fixedImage
分かる! 解ける! 英文法!
初心者用講座!
英語真っすぐリーディング講座
英会話のための英文法
勘違い解消でTOEICアップ!
無料レポート
「1年でTOEIC 900!
TOEICの意外な落とし穴」

無料レポートの入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて、送信を押すだけ。さらには単語の覚え方、英会話上達についてまとめた無料レポートも。

そのアドレスに人が読んでいる私の無料メールマガジン(メルマガ)と一緒にお送りいたします。

メルマガ読者登録は完全無料、いつでも配信停止可能
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたメールアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。

























執筆者:鈴木 拓(すずき たく)のプロフィール
個人英語教室(ネット版)のイングリッシュティーチャー。年以上にわたり、名様以上に英語指導。『日経WOMAN』『English Journal』等掲載。

昔は通信簿2(5段階、公立中学)、偏差値30と英語が苦手。1年でTOEIC 900点TOEIC 990(満点)、英検1級(2次試験はほぼ満点)

必須英単語2000語を苦労なく覚える方法(無料)
海外ドラマから英会話表現ランキング(無料)
英語初心者無料メール講座(無料)
英会話のための英文法 G4C(最も万能なコース 締切)
ゼロからの英語やり直し教室 New Beginning(名様 締切)
分かる! 解ける! 英文法!(名様 締切)
英語真っすぐリーディング講座(名様 締切)
プロフィールをもっと見る

英会話は間違いを恐れないのやり過ぎも問題





「英会話は間違いを恐れないのやり過ぎも問題」



■日本人は細かいことにこだわり過ぎ?

私は仕事柄、ほかの英語指導者の方とお会いすることがありますし、そういった方が書かれた記事等を見ることがあります。

英語指導というのは、本当に指導者の個性がはっきり表れます。

あまり「スタンダード」、「基準」というものがないんですね。


家電とかは、「どれも同じになって差別化ができない」みたいな話をよく聞きますが、英語指導は逆。

ものすごく差別化されています。

他業種に比べて、「大手」ができづらいのもそれが理由かもしれません。
(過去に1つ大手ができましたが、数年前に不祥事で倒産してしまいましたし)

指導者一人一人考え方が違うので、それをマニュアル化する、

「どの先生でも同じ質の授業を提供する」

っていうのは非常にむずかしいんだと思います。


ちょっと話が脱線しましたが、これだけ個性が出る英語指導ですから、人によって意見は様々。

最近、ほかの英語指導者の方、特にネイティヴの方から、

「日本人は細かいことにこだわり過ぎる」

という話を聞きました。


「あまりに詳細にこだわりすぎたり、些細なミスを気にし過ぎて、消極的になり過ぎている」

というお話です。


それは確かに私もそうだと思うところはあります。

英語には、確かに、

「気にしてもどうしようもない部分」

というのはあります。


例えば、

He was late.
「彼は遅刻した」

という英文を見て、

「日本語だと"遅刻した"と動詞になっている。ということは、was lateも動詞なのかな?

でも、lateは辞書を調べると形容詞って出てるけどなぁ」

というのは考え過ぎかと思います。


日本語と英語は違う言語。

日本語にはあるけど、英語にはない表現。
英語にはあるけど、日本語にはない表現。

これはお互い様で、一杯あります。

英語には「遅刻する」という動詞は存在しないのです。

ですから、代わりに、be late「(直訳すれば)遅い状態である」を使うんです。


なんで、「遅刻する」って日本語だと動詞なのに、英語だと、動詞+形容詞(be late)なんだ?

と言われても、それはそういうものだからとしか言いようがないんです。


また、間違いを気にしすぎるのも良くないでしょう。

「リンゴを買ったって言いたいけど、I bought apple.でいいのかな? appleにanつけるの? それともapplesで複数形…」

といろいろと考えて、ミスを怖がってしまう。

その結果として、「ミスが怖いから」としゃべるのを止めてしまう。これはもったいない話です。


ミスをしながらでもしゃべらなければ、会話ができませんから、なかなか会話は上達しません。

ミスをすれば、もしかしたら相手が「それはこうだよ」と正しい言い方を教えてくれるかもしれません。

ミスをすれば、「あー、次からは気をつけなければ」と修正の気持ちが出ます。


こういったミスを繰り返して、何が正しいかを学んで、単純ミスをなくすように努力をして、上達して行くものです。



■間違いをあまりに恐れないのも問題

ただ、この「間違いや細かいことを恐れず、適当に」を極端に実行し過ぎている人も問題です。

例えば、この前、英語指導者の方で、

「He isn't work for this company.とかでも、スラスラ言っちゃう人の方が良い」

という意見の方がいらっしゃいました。


He isn't work for this company.

は明らかに間違った英語で、

He doesn't work for this company.

が正しいです。


こういった間違いがうっかり間違いで時々やってしまうのなら仕方がないでしょう。

ただ、中には、

「isn'tとdoesn'tの使い分けがわからない。でも、そんなのどうでもいいや」

と、「うっかり」ではない。
本当にわかっていない。

しかも、それを気にもしていない。

という方をお見受けします。


これはさすがにまずいです。

確かに、

He isn't work for this company.

でも、相手に意味は通じるでしょう。無言のままよりはマシかもしれません。


ただ、isn'tとdoesn'tの違いなんて、

「isn'tは動詞が1語のbe動詞のとき使う。doesn'tは動詞が1語の一般動詞のとき使う」

という仕組みを学べばすぐにわかることです。


「He was late.は日本語だと"遅刻する"なのに、なんで、wasという動詞+lateという形容詞なんだ?」

というのは、仕組みがなく、「そういうもの」と押さえるしかないものです。


ただ、逆に、「isn'tとdoesn'tの違い」のように、仕組みがあるものは、逆に、気にして考えるべきです。


別の英語指導者の方(こちらもネイティヴの方)も、

「ミスをするのはかまわないが、ミスから次回は修正しようと言う気持ちがないのはダメだ」

「仕組みを考えようともしないのは、学ぶ意欲がないように見えてしまう」

と言っていました。



■仕組みがあるんだったら、それを押さえた方が断然効率的

「なぜ、"遅刻する"がbe lateになるのか?」みたいに、仕組みがないものだったら、「そういうものだ」と覚えておくしかないですし、気にしすぎるのはよくありません。


でも、仕組みがあるものだったら、仕組みを理解した方がずっと効率的。

先ほどの「isn'tとdoesn'tの違い」は極端な例で、

「そのぐらいは考えてるよ」

と思う方が多いと思います。


しかし、ほかの例を見てみると、

「ちゃんと仕組みがあるのに、"そういうもの"と覚えるだけで済ませている」

というケースは意外と多いんです。


例えば、

This bag is too small to put this book in.
「この袋はこの本を入れるには小さ過ぎる」

みたいに、「too〜to」や「enough to」の表現。


上記の英文の最後のinのように、最後に、前置詞がポツンと置かれているケースが多いのです。

これを「よくわからないけど、そういうものと覚えておこう」としている方は多いです。


これにもちゃんと仕組みがあるんですよ。

「too〜to」、「enough to」の2つは、

1、不定詞の中に、穴(本来は名詞があるべきなのにない場所)が1つある
2、その穴に、主文のS(上記の例だとthis bag)を入れると意味が通る

という仕組みがあるんです。


例えば、今回の例だと、不定詞は

to put this book in

です。

inは前置詞。
前置詞の後ろには必ず名詞が必要です。

それなのに、inの後ろには名詞がありません。

ということは、これは「本来は名詞があるべきなのにない」
つまり、「穴がある」と言うことになります。


そして、この穴に主文のS(this bag)を入れると、

to put this book in this bag
「この本をこの袋の中に入れる」

と意味が通ります。


このように、仕組みを押さえてしまえば、「too〜to」、「enough to」の文はほとんどの文に対応できます。

それなのに、

「This bag is too small to put this book in.では、よくわからないけどinが必要って覚えておこう。

This board is large enough to throw a ball at.では、よくわからないけどatが必要って覚えておこう。
 ・
 ・
 ・
 ・
 ・」

と、1つ1つ、ケースバイケースで覚えていたのではとても非効率です。



■英文法は覚えるものではない。理解するもの

確かに、英語には「be late 遅れる」のように、理由がないor理由を考えてもしょうがないものもあります。

そういうものは、残念ながら、確かに「そういうもの」と覚えるものです。


しかし、「too〜to」、「enough to」のように、ちゃんと仕組みがあるものもたくさんあり、その場合は、仕組みを理解した方がずっと効率的。

英文法では、こういった仕組みがあるものを学ぶのです。

よく、

「英文法が覚えられない」

という人がいますが、それは当たり前。

「英文法は覚えるものではなく、理解するもの」

だからです。


「This bag is too small to put this book in.では、よくわからないけどinが必要って覚えておこう。

This board is large enough to throw a ball at.では、よくわからないけどatが必要って覚えておこう」

これを英文法だと誤解している人が多いですが、こんなのは英文法ではありません。


「too〜to」、「enough to」の2つは、

1、不定詞の中に、穴(本来は名詞があるべきなのにない場所)が1つある
2、その穴に、主文のS(上記の例だとthis bag)を入れると意味が通る

という仕組みがある。


こういうことを理解することが英文法なのです。


英文法を1から理解を積み重ねる形で学びたい方は、

「分かる! 解ける! 英文法!」

がお役に立てれば幸いです。


「TOEICで900点突破しました!」
「30代から英語学習にチャレンジ。1年足らずでTOEIC 830点突破! 大学時代は400点未満でした」
「TOEIC 850点突破しました!」
「TOEICで文法問題が全問正解できました!」
「TOEICが1年弱で200点以上もアップしました!」
「TOEICで150点もアップしました!」
「TOEICリーディングセクションだけで100点も上がりました!」
「TOEICが一気に100点近くアップしました!」
「質問しても、丁寧に回答してくれるので本当に助かります!」
「これほど分かりやすい英文法教材は初めて!」
「もっと早く知っていれば!」
「英文がパズルのように見えるのが本当に面白い!」

と、大好評いただいている講座で、

「TOEICの点を上げたい」方はもちろん、
「仕事で英会話ができるようになりたい」方、
「海外で暮らせる英語力を身につけたい」方まで、

本当にいろいろな方に受講していただいております。


わからないところがありましたら、制作者である私に直接メールで質問していた
だけます。(こちらのサポートが大好評いただいております。)

英文法を学びたい方にはぜひオススメの講座です。

詳しくは↓をご覧下さいませ。無料サンプルも公開しております。
「分かる! 解ける! 英文法!」


長文最後までお読みいただきありがとうございました。
皆様、今後とも英語学習がんばって行きましょう!











英語自主学習の方法、社会人・大学生向け
https://www.thebelltree.com/toeic_grammar/archives/2018/07/post_24.html
「英語自主学習の方法、社会人・大学生向け」 ■コーチと選手の関係 まずは英語学習とは全然関係ないたとえ話から始めさせてください。 プロ野球では、「バッティングコーチ」というコーチがいます。その名の通り...

不要な英文法と必要な英文法
https://www.thebelltree.com/toeic_grammar/archives/2018/07/post_25.html
「不要な英文法と必要な英文法」 ■実は必要なかった? 私は講座の中で、「英語学習で気にしてはいけないこと」という補助テキストをつけさせていただいて、この中で、 「必要じゃなかったり、重要ではないので、...

英文法の重要性を軽視して不要と思うと、後で悪影響が
https://www.thebelltree.com/toeic_grammar/archives/2018/07/post_26.html
「英文法の重要性を軽視して不要と思うと、後で悪影響が」 ■それって必要? って思うけど… 英文法を学習していると、その時点では「必要性を感じられない」というものが出てくることがあります。 例えば、文型...

英文法は一番基礎は品詞。品詞が一番大事
https://www.thebelltree.com/toeic_grammar/archives/2018/07/post_27.html
「英文法は一番基礎は品詞。品詞が一番大事」 ■英語で一番大事なこと メルマガでよくお話させていただきますが、私は昔は通信簿2(5段階)、偏差値30と英語が苦手でした。 (今は、TOEIC 990(満点...

英文法をどのぐらい理解するべき? 理解するには?
https://www.thebelltree.com/toeic_grammar/archives/2018/07/post_28.html
「英文法をどのぐらい理解するべき? 理解するには?」 ■英文法は積み重ねですが… メルマガでもよくお話させていただいている通り、英文法というのは「積み重ね」です。 A〜Zまで学ぶべきことがあるとしたら...

英語学習は何から始めるのがいい? 英文法です!
https://www.thebelltree.com/toeic_grammar/archives/2018/07/post_29.html
「英語学習は何から始めるのがいい? 英文法です!」 ■あきらめていませんか? 英語学習を1月や4月に始める人がいますが、始められなかったり、途中であきらめて、 「今年は(も)英語はダメかなぁ」 とあき...

英語 一人でアウトプットはできない
https://www.thebelltree.com/toeic_grammar/archives/2018/07/_dekinai.html
今回は英会話やライティング等のお話になります。 (中級者と初心者の方が対象です) 逆説的かもしれませんが、 「英文法をしっかりと固めると、アウトプット(英語をしゃべったり、書いたり)がどんどんできるよ...

英会話は間違いを恐れないのやり過ぎも問題
https://www.thebelltree.com/toeic_grammar/archives/2018/07/post_30.html
「英会話は間違いを恐れないのやり過ぎも問題」 ■日本人は細かいことにこだわり過ぎ? 私は仕事柄、ほかの英語指導者の方とお会いすることがありますし、そういった方が書かれた記事等を見ることがあります。 英...

英語初心者には英会話は意味がない、効果なし?
https://www.thebelltree.com/toeic_grammar/archives/2018/07/post_31.html
「英語初心者には英会話は意味がない、効果なし?」 今回は英会話のお話です。 「英会話はむずかしいから、基礎を固めてから」 「初心者レベルでも、英会話の勉強をすべきだ」 英会話に関する取り組み方は、英語...

無料レポート「必須英単語2000語を苦労なく覚える方法」
通信簿が2で、英語が大嫌いだった私が1年でTOEIC 900を達成した原動力です。

書きまくりや、赤シート、カードなんか使わなくたって英単語は苦労なく覚えられるんです!

その英単語の覚え方を無料レポートで解説! さらにはTOEIC対策、英会話上達についてまとめた無料レポートも。人が読んでいる無料メールマガジンと共にお届け。メールマガジンは読者登録完全無料、不要になったらいつでも配信停止可能

無料レポート入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて"送信"を押すだけ。入力されたアドレスにお送りいたします。
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。
執筆者:鈴木 拓(すずき たく)のプロフィール
個人英語教室(ネット版)のイングリッシュティーチャー。年以上にわたり、名様以上に英語指導。『日経WOMAN』『English Journal』等掲載。

昔は通信簿2(5段階、公立中学)、偏差値30と英語が苦手。1年でTOEIC 900点TOEIC 990(満点)、英検1級(2次試験はほぼ満点)

必須英単語2000語を苦労なく覚える方法(無料)
海外ドラマから英会話表現ランキング(無料)
英語初心者無料メール講座(無料)
英会話のための英文法 G4C(最も万能なコース 締切)
ゼロからの英語やり直し教室 New Beginning(名様 締切)
分かる! 解ける! 英文法!(名様 締切)
英語真っすぐリーディング講座(名様 締切)
プロフィールをもっと見る