fixedImage
分かる! 解ける! 英文法!
初心者用講座!
英語真っすぐリーディング講座
英会話のための英文法
勘違い解消でTOEICアップ!
無料レポート
「1年でTOEIC 900!
TOEICの意外な落とし穴」

無料レポートの入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて、送信を押すだけ。さらには単語の覚え方、英会話上達についてまとめた無料レポートも。

そのアドレスに人が読んでいる私の無料メールマガジン(メルマガ)と一緒にお送りいたします。

メルマガ読者登録は完全無料、いつでも配信停止可能
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたメールアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。

























執筆者:鈴木 拓(すずき たく)のプロフィール
個人英語教室(ネット版)のイングリッシュティーチャー。年以上にわたり、名様以上に英語指導。『日経WOMAN』『English Journal』等掲載。

昔は通信簿2(5段階、公立中学)、偏差値30と英語が苦手。1年でTOEIC 900点TOEIC 990(満点)、英検1級(2次試験はほぼ満点)

必須英単語2000語を苦労なく覚える方法(無料)
海外ドラマから英会話表現ランキング(無料)
英語初心者無料メール講座(無料)
英会話のための英文法 G4C(最も万能なコース 締切)
ゼロからの英語やり直し教室 New Beginning(名様 締切)
分かる! 解ける! 英文法!(名様 締切)
英語真っすぐリーディング講座(名様 締切)
プロフィールをもっと見る

英文法は理解です! 暗記や感覚ではない





今回は、「英文法は理解です! 暗記や感覚ではない」というお話です。



■頻繁にいただくありがたいご感想

私は

「分かる! 解ける! 英文法!」

という、英文法講座を行っております。

そして、ありがたいことに、嬉しいご感想をよくいただきます。

その中で多いのが、

「英文法には仕組み・理屈があったのですね!

今までは、英文法は暗記・感覚だと思っていて、"暗記ばかりでつまらない"と思っていました。

でも、仕組みが理解できるとワクワクして面白くなります!」

と言ったご感想。


こういったご感想をいただくと、本当に嬉しくなります。


ただ、逆に言えば、それだけ世間では、

「英文法は暗記や感覚であり、理解するものではない」

と誤解されているということになります。


皆さんの中にも、

「こういうときはこうだって覚えておく」

と暗記だったり、

「こういうときはこんな感じ(気持ち)」

と感覚でとらえてしまっている方が多いのではないでしょうか?


もちろん、英文法には「覚えるべきこと」もあります。

「なぜappleはリンゴと言う意味なのか?」

と理屈を考えたりせずに覚えてしまうように、英文法にも覚えるべきことはあります。


例えば、「過去形にするには、動詞にedをつける」といったことは、覚えるべきことです。

理屈はありませんし、あったとしても、考えてもあまり役に立たないことです。



■英文法には理屈・仕組みがある

でも、英文法は、理屈・仕組みがあって、それを理解すべきことの方がずっと多いのです。

例えば、↓の問題。

1. This is the stadium ------ this famous band held a concert at.

(A) which
(B) where
(C) whose
(D) why


「場所が先行詞(関係詞の直前にある名詞)の場合は、whereが答えになる。今回はthe stadiumが先行詞だから、答えはBのwhereだ」

と間違えてしまう人が多い問題。

でも、答えはAのwhichなんです。


解説を読むと「前置詞atがあるから」と書いてあることが多いです。

そこで、

「前置詞があったら、場所が先行詞でもwhich」と暗記したり、

「なんとなくこの場合、whichなんだな」と感覚で済ませてしまったりする人は多いのです。


しかし、それでは、本質的な理解ではありません。

2. This is the city ------ this famous band held a concert at a big stadium.

(A) which
(B) where
(C) whose
(D) why


似たような問題ですが、今度は答えはBになります。

「前置詞atがあったらwhich」と覚えていても間違ってしまうのです。


暗記や感覚ではなく、

「whichというのは名詞の関係詞。後ろの文に、名詞が入る場所がある場合に使う。

 1. This is the stadium ------ this famous band held a concert at.

 (A) which
 (B) where
 (C) whose
 (D) why

 だと、前置詞atの後ろに名詞がない。

前置詞と言うのは本来は後ろに名詞を置いて使わなくてはならない。それなのに名詞がないのはおかしい。

 だから、名詞であるwhichを選ぶべき。


一方、whereというのは、副詞の関係詞。後ろに文に、名詞が入る場所がない場合に使う。

2. This is the city ------ this famous band held a concert at a big stadium.

(A) which
(B) where
(C) whose
(D) why

だと、名詞が入る場所はない。前置詞atはあるけど、a big stadiumという名詞がちゃんと存在している。

だから、副詞であるwhereを選ぶべき」

と、仕組みを理解しなくては意味がないのです。


はっきり言って、英文法は「理解」がすべてです。

理解できれば、たとえ短時間の勉強でも一気に力がつく反面、理解できなければ、たとえ膨大な時間勉強しても力がついたとは言えないのです。



■私も同様の誤解を

冒頭で、

「英文法は暗記・感覚であり、理解ではないと誤解されている」

とお話いたしましたが、実は私も誤解していた人間の1人です。


今でこそ、TOEIC 990(満点)、英検1級を持っている私ですが、昔は通信簿2(5段階)、偏差値30と英語が苦手だったのです。

苦手だった当時は、私もやはり、

「英文法は暗記・感覚だ」

と誤解していましたし、実際にそのように勉強していました。


先ほどの問題で言えば、間違いなく、

「場所が先行詞ならwhere」
「でも、前置詞があったらwhich」

と暗記していました。


ところが、がんばってもがんばっても英語は上達しない。

自分で言うのもなんですが、あのときは相当努力していました。
(毎日、数時間英語の勉強)

それでも点数は伸びない。伸びないどころか下がったりもしました。


そこで、

「これだけがんばっても上達しないのだから、自分には英語の才能がないのだな。

才能がない人らしく、基礎だけをやろう」

と、基礎をゆっくりと理解するようにやったところ、一気に英語が上達し、最終的にはTOEIC 990(満点)、英検1級まで到達できました。


こんな経験があるので、

「英文法は暗記や感覚でやっても無意味。理解しなければ意味がない」

ということは痛烈に感じています。


そして、残念ながら、「英文法は暗記や感覚であり、理解ではない」と誤解している方は世間に多いのです。

しかし、英文法は理解しなければ意味がありません。

ぜひ、英文法は、じっくりと基礎から1つずつ理解するように学習して行ってください。


今回のお話は以上になります。

英文法を暗記や感覚ではなく、論理的に理解する形で学びたい方は、

「分かる! 解ける! 英文法!」

がお役に立てれば幸いです。


「TOEICで900点突破しました!」
「30代から英語学習にチャレンジ。1年足らずでTOEIC 830点突破! 大学時代は400点未満でした」
「TOEIC 850点突破しました!」
「TOEICで文法問題が全問正解できました!」
「TOEICが1年弱で200点以上もアップしました!」
「TOEICで150点もアップしました!」
「TOEICリーディングセクションだけで100点も上がりました!」
「TOEICが一気に100点近くアップしました!」
「質問しても、丁寧に回答してくれるので本当に助かります!」
「これほど分かりやすい英文法教材は初めて!」
「もっと早く知っていれば!」
「英文がパズルのように見えるのが本当に面白い!」

と、大好評いただいている講座で、

「TOEICの点を上げたい」方はもちろん、
「仕事で英会話ができるようになりたい」方、
「海外で暮らせる英語力を身につけたい」方まで、

本当にいろいろな方に受講していただいております。


わからないところがありましたら、制作者である私に直接メールで質問していた
だけます。(こちらのサポートが大好評いただいております。)

英文法を学びたい方にはぜひオススメの講座です。

詳しくは↓をご覧下さいませ。無料サンプルも公開しております。
「分かる! 解ける! 英文法!」


長文最後までお読みいただきありがとうございました。
皆様、今後とも英語学習がんばって行きましょう!











TOEIC英文法問題ができない間違った解き方
https://www.thebelltree.com/toeic_grammar/archives/2018/08/toeic_15.html
今回は「TOEIC英文法問題ができない間違った解き方」というお話です。 英文法を意味で考えているといつまでも英文法は上達しませんし、意味で考えるのは間違った解き方です。そのように解説している教材はオス...

英語リスニングが聞き取れない意外な理由
https://www.thebelltree.com/toeic_grammar/archives/2018/08/post_42.html
今回は、「英語リスニングが聞き取れない意外な理由」というお話です。 「リスニングができない! リスニング力不足が原因だ!」 「リスニングができないのだから、リスニングの練習をしなければ!」 と短絡的に...

TOEICを適当にやると伸び悩むし、頭打ちになる
https://www.thebelltree.com/toeic_grammar/archives/2018/08/toeic_16.html
今回は、「TOEICを適当にやると伸び悩むし、頭打ちになる」というお話です。 「感覚で解いたけど、問題が正解できたからいいや」 「解説の意味がよくわからないけど、正解できたからいいや」 このように、「...

英文法は理解です! 暗記や感覚ではない
https://www.thebelltree.com/toeic_grammar/archives/2018/08/post_43.html
今回は、「英文法は理解です! 暗記や感覚ではない」というお話です。 ■頻繁にいただくありがたいご感想 私は 「分かる! 解ける! 英文法!」 という、英文法講座を行っております。 そして、ありがたいこ...

英語の才能がない人の勉強法。才能がある人が苦労する点
https://www.thebelltree.com/toeic_grammar/archives/2018/08/post_44.html
今回は「英語の才能がない人の勉強法。才能がある人が苦労する点」というお話になります。 英語指導者としては、「英語には才能なんて関係ない!」と言いたいところですが…。 ■英語に才能は関係ある! 私は英語...

無料レポート「必須英単語2000語を苦労なく覚える方法」
通信簿が2で、英語が大嫌いだった私が1年でTOEIC 900を達成した原動力です。

書きまくりや、赤シート、カードなんか使わなくたって英単語は苦労なく覚えられるんです!

その英単語の覚え方を無料レポートで解説! さらにはTOEIC対策、英会話上達についてまとめた無料レポートも。人が読んでいる無料メールマガジンと共にお届け。メールマガジンは読者登録完全無料、不要になったらいつでも配信停止可能

無料レポート入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて"送信"を押すだけ。入力されたアドレスにお送りいたします。
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。
執筆者:鈴木 拓(すずき たく)のプロフィール
個人英語教室(ネット版)のイングリッシュティーチャー。年以上にわたり、名様以上に英語指導。『日経WOMAN』『English Journal』等掲載。

昔は通信簿2(5段階、公立中学)、偏差値30と英語が苦手。1年でTOEIC 900点TOEIC 990(満点)、英検1級(2次試験はほぼ満点)

必須英単語2000語を苦労なく覚える方法(無料)
海外ドラマから英会話表現ランキング(無料)
英語初心者無料メール講座(無料)
英会話のための英文法 G4C(最も万能なコース 締切)
ゼロからの英語やり直し教室 New Beginning(名様 締切)
分かる! 解ける! 英文法!(名様 締切)
英語真っすぐリーディング講座(名様 締切)
プロフィールをもっと見る