fixedImage

TOEIC、英検、英会話、英語学習法紹介

TOEIC 英検 英語学習
英語嫌いを克服し1年でTOEIC 900を達成した(現在は990(満点)、英検1級、TOEFL 600)英語・英会話学習法、TOEIC・英検攻略、海外ドラマ情報をお届け。
1年でTOEIC 900の秘訣
分かる! 解ける! 英文法!
初心者用講座!
英語真っすぐリーディング講座
英会話のための英文法
勘違い解消でTOEICアップ!
無料レポート
「1年でTOEIC 900!
TOEICの意外な落とし穴」

無料レポートの入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて、送信を押すだけ。さらには単語の覚え方、英会話上達についてまとめた無料レポートも。

そのアドレスに人が読んでいる私の無料メールマガジン(メルマガ)と一緒にお送りいたします。

メルマガ読者登録は完全無料、いつでも配信停止可能
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたメールアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。


執筆者:鈴木 拓(すずき たく)のプロフィール
個人英語教室(ネット版)のイングリッシュティーチャー。年以上にわたり、名様以上に英語指導。『日経WOMAN』『English Journal』等掲載。

昔は通信簿2(5段階、公立中学)、偏差値30と英語が苦手。1年でTOEIC 900点TOEIC 990(満点)、英検1級(2次試験はほぼ満点)

必須英単語2000語を苦労なく覚える方法(無料)
英語初心者無料メール講座(無料)
英会話のための英文法 G4C(最も万能なコース 締切)
ゼロからの英語やり直し教室 New Beginning(名様 締切)
分かる! 解ける! 英文法!(名様 締切)
英語真っすぐリーディング講座(名様 締切)
プロフィールをもっと見る

アメリカメディアの大谷選手への期待

The English Timesの編集後記より

私は日本の野球も、アメリカの野球も大好きなので、
大谷選手の移籍先には大変注目していました。

アメリカでの注目度は本当に高いです。
高過ぎて心配になるぐらいです。

私は英語を教える仕事をしていることもありますし、
野球が好きなので、ESPNというアメリカのスポーツ中継局のホームページを
毎日見て、記事を毎日数本読みます。(もちろん全部英語です)

アメリカの記者たちは、日米での文化の違いもあるし、期待度がものすごい
高いんですよね。

「このぐらいやれば成功」みたいな具体的な基準が示されていましたが、
「まぁまぁ合格」レベルの選手として挙げられていたのが、
今シーズン、14勝10敗で、防御率3.53のジェイク・アリエタ投手。

アリエタは、2年前にサイヤング賞受賞したバリバリの超一流。

確かに2017年はアリエタとしては不振でしたが、
普通のピッチャーとしてみれば、かなりの成績。

その上、バッターとして、20本前後のホームランまで期待されています。

このぐらいのレベルまで求められるのは、期待されているなと思うと共に、
ちょっと心配になりますね。

個人的には、ケガさえなければ、ピッチャーとしてはけっこうな成績を
残せると思います。

日本人選手は、投手としては多くの人がメジャーでもいい成績を残して
ますからね。

齋藤隆さんや、岡島さんのように、
日本時代以上に活躍した人もいるぐらいです。

ただ、打者としては、なかなか厳しいと思います。
本当に超一流の成績を残せたのは、イチロー選手と、松井秀喜さんだけ
ですからね…。

でも、投手で活躍すれば、打者としては、
「打者としてみたら物足りないけど、投手としてはすごい!」
ぐらいのレベルまで行けば十分評価を得られるのではないかと思っています。

ちなみに、「日米の文化の違い」というのは、
エンゼルスがa surprising destination「驚きの到着地」と表現されている
ところです。

アメリカはとにかく強いチーム、都会のチームばかりが注目されます。

とにかく「勝つこと」に焦点が置かれ、
そのために資金力のある都会のチームというわけです。

それに年俸も多くもらえますしね。
(あとは、都会暮らしを好む選手が多かったり、サイドビジネスをする
 選手は都会の方が良いというのも理由)

日本だと、弱いチームでも、良い選手ががんばっていれば、
「弱い中でも、よくがんばってる!」
と讃えられることが多いです。

逆に、弱いチームを捨てて、強いチーム、都会のチームに移籍しようものな
ら、「裏切り者」扱いされたりします。

アメリカだと、

「チームを勝利に導けていない」とか、
「弱いチームで時間をムダにするより、強いチームに移籍すべきだ」

みたいな論調なんですよね。
(まったく日本的な見方がないわけではないですが、
 日本と比べるとかなり少ない)

なので、アメリカのメディアは、ニューヨーク・ヤンキースを本命に
挙げていました。

ニューヨークはアメリカ1の大都会ですし、
ヤンキースは強いです。
(ちなみに、私はヤンキースファン)

ただ、ファンとメディアが大変手厳しく、ちょっと活躍できないと、
ものすごい批判を受けます。

それが原因で活躍できなかった選手も少なくないです。
(そうすると「プレッシャーに弱い」とかまた批判されたり…)

このように、けっこう日米で価値観が違うんですよね。

そのため、ESPNの記事を見ていても、
「勝てるチーム」とか「契約金が」みたいな話が一杯出ていて、
「いやー、そこじゃないんだよなぁ」と違和感を感じていました。

(ただ、中にはわかっている記者の方もおり、
 「日本人選手は年俸はあまり重視しない」と説明されている人もいました)

二刀流という前代未聞の実験をするには、
負けても、活躍できなくてもあまり批判されないチームの方が向いている
と思うんですよね。

大谷選手も、高校は岩手、プロに入ってから北海道で、
どちらかと言うと、「温かい目で見守ってくれる」土地柄で育ちました
から、そっちの方が向いていると思います。



無料レポート「必須英単語2000語を半年で苦労なく覚える方法」
通信簿が2で、英語が大嫌いだった私が1年でTOEIC 900を達成した原動力です。

書きまくりや、赤シート、カードなんか使わなくたって英単語は苦労なく覚えられるんです!

その英単語の覚え方を無料レポートで解説! さらにはTOEIC対策、英会話上達についてまとめた無料レポートも。人が読んでいるの無料メールマガジンと共にお届け。メールマガジンは読者登録は完全無料、不要になったらいつでも配信停止可能

無料レポート入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて"送信"を押すだけ。入力されたアドレスにお送りいたします。
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。
執筆者:鈴木 拓(すずき たく)のプロフィール
個人英語教室(ネット版)のイングリッシュティーチャー。年以上にわたり、名様以上に英語指導。『日経WOMAN』『English Journal』等掲載。

昔は通信簿2(5段階、公立中学)、偏差値30と英語が苦手。1年でTOEIC 900点TOEIC 990(満点)、英検1級(2次試験はほぼ満点)

必須英単語2000語を苦労なく覚える方法(無料)
英語初心者無料メール講座(無料)
英会話のための英文法 G4C(最も万能なコース 締切)
ゼロからの英語やり直し教室 New Beginning(名様 締切)
分かる! 解ける! 英文法!(名様 締切)
英語真っすぐリーディング講座(名様 締切)
プロフィールをもっと見る
メルマガの編集後記