fixedImage
執筆者:鈴木 拓(すずき たく)のプロフィール
個人英語教室(ネット版)のイングリッシュティーチャー。年以上にわたり、名様以上に英語指導。『日経WOMAN』『English Journal』等掲載。

昔は通信簿2(5段階、公立中学)、偏差値30と英語が苦手。1年でTOEIC 900点TOEIC 990(満点)、英検1級(2次試験はほぼ満点)

必須英単語2000語を苦労なく覚える方法(無料)
海外ドラマから英会話表現ランキング(無料)
英語初心者無料メール講座(無料)
英会話のための英文法 G4C(最も万能なコース 締切)
ゼロからの英語やり直し教室 New Beginning(名様 締切)
分かる! 解ける! 英文法!(名様 締切)
英語真っすぐリーディング講座(名様 締切)
プロフィールをもっと見る

英文法で過去分詞を過去形と勘違い、見分け方





「英文法で過去分詞を過去形と勘違い、見分け方」

■英文法を学ぶ目的を勘違いしてませんか?

英文法というと、世間のイメージは、

「時代遅れの学校英語で学ぶもの」
「英会話には必要ないもの」
「TOEICなど、英文法問題を解くために学ぶもの」
「細かいルールを暗記するもの」

というイメージかもしれません。


しかし、それは間違った認識であり、英語を学ぶ人なら、TOEICが目標の人であれ、英会話が目標の人であれ、どんな人でも必ず学ぶ必要があるものです。

唯一例外と言えるのは帰国子女か小さい子どもぐらいのものです。


英文法というと上記のような間違ったイメージを持たれ勝ちですが、実は、「ないと本当に困るもの」なのです。

英語を読んでいて、

「使われている単語や熟語は全部知っているのに、文全体の意味がわからない」
「長い文、複雑な文になると意味がわからなくなってしまう」

というような現象ありませんか?


あるいは、英語を話していて、

「なぜ自分の言った英語が間違っているのかわからない」
「知っている単語や熟語を感覚で英語っぽく言っている」

というようなことありませんか?


これらはいずれも英文法不足の典型的な症状なのです。

英文法というのは、「英語の構造の知識」です。

リーディングやリスニングでは、

「どの単語がどんな役割をしていて、どんな意味になっているのかを把握する」

英会話やライティングでは、

「どうやって単語や熟語を並べたら、正しい形の英文になるのかを知る」

こういったことに必要な知識なのです。


学校では英文法というと、もっぱら問題を解くことが主で、

「英文法は問題を解くために学んでいる」

と誤解され勝ちですが、問題を解くというのは、あくまで、

「問題を解かせて、生徒がどれだけ英文法を理解しているのかをチェックするため」

であって、問題を解くことそのものには特に意味はないのです。

■英文法を学ぶ目的

英文法を学ぶ目的はザックリと言ってしまえば、

・何が主語(S)か
・何が動詞(V)か
・何が目的語(O)か
・何が補語(C)か

ということを把握するためです。


特に最初のSとVは非常に大事です。

日本語でもそうですが、

「誰が、何をしたか?」

というのは、非常に重要です。


「そんなの簡単にわかる」と思うかもしれませんが、
意外とそうでもないのです。

特に、英文法、英語の構造を意識せず、ただ単に意味をつなげて読んでいると、よく間違いをしてしまいます。

I bought this book.

みたいな単純な文だったら、

IがS
boughtがV

と簡単にわかりますし、そもそもSが何か、Vが何かを意識しなくても、意味が取れてしまうでしょう。


しかし、英語は長くなり、複雑になるとSやVが何かがわかりづらくなってくるのです。

例えば、

The man accused of lying has been telling the truth for the whole time.

という英文。


普通に読んでいると、

the manがS
accusedがV

と思ってしまいそうです。


それに、そもそもSやVを意識しないで読んでいると、

the man 男
accused 非難した

「男は非難した」

と読んでしまいそうです。


しかし、これは間違いで、この文は、

the man accused of lyingがS
has been tellingがV

という形で、

「ウソをついていると非難された男はずーっと真実を語っていた」

という意味なのです。


適当に読んでいると、「男が非難した」と読んでしまいますが、実は男は非難した方ではなく、非難された方だったのです。


では、↓の文、

The salesman you talked about came to my office.

適当に読んでいると、

the salesman youがSで、
talked aboutがVで、

「セールスマンとあなたが話をした」
「セールスマンのあなたが話をした」

というように読んでしまいそうです。


でも実はこの文は、

the salesman you talked aboutがSで
cameがV

「あなたが話していたセールスマンがうちのオフィスに来た」

という意味なのです。


あなたとセールスマンは別の人物ですし、
あなたとセールスマンは話をしていません。

あくまで、あなたがセールスマンについての話をしていただけなのです。

■単語の役割を見抜け

なぜ、このように、適当に読んでいると間違ってしまうのかと言うと、それは、文の構造、その単語の使われ方に注目していないためです。

同じ単語でも、使われ方によって、意味が全然違ってしまいます。

例えば、

The man accused of lying has been telling the truth for the whole time.

では確かにaccuseというのは「非難する」という意味で、その-ed形なのですから、過去形で「非難した」というようにも使われます。

でも、ここでは動詞ではなく、過去分詞として使われており、accusedはVじゃなくて、the manを修飾している形容詞として使われているのです。


accused of lyingと長いですし、名詞の後ろから修飾していますが、

「形容詞が名詞を修飾している」という次元で言えば、

the man accused of lying

the tall man

も同じなのです。


the tall manだったら、これがSだってわかりますよね? tallがVだなんて思わないはずです。


The salesman you talked about came to my office.

のyou talked aboutも同様です。

確かにtalked aboutは過去形のVっぽく見えますが、ここでは、you talked aboutは過去分詞でしてthe salesmanを修飾しているに過ぎず、

the good salesmanと言っているのと

「形容詞が名詞を修飾している」という次元で言えば同じなのです。


このように、同じ単語でも、使われ方によって、全然意味が変わって来ます。

これを見抜けないと、

Sが何か?
Vが何か?

という超基本情報を読み取ることができなくなってしまい、英語が読めなくなってしまうというわけです。


そして、このように、

「この単語はどういう使われ方をしているのか?」
「その場合はどういう意味になるのか?」

というのを知るには英文法の知識が必要なのです。

上記のように、過去分詞と過去形を勘違いする人は多いですが、英文法を学ぶことによって、過去分詞と過去形を見分ける。これが正しい見分け方になります。

■英文法を学びたい方は

以上が、今回のお話になります。

英文法というのは、「不要なもの」「問題を解くためのもの」と勘違いされ勝ちですが、実は、

「誰が、何をしたか?」

という超基本情報を読み取るために必要な、必要不可欠な知識だったのです。つまり、英語を学ぶ人だったら誰だって必要になるのです。


英文法を学びたい方には、

「分かる! 解ける! 英文法!」

がお役に立てれば幸いです。


「TOEICで900点突破しました!」
「30代から英語学習にチャレンジ。1年足らずでTOEIC 830点突破! 大学時代は400点未満でした」
「TOEIC 850点突破しました!」
「TOEICで文法問題が全問正解できました!」
「TOEICが1年弱で200点以上もアップしました!」
「TOEICで150点もアップしました!」
「TOEICリーディングセクションだけで100点も上がりました!」
「TOEICが一気に100点近くアップしました!」
「質問しても、丁寧に回答してくれるので本当に助かります!」
「これほど分かりやすい英文法教材は初めて!」
「もっと早く知っていれば!」
「英文がパズルのように見えるのが本当に面白い!」

と、大好評いただいている講座で、

「TOEICの点を上げたい」方はもちろん、
「仕事で英会話ができるようになりたい」方、
「海外で暮らせる英語力を身につけたい」方まで、

本当にいろいろな方に受講していただいております。


わからないところがありましたら、制作者である私に直接メールで質問していた
だけます。(こちらのサポートが大好評いただいております。)

英文法を学びたい方にはぜひオススメの講座です。

詳しくは↓をご覧下さいませ。無料サンプルも公開しております。
「分かる! 解ける! 英文法!」


長文最後までお読みいただきありがとうございました。
皆様、今後とも英語学習がんばって行きましょう!







英文法のおすすめ勉強法は構造と修飾だ!
https://www.thebelltree.com/toeic_grammar/archives/2018/04/post.html
「英文法のおすすめ勉強法は構造と修飾だ!」 ■日本語訳ではなく、構造を考える 今回お話ししたいのは、こちらがメインではないので、簡単にお話しさせていただきますが、 まず、英文法を学ぶ際に、押さえておい...

関係代名詞と関係副詞の違いが簡単にわかる
https://www.thebelltree.com/toeic_grammar/archives/2018/04/post_1.html
「関係代名詞と関係副詞の違いが簡単にわかる」 ■関係詞(関係代名詞と関係副詞の総称)でみんながつまずくところ 関係詞は多くの英語学習者がつまずくところ。特に下のような問題でつまずくことが多いのです。 ...

TOEIC英文法問題の傾向と頻出分野
https://www.thebelltree.com/toeic_grammar/archives/2018/04/toeic.html
「TOEIC英文法問題の傾向と頻出分野」 ■TOEICの英文法問題の傾向 TOEICの英文法問題の傾向は、 「TOEICのパート5、6の半分以上は英文法問題。その英文法問題の中でも、75%は英文法の簡...

英会話表現の危険性・注意点 〜とか…は危ない
https://www.thebelltree.com/toeic_grammar/archives/2018/04/post_2.html
「英会話表現の危険性・注意点 〜とか…は危ない」 ■英会話の表現の幅を広げたい 今回は、英会話についてのお話です。 英会話と言うと、 「英会話スクール(英会話教室・英会話学校)に行っておけば大丈夫」 ...

英文法の関係詞がわかりやすい教材
https://www.thebelltree.com/toeic_grammar/archives/2018/04/post_3.html
「英文法の関係詞がわかりやすい教材」 ■英文法を学ぶ上で、注意したいこと 今回は、英文法を学ぶ上で、注意してほしいことについてお話しいたします。 その注意しておいてほしいこととは、 「英文法は1から順...

英語を日本語に訳すな、訳さない!
https://www.thebelltree.com/toeic_grammar/archives/2018/04/post_4.html
「英語を日本語に訳すな、訳さない!」 ■日本語に訳す必要はない! 今回は、英語学習をされる皆様に、 「最も気をつけてほしいポイント」 をお話しいたします。 中学・高校の6年間、主要科目として勉強してい...

TOEICパート5、6の英文法問題の解き方
https://www.thebelltree.com/toeic_grammar/archives/2018/04/toeic_1.html
「TOEICパート5、6の英文法問題の解き方」 ■パート5、6の解き方で英語力の傾向がわかる 今回は、ちょっとTOEICのお話をしたいと思います。 TOEIC対策、というより、 「TOEICを使って、...

TOEICは手応えなしでも良いスコア・点数が出たりする
https://www.thebelltree.com/toeic_grammar/archives/2018/04/toeic_2.html
「TOEICは手応えなしでも良いスコア・点数が出たりする」 ■TOEICスコアは思ったより複雑です 今回お話ししたいのは、 「TOEICの手応えで一喜一憂しない」 というお話です。 先週にTOEICが...

TOEIC英文法問題解き方・対策を考えるのは意味がない
https://www.thebelltree.com/toeic_grammar/archives/2018/04/toeic_3.html
「TOEIC英文法問題解き方・対策を考えるのは意味がない」 ■学校での英文法 日本の学校英語では、英文法をしっかりと学びます。 授業では、文法事項の説明を受け、そして、問題を解かされる。 これが学校英...

英語ができる人は日本語に訳さない・変換しない
https://www.thebelltree.com/toeic_grammar/archives/2018/04/post_5.html
「英語ができる人は日本語に訳さない・変換しない」 ■日本では「当たり前のこと」とされていますが… 皆さんご存知のように、日本の英語教育では、「英語は日本語に訳して読む」ように習います。 例えば、 I ...

TOEICパート5が苦手・解けない人の間違った解き方
https://www.thebelltree.com/toeic_grammar/archives/2018/05/toeic_4.html
「TOEICパート5が苦手・解けない人の間違った解き方」 ■TOEICパート5、6の半分は英文法問題 TOEICのパート5、6の約半分は英文法問題です。 (大体、語彙が45%、英文法が55%ぐらい) ...

間違った英語勉強法・学習法7つのポイント
https://www.thebelltree.com/toeic_grammar/archives/2018/05/post_6.html
「間違った英語勉強法・学習法7つのポイント」 ■ポイント1:語彙、英文法、リスニング以外は応用! 「英会話ができるようになりたいから、しゃべる練習しよう」 「リーディングができるようになりたいから、と...

社会人の英語勉強法、おすすめは英文法問題集を使うな?
https://www.thebelltree.com/toeic_grammar/archives/2018/05/post_7.html
「社会人の英語勉強法、おすすめは英文法問題集を使うな?」 ■英語の基礎はこの3つ メルマガで何回かお話しさせていただいているので、ご存知の方が多いと思いますが、 英語の基礎は、「語彙、英文法、リスニン...

英語・英文法の超基礎! 名詞、形容詞、動詞、副詞、文
https://www.thebelltree.com/toeic_grammar/archives/2018/05/post_8.html
「英語・英文法の超基礎! 名詞、形容詞、動詞、副詞、文」 ■いろいろな分野がありますよね 英文法というと、いろいろな分野にわかれています。 「文型」のように、簡単な分野と認識されているものから、「関係...

英語、英文法と英単語どっち? 優先順位
https://www.thebelltree.com/toeic_grammar/archives/2018/05/post_9.html
「英語、英文法と英単語どっち? 優先順位」 ■英語の基礎は、語彙(英単語)、英文法、リスニング メルマガでは何回かお話しさせていただいておりますが、英語の基礎は、語彙(英単語)、英文法、リスニングの3...

TOEICパート5文法問題の解き方・対策・勉強法・の間違い
https://www.thebelltree.com/toeic_grammar/archives/2018/05/toeic_5.html
「TOEICパート5文法問題の解き方・対策・勉強法・の間違い」 ■TOEICのパート5、6 TOEICを受ける人に限らず、英語学習をする人は、「問題を解く」という行為を行うことが多いです。 その中でも...

TOEICで伸びないのはテクニックだけでやるから?
https://www.thebelltree.com/toeic_grammar/archives/2018/05/toeic_6.html
「TOEICで伸びないのはテクニックだけでやるから?」 ■TOEICの伸び方、伸び悩み方 ごくごく当たり前の話ですが、TOEICを受けている方は、人それぞれ、伸び方や伸び悩み方、伸びないケースがありま...

英文法で過去分詞を過去形と勘違い、見分け方
https://www.thebelltree.com/toeic_grammar/archives/2018/05/post_10.html
「英文法で過去分詞を過去形と勘違い、見分け方」 ■英文法を学ぶ目的を勘違いしてませんか? 英文法というと、世間のイメージは、 「時代遅れの学校英語で学ぶもの」 「英会話には必要ないもの」 「TOEIC...

英語・英会話で頭を使わない、考えない勉強法はダメ
https://www.thebelltree.com/toeic_grammar/archives/2018/05/post_11.html
「英語・英会話で頭を使わない、考えない勉強法はダメ」 ■英語学習における英文法の役割 メルマガでよくお話しさせていただいておりますが、英文法は、英語を学ぶのであれは全員必要です。 ・使われている単語や...

ifの意味は2つ。「〜かどうか」と「もし〜」の見分け方
https://www.thebelltree.com/toeic_grammar/archives/2018/05/if.html
「ifの意味は2つ。「〜かどうか」と「もし〜」の見分け方」 ■語彙は大切な基礎です ifの意味は2つあり、それは「〜かどうか」と「もし〜」の2つです。 この2つの見分け方について、多くの人が誤解してい...

無料レポート「必須英単語2000語を苦労なく覚える方法」
通信簿が2で、英語が大嫌いだった私が1年でTOEIC 900を達成した原動力です。

書きまくりや、赤シート、カードなんか使わなくたって英単語は苦労なく覚えられるんです!

その英単語の覚え方を無料レポートで解説! さらにはTOEIC対策、英会話上達についてまとめた無料レポートも。人が読んでいる無料メールマガジンと共にお届け。メールマガジンは読者登録完全無料、不要になったらいつでも配信停止可能

無料レポート入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて"送信"を押すだけ。入力されたアドレスにお送りいたします。
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。
執筆者:鈴木 拓(すずき たく)のプロフィール
個人英語教室(ネット版)のイングリッシュティーチャー。年以上にわたり、名様以上に英語指導。『日経WOMAN』『English Journal』等掲載。

昔は通信簿2(5段階、公立中学)、偏差値30と英語が苦手。1年でTOEIC 900点TOEIC 990(満点)、英検1級(2次試験はほぼ満点)

必須英単語2000語を苦労なく覚える方法(無料)
海外ドラマから英会話表現ランキング(無料)
英語初心者無料メール講座(無料)
英会話のための英文法 G4C(最も万能なコース 締切)
ゼロからの英語やり直し教室 New Beginning(名様 締切)
分かる! 解ける! 英文法!(名様 締切)
英語真っすぐリーディング講座(名様 締切)
プロフィールをもっと見る