fixedImage
執筆者:鈴木 拓(すずき たく)のプロフィール
個人英語教室(ネット版)のイングリッシュティーチャー。年以上にわたり、名様以上に英語指導。『日経WOMAN』『English Journal』等掲載。

昔は通信簿2(5段階、公立中学)、偏差値30と英語が苦手。1年でTOEIC 900点TOEIC 990(満点)、英検1級(2次試験はほぼ満点)

必須英単語2000語を苦労なく覚える方法(無料)
海外ドラマから英会話表現ランキング(無料)
英語初心者無料メール講座(無料)
英会話のための英文法 G4C(最も万能なコース 締切)
ゼロからの英語やり直し教室 New Beginning(名様 締切)
分かる! 解ける! 英文法!(名様 締切)
英語真っすぐリーディング講座(名様 締切)
プロフィールをもっと見る

ifの意味は2つ。「〜かどうか」と「もし〜」の見分け方





「ifの意味は2つ。「〜かどうか」と「もし〜」の見分け方」

■語彙は大切な基礎です

ifの意味は2つあり、それは「〜かどうか」と「もし〜」の2つです。

この2つの見分け方について、多くの人が誤解しています。

誤解を解くために、順序立ててお話させていただきます。前提の話が長くなってしまいますが、しばらくお付き合いくださいませ。


よくお話させていただくので、ご存知の方も多いと思いますが、私は、英語の基礎は、

語彙、英文法、リスニング

の3本柱だと考えています。

英語をやるには、誰でもこの3つの基礎を築くことから始めるべきで、リーディング、スピーキング、ライティングなどは応用スキル。

そして、応用スキルは基礎ができていない状態でやっても非効率で、残念ながら、「ザルに水」状態になってしまう可能性が高いです。

私は昔は、通信簿2(5段階)、偏差値30と英語が苦手だったのですが、その状態で、リーディングを一生懸命がんばっても効果がなく、逆に点数が下がった、という経験があります。

逆に、基礎からやり直したら、どんどん英語が得意になり、今ではTOEIC 990(満点)、英検1級を持っています。


この3つの中でも特に、語彙と英文法の2つは基礎中の基礎と言え、非常に大切です。(リスニングも大切ですが、語彙と英文法に比べれば多少応用色が強い)

語彙が大切なことは多くの方がご存知だと思います。

単純な話、知らない単語ばかりではどうしようもないからです。


リーディングでは知らない単語のオンパレードでは意味がわかりません。

リスニングでも、聞き取れたとしても知らない単語ばっかりだったら、やはり意味がわかりません。

スピーキングでは、言いたいことがあっても、単語を知らなかったら発言できません。ライティングでも同様です。


そのため、語彙を鍛えることは英文法を鍛えるのと同様に、英語においては非常に重要なことなのです。

■でも、意味にばかりとらわれるのも…

語彙は大切です。最低限、基礎的な単語帳(通常は2000語ほど収録)1冊をやって、基礎的な単語の、基礎的な意味を覚える必要があります。

しかし、多くの人が語彙の大切さを認識しているがために、普段の英語学習でも、

「過度に意味に依存してしまっている」

という状況を目にします。


意味を知っていることはとても大切です。

しかし、英語は意味がすべてではなく、意味以外のことにも目を向けなければいけないこともあるのです。


※:以下の説明は中級者以上向けです。初心者の方は、「意味だけを見ていたらダメな例」としてご覧下さい。

例えば、ifやwhetherという従属接続詞を学ぶ際。

従属接続詞というのは、必ず、

「従属接続詞+文」

というセットで使われます。従属接続詞だけで使われるということはありません


そして、「従属接続詞+文」は名詞か副詞になります。

つまり、

「従属接続詞+文=名詞or副詞」

ということです。


名詞を作るのか、副詞を作るのかは従属接続詞によって決まっています。

具体的には、

1、if、whether、that以外の従属接続詞は副詞のみ
2、thatは名詞のみ
3、ifとwhetherは名詞と副詞、両方作れる

というようになっています。


つまり、ifとwhether以外の従属接続詞なら、「どの従属接続詞か」を見れば、名詞か副詞かがわかるのです。

例えば、

Because it was raining, I took a taxi.
「雨が降っていたので、タクシーに乗った」

のbecauseは、1の「if、whether、that以外の従属接続詞」なので、副詞。

つまり、

「because(従属接続詞)+it was raining(文)
 =because it was raining(副詞)」

ということになります。


一方、

I think that this is a good book.
「私はこれは良い本だと思います」

のthatは、名詞しか作れない従属接続詞。

つまり、

「that(従属接続詞)+this is a good book(文)
 =that this is a good book(名詞)」

ということになります。


しかし、ifとwhetherは名詞、副詞のどちらでも使えます。

例えば、

I will talk to him if I see him.
「彼に会ったら話しとくよ」

のif I see himは、副詞。

I don't know if he is here.
「彼がここにいるかどうか知らない」

のif he is hereは名詞です。


つまり、「if+文(if節と呼ばれます)」「whether+文(whether節)」に関しては、

「副詞なのか、名詞なのか」を見分ける必要があるのです。

■意味ではなく、構造が優先

前提説明が長くなってしまいましたが、ここからが本題です。ここで多くの人がやってしまう間違いが、

「意味で見分けようとしてしまう」

ということです。


if節は名詞と副詞の両方の可能性がありますが、その意味は、

名詞「〜かどうか」
副詞「もし〜なら」

と違います。


そのため、

「"〜かどうか"という意味なら名詞。
 "もし〜なら"とうい意味なら副詞」

というように見分けようとする人が多いですが、これは危険な間違いになります。

まず第1に、意味というのは主観的な基準であり、あいまいであるため、間違うことがとても多いです。

そして、何よりも、それでは名詞か副詞かを見分ける能力を育ちません。
(以前もお話しさせていただいたことがありますが、品詞を見抜く能力は、英語においては必須です)


現に、

I will talk to him if I see him.

本来の、「彼に会ったら話しとくよ」という「もし〜なら」ではなく、「彼と会うかどうか、彼と話しとくよ」と、「〜かどうか」とも解釈できてしまいます。


もちろん、これは人によります。

「いや、明らかに"もし〜なら"だろ」という人もいれば、
「どちらとも取れるな」という人もいれば、
「明らかに"〜かどうか"でしょ」という人もいます。

意味というのは主観的ですから。人によって判断が違ってしまうのです。

I don't know if he is here.

だって、本来の「彼がここにいるかどうか知らない」ではなく、「もし彼がここにいたら知らないよ」という意味ととらえる人だっています。


このように、意味というのは主観的で、あいまいなのです。

こんなあいまいな判断の仕方をしていたのでは、しょっちゅう英文の意味を誤解してしまいます。


そうではなく、客観的で、クリアな基準である「構造」で見る必要があります。

先ほど、

「"〜かどうか"という意味なら名詞。
 "もし〜なら"とうい意味なら副詞」

という見方で見てしまう人がいると言いましたが、これはまったく逆で、

「名詞から、"〜かどうか"という意味。
 副詞だから、"もし〜なら"という意味」

というように判断すべきなのです。


名詞というのは、S、O、C、前置詞の後ろの名詞の4パターンでしか存在できません。(S=主語、O=目的語、C=補語)

逆に、副詞というのは、空気のような存在で、好きなところに自由に入れられます。

なので、

「if節がS、O、C、前置詞の後ろの名詞のいずれかとして使われているなら、名詞。そうじゃなければ副詞」

というように構造から判断できるのです。


例えば、

I will talk to him if I see him.

は、if節を除いて考えると

と、S、O、C、前置詞の後ろの名詞には空きがありません。

SはIで、Oはhimで埋まってしまっていますし、Cは存在せず、前置詞も余っていません。

なので、if節は空気のように自由に入れられる副詞、ということになるのです。


if節は副詞だとわかったので、「もし〜なら」という意味になり、「彼に会ったら話しとくよ」という意味だとわかるのです。


逆に、

I don't know if he is here.

は、if節を除いて考えると、

とOが空いています。

ということは、if節はOである、ということがわかり、名詞だとわかるのです。

if節は名詞だとわかったので、「〜かどうか」という意味になり、「彼がここにいるかどうか知らない」という意味だとわかるのです。

■意味ばかり見ていないで、構造・機能に注目

以上が今回のお話になります。

今回の、if、whetherの例はあくまで1つの例に過ぎません。

複数の品詞で使うことができて、意味が変わる単語は一杯あります。

run、move、care、that、swing、call…。

挙げればキリがありません。


意味というのは、主観的であいまいな基準です。「〜という意味だから○詞」とするのではなく、

構造から判断して、「○詞だから、〜という意味」というように判断すべきです。

単語の意味を覚えることはとても大切なのですが、それと同様に、「構造や機能に注目すること」これも非常に大切なのです。


こういった、構造・機能理解のために、英文法を学びたい方には、

「分かる! 解ける! 英文法!」

がお役に立てれば幸いです。


「TOEICで900点突破しました!」
「30代から英語学習にチャレンジ。1年足らずでTOEIC 830点突破! 大学時代は400点未満でした」
「TOEIC 850点突破しました!」
「TOEICで文法問題が全問正解できました!」
「TOEICが1年弱で200点以上もアップしました!」
「TOEICで150点もアップしました!」
「TOEICリーディングセクションだけで100点も上がりました!」
「TOEICが一気に100点近くアップしました!」
「質問しても、丁寧に回答してくれるので本当に助かります!」
「これほど分かりやすい英文法教材は初めて!」
「もっと早く知っていれば!」
「英文がパズルのように見えるのが本当に面白い!」

と、大好評いただいている講座で、

「TOEICの点を上げたい」方はもちろん、
「仕事で英会話ができるようになりたい」方、
「海外で暮らせる英語力を身につけたい」方まで、

本当にいろいろな方に受講していただいております。


わからないところがありましたら、制作者である私に直接メールで質問していた
だけます。(こちらのサポートが大好評いただいております。)

英文法を学びたい方にはぜひオススメの講座です。

詳しくは↓をご覧下さいませ。無料サンプルも公開しております。
「分かる! 解ける! 英文法!」


長文最後までお読みいただきありがとうございました。
皆様、今後とも英語学習がんばって行きましょう!







英文法のおすすめ勉強法は構造と修飾だ!
https://www.thebelltree.com/toeic_grammar/archives/2018/04/post.html
「英文法のおすすめ勉強法は構造と修飾だ!」 ■日本語訳ではなく、構造を考える 今回お話ししたいのは、こちらがメインではないので、簡単にお話しさせていただきますが、 まず、英文法を学ぶ際に、押さえておい...

関係代名詞と関係副詞の違いが簡単にわかる
https://www.thebelltree.com/toeic_grammar/archives/2018/04/post_1.html
「関係代名詞と関係副詞の違いが簡単にわかる」 ■関係詞(関係代名詞と関係副詞の総称)でみんながつまずくところ 関係詞は多くの英語学習者がつまずくところ。特に下のような問題でつまずくことが多いのです。 ...

TOEIC英文法問題の傾向と頻出分野
https://www.thebelltree.com/toeic_grammar/archives/2018/04/toeic.html
「TOEIC英文法問題の傾向と頻出分野」 ■TOEICの英文法問題の傾向 TOEICの英文法問題の傾向は、 「TOEICのパート5、6の半分以上は英文法問題。その英文法問題の中でも、75%は英文法の簡...

英会話表現の危険性・注意点 〜とか…は危ない
https://www.thebelltree.com/toeic_grammar/archives/2018/04/post_2.html
「英会話表現の危険性・注意点 〜とか…は危ない」 ■英会話の表現の幅を広げたい 今回は、英会話についてのお話です。 英会話と言うと、 「英会話スクール(英会話教室・英会話学校)に行っておけば大丈夫」 ...

英文法の関係詞がわかりやすい教材
https://www.thebelltree.com/toeic_grammar/archives/2018/04/post_3.html
「英文法の関係詞がわかりやすい教材」 ■英文法を学ぶ上で、注意したいこと 今回は、英文法を学ぶ上で、注意してほしいことについてお話しいたします。 その注意しておいてほしいこととは、 「英文法は1から順...

英語を日本語に訳すな、訳さない!
https://www.thebelltree.com/toeic_grammar/archives/2018/04/post_4.html
「英語を日本語に訳すな、訳さない!」 ■日本語に訳す必要はない! 今回は、英語学習をされる皆様に、 「最も気をつけてほしいポイント」 をお話しいたします。 中学・高校の6年間、主要科目として勉強してい...

TOEICパート5、6の英文法問題の解き方
https://www.thebelltree.com/toeic_grammar/archives/2018/04/toeic_1.html
「TOEICパート5、6の英文法問題の解き方」 ■パート5、6の解き方で英語力の傾向がわかる 今回は、ちょっとTOEICのお話をしたいと思います。 TOEIC対策、というより、 「TOEICを使って、...

TOEICは手応えなしでも良いスコア・点数が出たりする
https://www.thebelltree.com/toeic_grammar/archives/2018/04/toeic_2.html
「TOEICは手応えなしでも良いスコア・点数が出たりする」 ■TOEICスコアは思ったより複雑です 今回お話ししたいのは、 「TOEICの手応えで一喜一憂しない」 というお話です。 先週にTOEICが...

TOEIC英文法問題解き方・対策を考えるのは意味がない
https://www.thebelltree.com/toeic_grammar/archives/2018/04/toeic_3.html
「TOEIC英文法問題解き方・対策を考えるのは意味がない」 ■学校での英文法 日本の学校英語では、英文法をしっかりと学びます。 授業では、文法事項の説明を受け、そして、問題を解かされる。 これが学校英...

英語ができる人は日本語に訳さない・変換しない
https://www.thebelltree.com/toeic_grammar/archives/2018/04/post_5.html
「英語ができる人は日本語に訳さない・変換しない」 ■日本では「当たり前のこと」とされていますが… 皆さんご存知のように、日本の英語教育では、「英語は日本語に訳して読む」ように習います。 例えば、 I ...

TOEICパート5が苦手・解けない人の間違った解き方
https://www.thebelltree.com/toeic_grammar/archives/2018/05/toeic_4.html
「TOEICパート5が苦手・解けない人の間違った解き方」 ■TOEICパート5、6の半分は英文法問題 TOEICのパート5、6の約半分は英文法問題です。 (大体、語彙が45%、英文法が55%ぐらい) ...

間違った英語勉強法・学習法7つのポイント
https://www.thebelltree.com/toeic_grammar/archives/2018/05/post_6.html
「間違った英語勉強法・学習法7つのポイント」 ■ポイント1:語彙、英文法、リスニング以外は応用! 「英会話ができるようになりたいから、しゃべる練習しよう」 「リーディングができるようになりたいから、と...

社会人の英語勉強法、おすすめは英文法問題集を使うな?
https://www.thebelltree.com/toeic_grammar/archives/2018/05/post_7.html
「社会人の英語勉強法、おすすめは英文法問題集を使うな?」 ■英語の基礎はこの3つ メルマガで何回かお話しさせていただいているので、ご存知の方が多いと思いますが、 英語の基礎は、「語彙、英文法、リスニン...

英語・英文法の超基礎! 名詞、形容詞、動詞、副詞、文
https://www.thebelltree.com/toeic_grammar/archives/2018/05/post_8.html
「英語・英文法の超基礎! 名詞、形容詞、動詞、副詞、文」 ■いろいろな分野がありますよね 英文法というと、いろいろな分野にわかれています。 「文型」のように、簡単な分野と認識されているものから、「関係...

英語、英文法と英単語どっち? 優先順位
https://www.thebelltree.com/toeic_grammar/archives/2018/05/post_9.html
「英語、英文法と英単語どっち? 優先順位」 ■英語の基礎は、語彙(英単語)、英文法、リスニング メルマガでは何回かお話しさせていただいておりますが、英語の基礎は、語彙(英単語)、英文法、リスニングの3...

TOEICパート5文法問題の解き方・対策・勉強法・の間違い
https://www.thebelltree.com/toeic_grammar/archives/2018/05/toeic_5.html
「TOEICパート5文法問題の解き方・対策・勉強法・の間違い」 ■TOEICのパート5、6 TOEICを受ける人に限らず、英語学習をする人は、「問題を解く」という行為を行うことが多いです。 その中でも...

TOEICで伸びないのはテクニックだけでやるから?
https://www.thebelltree.com/toeic_grammar/archives/2018/05/toeic_6.html
「TOEICで伸びないのはテクニックだけでやるから?」 ■TOEICの伸び方、伸び悩み方 ごくごく当たり前の話ですが、TOEICを受けている方は、人それぞれ、伸び方や伸び悩み方、伸びないケースがありま...

英文法で過去分詞を過去形と勘違い、見分け方
https://www.thebelltree.com/toeic_grammar/archives/2018/05/post_10.html
「英文法で過去分詞を過去形と勘違い、見分け方」 ■英文法を学ぶ目的を勘違いしてませんか? 英文法というと、世間のイメージは、 「時代遅れの学校英語で学ぶもの」 「英会話には必要ないもの」 「TOEIC...

英語・英会話で頭を使わない、考えない勉強法はダメ
https://www.thebelltree.com/toeic_grammar/archives/2018/05/post_11.html
「英語・英会話で頭を使わない、考えない勉強法はダメ」 ■英語学習における英文法の役割 メルマガでよくお話しさせていただいておりますが、英文法は、英語を学ぶのであれは全員必要です。 ・使われている単語や...

ifの意味は2つ。「〜かどうか」と「もし〜」の見分け方
https://www.thebelltree.com/toeic_grammar/archives/2018/05/if.html
「ifの意味は2つ。「〜かどうか」と「もし〜」の見分け方」 ■語彙は大切な基礎です ifの意味は2つあり、それは「〜かどうか」と「もし〜」の2つです。 この2つの見分け方について、多くの人が誤解してい...

無料レポート「必須英単語2000語を苦労なく覚える方法」
通信簿が2で、英語が大嫌いだった私が1年でTOEIC 900を達成した原動力です。

書きまくりや、赤シート、カードなんか使わなくたって英単語は苦労なく覚えられるんです!

その英単語の覚え方を無料レポートで解説! さらにはTOEIC対策、英会話上達についてまとめた無料レポートも。人が読んでいる無料メールマガジンと共にお届け。メールマガジンは読者登録完全無料、不要になったらいつでも配信停止可能

無料レポート入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて"送信"を押すだけ。入力されたアドレスにお送りいたします。
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。
執筆者:鈴木 拓(すずき たく)のプロフィール
個人英語教室(ネット版)のイングリッシュティーチャー。年以上にわたり、名様以上に英語指導。『日経WOMAN』『English Journal』等掲載。

昔は通信簿2(5段階、公立中学)、偏差値30と英語が苦手。1年でTOEIC 900点TOEIC 990(満点)、英検1級(2次試験はほぼ満点)

必須英単語2000語を苦労なく覚える方法(無料)
海外ドラマから英会話表現ランキング(無料)
英語初心者無料メール講座(無料)
英会話のための英文法 G4C(最も万能なコース 締切)
ゼロからの英語やり直し教室 New Beginning(名様 締切)
分かる! 解ける! 英文法!(名様 締切)
英語真っすぐリーディング講座(名様 締切)
プロフィールをもっと見る