レーシックで視力回復。レーシックで視力1.5に回復。手軽で安全な日帰りの視力回復手術で眼鏡・コンタクトいらず。割引情報。

利き目

手には利き手というのは皆さんご存知だと思います。
しかし、利き目というものがあると知っている人、ましてやどっちが利き目か分かっている人は少ないのではないでしょうか?

実は人間には利き目というものがあって、利き目と利き目ではない方の目では別の役割を果たしていると言われています。

まだ分かっていない部分も多いのですが、一般的には、利き目でモノをとらえ、もう片方の目はその補助をしていると言われています。

では、どうやったら、どっちが自分の利き目かどうかを判定できるのでしょうか?
やり方は簡単です。

まずはペンや箸のように長いものを2本用意しましょう。
片方を数メートル先に立てておきます。
そして、もう片方は手に持ちます。

まずは両目で見て、手のペンで立てているペンを隠すように移動します。
このときはしっかりと両目で見てください。
両目で見て、2本のペンがちゃんと重なるようにしてください。

次に左目をつぶります。
両目で見ている状態と同じように、ペンが重なったままだったら右目が利き目です。
ペンがずれて、2本とも見えるようになったら左目が利き目です。

よく分からないときは右目もつぶってみましょう。
右目をつぶってペンが2本見えるようになったら右目が利き目です。

手も右利きの人が多いように、目も右利きの人が多いと言われています。
回転寿しが右から流れてくるのはそのためだそうです。

レーシック 視力回復手術レーシック 視力回復手術レーシック 視力回復手術レーシック 視力回復手術レーシック 視力回復手術