fixedImage
分かる! 解ける! 英文法!
初心者用講座!
英語真っすぐリーディング講座
英会話のための英文法
勘違い解消でTOEICアップ!
無料レポート
「1年でTOEIC 900!
TOEICの意外な落とし穴」

無料レポートの入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて、送信を押すだけ。さらには単語の覚え方、英会話上達についてまとめた無料レポートも。

そのアドレスに人が読んでいる私の無料メールマガジン(メルマガ)と一緒にお送りいたします。

メルマガ読者登録は完全無料、いつでも配信停止可能
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたメールアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。

























執筆者:鈴木 拓(すずき たく)のプロフィール
個人英語教室(ネット版)のイングリッシュティーチャー。年以上にわたり、名様以上に英語指導。『日経WOMAN』『English Journal』等掲載。

昔は通信簿2(5段階、公立中学)、偏差値30と英語が苦手。1年でTOEIC 900点TOEIC 990(満点)、英検1級(2次試験はほぼ満点)

必須英単語2000語を苦労なく覚える方法(無料)
海外ドラマから英会話表現ランキング(無料)
英語初心者無料メール講座(無料)
英会話のための英文法 G4C(最も万能なコース 締切)
ゼロからの英語やり直し教室 New Beginning(名様 締切)
分かる! 解ける! 英文法!(名様 締切)
英語真っすぐリーディング講座(名様 締切)
プロフィールをもっと見る

英文法は問題の解き方がわかればいいのではない。英文法は理解すべき





今回は「英文法は問題の解き方がわかればいいのではない。英文法は理解すべき」というお話です。



■英文法の典型的なイメージ

私は今までに、年以上にわたって名以上の方を英語指導させていただいて来ておりますが、

「英文法は誤解されている」

というのをとても強く感じます。


英文法というと、どういうイメージでしょうか?

例えば、以下のように、「問題を解くもの」というのも、その1つでしょう。

1. I went to the restaurant ------ we had lunch at yesterday.

(A) where
(B) which
(C) whose
(D) why


そして、

「先行詞(関係詞の直前にある語。上記ではthe restaurant)が場所だとwhereを選んでしまうが、実は答えはBのwhichという引っ掛け問題」

というように、「引っ掛け問題」という表現であるとか、

「場所が先行詞でも、後ろにatみたいな前置詞があったらwhichが答え」

というように、「解法」「解き方」を覚える、なんて言うのもそうでしょう。


また、

I called the client to explain the situation, which was a good thing.
「私は状況を説明するためにお客に電話し、それは良いことだった」

のwhichの前にカンマが入っていることを、「非制限用法」と呼ぶ、というように、「用語を覚える」ことも、典型的な英文法のイメージでしょう。


また、このように、むずかしい用語がいろいろ出て来ることから、

「実用英語では役に立たない、学校のお勉強」

というのも、典型的な英文法のイメージかもしれません。


でも、これらはすべて「誤解」なんです。

そして、その誤解が、英語上達の妨げになっているケースがとても多い。

これは、私の今までの英語指導経験上自信を持って言えますし、何しろ、私もそう誤解していたことで、英語が上達しなかった1人。


私は、昔は通信簿2(5段階)、偏差値30と英語が苦手でしたが、(今は、TOEIC 990(満点)、英検1級)

その当時は、上記のように、

・英文法は問題を解くもの
・引っ掛け問題というものがある
・問題は解き方を覚えて解くもの
・用語を一杯覚えるもの
・学校のお勉強

と誤解していました。



■実際の英文法

しかし、実際の英文法はそうではないんです。

問題を解くために学ぶものでもないし、
引っ掛け問題なんてものはないし、
解き方なんて覚えないし、
用語は、基本的なもの以外はどうでもいいし、
実用英語でも必ず必要なものなんです。


例えば、英会話で、

「昨日ランチしたレストランに行ったよ」

と言いたい。

英語で日常会話していれば、こういった会話はよく出てきます。

その際に、

I went to the restaurant which we had lunch at yesterday.

とスラスラと言えるか?

間違って、

I went to the restaurant where we had lunch at yesterday.

と言ってしまったりしませんか?


上記の例に限らず、

This is the hospital where I saw Mike.
「ここがマイクと会った病院です」

I had dinner at the restaurant which was famous for its dumplings.
「餃子で有名なレストランで夕食を食べた」

などなど、whereとwhichを間違えずに使い分けられますか?

whereとwhichの違いをわかっていますか?


こういった点を、

1. I went to the restaurant ------ we had lunch at yesterday.

(A) where
(B) which
(C) whose
(D) why

という問題は問うているのです。


決して、「問題が解ければいいや」というものでもないんです。

問題を解くのは、「実際に英会話や英作文で正しく使えるように理解しているか」ということを聞いているのです。

ですから、問題が解けても、

「解法パターンを覚えているから解ける」
「なんとなく解けている」

ではダメなんです。


ちゃんと、「どういうときはwhereで、どういうときはwhichを使うべきなのか」を理解していないと。

そうじゃないと、実用英語で、

I went to the restaurant where we had lunch at yesterday.
This is the hospital which I saw Mike.
I had dinner at the restaurant where was famous for its dumplings.

のように、間違った英語を連発してしまいます。


そして、「どういうときはwhereで、どういうときはwhichを使うべきなのか」まで仕組みを理解していれば、「引っ掛け問題」なんてないんです。

引っかけと感じるのは、「場所が先行詞ならwhereだ!」のように、解法パターンを暗記しているだけで、本質を理解していないからなんです。


また、用語もはっきり言って重要ではありません。

「名詞」だとか、「前置詞」だとか、ごくごく基本的なものは別ですが、「非制限用法」だとか、そんなむずかしいことは覚えなくてもいいんです。


逆に、

「I called the client to explain the situation, which was a good thing.の", which"は非制限用法だ」

と用語を覚えていても、

「このwhich was a good thingは、文全体を説明している。つまり、"私が状況を説明するためにお客さんに電話したこと"、これが良いことだった、と言っているんだ。

 決して、"状況が良いことだった"と言っているのではない」

ということが理解できていなければまったく意味がありません。


その反対に、非制限用法なんて言葉を知らなくても、上記の英文の意味を正しく取れれば何の問題もないのです。



■英文法は必要だし、正しく学べばとても役に立つ!

上記のように、

・英文法は問題を解くもの
・引っ掛け問題というものがある
・問題は解き方を覚えて解くもの
・用語を一杯覚えるもの
・実用英語ではなく、学校のお勉強

という、英文法に対して、多くの人が持っているイメージは間違っているのです。


上記の英会話や英作文におけるwhichとwhereの使い分けの例のように、実用英語にも必要ですし、

問題が解ければよいものでもなく、解き方を覚えればよいものでもないし、

理解していれば実用英語でも役立つし、引っ掛け問題なんてものはないし、

その中身が理解できていればむずかしい用語は覚える必要はないのです。


そして、

「問題ではなく、実用英語を意識して」「暗記ではなく、理解するように学ぶ」

という姿勢で学ぶと、英文法はとても役に立つんです。


英会話、英作文では正しい英文が作れるようになってきますし、リーディングやリスニングでも、複雑な文が理解できるようになってきます。

そして、結果的に、英文法の問題も解けるようになります。


私も、これがわかってからは、先ほどお話したように、英語が苦手(通信簿2、偏差値30)だったところから一気に英語ができるようになり、TOEIC 990(満点)、英検1級まで到達。

すべて英語で行われる英検2次試験の面接はほぼ満点で合格できました。


今回のお話は以上になります。

英文法を、暗記ではなく、理解する形で学びたい方は、

「分かる! 解ける! 英文法!」

がお役に立てれば幸いです。


「TOEICで900点突破しました!」
「30代から英語学習にチャレンジ。1年足らずでTOEIC 830点突破! 大学時代は400点未満でした」
「TOEIC 850点突破しました!」
「TOEICで文法問題が全問正解できました!」
「TOEICが1年弱で200点以上もアップしました!」
「TOEICで150点もアップしました!」
「TOEICリーディングセクションだけで100点も上がりました!」
「TOEICが一気に100点近くアップしました!」
「質問しても、丁寧に回答してくれるので本当に助かります!」
「これほど分かりやすい英文法教材は初めて!」
「もっと早く知っていれば!」
「英文がパズルのように見えるのが本当に面白い!」

と、大好評いただいている講座で、

「TOEICの点を上げたい」方はもちろん、
「仕事で英会話ができるようになりたい」方、
「海外で暮らせる英語力を身につけたい」方まで、

本当にいろいろな方に受講していただいております。


わからないところがありましたら、制作者である私に直接メールで質問していた
だけます。(こちらのサポートが大好評いただいております。)

英文法を学びたい方にはぜひオススメの講座です。

詳しくは↓をご覧下さいませ。無料サンプルも公開しております。
「分かる! 解ける! 英文法!」


長文最後までお読みいただきありがとうございました。
皆様、今後とも英語学習がんばって行きましょう!











TOEIC英文法問題ができない間違った解き方
https://www.thebelltree.com/toeic_grammar/archives/2018/08/toeic_15.html
今回は「TOEIC英文法問題ができない間違った解き方」というお話です。 英文法を意味で考えているといつまでも英文法は上達しませんし、意味で考えるのは間違った解き方です。そのように解説している教材はオス...

英語リスニングが聞き取れない意外な理由
https://www.thebelltree.com/toeic_grammar/archives/2018/08/post_42.html
今回は、「英語リスニングが聞き取れない意外な理由」というお話です。 「リスニングができない! リスニング力不足が原因だ!」 「リスニングができないのだから、リスニングの練習をしなければ!」 と短絡的に...

TOEICを適当にやると伸び悩むし、頭打ちになる
https://www.thebelltree.com/toeic_grammar/archives/2018/08/toeic_16.html
今回は、「TOEICを適当にやると伸び悩むし、頭打ちになる」というお話です。 「感覚で解いたけど、問題が正解できたからいいや」 「解説の意味がよくわからないけど、正解できたからいいや」 このように、「...

英文法は理解です! 暗記や感覚ではない
https://www.thebelltree.com/toeic_grammar/archives/2018/08/post_43.html
今回は、「英文法は理解です! 暗記や感覚ではない」というお話です。 ■頻繁にいただくありがたいご感想 私は 「分かる! 解ける! 英文法!」 という、英文法講座を行っております。 そして、ありがたいこ...

英語の才能がない人の勉強法。才能がある人が苦労する点
https://www.thebelltree.com/toeic_grammar/archives/2018/08/post_44.html
今回は「英語の才能がない人の勉強法。才能がある人が苦労する点」というお話になります。 英語指導者としては、「英語には才能なんて関係ない!」と言いたいところですが…。 ■英語に才能は関係ある! 私は英語...

英語の超重要文法は絶対に理解しないといけない事項
https://www.thebelltree.com/toeic_grammar/archives/2018/09/post_45.html
今回は「英語の超重要文法は絶対に理解しないといけない事項」というお話です。 英語をやる以上、目的がなんであれ、「絶対に理解していないといけない事項」というものがあります。 ■英文法というのは積み重ね ...

enough toで後ろに前置詞。意味・日本語訳で考えたらわからない
https://www.thebelltree.com/toeic_grammar/archives/2018/09/enough_to.html
今回は「enough toで後ろに前置詞。意味・日本語訳で考えたらわからない」というお話です。 英文法、特にTOEICパート5のような英文法問題を解いている際に、本当に多くの人がやってしまう間違いです...

英語が暗記できない、日本語に訳す学校英語教育タイプが役に立たないなら
https://www.thebelltree.com/toeic_grammar/archives/2018/09/post_46.html
今回は「英語が暗記できない、日本語に訳す学校英語教育タイプが役に立たないなら」というお話です。 ■従来型の日本の学校教育英語 英語学習法というと、いろいろな方法があります。 同じ「英語ができる人」でも...

「英文法の覚え方」で検索すること自体が間違いです
https://www.thebelltree.com/toeic_grammar/archives/2018/09/post_47.html
今回は「「英文法の覚え方」で検索すること自体が間違いです」というお話です。 ■英文法を覚える? 私は 「分かる! 解ける! 英文法!」 をはじめとして、英文法を中心とした講座をやらせていただいておりま...

英文法は問題の解き方がわかればいいのではない。英文法は理解すべき
https://www.thebelltree.com/toeic_grammar/archives/2018/09/post_48.html
今回は「英文法は問題の解き方がわかればいいのではない。英文法は理解すべき」というお話です。 ■英文法の典型的なイメージ 私は今までに、年以上にわたって名以上の方を英語指導させていただいて来ておりますが...

英語いい加減・適当な人が伸びる? 完璧主義者は不利?
https://www.thebelltree.com/toeic_grammar/archives/2018/09/post_49.html
今回は「英語いい加減・適当な人が伸びる? 完璧主義者は不利?」というお話です。 ■ガリガリ真面目に努力する人が伸びるでしょ? 私は今までに、年以上にわたって名以上の方を英語指導させていただいて来ており...

無料レポート「必須英単語2000語を苦労なく覚える方法」
通信簿が2で、英語が大嫌いだった私が1年でTOEIC 900を達成した原動力です。

書きまくりや、赤シート、カードなんか使わなくたって英単語は苦労なく覚えられるんです!

その英単語の覚え方を無料レポートで解説! さらにはTOEIC対策、英会話上達についてまとめた無料レポートも。人が読んでいる無料メールマガジンと共にお届け。メールマガジンは読者登録完全無料、不要になったらいつでも配信停止可能

無料レポート入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて"送信"を押すだけ。入力されたアドレスにお送りいたします。
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。
執筆者:鈴木 拓(すずき たく)のプロフィール
個人英語教室(ネット版)のイングリッシュティーチャー。年以上にわたり、名様以上に英語指導。『日経WOMAN』『English Journal』等掲載。

昔は通信簿2(5段階、公立中学)、偏差値30と英語が苦手。1年でTOEIC 900点TOEIC 990(満点)、英検1級(2次試験はほぼ満点)

必須英単語2000語を苦労なく覚える方法(無料)
海外ドラマから英会話表現ランキング(無料)
英語初心者無料メール講座(無料)
英会話のための英文法 G4C(最も万能なコース 締切)
ゼロからの英語やり直し教室 New Beginning(名様 締切)
分かる! 解ける! 英文法!(名様 締切)
英語真っすぐリーディング講座(名様 締切)
プロフィールをもっと見る