fixedImage
分かる! 解ける! 英文法!
初心者用講座!
英語真っすぐリーディング講座
英会話のための英文法
勘違い解消でTOEICアップ!
無料レポート
「1年でTOEIC 900!
TOEICの意外な落とし穴」

無料レポートの入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて、送信を押すだけ。さらには単語の覚え方、英会話上達についてまとめた無料レポートも。

そのアドレスに人が読んでいる私の無料メールマガジン(メルマガ)と一緒にお送りいたします。

メルマガ読者登録は完全無料、いつでも配信停止可能
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたメールアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。

























執筆者:鈴木 拓(すずき たく)のプロフィール
個人英語教室(ネット版)のイングリッシュティーチャー。年以上にわたり、名様以上に英語指導。『日経WOMAN』『English Journal』等掲載。

昔は通信簿2(5段階、公立中学)、偏差値30と英語が苦手。1年でTOEIC 900点TOEIC 990(満点)、英検1級(2次試験はほぼ満点)

必須英単語2000語を苦労なく覚える方法(無料)
海外ドラマから英会話表現ランキング(無料)
英語初心者無料メール講座(無料)
英会話のための英文法 G4C(最も万能なコース 締切)
ゼロからの英語やり直し教室 New Beginning(名様 締切)
分かる! 解ける! 英文法!(名様 締切)
英語真っすぐリーディング講座(名様 締切)
プロフィールをもっと見る

英語いい加減・適当な人が伸びる? 完璧主義者は不利?





今回は「英語いい加減・適当な人が伸びる? 完璧主義者は不利?」というお話です。



■ガリガリ真面目に努力する人が伸びるでしょ?

私は今までに、年以上にわたって名以上の方を英語指導させていただいて来ております。

ですので、どういった人が英語ができるようになるかという傾向は、ある程度はわかっています。


英語ができるようになる人、というとどういう人を思い浮かべるでしょう?

一般的には、

「真面目で、根性があって、いい加減や適当ではなく、苦しいときでもガリガリ勉強できる、努力の人」

というイメージかもしれません。


もちろん、このイメージはある程度は正しいです。

まず努力ができない人は伸びないですし、適当過ぎる、いい加減すぎるのが問題なのは事実。

そして、誰だっていつもいつも調子が良いわけではありません。

体調が悪いときだって、落ち込むときだって、仕事等で忙しいときだってあります。

そんなときでも、最低限のことができる人が伸びるのも事実です。


ただ、必ずしも、上記のような「英語ができるようになる人」のイメージには当てはまらないケースもあるんです。



■ある程度は適当な人が伸びる

その「当てはまらない」ケースの1つが、

「100%真面目な人より、ある程度はいい加減、適当な人の方が伸びる」

という点です。


もちろん、いい加減過ぎる、適当すぎるのはダメなんです。

例えば、

「わからないところがあるけど、まぁいいや。先に進んじゃえ」

と、わからないところを放置しておくのは、一般的にはダメなことです。


メルマガではよくお話させていただきますが、英文法というのは、積み重ね。

A〜Zまで学ぶべきことがあるとしたら、A→B→C→D→E…と順番通りに理解を積み重ねる必要があります。

Bを知らずして、Cは学べませんし、Aを知らずして、Bは学べません。


例えば、Bがわからなかったとします。それを放置して、Cに進んでしまうと、C以降は理解できなかったりするのです。


そのため、一般的には、いい加減、適当に、

「わからないけど、まぁいいや。先に進もう」

はダメなんですね。


英語学習のスケジュールでもそうです。

英語学習は基本的には、1回にまとめてがーっとやるより、毎日少しずつでも良いのでやった方がいいです。

なので、

「今日はできなかったけど、まぁいいや。今度まとめてやろう」

はあまり良くないことなんです。


でも、これにも「程度」があります。

先ほど、「理解の積み重ねだ」とお話いたしましたが、何から何まで100%理解しないと、次が理解できないわけではないんです。

例えば、先ほど「Bを理解していないのに、Cに進むのは良くない」とお話いたしましたが、何もBを隅から隅まで、100%理解しなくても良いのです。


英文法は、論理的なルールとは言え、言葉と言うのは人間が使うものですから、どうしても変な例外が出てきます。

例えば、冠詞のtheなんかは例外が大量にあります。


そして、冠詞というのは基本的には英語の最初の方で習うもの。

先ほどのアルファベットの例で言えば、Aでしょう。

じゃあ、theを100%理解しないと、B以降の理解に影響が出るのか? と言うと、そんなことはないんです。

theというのはむずかしすぎて、超上級者でもわからないことがあるほど。

逆に言うと、theはわからないまま放置しても問題がないのです。


「冠詞にはa、an、theがある」
「冠詞から名詞までをセットで1つの名詞と見る。例えば、the appleは、冠詞+名詞の2語ではなく、1つの名詞と見る」

こう言った点は理解していないと、それ以降の英語学習に影響が出ます。


でも、theのすべてを知らなくてもそれ以降にはまったく影響が出ません。

でも、真面目過ぎる方、完璧主義者すぎる人だと、こういった点まで気になって、

「これを理解しないと先に進めない!」

と、がんばりすぎてしまうんです。


ここは、いい加減な人で、「まぁいいや、先進もう」とした方が正解なのです。


正直言いまして「さじ加減」はむずかしいです。

いい加減すぎて、理解すべき場所をすっ飛ばしてしまってもダメですし、真面目すぎて、すべてを理解しようとしてしまうのもダメ。

感覚的には

「80%は理解しようとする。でも、80%理解したら先に進んでしまう」

このぐらいがちょうどいいと言えます。


普段の英語学習のスケジュールもそうですよね。

もちろん、毎日決めたことができれば理想的です。

でも、どうしたってできない日はあります。

そんなときに、ある程度いい加減な人だと、

「まぁ、出来ない日だってあるさ。明日からまたやればいいんだ」

と楽観視できますが、真面目過ぎると、

「あー、できなかった! これではダメだ〜!」

と落ち込んでしまい、英語学習そのものを挫折してしまう人もいます。



■気にしない方がいい点を解説

先ほど、theを例に、

「すべてを理解しようとせずに、気にしない方が良い点がある」

とお話いたしました。


ただ、正直言いまして、これは英語ができるようになった後にわかることなのです。

私は今でこそ、「theは超上級者になるまでは適当で良い」と自信を持って言えますが、初心者、中級者の時代はわかりませんでした。


いろいろと英語学習して来た結果、

「あー、theの理解が必要なかったな」

とわかったものなのです。


このように、初心者、中級者、場合によっては上級者でも、まだ力をつけているうちは、どこが気にしない方がよいのかはわからなかったりします。


そのため、

「分かる! 解ける! 英文法!」

などの私の講座では、

補助テキスト「英語学習で気にしてはいけないこと」

を無料でおつけしております。


こちらで、気にすべきでない代表的なことを記載させていただき、「がんばる必要がないものに時間をかけてしまう」ことを減らすことができます。


今回のお話は以上になります。

英文法を、暗記ではなく、理解する形で学びたい方は、

「分かる! 解ける! 英文法!」

がお役に立てれば幸いです。


「TOEICで900点突破しました!」
「30代から英語学習にチャレンジ。1年足らずでTOEIC 830点突破! 大学時代は400点未満でした」
「TOEIC 850点突破しました!」
「TOEICで文法問題が全問正解できました!」
「TOEICが1年弱で200点以上もアップしました!」
「TOEICで150点もアップしました!」
「TOEICリーディングセクションだけで100点も上がりました!」
「TOEICが一気に100点近くアップしました!」
「質問しても、丁寧に回答してくれるので本当に助かります!」
「これほど分かりやすい英文法教材は初めて!」
「もっと早く知っていれば!」
「英文がパズルのように見えるのが本当に面白い!」

と、大好評いただいている講座で、

「TOEICの点を上げたい」方はもちろん、
「仕事で英会話ができるようになりたい」方、
「海外で暮らせる英語力を身につけたい」方まで、

本当にいろいろな方に受講していただいております。


わからないところがありましたら、制作者である私に直接メールで質問していた
だけます。(こちらのサポートが大好評いただいております。)

英文法を学びたい方にはぜひオススメの講座です。

詳しくは↓をご覧下さいませ。無料サンプルも公開しております。
「分かる! 解ける! 英文法!」


長文最後までお読みいただきありがとうございました。
皆様、今後とも英語学習がんばって行きましょう!











TOEIC英文法問題ができない間違った解き方
https://www.thebelltree.com/toeic_grammar/archives/2018/08/toeic_15.html
今回は「TOEIC英文法問題ができない間違った解き方」というお話です。 英文法を意味で考えているといつまでも英文法は上達しませんし、意味で考えるのは間違った解き方です。そのように解説している教材はオス...

英語リスニングが聞き取れない意外な理由
https://www.thebelltree.com/toeic_grammar/archives/2018/08/post_42.html
今回は、「英語リスニングが聞き取れない意外な理由」というお話です。 「リスニングができない! リスニング力不足が原因だ!」 「リスニングができないのだから、リスニングの練習をしなければ!」 と短絡的に...

TOEICを適当にやると伸び悩むし、頭打ちになる
https://www.thebelltree.com/toeic_grammar/archives/2018/08/toeic_16.html
今回は、「TOEICを適当にやると伸び悩むし、頭打ちになる」というお話です。 「感覚で解いたけど、問題が正解できたからいいや」 「解説の意味がよくわからないけど、正解できたからいいや」 このように、「...

英文法は理解です! 暗記や感覚ではない
https://www.thebelltree.com/toeic_grammar/archives/2018/08/post_43.html
今回は、「英文法は理解です! 暗記や感覚ではない」というお話です。 ■頻繁にいただくありがたいご感想 私は 「分かる! 解ける! 英文法!」 という、英文法講座を行っております。 そして、ありがたいこ...

英語の才能がない人の勉強法。才能がある人が苦労する点
https://www.thebelltree.com/toeic_grammar/archives/2018/08/post_44.html
今回は「英語の才能がない人の勉強法。才能がある人が苦労する点」というお話になります。 英語指導者としては、「英語には才能なんて関係ない!」と言いたいところですが…。 ■英語に才能は関係ある! 私は英語...

英語の超重要文法は絶対に理解しないといけない事項
https://www.thebelltree.com/toeic_grammar/archives/2018/09/post_45.html
今回は「英語の超重要文法は絶対に理解しないといけない事項」というお話です。 英語をやる以上、目的がなんであれ、「絶対に理解していないといけない事項」というものがあります。 ■英文法というのは積み重ね ...

enough toで後ろに前置詞。意味・日本語訳で考えたらわからない
https://www.thebelltree.com/toeic_grammar/archives/2018/09/enough_to.html
今回は「enough toで後ろに前置詞。意味・日本語訳で考えたらわからない」というお話です。 英文法、特にTOEICパート5のような英文法問題を解いている際に、本当に多くの人がやってしまう間違いです...

英語が暗記できない、日本語に訳す学校英語教育タイプが役に立たないなら
https://www.thebelltree.com/toeic_grammar/archives/2018/09/post_46.html
今回は「英語が暗記できない、日本語に訳す学校英語教育タイプが役に立たないなら」というお話です。 ■従来型の日本の学校教育英語 英語学習法というと、いろいろな方法があります。 同じ「英語ができる人」でも...

「英文法の覚え方」で検索すること自体が間違いです
https://www.thebelltree.com/toeic_grammar/archives/2018/09/post_47.html
今回は「「英文法の覚え方」で検索すること自体が間違いです」というお話です。 ■英文法を覚える? 私は 「分かる! 解ける! 英文法!」 をはじめとして、英文法を中心とした講座をやらせていただいておりま...

英文法は問題の解き方がわかればいいのではない。英文法は理解すべき
https://www.thebelltree.com/toeic_grammar/archives/2018/09/post_48.html
今回は「英文法は問題の解き方がわかればいいのではない。英文法は理解すべき」というお話です。 ■英文法の典型的なイメージ 私は今までに、年以上にわたって名以上の方を英語指導させていただいて来ておりますが...

英語いい加減・適当な人が伸びる? 完璧主義者は不利?
https://www.thebelltree.com/toeic_grammar/archives/2018/09/post_49.html
今回は「英語いい加減・適当な人が伸びる? 完璧主義者は不利?」というお話です。 ■ガリガリ真面目に努力する人が伸びるでしょ? 私は今までに、年以上にわたって名以上の方を英語指導させていただいて来ており...

英文法の最重要単元なのに、なぜか学校や教材では教えてくれない
https://www.thebelltree.com/toeic_grammar/archives/2018/09/post_50.html
今回も最も大切と言えるポイントの1つ。 「英文法の最重要単元なのに、なぜか学校や教材では教えてくれない」 になります。 私はこの点が理解できていなかったがために英語が苦手(通信簿2(5段階)、偏差値3...

無料レポート「必須英単語2000語を苦労なく覚える方法」
通信簿が2で、英語が大嫌いだった私が1年でTOEIC 900を達成した原動力です。

書きまくりや、赤シート、カードなんか使わなくたって英単語は苦労なく覚えられるんです!

その英単語の覚え方を無料レポートで解説! さらにはTOEIC対策、英会話上達についてまとめた無料レポートも。人が読んでいる無料メールマガジンと共にお届け。メールマガジンは読者登録完全無料、不要になったらいつでも配信停止可能

無料レポート入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて"送信"を押すだけ。入力されたアドレスにお送りいたします。
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。
執筆者:鈴木 拓(すずき たく)のプロフィール
個人英語教室(ネット版)のイングリッシュティーチャー。年以上にわたり、名様以上に英語指導。『日経WOMAN』『English Journal』等掲載。

昔は通信簿2(5段階、公立中学)、偏差値30と英語が苦手。1年でTOEIC 900点TOEIC 990(満点)、英検1級(2次試験はほぼ満点)

必須英単語2000語を苦労なく覚える方法(無料)
海外ドラマから英会話表現ランキング(無料)
英語初心者無料メール講座(無料)
英会話のための英文法 G4C(最も万能なコース 締切)
ゼロからの英語やり直し教室 New Beginning(名様 締切)
分かる! 解ける! 英文法!(名様 締切)
英語真っすぐリーディング講座(名様 締切)
プロフィールをもっと見る