fixedImage
分かる! 解ける! 英文法!
初心者用講座!
英語真っすぐリーディング講座
英会話のための英文法
勘違い解消でTOEICアップ!
無料レポート
「1年でTOEIC 900!
TOEICの意外な落とし穴」

無料レポートの入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて、送信を押すだけ。さらには単語の覚え方、英会話上達についてまとめた無料レポートも。

そのアドレスに人が読んでいる私の無料メールマガジン(メルマガ)と一緒にお送りいたします。

メルマガ読者登録は完全無料、いつでも配信停止可能
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたメールアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。

























執筆者:鈴木 拓(すずき たく)のプロフィール
個人英語教室(ネット版)のイングリッシュティーチャー。年以上にわたり、名様以上に英語指導。『日経WOMAN』『English Journal』等掲載。

昔は通信簿2(5段階、公立中学)、偏差値30と英語が苦手。1年でTOEIC 900点TOEIC 990(満点)、英検1級(2次試験はほぼ満点)

必須英単語2000語を苦労なく覚える方法(無料)
海外ドラマから英会話表現ランキング(無料)
英語初心者無料メール講座(無料)
英会話のための英文法 G4C(最も万能なコース 締切)
ゼロからの英語やり直し教室 New Beginning(名様 締切)
分かる! 解ける! 英文法!(名様 締切)
英語リーディング実践講座 44(名様 締切)
プロフィールをもっと見る

英文法教材・参考書のは辞書的に使わないのがおすすめの使い方





「英文法教材・参考書のは辞書的に使わないのがおすすめの使い方」

今回は、基本的にレベルを問わず、英文法に関して、

「英文法教材は辞書ではありません!」

というお話をさせていただきます。







■知らない単語があったら辞書で調べますが…

英語学習をしていて、知らない単語が出てきたらどうしますか?

多くの人は辞書で調べますよね。

例えば、contemplateという単語がでてきて、その意味を知らなかったら、辞書で調べれば、

「熟慮する」

と出てきます。

こうすれば、知らなかった単語でも、

「contemplateは"熟慮する"って意味なんだ」

とわかるようになります。


そして、

「contemplate=熟慮する」

と暗記してしまえば、次回以降contemplateが出てきた時に、その英文の意味を理解できるようになります。


ところが、英語がわからない理由と言うのは、単語だけではないのです。

「英文法がわからない」

というケースもあります。


例えば、

1. I went to the restaurant ------ we had dinner at yesterday.

(A) where
(B) which
(C) whose
(D) why


という問題があって、

「先行詞(関係詞の前の語、the restaurant)が場所ならwhereだ」

と思って、Aのwhereを選んでしまう人は多い。

しかし、正解はBのwhich。


解説を読むと、

「関係詞の後ろが不完全な文なので、whichが答え」

と出ている。

しかし、この解説が理解できない。


こうやって英文法でわからないことが出てきた。

そういうとき、

「英文法教材で調べればいいや」

というように、英文法教材を辞書のようにみなしている人がいます。

まるで、

「英文法でわからないことがあったら、英文法教材で調べれば良い」

「知らない単語があったら、辞書で調べれば良い」

がまったく同じことであるかのように。







■英文法教材を辞書として使えるのは「ある条件」を満たした人だけ

ところが、そう上手くは行かないのです。

英文法教材を辞書のように使って、問題が解決する人も、確かにいることはいます。

例えば、先ほどの問題

1. I went to the restaurant ------ we had dinner at yesterday.

(A) where
(B) which
(C) whose
(D) why

の解説が理解できない場合、英文法教材を見て、

「あー、そうか! atがあるのに後ろに名詞がないもんね。そうだそうだ。その場合はwhereじゃなくてwhichだった」

と問題が解決する人もいます。


しかし、英文法教材を見ても問題が解決しない人もいる。

むしろ、解決しない人の方がずっと多いんです。

例えば、先ほどの問題がわからないから、英文法教材の関係詞の章を調べたとしましょう。

そうすると、

「前置詞の後ろに名詞がないのはおかしい不完全な文である。その場合は、副詞の関係詞でなく、名詞の関係詞でないといけない」

と書かれていた。

ところが、この解説の意味も理解できない。


「問題集をやっていて間違えた。問題集の解説を読んでも理解できない。

だから、英文法教材で調べたんだけど、その解説も理解できない」

こういう人がとても多いのです。


このように、英文法教材と言うのは辞書とは別物なんです。

辞書と違って、「わからないところがでてきたら調べればいい」というわけではないのです。


英文法教材を辞書のように使って、「わからないところが出てきたら調べればいい」とできるのは、ある条件を満たした人だけ。

そのある条件とは、

「1度英文法を体系的に順番通りすべて学んだことがある」

という条件です。

(かなり成績が良かった人を除けば、「中学・高校時代に学んだ」はカウントされません。

 あくまで、高校卒業後に体系的に順番通り学んだ経験があるという話です)







■単語は暗記、英文法は理解

なぜこのように差が出るのかと言うと、

「単語は暗記なのに対して、英文法は理解」

という違いがあるからです。


単語は単なる暗記。

「contemplate=熟慮する」

と暗記するだけで、「なぜcontemplateは"熟慮する"という意味になるのか」など考えません。


ところが、英文法はそうではない。理解の積み重ねなんです。

1. I went to the restaurant ------ we had dinner at yesterday.

(A) where
(B) which
(C) whose
(D) why


でwhichが正解で、whereが間違いにはちゃんと、

「we had dinner at yesterdayという文は、おかしい。

 atというのは前置詞であり、前置詞は後ろに名詞を置かなければいけない。それなのに、atの後ろには名詞がない。

yesterdayという語はあるが、これは副詞。副詞では、前置詞とセットで使えない。

ということは、このままでは、この文は前置詞があるのにセットの名詞がない間違った英文になってしまう。

これを解決するには、空欄に名詞を入れるしかない。選択肢の中で名詞なのはwhichだけ。

 従って、Bのwhichが正解になる」

という、れっきとした理由があるのです。


そして、この理由を理解するには、さまざまな知識が必要です。

例えば、

・前置詞と言うのは必ず後ろに名詞を置いて使う
・前置詞の後ろに名詞がないと間違った文になってしまう
・副詞では前置詞とセットで使えない

などなど、こういった知識が必要です。

これらはすべて関係詞を学ぶ前に理解しておかなければならない事項です。

英文法は学ぶべき順番があり、英文法教材は、その順番通りに作ってあります。

例えば、300ページに出ている事項は、299ページまでのことをすべて理解していることを前提に書かれています。


関係詞と言うのは、英文法教材のけっこう後ろの方で説明される事項。

ということは、その関係詞の章を理解するためには、それより前のページをすべて理解している必要があるのです。


これが、先ほど

「わからないことを英文法教材で調べて理解できるのは、英文法を体系的に順番通りに学んだ人だけ」

と言った理由です。


一通り学んだことがある人なら、ちゃんと前提知識があります。

例えば、関係詞でわからないことがあっても、関係詞までの章の知識があります。

なので、英文法教材で調べれば、

「あー、そうだった! 忘れてたよ」

と思い出すことができ、問題が解決します。


ところが、一通り学んだことがない人だと、前提知識がないために理解できないんです。


初心者の方は、まず例外なく、「英文法を体系的に学んで理解できている」という状態にある人はいません。

中級者の方でも、ほとんどの人は、体系的に学んで理解できているとは言いがたい状態です。

これは、年以上にわたって、名以上の方に英語指導させていただいた経験上自信を持って言えます。


英文法は理解ではなく、暗記や感覚だと勘違いしている方が多いため、英文法を体系的に学んで理解できている中級者はかなり少ないんです。

(特に、中学・高校では暗記や感覚で教えるため)


ですので、初心者はもちろん、中級者の方も、

「英文法問題を一杯解くぞ! わからないことが出てきたら、英文法教材で調べればいいや」

と思っても、それはできないんです。

「問題を一杯解いても、結局理解できずに力がつかない」

という状態になってしまい、努力が「ザルに水」になってしまいます。


なので、まずは英文法を体系的に学ぶこと。

これが何よりも重要なのです。


体系的に順番通りに一通り理解してしまえば、

「わからないところは、英文法教材で調べる」

ということができるようになるため、問題を一杯解くことによって力がつくようになります。

以上が今回のお話になります。

英文法を、暗記や感覚ではなく、理解する形で、体系的に、順番通りに学びたい方は、

「分かる! 解ける! 英文法!」

がお役に立てれば幸いです。


「TOEICで900点突破しました!」
「30代から英語学習にチャレンジ。1年足らずでTOEIC 830点突破! 大学時代は400点未満でした」
「TOEIC 850点突破しました!」
「TOEICで文法問題が全問正解できました!」
「TOEICが1年弱で200点以上もアップしました!」
「TOEICで150点もアップしました!」
「TOEICリーディングセクションだけで100点も上がりました!」
「TOEICが一気に100点近くアップしました!」
「質問しても、丁寧に回答してくれるので本当に助かります!」
「これほど分かりやすい英文法教材は初めて!」
「もっと早く知っていれば!」
「英文がパズルのように見えるのが本当に面白い!」

と、大好評いただいている講座で、

「TOEICの点を上げたい」方はもちろん、
「仕事で英会話ができるようになりたい」方、
「海外で暮らせる英語力を身につけたい」方まで、

本当にいろいろな方に受講していただいております。


わからないところがありましたら、制作者である私に直接メールで質問していた
だけます。(こちらのサポートが大好評いただいております。)

英文法を学びたい方にはぜひオススメの講座です。

詳しくは↓をご覧下さいませ。無料サンプルも公開しております。
「分かる! 解ける! 英文法!」


長文最後までお読みいただきありがとうございました。
皆様、今後とも英語学習がんばって行きましょう!











TOEIC文法パート5のコツ・攻略法は構造
https://www.thebelltree.com/toeic_grammar/archives/2019/02/toeic_24.html
「TOEIC文法パート5のコツ・攻略法は構造」 今回は「英文法がわかるってこう言うこと!」というお話になります。 ■英文法というと、こういうイメージ? 英文法というと、人によってイメージは違うと思いま...

TOEIC中級レベルの参考書・教材の選び方の注意点
https://www.thebelltree.com/toeic_grammar/archives/2019/02/toeic_25.html
「TOEIC中級レベルの参考書・教材の選び方の注意点」 今回は「英語中級者を一括りにしないで!」というお話です。 ■実にいろいろなタイプの英語学習者がいます 私は年以上にわたって、名以上の方を英語指導...

英語は暗記や感覚ではできない。理解すれば上達するし、楽しい
https://www.thebelltree.com/toeic_grammar/archives/2019/02/post_70.html
「英語は暗記や感覚ではできない。理解すれば上達するし、楽しい」 今回は、先日、私の講座の受講生様からいただいた、素朴なご質問、 「なぜ私(鈴木 拓)は、英語が苦手な状態だったのにあきらめずに、英語がで...

TOEICリスニングとリーディングの点差・バランスの良さと悪さ
https://www.thebelltree.com/toeic_grammar/archives/2019/02/toeic_26.html
「TOEICリスニングとリーディングの点差・バランスの良さと悪さ」 今回は、先日いただいた、受講生様の嬉しいご感想から、 「TOEICのスコアの良いバランスの悪さ」 についてお話いたします。 ■「分か...

英語の勉強・TOEICで英文法問題を間違えた理由がわからないのは解き方が悪い
https://www.thebelltree.com/toeic_grammar/archives/2019/03/toeic_27.html
「英語の勉強・TOEICで英文法問題を間違えた理由がわからないのは解き方が悪い」 今回は、先日いただいた、受講生様の嬉しいご感想と、 「学校英語教育のどうしようもない最大の欠点!」 についてお話いたし...

英語の才能があると中級者の壁に当たり伸び悩む
https://www.thebelltree.com/toeic_grammar/archives/2019/03/post_71.html
「英語の才能があると中級者の壁に当たり伸び悩む」 今回は、 「英語ができる人が気をつけたいこと」 についてお話いたします。 ■「わかっちゃう」人はいます 今は小学生からですが、メルマガをお読みいただい...

英文法問題集は意味がない、効果がない。間違った勉強法
https://www.thebelltree.com/toeic_grammar/archives/2019/03/post_72.html
「英文法問題集は意味がない、効果がない。間違った勉強法」 今回は、英文法について、 「なぜ英文法を学ぶか理解していますか?」 についてお話いたします。 ■TOEICを受ける方は英文法を学びますが… 私...

英文法教材・参考書のは辞書的に使わないのがおすすめの使い方
https://www.thebelltree.com/toeic_grammar/archives/2019/04/post_73.html
「英文法教材・参考書のは辞書的に使わないのがおすすめの使い方」 今回は、基本的にレベルを問わず、英文法に関して、 「英文法教材は辞書ではありません!」 というお話をさせていただきます。 ■知らない単語...

英文法がつまらない理由は英文法を誤解しているから
https://www.thebelltree.com/toeic_grammar/archives/2019/04/post_74.html
「英文法がつまらない理由は英文法を誤解しているから」 今回は、基本的にレベルを問わず、英文法に関して、 「英文法で英語上達!」 というお話をさせていただきます。 ■よくいただく嬉しいご感想 私は、 「...

無料レポート「必須英単語2000語を苦労なく覚える方法」
通信簿が2で、英語が大嫌いだった私が1年でTOEIC 900を達成した原動力です。

書きまくりや、赤シート、カードなんか使わなくたって英単語は苦労なく覚えられるんです!

その英単語の覚え方を無料レポートで解説! さらにはTOEIC対策、英会話上達についてまとめた無料レポートも。人が読んでいる無料メールマガジンと共にお届け。メールマガジンは読者登録完全無料、不要になったらいつでも配信停止可能

無料レポート入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて"送信"を押すだけ。入力されたアドレスにお送りいたします。
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。
執筆者:鈴木 拓(すずき たく)のプロフィール
個人英語教室(ネット版)のイングリッシュティーチャー。年以上にわたり、名様以上に英語指導。『日経WOMAN』『English Journal』等掲載。

昔は通信簿2(5段階、公立中学)、偏差値30と英語が苦手。1年でTOEIC 900点TOEIC 990(満点)、英検1級(2次試験はほぼ満点)

必須英単語2000語を苦労なく覚える方法(無料)
海外ドラマから英会話表現ランキング(無料)
英語初心者無料メール講座(無料)
英会話のための英文法 G4C(最も万能なコース 締切)
ゼロからの英語やり直し教室 New Beginning(名様 締切)
分かる! 解ける! 英文法!(名様 締切)
英語リーディング実践講座 44(名様 締切)
プロフィールをもっと見る