レーシックで視力回復。レーシックで視力1.5に回復。手軽で安全な日帰りの視力回復手術で眼鏡・コンタクトいらず。割引情報。

フェイキックIOL(有水晶体眼内レンズ、永久コンタクトレンズ)

エピレーシックやラセックよりも進んだ手術方法です。

レーシックは角膜を削る手術なのですが、角膜が薄い人や強度の近視の人の場合、視力が回復する分だけ角膜を削ることができません。
そのため、角膜が薄い人、特に強度の近視の人は通常のレーシックは受けられないことがあります。

エピレーシックやラセックはフラップを薄くすることにより、角膜の削る量を減らし、角膜が薄い人や強度の近視の人でも受けられるようにしているのですが、フェイキックIOLは角膜をまったく削りません。

フェイキックIOLでは、何と、目の中に左のようなコンタクトレンズを、右のように埋め込んでしまうのです。

そのため、別名「永久コンタクトレンズ」と呼ばれています。

まだ新しい技術なのですが、非常に高度な技術が要求されるため、この手術専門の免許を持っている医師しか手術を行うことができません。
従って、この手術を受けられるクリニックは限られています。
日本では、神奈川クリニック神戸クリニックで受けることができます。

目に負担がかかるため、片目ずつの手術で、2週間ほど間隔を置きます。

詳細については、必ずご自身でクリニックのホームページでご確認くださいませ。

  • 品川近視クリニック
  • 神戸クリニック
  • 神奈川クリニック
  • 柏眼科クリニック
  • 松原クリニック

  • レーシック 視力回復手術レーシック 視力回復手術レーシック 視力回復手術レーシック 視力回復手術レーシック 視力回復手術