fixedImage
分かる! 解ける! 英文法!
初心者用講座!
英語真っすぐリーディング講座
英会話のための英文法
勘違い解消でTOEICアップ!
無料レポート
「1年でTOEIC 900!
TOEICの意外な落とし穴」

無料レポートの入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて、送信を押すだけ。さらには単語の覚え方、英会話上達についてまとめた無料レポートも。

そのアドレスに人が読んでいる私の無料メールマガジン(メルマガ)と一緒にお送りいたします。

メルマガ読者登録は完全無料、いつでも配信停止可能
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたメールアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。

























執筆者:鈴木 拓(すずき たく)のプロフィール
個人英語教室(ネット版)のイングリッシュティーチャー。年以上にわたり、名様以上に英語指導。『日経WOMAN』『English Journal』等掲載。

昔は通信簿2(5段階、公立中学)、偏差値30と英語が苦手。1年でTOEIC 900点TOEIC 990(満点)、英検1級(2次試験はほぼ満点)

必須英単語2000語を苦労なく覚える方法(無料)
海外ドラマから英会話表現ランキング(無料)
英語初心者無料メール講座(無料)
英会話のための英文法 G4C(最も万能なコース 締切)
ゼロからの英語やり直し教室 New Beginning(名様 締切)
分かる! 解ける! 英文法!(名様 締切)
英語真っすぐリーディング講座(名様 締切)
プロフィールをもっと見る

英文法の関係詞がわかりやすい教材





「英文法の関係詞がわかりやすい教材」







■英文法を学ぶ上で、注意したいこと

今回は、英文法を学ぶ上で、注意してほしいことについてお話しいたします。


その注意しておいてほしいこととは、

「英文法は1から順番に積み重ねて行かないとわからない」

ということ。


「関係詞の問題を間違えたんだけど、その解説の意味がよくわからない。だから、文法書の関係詞の章を読んだんだが、それも意味がわからない」

というような経験はありませんか?


例えば、↓の問題。

The TV program showed the new shopping center ------ more than ten
thousand people visited yesterday.

(A) which
(B) where
(C) when
(D) who


答えは、Aのwhichです。

CのwhenとDのwhoを選んだ方は少ないかと思いますが、

「場所が先行詞だからwhereじゃないの?」と、Bのwhereを選んじゃう方はけっこう多いはずです。

それに、Aのwhichが答えだとわかっても、その理由が「なんとなく」であって、しっかりと「なぜwhichが正解か」がわかっていない方も多いはずです。


ただ、残念ながら、書籍の教材、その中でも、特に問題集は、解説がわかりづらい。と言うか、手短すぎるのです。


多くの場合、↑のような問題だと、こう解説されています。

「visitは他動詞なのに、空欄の後ろの文が不完全なため」

丁寧に書いてあったとしても、

「場所が先行詞なので、whereかと思い勝ちだが、whereは関係副詞なので、後ろの文が、完全な文である必要がある。

しかし、今回の場合、visitは他動詞なのに目的語がなく、不完全な文。従って、whichにする必要がある」

という程度です。


↑の解説でわかった人もいるとは思います。

しかし、どちらかと言うと、わからない人の方が多いはずです。


なぜわからないかと言うと、

「完全な文」とか「不完全な文」とか「他動詞」とか、「目的語がない」

という意味がよくわからないのです。







■文法書をチェックしてみても

書籍の問題集の解説が手短すぎるのは、仕方がない面があります。

インターネットでしたら、文字数の制限とかはありませんので、必要と感じたら、たっぷりと文字を使って、丁寧に解説できます。


しかし、書籍はそうは行きません。

まず、ページ単位で書かなければいけないので、

「この解説は丁寧に解説したいのだが、もうページの最後で、80文字以内にしないと、次のページにはみ出してしまう。だから、ここは重要だけど、しょうがなくカットする」

なんてこともありますし、そもそも、ページ数を多くすればするほどコストがかかるので、できるだけ、文字数を減らして、簡素にしようということになってしまいます。


特に問題集の場合、できるだけ多くの問題を収録しようとしますから、どうしても、その分、解説が犠牲になります。


そのため、

「著者はもっと丁寧な解説をしたいのに、カットされてしまう」

ということがよくあるのです。


問題集ではなく、文法事項を説明する文法書のような教材であれば、「解説がメイン」ですから、もう少し丁寧な解説ができます。

ただ、それでも、

「関係副詞の後ろは完全な文」

「関係代名詞の場合、他動詞の目的語がないなど、不完全な文」

など、どうしても理解できないことがいろいろと出て来たりします。


文法書であれ、書籍であれば、やはりページ数の制約があるのは同じですから、

「著者が詳しく解説したいのに、カットされてしまう」

ということはあります。







■文法は積み重ね

それに、もっともっと重要な、

「関係詞は上級分野であり、それ以前の章で解説した知識を知っていることが前提である」

という要素があります。


なぜ、「他動詞」とか「目的語がない」とか、一見すると、意味不明な説明がなされているのかというと、それは、それより前の章で説明しているからです。


運転免許証を持っている人に、

「これはアクセルで、踏むと加速します」

と説明しないのと一緒で、文法書では、

「関係詞の章を読んでいる人は、その前の事項を理解しているもの」

として、説明がなされるのです。


なので、それより前のことがわかっていないのに、いくら関係詞の章をがんばって読んでも理解できないわけです。

原因は、それより前の分野を理解できていないことなのですから、そこを学ばないといけません。


これは、関係詞に限らず、ほかの分野だって一緒です。

不定詞、分詞、動名詞、第5文型、従属接続詞、等位接続詞、前置詞などなど、ほぼすべての分野が積み重ねで、順番に学んで行かないと理解できないわけです







■暗記や力技ではダメな理由

英文法を学んでいて、

「よく理由はわからないけど、解けたからいいや」
「よく理解できないけど、暗記しとけば大丈夫でしょ」

と強引にやってしまう方もいますが、これでは、後々問題になります。


例えば、

We hope for ------.

(A) success
(B) successful
(C) succeed
(D) successfully

が解ける人はけっこういると思います。(答えは A)

しかし、その全員がなぜAが正解かまではわかっていないはずです。


「なんとなく」で、「ほかがなぜ間違っているのか説明できない」という方も多いはずです。

でも、ちゃんと、これがAだけが正解なのには、

「forは前置詞。前置詞は必ず後ろに名詞を使うもの。選択肢の中で、名詞はAしかない。Bは形容詞、Cは動詞、Dは副詞だ」

という理由があるのです。


このように、理由までわかって、理解していないと、たとえ、この問題は問題なく解けたとしても、関係詞など、上級分野での理解に支障が出て来て、

「関係詞の章を読んでもわからない」

なんてことになってしまうわけです。







■英文法を学びたい方は

以上が、今回のお話になります。

ポイントは2点。

・英文法は1からの積み重ねである
・暗記や力技では将来壁にぶつかるので、理解が必要

という点です。


冒頭で紹介させていただいた、私の英文法講座

「分かる! 解ける! 英文法!」

は、「品詞」という基礎分野から、

「順番通りに、しっかりと1つ1つ理解して行く」

方針です。


こちらは名の方にご受講いただいており、

「TOEICで900点突破しました!」
「TOEIC 850点突破しました!」
「TOEICで文法問題が全問正解できました!」
「TOEICが1年弱で200点以上もアップしました!」
「TOEICで150点もアップしました!」
「TOEICリーディングセクションだけで100点も上がりました!」
「TOEICが一気に100点近くアップしました!」
「質問しても、丁寧に回答してくれるので本当に助かります!」
「これほど分かりやすい英文法教材は初めて!」
「もっと早く知っていれば!」
「英文がパズルのように見えるのが本当に面白い!」

と、大好評いただいており、

「TOEICの点を上げたい」方はもちろん、「仕事で英会話ができるようになりたい」方、「海外で暮らせる英語力を身につけたい」方まで、本当にいろいろな方に受講していただいております。


わからないところがありましたら、制作者である私に直接メールで質問していただけます。(こちらのサポートが大好評いただいております。)

英文法を学びたい方はぜひご検討いただければ幸いです。

詳しくは↓をご覧下さいませ。無料サンプルも公開しております。
「分かる! 解ける! 英文法!」


長文最後までお読みいただきありがとうございました。
皆様、今後とも英語学習がんばって行きましょう!











英文法のおすすめ勉強法は構造と修飾だ!
https://www.thebelltree.com/toeic_grammar/archives/2018/04/post.html
「英文法のおすすめ勉強法は構造と修飾だ!」 ■日本語訳ではなく、構造を考える 今回お話ししたいのは、こちらがメインではないので、簡単にお話しさせていただきますが、 まず、英文法を学ぶ際に、押さえておい...

関係代名詞と関係副詞の違いが簡単にわかる
https://www.thebelltree.com/toeic_grammar/archives/2018/04/post_1.html
「関係代名詞と関係副詞の違いが簡単にわかる」 ■関係詞(関係代名詞と関係副詞の総称)でみんながつまずくところ 関係詞は多くの英語学習者がつまずくところ。特に下のような問題でつまずくことが多いのです。 ...

TOEIC英文法問題の傾向と頻出分野
https://www.thebelltree.com/toeic_grammar/archives/2018/04/toeic.html
「TOEIC英文法問題の傾向と頻出分野」 ■TOEICの英文法問題の傾向 TOEICの英文法問題の傾向は、 「TOEICのパート5、6の半分以上は英文法問題。その英文法問題の中でも、75%は英文法の簡...

英会話表現の危険性・注意点 〜とか…は危ない
https://www.thebelltree.com/toeic_grammar/archives/2018/04/post_2.html
「英会話表現の危険性・注意点 〜とか…は危ない」 ■英会話の表現の幅を広げたい 今回は、英会話についてのお話です。 英会話と言うと、 「英会話スクール(英会話教室・英会話学校)に行っておけば大丈夫」 ...

英文法の関係詞がわかりやすい教材
https://www.thebelltree.com/toeic_grammar/archives/2018/04/post_3.html
「英文法の関係詞がわかりやすい教材」 ■英文法を学ぶ上で、注意したいこと 今回は、英文法を学ぶ上で、注意してほしいことについてお話しいたします。 その注意しておいてほしいこととは、 「英文法は1から順...

英語を日本語に訳すな、訳さない!
https://www.thebelltree.com/toeic_grammar/archives/2018/04/post_4.html
「英語を日本語に訳すな、訳さない!」 ■日本語に訳す必要はない! 今回は、英語学習をされる皆様に、 「最も気をつけてほしいポイント」 をお話しいたします。 中学・高校の6年間、主要科目として勉強してい...

TOEICパート5、6の英文法問題の解き方
https://www.thebelltree.com/toeic_grammar/archives/2018/04/toeic_1.html
「TOEICパート5、6の英文法問題の解き方」 ■パート5、6の解き方で英語力の傾向がわかる 今回は、ちょっとTOEICのお話をしたいと思います。 TOEIC対策、というより、 「TOEICを使って、...

TOEICは手応えなしでも良いスコア・点数が出たりする
https://www.thebelltree.com/toeic_grammar/archives/2018/04/toeic_2.html
「TOEICは手応えなしでも良いスコア・点数が出たりする」 ■TOEICスコアは思ったより複雑です 今回お話ししたいのは、 「TOEICの手応えで一喜一憂しない」 というお話です。 先週にTOEICが...

TOEIC英文法問題解き方・対策を考えるのは意味がない
https://www.thebelltree.com/toeic_grammar/archives/2018/04/toeic_3.html
「TOEIC英文法問題解き方・対策を考えるのは意味がない」 ■学校での英文法 日本の学校英語では、英文法をしっかりと学びます。 授業では、文法事項の説明を受け、そして、問題を解かされる。 これが学校英...

英語ができる人は日本語に訳さない・変換しない
https://www.thebelltree.com/toeic_grammar/archives/2018/04/post_5.html
「英語ができる人は日本語に訳さない・変換しない」 ■日本では「当たり前のこと」とされていますが… 皆さんご存知のように、日本の英語教育では、「英語は日本語に訳して読む」ように習います。 例えば、 I ...

TOEICパート5が苦手・解けない人の間違った解き方
https://www.thebelltree.com/toeic_grammar/archives/2018/05/toeic_4.html
「TOEICパート5が苦手・解けない人の間違った解き方」 ■TOEICパート5、6の半分は英文法問題 TOEICのパート5、6の約半分は英文法問題です。 (大体、語彙が45%、英文法が55%ぐらい) ...

間違った英語勉強法・学習法7つのポイント
https://www.thebelltree.com/toeic_grammar/archives/2018/05/post_6.html
「間違った英語勉強法・学習法7つのポイント」 ■ポイント1:語彙、英文法、リスニング以外は応用! 「英会話ができるようになりたいから、しゃべる練習しよう」 「リーディングができるようになりたいから、と...

社会人の英語勉強法、おすすめは英文法問題集を使うな?
https://www.thebelltree.com/toeic_grammar/archives/2018/05/post_7.html
「社会人の英語勉強法、おすすめは英文法問題集を使うな?」 ■英語の基礎はこの3つ メルマガで何回かお話しさせていただいているので、ご存知の方が多いと思いますが、 英語の基礎は、「語彙、英文法、リスニン...

英語・英文法の超基礎! 名詞、形容詞、動詞、副詞、文
https://www.thebelltree.com/toeic_grammar/archives/2018/05/post_8.html
「英語・英文法の超基礎! 名詞、形容詞、動詞、副詞、文」 ■いろいろな分野がありますよね 英文法というと、いろいろな分野にわかれています。 「文型」のように、簡単な分野と認識されているものから、「関係...

英語、英文法と英単語どっち? 優先順位
https://www.thebelltree.com/toeic_grammar/archives/2018/05/post_9.html
「英語、英文法と英単語どっち? 優先順位」 ■英語の基礎は、語彙(英単語)、英文法、リスニング メルマガでは何回かお話しさせていただいておりますが、英語の基礎は、語彙(英単語)、英文法、リスニングの3...

TOEICパート5文法問題の解き方・対策・勉強法・の間違い
https://www.thebelltree.com/toeic_grammar/archives/2018/05/toeic_5.html
「TOEICパート5文法問題の解き方・対策・勉強法・の間違い」 ■TOEICのパート5、6 TOEICを受ける人に限らず、英語学習をする人は、「問題を解く」という行為を行うことが多いです。 その中でも...

TOEICで伸びないのはテクニックだけでやるから?
https://www.thebelltree.com/toeic_grammar/archives/2018/05/toeic_6.html
「TOEICで伸びないのはテクニックだけでやるから?」 ■TOEICの伸び方、伸び悩み方 ごくごく当たり前の話ですが、TOEICを受けている方は、人それぞれ、伸び方や伸び悩み方、伸びないケースがありま...

英文法で過去分詞を過去形と勘違い、見分け方
https://www.thebelltree.com/toeic_grammar/archives/2018/05/post_10.html
「英文法で過去分詞を過去形と勘違い、見分け方」 ■英文法を学ぶ目的を勘違いしてませんか? 英文法というと、世間のイメージは、 「時代遅れの学校英語で学ぶもの」 「英会話には必要ないもの」 「TOEIC...

英語・英会話で頭を使わない、考えない勉強法はダメ
https://www.thebelltree.com/toeic_grammar/archives/2018/05/post_11.html
「英語・英会話で頭を使わない、考えない勉強法はダメ」 ■英語学習における英文法の役割 メルマガでよくお話しさせていただいておりますが、英文法は、英語を学ぶのであれは全員必要です。 ・使われている単語や...

ifの意味は2つ。「〜かどうか」と「もし〜」の見分け方
https://www.thebelltree.com/toeic_grammar/archives/2018/05/if.html
「ifの意味は2つ。「〜かどうか」と「もし〜」の見分け方」 ■語彙は大切な基礎です ifの意味は2つあり、それは「〜かどうか」と「もし〜」の2つです。 この2つの見分け方について、多くの人が誤解してい...

無料レポート「必須英単語2000語を苦労なく覚える方法」
通信簿が2で、英語が大嫌いだった私が1年でTOEIC 900を達成した原動力です。

書きまくりや、赤シート、カードなんか使わなくたって英単語は苦労なく覚えられるんです!

その英単語の覚え方を無料レポートで解説! さらにはTOEIC対策、英会話上達についてまとめた無料レポートも。人が読んでいる無料メールマガジンと共にお届け。メールマガジンは読者登録完全無料、不要になったらいつでも配信停止可能

無料レポート入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて"送信"を押すだけ。入力されたアドレスにお送りいたします。
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。
執筆者:鈴木 拓(すずき たく)のプロフィール
個人英語教室(ネット版)のイングリッシュティーチャー。年以上にわたり、名様以上に英語指導。『日経WOMAN』『English Journal』等掲載。

昔は通信簿2(5段階、公立中学)、偏差値30と英語が苦手。1年でTOEIC 900点TOEIC 990(満点)、英検1級(2次試験はほぼ満点)

必須英単語2000語を苦労なく覚える方法(無料)
海外ドラマから英会話表現ランキング(無料)
英語初心者無料メール講座(無料)
英会話のための英文法 G4C(最も万能なコース 締切)
ゼロからの英語やり直し教室 New Beginning(名様 締切)
分かる! 解ける! 英文法!(名様 締切)
英語真っすぐリーディング講座(名様 締切)
プロフィールをもっと見る