニカ。ピートにチャンスあげなよ。いいじゃない、
      彼は面白かったし、本当にいい人みたいだし、あの小切手のやつ
      はかわいいし。

チャンドラー:小切手のやつって?

モニカ:私のことが好きな職場のお客さんがいてさ、冗談で私に2万ドルの
    チップをくれたのよ。小切手に電話番号が書いてあったの。
    私が電話するようにこうしたのよ。

チャンドラー:(小切手を読む)ピート・ベッカー、ピート…(雑誌を手に
       取り、モニカに写真を見せるために開く)(写真を指差して)
       これがその彼?

モニカ:それはビル・クリントンよ。

チャンドラー:彼がハグしているのは?

モニカ:えー! ピートよ! なんでビルがピートをハグしてるの?

チャンドラー:この男はモス865を発明したんだ! 世界中のオフィスがその
       プログラムを使っているんだぞ!

レイチェル:うちでも使ってるわ!!

チャンドラー:ほらね!!

レイチェル:えー、モニカは億万長者とデートするんだわ。



────────────────────────────────────
◆英会話表現解説
------------------------------------------------------------------------

■his number モニカ

numberというと「数字」という意味で知られており、
実際にその通りなのですが、「電話番号」という意味でもよく使われるのです。

正確には、phone number、telephone numberなどですが、
今回のように、単にnumberだけで「電話番号」ということが多いので、
注意が必要です。

モニカは、チャンドラーにピートが渡した小切手のことを説明し、

「小切手に電話番号が書いてあったの。
 私が電話するようにこうしたのよ」

His number is on the check, he just did so that I'd call him.

と言っています。



■S be on A モニカ

直訳すると、「SはAの上にある」という意味で、
実際にそういう意味で使われることも多いのですが、

「カード等(紙に)書かれている、載っている」

という意味で使われることもとても多いです。

モニカは、チャンドラーにピートが渡した小切手のことを説明し、

「小切手に電話番号が書いてあったの。
 私が電話するようにこうしたのよ」

His number is on the check, he just did so that I'd call him.

と言っています。



■There you go! チャンドラー

自分が言っていたことが正しいということが示された場合に、

「ほらね」「そうだろ!」

という意味で使う表現になります。

ピートはモス865というコンピュータープログラムを発明した人のようで、
チャンドラーは、「世界中のオフィスがそのプログラムを使っている」と
言います。

そうすると、実際にオフィス勤務をしているレイチェルが
「うちでも使ってるわ!」と言う。

そこで、「ほら、俺の言った通り、世界中で使ってるだろ」という意味で、

「ほらね!!」

There you go!!

と言っています。


★ 英語を真っすぐに読む力を身に付けるには↓から!
http://51.thebelltree.com/reading35.htm

★ 基礎中の基礎からじっくり、初心者の方はこちら!
http://51.thebelltree.com/newbeginning24.htm

★ 英会話のための特化した英文法はこちら!
http://51.thebelltree.com/g4c19.htm

★ 英文法を品詞という基礎から学んで行こう!
http://51.thebelltree.com/grammar51.htm



────────────────────────────────────
◆編集後記
------------------------------------------------------------------------

今日は12月25日。クリスマスですね。

ただ、日本では、どちらかと言うと、先日、クリスマスイヴの24日(日)
の方が盛大に祝われます。

特に今年は24日が日曜日だったので、
その傾向が顕著だと思います。

日本では、クリスマスは「子どもがプレゼントをもらう日」として知られて
いるので、そのプレゼントをもらう夜がある24日が祝われるのだと思います。


しかし、アメリカでは祝うのは25日です。

日本で言えば、1月1日のようなもの。
家族皆であつまって、美味しいご飯を食べるのです。

24日は特に祝う日ではないのだとか。
日本で言えば、「年越しそばを食べない12月31日」と同じだそうです。

単に「正月の前日(クリスマスの前日)」でしかないとのこと。

そのため、アメリカ人の友人は日本の風習がどうにも理解できないようで、
毎年、この時期になると、私に文句を言います(笑)。

「日本では、12月31日だけ祝って、
 1日は何にもしないってことしないでしょ?
 正月は1月1日だろ?

 クリスマスもそれと同じ! 本番は25日なんだよ!」

って。

と言うことで、うちも今日はいつもよりはちょっとは良いものにしたいと
思います。(でも、昨日のディナーの方が上ですが(笑))
無料レポート「必須英単語2000語を半年で苦労なく覚える方法」
通信簿が2で、英語が大嫌いだった私が1年でTOEIC 900を達成した原動力です。

書きまくりや、赤シート、カードなんか使わなくたって英単語は苦労なく覚えられるんです!

その英単語の覚え方を無料レポートで解説! さらにはTOEIC対策、英会話上達についてまとめた無料レポートも。人が読んでいるの無料メールマガジンと共にお届け。メールマガジンは読者登録は完全無料、不要になったらいつでも配信停止可能

無料レポート入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて"送信"を押すだけ。入力されたアドレスにお送りいたします。
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。
英語力向上メルマガThe English Times