fixedImage
分かる! 解ける! 英文法!
初心者用講座!
英語真っすぐリーディング講座
英会話のための英文法
勘違い解消でTOEICアップ!
無料レポート
「1年でTOEIC 900!
TOEICの意外な落とし穴」

無料レポートの入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて、送信を押すだけ。さらには単語の覚え方、英会話上達についてまとめた無料レポートも。

そのアドレスに人が読んでいる私の無料メールマガジン(メルマガ)と一緒にお送りいたします。

メルマガ読者登録は完全無料、いつでも配信停止可能
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたメールアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。

























執筆者:鈴木 拓(すずき たく)のプロフィール
個人英語教室(ネット版)のイングリッシュティーチャー。年以上にわたり、名様以上に英語指導。『日経WOMAN』『English Journal』等掲載。

昔は通信簿2(5段階、公立中学)、偏差値30と英語が苦手。1年でTOEIC 900点TOEIC 990(満点)、英検1級(2次試験はほぼ満点)

必須英単語2000語を苦労なく覚える方法(無料)
海外ドラマから英会話表現ランキング(無料)
英語初心者無料メール講座(無料)
英会話のための英文法 G4C(最も万能なコース 締切)
ゼロからの英語やり直し教室 New Beginning(名様 締切)
分かる! 解ける! 英文法!(名様 締切)
英語真っすぐリーディング講座(名様 締切)
プロフィールをもっと見る

英語の才能がない人の勉強法。才能がある人が苦労する点





今回は「英語の才能がない人の勉強法。才能がある人が苦労する点」というお話になります。

英語指導者としては、「英語には才能なんて関係ない!」と言いたいところですが…。



■英語に才能は関係ある!

私は英語指導者として仕事をしていて、多くの受講生様に講座をご受講していただいております。

レベルは実にさまざまでして、中には、英語が苦手な人、英語が伸び悩んでいる人も大勢いらっしゃいます。

そういった方々を指導する立場上、

「英語には才能が関係あるんですよ」

とは言いづらいです。


むしろ、逆に、

「英語には才能なんて関係ない!
 努力すれば、全員同じだけ成果が出るんだ!」

と言いたいところです。


これは何も私に限らず、英語指導者なら誰でも同じ気持ちだと思います。


ただ、私自身の英語学習の経験、そして、今までに年以上にわたって、名以上の方に英語指導させていただいた経験上、

「英語には才能は関係あります」

と言わざるを得ません。


こう書くと、

「そうか。英語には才能が関係あるのか…。じゃあ、自分には英語の才能がないから、英語は無理だな…」

と思ってしまうかもしれませんが、むしろ私が伝えたいのは逆です。


後述しますが、「才能」というよりも「タイプ」と言った方がいいかもしれません。

そして、才能がない人には、ない人向きの学び方があります。
(私は間違いなく、才能がないタイプの人ですから、その学び方で英語が向上しました)

そして、才能がある人は、それが原因で逆に苦労するケースもあるんです。



■ここで言う「才能」とは「感覚」

先ほど、「才能と言うよりタイプかもしれない」とお話したように、「才能」という言葉は適切ではないかもしれません。

ここで言う、私の言う「英語の才能」というのは、

「従来の、日本の英語教育が向いている人」

という意味です。


つまり、中学・高校の授業だったり、オーソドックスな教材を使って学習することで成果が出る人のことです。

もちろん、教師にもよるのですが、日本の英語教育は「感覚・暗記」に訴える教育がメインです。

逆に、「論理的に考える」ということは主流ではありません。


例えば、

------ are you going to?

(A) Where
(B) Which station
(C) Why
(D) How


という問題だったら、答えはBなのですが、

「この方がしっくり来るでしょ?」
「こうじゃないとおかしい気がしない?」

というように、感覚に訴えたり、

「こういうものだと覚えておいて」
「じゃあ、疑問文の例文を一杯暗唱してみよう!」

というように、暗記させることが主流です。


あまり、「なぜBが答えで、Aが間違いなのか」という話はしない傾向にあります。

私の中学時代の先生もこういったタイプで、あまり説明はせず、とにかく、教科書など、いろいろな英文を暗唱させることがメインでした。

一杯英語を読んだり、聞いたりする。一杯暗唱する。

こうすることにより、経験を積ませ、感覚で、

「あー、なんとなく、ここはBだよな」

とわかるようになることが狙いです。


そして、実際に私の友人でも、これでわかるようになった人もいました。

すべての選択肢を入れて読んでみる。例えば、上記の文だったら、

Where are you going to?
Which station are you going to?
Why are you going to?
How are you going to?

これを実際に口にしてみると、「んー、なんとなくwhich stationだな」とわかってしまう人はいるのです。


ただ、これはあくまで「感覚」です。

友人は、一杯英文に触れたり、暗唱することで、感覚でわかるようになりましたが、私はわかるようになりませんでした。

中学時代はずっと通信簿2でしたし、高校時代には偏差値30を取りました。

結局のところ、一杯触れたり、暗唱しても、感じ取れない人は感じ取れないんです。

私が感じ取れないタイプの人間なので、これは自信を持って言えます。

「数をこなせばできるようになるだろ」と思っても、感じ取れない人は感じ取れない。

そして、この「感じ取る」というのは「才能」だと思うんですよね。



■考えることでわかるようになる

私の場合、上記のように、才能(感覚・暗記に対する適性)がないタイプの人間でしたので、学校教育では英語の力がつくことはありませんでした。

しかし、学校以外のところで、考えるスタイルで教える恩師と出会い、英語がどんどんできるようになりました。

今では、TOEIC 990(満点)、英検1級を持っています。


例えば、先ほどの問題、

------ are you going to?

(A) Where
(B) Which station
(C) Why
(D) How

だったら、

「最後にtoという前置詞があるよね? 前置詞と言うのは、必ず後ろに名詞があるべきものなんだ。

でも、名詞がないよね? と言うことは何らかの名詞を置いてあげなければならない。

選択肢の中で名詞なのは? Bのwhich stationだけ。

疑問文と言うのは、もともとは後ろにあったものを前に持って来ているんだ。which stationも、areも、もともとは後ろにあったものなんだよ。

後ろに戻してみよう。

You are going to which station.

ほら、前置詞toの後ろにwhich stationという名詞が来たでしょ。これなら前置詞の正しい使い方なんだ。

ところが、Aのwhere、Cのwhy、Dのhowはすべて副詞。

前置詞の後ろには名詞が必要。副詞ではダメなんだ。だから、A、C、Dは間違いなわけ」

というように。


私の英語指導者としての経験上、こういったスタイルはあまり主流とは言えません。

先ほどお話したように、日本の英語教育の主流は「感覚・暗記」です。


ただ、私の場合、感覚の才能がなかったため、主流の方法ではできるようにならず、「論理的に考える」スタイルを使わざるを得なかったのです。

このように、才能がないタイプの人でも、別の学び方をすることで、英語力がつくのです。

もしかしたら、英語が伸び悩んでいるのは、あなたのタイプが「感覚・暗記タイプ」ではないからかもしれません。



■才能がある人が壁にぶつかるケース

先ほど冒頭の方で、「逆に才能がある人が苦労することがある」とお話しましたが、そういったケースが本当にあるのです。

例えば、先ほど例題として、

------ are you going to?

(A) Where
(B) Which station
(C) Why
(D) How

を挙げました。


そして、先ほどお話したように、才能があるタイプの人だと、「なんとなくBだな」と感覚でわかってしまいます。

ところが、問題の解説の例として挙げた、

「最後にtoという前置詞があるよね? 前置詞と言うのは、必ず後ろに名詞があるべきものなんだ。

 ・
 ・

前置詞の後ろには名詞が必要。副詞ではダメなんだ。だから、A、C、Dは間違いなわけ」

を聞いても、

「ん? なんだそれは?」

と理解できない人がけっこう多いのです。

中には、

「前置詞の後ろに名詞が必要ってどういうこと? はじめて聞いたぞ」
「名詞ってそもそもなんだ?」

という方もいます。


それもそのはず。

考えなくてもわかってしまうため、考えた経験が少なく、感覚ではわかっても、

「なぜこれが正解なのか?」
「なぜほかが間違いなのか?」

まではわかっていないのです。


先ほどお話したように、私のようなタイプは、感覚で学ぶことを苦手としています。

しかし、逆に、才能がある人は、「論理で学ぶことを苦手としている」という傾向がある人がいます。


感覚に関しては、私自身の経験から、先天的なものだろうと推測しています。

論理に関しても、もしかしたら先天的なものなのかもしれませんが、ただ単に、「今まで考えなくてもわかってしまったから、考える訓練をしていないだけ」と、後天的な要素かもしれません。

私のようなタイプだと、考えないと理解できないので、イヤでも考える訓練をさせられますからね。



■感覚派でも壁にぶつかったら、論理

後天的なものかもしれませんが、論理で学ぶことを苦手としているなと感じる人はいます。

ただ、壁にぶつからない限りはそれでいいと思うんです。

感覚派も、論理派も、最終目標は

「英語がわかるようになること」

で同じです。


要するに、感覚だろうが、論理だろうが、英語がわかればいいわけです。

私の場合、論理でわかるようになりましたが、感覚でわかるようになった人も見ています。


なので、「なぜ」がわからなくても、壁にぶつからず、感覚で突き進めてしまう人はそれでいいのだと思います。

持っている才能を活かしているのだから、良いこととも言えるでしょう。


ただ、問題は壁にぶつかったときです。

先ほどは、「問題を答えは正しく出せるけど、なぜかはわからない」というケースでしたが、どこかで、

「答えも正しく出せないし、もちろんなぜかもわからない」

という壁にぶちあたる人は多いんです。


そして、そのまま感覚だけで突き進んで壁をぶち破れるのか?

このまま考えない勉強で、ひたすら英語に触れたり、暗唱して行けば、その壁はぶち破れるのか?

もちろんケースバイケースですが、ぶち破れないケースも多いんです。


そんなときは、感覚派の人でも論理的に考えざるを得ないのではないかと思います。

感覚は、

「こういうもんだってわかるだろ?」

で、「わからない」となったら終わりです。

論理は、

「これこれこういう仕組みでね」

で、「わからない」となっても、

「今の説明で、この部分がわからなかったのかな? この部分はね…」

と、いろいろと角度を変えて掘り下げることもできます。


そのときは、今まで感覚で突き進んで来て、考えると言う経験が少ないので、苦労はすると思います。

ただ、壁を突破するには、こういった「スタイル変更」も必要なときがいずれは来る可能性があります。


今回のお話は以上になります。

英語の才能、タイプは人によって違うので、一概には言えない部分もあります。

しかし、私のように「感じ取れない」タイプの人には、「論理的に理解する」という別の方法があります。

また、感覚派で壁にぶつかっている人は、論理派のスタイルを取り入れてみると、壁を乗り越えられるかもしれません。


英文法を暗記や感覚ではなく、論理的に理解する形で学びたい方は、

「分かる! 解ける! 英文法!」

がお役に立てれば幸いです。


「TOEICで900点突破しました!」
「30代から英語学習にチャレンジ。1年足らずでTOEIC 830点突破! 大学時代は400点未満でした」
「TOEIC 850点突破しました!」
「TOEICで文法問題が全問正解できました!」
「TOEICが1年弱で200点以上もアップしました!」
「TOEICで150点もアップしました!」
「TOEICリーディングセクションだけで100点も上がりました!」
「TOEICが一気に100点近くアップしました!」
「質問しても、丁寧に回答してくれるので本当に助かります!」
「これほど分かりやすい英文法教材は初めて!」
「もっと早く知っていれば!」
「英文がパズルのように見えるのが本当に面白い!」

と、大好評いただいている講座で、

「TOEICの点を上げたい」方はもちろん、
「仕事で英会話ができるようになりたい」方、
「海外で暮らせる英語力を身につけたい」方まで、

本当にいろいろな方に受講していただいております。


わからないところがありましたら、制作者である私に直接メールで質問していた
だけます。(こちらのサポートが大好評いただいております。)

英文法を学びたい方にはぜひオススメの講座です。

詳しくは↓をご覧下さいませ。無料サンプルも公開しております。
「分かる! 解ける! 英文法!」


長文最後までお読みいただきありがとうございました。
皆様、今後とも英語学習がんばって行きましょう!











TOEIC英文法問題ができない間違った解き方
https://www.thebelltree.com/toeic_grammar/archives/2018/08/toeic_15.html
今回は「TOEIC英文法問題ができない間違った解き方」というお話です。 英文法を意味で考えているといつまでも英文法は上達しませんし、意味で考えるのは間違った解き方です。そのように解説している教材はオス...

英語リスニングが聞き取れない意外な理由
https://www.thebelltree.com/toeic_grammar/archives/2018/08/post_42.html
今回は、「英語リスニングが聞き取れない意外な理由」というお話です。 「リスニングができない! リスニング力不足が原因だ!」 「リスニングができないのだから、リスニングの練習をしなければ!」 と短絡的に...

TOEICを適当にやると伸び悩むし、頭打ちになる
https://www.thebelltree.com/toeic_grammar/archives/2018/08/toeic_16.html
今回は、「TOEICを適当にやると伸び悩むし、頭打ちになる」というお話です。 「感覚で解いたけど、問題が正解できたからいいや」 「解説の意味がよくわからないけど、正解できたからいいや」 このように、「...

英文法は理解です! 暗記や感覚ではない
https://www.thebelltree.com/toeic_grammar/archives/2018/08/post_43.html
今回は、「英文法は理解です! 暗記や感覚ではない」というお話です。 ■頻繁にいただくありがたいご感想 私は 「分かる! 解ける! 英文法!」 という、英文法講座を行っております。 そして、ありがたいこ...

英語の才能がない人の勉強法。才能がある人が苦労する点
https://www.thebelltree.com/toeic_grammar/archives/2018/08/post_44.html
今回は「英語の才能がない人の勉強法。才能がある人が苦労する点」というお話になります。 英語指導者としては、「英語には才能なんて関係ない!」と言いたいところですが…。 ■英語に才能は関係ある! 私は英語...

英語の超重要文法は絶対に理解しないといけない事項
https://www.thebelltree.com/toeic_grammar/archives/2018/09/post_45.html
今回は「英語の超重要文法は絶対に理解しないといけない事項」というお話です。 英語をやる以上、目的がなんであれ、「絶対に理解していないといけない事項」というものがあります。 ■英文法というのは積み重ね ...

無料レポート「必須英単語2000語を苦労なく覚える方法」
通信簿が2で、英語が大嫌いだった私が1年でTOEIC 900を達成した原動力です。

書きまくりや、赤シート、カードなんか使わなくたって英単語は苦労なく覚えられるんです!

その英単語の覚え方を無料レポートで解説! さらにはTOEIC対策、英会話上達についてまとめた無料レポートも。人が読んでいる無料メールマガジンと共にお届け。メールマガジンは読者登録完全無料、不要になったらいつでも配信停止可能

無料レポート入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて"送信"を押すだけ。入力されたアドレスにお送りいたします。
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。
執筆者:鈴木 拓(すずき たく)のプロフィール
個人英語教室(ネット版)のイングリッシュティーチャー。年以上にわたり、名様以上に英語指導。『日経WOMAN』『English Journal』等掲載。

昔は通信簿2(5段階、公立中学)、偏差値30と英語が苦手。1年でTOEIC 900点TOEIC 990(満点)、英検1級(2次試験はほぼ満点)

必須英単語2000語を苦労なく覚える方法(無料)
海外ドラマから英会話表現ランキング(無料)
英語初心者無料メール講座(無料)
英会話のための英文法 G4C(最も万能なコース 締切)
ゼロからの英語やり直し教室 New Beginning(名様 締切)
分かる! 解ける! 英文法!(名様 締切)
英語真っすぐリーディング講座(名様 締切)
プロフィールをもっと見る