fixedImage
分かる! 解ける! 英文法!
初心者用講座!
英語真っすぐリーディング講座
英会話のための英文法
勘違い解消でTOEICアップ!
無料レポート
「1年でTOEIC 900!
TOEICの意外な落とし穴」

無料レポートの入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて、送信を押すだけ。さらには単語の覚え方、英会話上達についてまとめた無料レポートも。

そのアドレスに人が読んでいる私の無料メールマガジン(メルマガ)と一緒にお送りいたします。

メルマガ読者登録は完全無料、いつでも配信停止可能
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたメールアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。

























執筆者:鈴木 拓(すずき たく)のプロフィール
個人英語教室(ネット版)のイングリッシュティーチャー。年以上にわたり、名様以上に英語指導。『日経WOMAN』『English Journal』等掲載。

昔は通信簿2(5段階、公立中学)、偏差値30と英語が苦手。1年でTOEIC 900点TOEIC 990(満点)、英検1級(2次試験はほぼ満点)

必須英単語2000語を苦労なく覚える方法(無料)
海外ドラマから英会話表現ランキング(無料)
英語初心者無料メール講座(無料)
英会話のための英文法 G4C(最も万能なコース 締切)
ゼロからの英語やり直し教室 New Beginning(名様 締切)
分かる! 解ける! 英文法!(名様 締切)
英語真っすぐリーディング講座(名様 締切)
プロフィールをもっと見る

英会話表現の危険性・注意点 〜とか…は危ない





「英会話表現の危険性・注意点 〜とか…は危ない」



■英会話の表現の幅を広げたい

今回は、英会話についてのお話です。

英会話と言うと、

「英会話スクール(英会話教室・英会話学校)に行っておけば大丈夫」

と考えている方が多いですが、それはとても危険な発想です。


英会話スクールの多くはネイティヴ講師を採用しています。

ネイティヴ講師にとって、英語は母国語です。ちょうど、われわれ日本人にとって、日本語が母国語なのと同じです。


母国語は、感覚で身につけたものなので、感覚で自在に使いこなすことができます。

なので、間違った使い方を聞けば、

「それは違うよ。こう言わなきゃ」

と教えることができます。


しかし、

「なぜそれが間違いなのか、なぜこう言わなければならないのか」

については、感覚では説明しきれないのです。


それを説明するには、論理的に文法を理解している必要があります。

稀に英文法にも詳しいネイティヴ講師はいますが、それは本当にレアです。

ほとんどのネイティヴ講師は英文法の知識を持っておらず、「なぜそれが間違いなのか、なぜこう言わなければならないのか」を論理的に説明できません。

そのため、本来なら、論理的に理解していれば、1つの表現だけでなく、同じ間違いなら、応用ができるところが、個別に対応しなければならないので、やたらと覚えることが多くなってしまう
のです。


例えば、

I live Yokohama.

が間違い、というのを論理的にわかれば、

They discriminate you.

が間違っているのもわかるのに、感覚で説明され、個別に覚えるだけでは、1個1個対処しなければならないわけです。

(正しくは、I live in Yokohama. They discriminate against you.)


そのため、英会話スクールはネイティヴから英語を教われるメリットがある反面、デメリットもあり、自分でも平行して学習して行かなければならないのです。

「頼りっきり」というのは非常に危険な発想なわけです。

(以上が、別のメルマガでお話しさせていただいた内容のおさらいです)


では、英会話スクール以外でも、自己学習で、英会話表現の幅を増やすにはどうしたらいいのでしょうか?



■英会話表現集の欠点

手っ取り早く思いつく方法としては、「英会話表現集」があります。よく本屋さんに行くと売っていますね。

ただ、あれは残念ながら、覚えても実際に使えるかというと、なかなかそうも行かないのです。


モノにもよりますが、多くの英会話表現集には、2つの欠点があります。

1つ目は「感情が伴っていないこと」

英会話表現集は、多くの場合、ポンと英会話表現とその日本語訳が書いてあるだけです。

例えば、

「too … to 〜 あまりに…なので、〜できない」

というような形です。


しかし、これには感情が伴っていません。

どのような場面で使われて、どのような感情を持ったときに使えば良いのかがまったくわからないのです。

教材によっては、例文がついていたり、音声がついていることもありますが、やはり、作られた場面なので、どうしても実感が湧きづらいのです。


リーディングやリスニング用に覚えるのであれば、これでもかまいません。

ほかの人が書いたこと、言ったことを理解するだけなので、

「どのような場面で使えば良いのか、どのような感情を持ったときに使えばいいのか」

を知らなくても、英語ができる人が書いたり、しゃべった英文なら、それはもちろん、適切な使い方がされていますから、そんなことは気にしなくて良いのです。

ただ単に、「too … to 〜は"あまりに…なので、〜できない"という意味だ」と知っていれば、いいだけです。


しかし、英会話では、自分から使えるようにならないといけません。どう使えばいいのか、実感がなくてはなりません。

「単語はもっと一杯知っているはずなのに、実際の会話になると、使える単語が非常に限られる」

というのはこれが理由なのです。


もう1つの欠点は、「使い方の説明があまりされていないこと」です。

例えば、「too … to 〜」は、ただ単に、「…」と「〜」の部分に何かをぶち込めばいいわけではありません。

例えば、「あまりに子どもでこれを理解できない」と言いたいところ、

He is too child to understand this.

としてしまうと、これは間違いです。


なぜなら、tooとtoで挟まれるのは、形容詞か副詞でなければならないからです。childは名詞ですから、これはダメなわけです。


「本当に年齢が低い子どもだから」という意味なら、

He is too young to understand this.

「年齢は低くないが、子どもっぽい性格だから」という意味なら、

He is too childish to understand this.

のように、ここでは形容詞を入れてあげる必要があります。


このように、英会話表現はただ単に暗記しただけではダメで、

・どのような場面、どのような感情を表すのか
・使い方

までも理解していないとダメなわけです。



■最高の教材はネイティヴの会話

では、どうすれば良いのかと言うと、会話に限っては、英語圏の子どもが英語を学ぶ過程と同じ方法がオススメです。


要するに、「英語を一杯聞いて、それを真似する」のです。

子どもは親など、ほかの人から話しかけられたり、ほかの人が話している様子を観察して、その言葉を真似してしゃべります。

日本人の大人であっても、これと似たような過程が役立ちます。


子どもと違って、丁寧に英語で話しかけてくれる人はいませんが、教材や、海外ドラマ、映画、英語ニュースなどを使えば、「ネイティヴの生の会話」を観察することはできます。


それは英会話表現集と違って、本物の会話ですから、感情がこもっていますから、「あー、こういうときはこう言えばいいんだ」というのが徐々にわかってきます。

特に、オススメなのが、シリーズ物になっている海外ドラマ。中でも、『フレンズ』や『フルハウス』のように、日常生活を描いたものなんか最高ですね。


同じキャラクターの生活をずっと見れるので、だんだん、そのキャラクターに感情移入することができるようになり、

「こういうときにはこれを使えば良いんだ!」

というのが実感を持ってわかるようになって来るからです。



■唯一の欠点はレベルが高いこと

しかし、これには欠点が1つあります。それは、レベルが高いこと。

「ネイティヴの生の会話」ということは、ネイティヴのためにしゃべっている会話、ということ。

つまり、多くの教材でなされている、

「英語学習者向けだから、簡単な表現にしたり、スピードをゆっくりにしたり、発音をクリアにしたりする」

という配慮がなされていないわけです。


そのため、

・最低限、基本語彙を知っている語彙力
・ある程度のリスニング力
・解説なしでも、英文の構造を把握して、応用表現が作れるレベルの英文法力

が要求されるわけです。


「それはレベルが高いなぁ」と思うかもしれませんが、以前から、お話しさせていただいているように、英語の基礎は、語彙、英文法、リスニングの基礎3本柱。

英会話はその応用であり、レベルが高くて当然なのです。


英会話スクールに行かず、教材や生英語を使って英会話トレーニングをするのなら、基礎はバッチリできていること。

英会話スクールに行く場合でも、英会話では習えない英文法はしっかりとやっておくこと+多少なりとも語彙とリスニングの訓練をしておくこと。

これが最低条件になります。

(英会話スクールの場合、レベルに応じて対応してくれた上で、なおかつ、感情がこもった会話ができますから、語彙とリスニングは完璧である必要はありません)


英会話は確かに、「実際に使ってみること」が大切ですし、実際に英会話をしてみたい気持ちもわかります。

しかし、

・相手が言っていることを理解する
・(ネイティヴ講師が文法の説明ができないため)文法的なことは自分でわかる
・見たり、聞いたりした英会話表現を自分で使えるようになる


そのためにも、まずは、

「英語が読める、聞き取れるようになる」

これが大切なわけです。


読めたり、聞き取れなければ、その真似は絶対にできませんからね。

特に、英文法は、ほとんどの英会話スクールで習えませんので、注意が必要です。



■英文法を学びたい方は

私の英文法講座

「分かる! 解ける! 英文法!」

は、「品詞」という基礎分野から、

「順番通りに、しっかりと1つ1つ理解して行く」

方針です。


こちらは名以上の方にご受講いただいており、

「TOEICで900点突破しました!」
「TOEIC 850点突破しました!」
「TOEICで文法問題が全問正解できました!」
「TOEICが1年弱で200点以上もアップしました!」
「TOEICで150点もアップしました!」
「TOEICリーディングセクションだけで100点も上がりました!」
「TOEICが一気に100点近くアップしました!」
「質問しても、丁寧に回答してくれるので本当に助かります!」
「これほど分かりやすい英文法教材は初めて!」
「もっと早く知っていれば!」
「英文がパズルのように見えるのが本当に面白い!」

と、大好評いただいており、

「TOEICの点を上げたい」方はもちろん、「仕事で英会話ができるようになりたい」方、「海外で暮らせる英語力を身につけたい」方まで、本当にいろいろな方に受講していただいております。


わからないところがありましたら、制作者である私に直接メールで質問していただけます。(こちらのサポートが大好評いただいております。)

英文法を学びたい方はぜひご検討いただければ幸いです。

詳しくは↓をご覧下さいませ。無料サンプルも公開しております。
「分かる! 解ける! 英文法!」


長文最後までお読みいただきありがとうございました。
皆様、今後とも英語学習がんばって行きましょう!











英文法のおすすめ勉強法は構造と修飾だ!
https://www.thebelltree.com/toeic_grammar/archives/2018/04/post.html
「英文法のおすすめ勉強法は構造と修飾だ!」 ■日本語訳ではなく、構造を考える 今回お話ししたいのは、こちらがメインではないので、簡単にお話しさせていただきますが、 まず、英文法を学ぶ際に、押さえておい...

関係代名詞と関係副詞の違いが簡単にわかる
https://www.thebelltree.com/toeic_grammar/archives/2018/04/post_1.html
「関係代名詞と関係副詞の違いが簡単にわかる」 ■関係詞(関係代名詞と関係副詞の総称)でみんながつまずくところ 関係詞は多くの英語学習者がつまずくところ。特に下のような問題でつまずくことが多いのです。 ...

TOEIC英文法問題の傾向と頻出分野
https://www.thebelltree.com/toeic_grammar/archives/2018/04/toeic.html
「TOEIC英文法問題の傾向と頻出分野」 ■TOEICの英文法問題の傾向 TOEICの英文法問題の傾向は、 「TOEICのパート5、6の半分以上は英文法問題。その英文法問題の中でも、75%は英文法の簡...

英会話表現の危険性・注意点 〜とか…は危ない
https://www.thebelltree.com/toeic_grammar/archives/2018/04/post_2.html
「英会話表現の危険性・注意点 〜とか…は危ない」 ■英会話の表現の幅を広げたい 今回は、英会話についてのお話です。 英会話と言うと、 「英会話スクール(英会話教室・英会話学校)に行っておけば大丈夫」 ...

英文法の関係詞がわかりやすい教材
https://www.thebelltree.com/toeic_grammar/archives/2018/04/post_3.html
「英文法の関係詞がわかりやすい教材」 ■英文法を学ぶ上で、注意したいこと 今回は、英文法を学ぶ上で、注意してほしいことについてお話しいたします。 その注意しておいてほしいこととは、 「英文法は1から順...

英語を日本語に訳すな、訳さない!
https://www.thebelltree.com/toeic_grammar/archives/2018/04/post_4.html
「英語を日本語に訳すな、訳さない!」 ■日本語に訳す必要はない! 今回は、英語学習をされる皆様に、 「最も気をつけてほしいポイント」 をお話しいたします。 中学・高校の6年間、主要科目として勉強してい...

TOEICパート5、6の英文法問題の解き方
https://www.thebelltree.com/toeic_grammar/archives/2018/04/toeic_1.html
「TOEICパート5、6の英文法問題の解き方」 ■パート5、6の解き方で英語力の傾向がわかる 今回は、ちょっとTOEICのお話をしたいと思います。 TOEIC対策、というより、 「TOEICを使って、...

TOEICは手応えなしでも良いスコア・点数が出たりする
https://www.thebelltree.com/toeic_grammar/archives/2018/04/toeic_2.html
「TOEICは手応えなしでも良いスコア・点数が出たりする」 ■TOEICスコアは思ったより複雑です 今回お話ししたいのは、 「TOEICの手応えで一喜一憂しない」 というお話です。 先週にTOEICが...

TOEIC英文法問題解き方・対策を考えるのは意味がない
https://www.thebelltree.com/toeic_grammar/archives/2018/04/toeic_3.html
「TOEIC英文法問題解き方・対策を考えるのは意味がない」 ■学校での英文法 日本の学校英語では、英文法をしっかりと学びます。 授業では、文法事項の説明を受け、そして、問題を解かされる。 これが学校英...

英語ができる人は日本語に訳さない・変換しない
https://www.thebelltree.com/toeic_grammar/archives/2018/04/post_5.html
「英語ができる人は日本語に訳さない・変換しない」 ■日本では「当たり前のこと」とされていますが… 皆さんご存知のように、日本の英語教育では、「英語は日本語に訳して読む」ように習います。 例えば、 I ...

TOEICパート5が苦手・解けない人の間違った解き方
https://www.thebelltree.com/toeic_grammar/archives/2018/05/toeic_4.html
「TOEICパート5が苦手・解けない人の間違った解き方」 ■TOEICパート5、6の半分は英文法問題 TOEICのパート5、6の約半分は英文法問題です。 (大体、語彙が45%、英文法が55%ぐらい) ...

間違った英語勉強法・学習法7つのポイント
https://www.thebelltree.com/toeic_grammar/archives/2018/05/post_6.html
「間違った英語勉強法・学習法7つのポイント」 ■ポイント1:語彙、英文法、リスニング以外は応用! 「英会話ができるようになりたいから、しゃべる練習しよう」 「リーディングができるようになりたいから、と...

社会人の英語勉強法、おすすめは英文法問題集を使うな?
https://www.thebelltree.com/toeic_grammar/archives/2018/05/post_7.html
「社会人の英語勉強法、おすすめは英文法問題集を使うな?」 ■英語の基礎はこの3つ メルマガで何回かお話しさせていただいているので、ご存知の方が多いと思いますが、 英語の基礎は、「語彙、英文法、リスニン...

英語・英文法の超基礎! 名詞、形容詞、動詞、副詞、文
https://www.thebelltree.com/toeic_grammar/archives/2018/05/post_8.html
「英語・英文法の超基礎! 名詞、形容詞、動詞、副詞、文」 ■いろいろな分野がありますよね 英文法というと、いろいろな分野にわかれています。 「文型」のように、簡単な分野と認識されているものから、「関係...

英語、英文法と英単語どっち? 優先順位
https://www.thebelltree.com/toeic_grammar/archives/2018/05/post_9.html
「英語、英文法と英単語どっち? 優先順位」 ■英語の基礎は、語彙(英単語)、英文法、リスニング メルマガでは何回かお話しさせていただいておりますが、英語の基礎は、語彙(英単語)、英文法、リスニングの3...

TOEICパート5文法問題の解き方・対策・勉強法・の間違い
https://www.thebelltree.com/toeic_grammar/archives/2018/05/toeic_5.html
「TOEICパート5文法問題の解き方・対策・勉強法・の間違い」 ■TOEICのパート5、6 TOEICを受ける人に限らず、英語学習をする人は、「問題を解く」という行為を行うことが多いです。 その中でも...

TOEICで伸びないのはテクニックだけでやるから?
https://www.thebelltree.com/toeic_grammar/archives/2018/05/toeic_6.html
「TOEICで伸びないのはテクニックだけでやるから?」 ■TOEICの伸び方、伸び悩み方 ごくごく当たり前の話ですが、TOEICを受けている方は、人それぞれ、伸び方や伸び悩み方、伸びないケースがありま...

英文法で過去分詞を過去形と勘違い、見分け方
https://www.thebelltree.com/toeic_grammar/archives/2018/05/post_10.html
「英文法で過去分詞を過去形と勘違い、見分け方」 ■英文法を学ぶ目的を勘違いしてませんか? 英文法というと、世間のイメージは、 「時代遅れの学校英語で学ぶもの」 「英会話には必要ないもの」 「TOEIC...

英語・英会話で頭を使わない、考えない勉強法はダメ
https://www.thebelltree.com/toeic_grammar/archives/2018/05/post_11.html
「英語・英会話で頭を使わない、考えない勉強法はダメ」 ■英語学習における英文法の役割 メルマガでよくお話しさせていただいておりますが、英文法は、英語を学ぶのであれは全員必要です。 ・使われている単語や...

ifの意味は2つ。「〜かどうか」と「もし〜」の見分け方
https://www.thebelltree.com/toeic_grammar/archives/2018/05/if.html
「ifの意味は2つ。「〜かどうか」と「もし〜」の見分け方」 ■語彙は大切な基礎です ifの意味は2つあり、それは「〜かどうか」と「もし〜」の2つです。 この2つの見分け方について、多くの人が誤解してい...

無料レポート「必須英単語2000語を苦労なく覚える方法」
通信簿が2で、英語が大嫌いだった私が1年でTOEIC 900を達成した原動力です。

書きまくりや、赤シート、カードなんか使わなくたって英単語は苦労なく覚えられるんです!

その英単語の覚え方を無料レポートで解説! さらにはTOEIC対策、英会話上達についてまとめた無料レポートも。人が読んでいる無料メールマガジンと共にお届け。メールマガジンは読者登録完全無料、不要になったらいつでも配信停止可能

無料レポート入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて"送信"を押すだけ。入力されたアドレスにお送りいたします。
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。
執筆者:鈴木 拓(すずき たく)のプロフィール
個人英語教室(ネット版)のイングリッシュティーチャー。年以上にわたり、名様以上に英語指導。『日経WOMAN』『English Journal』等掲載。

昔は通信簿2(5段階、公立中学)、偏差値30と英語が苦手。1年でTOEIC 900点TOEIC 990(満点)、英検1級(2次試験はほぼ満点)

必須英単語2000語を苦労なく覚える方法(無料)
海外ドラマから英会話表現ランキング(無料)
英語初心者無料メール講座(無料)
英会話のための英文法 G4C(最も万能なコース 締切)
ゼロからの英語やり直し教室 New Beginning(名様 締切)
分かる! 解ける! 英文法!(名様 締切)
英語真っすぐリーディング講座(名様 締切)
プロフィールをもっと見る