fixedImage
分かる! 解ける! 英文法!
初心者用講座!
英語真っすぐリーディング講座
英会話のための英文法
勘違い解消でTOEICアップ!
無料レポート
「1年でTOEIC 900!
TOEICの意外な落とし穴」

無料レポートの入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて、送信を押すだけ。さらには単語の覚え方、英会話上達についてまとめた無料レポートも。

そのアドレスに人が読んでいる私の無料メールマガジン(メルマガ)と一緒にお送りいたします。

メルマガ読者登録は完全無料、いつでも配信停止可能
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたメールアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。

























執筆者:鈴木 拓(すずき たく)のプロフィール
個人英語教室(ネット版)のイングリッシュティーチャー。年以上にわたり、名様以上に英語指導。『日経WOMAN』『English Journal』等掲載。

昔は通信簿2(5段階、公立中学)、偏差値30と英語が苦手。1年でTOEIC 900点TOEIC 990(満点)、英検1級(2次試験はほぼ満点)

必須英単語2000語を苦労なく覚える方法(無料)
海外ドラマから英会話表現ランキング(無料)
英語初心者無料メール講座(無料)
英会話のための英文法 G4C(最も万能なコース 締切)
ゼロからの英語やり直し教室 New Beginning(名様 締切)
分かる! 解ける! 英文法!(名様 締切)
英語真っすぐリーディング講座(名様 締切)
プロフィールをもっと見る

TOEIC英文法問題ができない間違った解き方





今回は「TOEIC英文法問題ができない間違った解き方」というお話です。

英文法を意味で考えているといつまでも英文法は上達しませんし、意味で考えるのは間違った解き方です。そのように解説している教材はオススメしません。



■意味で考えるとドツボにはまる

英文法問題というと、以下のような穴埋め問題が一般的です。

Those who attended the afternoon meeting reached agreement that the situation the company was facing was very serious and a ------ solution was required.

(A) comprehend
(B) comprehensive
(C) comprehension
(D) comprehensively


TOEICで言うと、パート5がこういう形式ですね。

TOEICのパート5は、語彙問題と英文法問題がごちゃ混ぜになっています。
(比率は大体、半分半分)


ごちゃ混ぜになっているために、語彙問題も英文法問題も同じように考えてしまう。

「意味」で考えてしまう人が多いのですが、それは大きな間違いです。間違った解き方です。


語彙問題だったら、意味で考える必要があります。

例えば、以下の問題だったら、語彙問題だから、意味で考えざるを得ません。

Those who attended the afternoon meeting reached agreement that the situation the company was facing was very serious and a ------ solution was required.

(A) concentric
(B) comprehensive
(C) confidential
(D) combustible


文法的には、どれも正しい。

しかし、意味で考えると、

A「同心円上の解決が要求された」
B「包括的な解決が要求された」
C「秘密の解決が要求された」
D「可燃性の解決が要求された」

と、一番しっくり来るのはBでして、Bが答えになります。


ところが、

Those who attended the afternoon meeting reached agreement that the situation the company was facing was very serious and a ------ solution was required.

(A) comprehend
(B) comprehensive
(C) comprehension
(D) comprehensively

は文法問題。


意味をどうこう考える以前に、文法的に、正しいのはB。

冠詞aと名詞solutionの間にあるもので、普通、ここに置くのは形容詞。

選択肢を見てみると、

(A) comprehend    動詞
(B) comprehensive  形容詞
(C) comprehension  名詞
(D) comprehensively 副詞

と、形容詞なのはBだけなのです。

そして、品詞は語尾を見ればわかります。

たとえ、A〜Dの単語を1つも知らなくても、語尾を見ると、品詞は見抜けます。

そして、たとえA〜Dの単語を1つも知らなかったとしても、Bという正しい答えを選べるのです。


逆に、すべて単語を知っていたとしても、文法ではなく、意味で考えてしまうと、

A「理解する解決が要求された」
B「包括的な解決が要求された」
C「理解解決が要求された」
D「包括的に解決が要求された」

と、どれも正しそうに見えてしまい、ドツボにはまってしまうのです。



■意味だけでしか解説のない教材はダメ

上記のように、英文法問題を意味だけで考えてしまうと、間違えてしまいますし、なぜBが正しく、B以外が間違いなのか理解することがむずかしくなってしまいます。


しかし、残念ながら、世の中の英文法教材の中には、意味だけで解説している英文法教材も多いです。

確かに、意味だけでもわかる人はいます。

A「理解する解決が要求された」
B「包括的な解決が要求された」
C「理解解決が要求された」
D「包括的に解決が要求された」

を見ても、

「正しいのはBだけでしょ。ほかはおかしいよ」

とわかる人もいると思います。


しかし、意味と言うのは主観的であり、感覚です。

感じ取れる人には感じ取れるのですが、感じ取れない人には感じ取れません。

そして、感じ取れる人でも、

「なぜBは正しいのか? なぜそれ以外は間違いなのか」

を論理的に説明はできません。


「いや、そりゃBが正しいでしょ」
「そう感じるでしょ」

という感覚的な説明になってしまいます。


これでは「感じ取れないタイプの人」には何の役にも立ちません。

私自身、昔は通信簿2(5段階)、偏差値30と英語が苦手で、「感じ取れないタイプの人」だったので、この気持ちはよくわかります。

先生や英語ができる友人に、

「そりゃBが正しいでしょ」
「ほかはおかしいじゃないか」

と言われても、わかりませんでしたし、意味だけで解説している教材も、

「え? 解説はこれだけ? 意味だけじゃわからないよ」

と思ったことは数えきれません。


そうではなく、英文法問題は、意味ではなく文法で考え、文法で解説すべきなのです。

例えば、さきほどの例なら、

名詞は、

a good book

のように、bookという名詞本体に、冠詞aがついたり、形容詞goodがついたり
する。


問題では、

Those who attended the afternoon meeting reached agreement that the situation the company was facing was very serious and a ------ solution was required.

というように、冠詞aと名詞solutionの間が空いているのだから、形容詞を入れるしかない。

形容詞なのはBだけだから、Bが答えになる。

というように。


文法であれば、論理的なルールですから、

「こういうルールがあるから、これでなければならない」

と、いい加減な感覚等ではなく、論理的に理解することができます。


こうすれば、私のような「感じ取れないタイプの人」でも、理解できます。

現に、「英文法は暗記や感覚ではなく、論理的に理解するものなんだ」と気づいてからは、一気に英語力が上がって行き、

TOEIC 990(満点)、英検1級を取るまでに至りました。


そういった経験もあるため、

「英文法は意味ではなく、文法で考えるもの。意味だけで解説している教材はオススメしません」

という点は自信を持って、強く言いたい点なのです。


英文法を暗記や感覚ではなく、論理的に理解する形で学びたい方は、

「分かる! 解ける! 英文法!」

がお役に立てれば幸いです。


「TOEICで900点突破しました!」
「30代から英語学習にチャレンジ。1年足らずでTOEIC 830点突破! 大学時代は400点未満でした」
「TOEIC 850点突破しました!」
「TOEICで文法問題が全問正解できました!」
「TOEICが1年弱で200点以上もアップしました!」
「TOEICで150点もアップしました!」
「TOEICリーディングセクションだけで100点も上がりました!」
「TOEICが一気に100点近くアップしました!」
「質問しても、丁寧に回答してくれるので本当に助かります!」
「これほど分かりやすい英文法教材は初めて!」
「もっと早く知っていれば!」
「英文がパズルのように見えるのが本当に面白い!」

と、大好評いただいている講座で、

「TOEICの点を上げたい」方はもちろん、
「仕事で英会話ができるようになりたい」方、
「海外で暮らせる英語力を身につけたい」方まで、

本当にいろいろな方に受講していただいております。


わからないところがありましたら、制作者である私に直接メールで質問していた
だけます。(こちらのサポートが大好評いただいております。)

英文法を学びたい方にはぜひオススメの講座です。

詳しくは↓をご覧下さいませ。無料サンプルも公開しております。
「分かる! 解ける! 英文法!」


長文最後までお読みいただきありがとうございました。
皆様、今後とも英語学習がんばって行きましょう!











TOEIC英文法問題ができない間違った解き方
https://www.thebelltree.com/toeic_grammar/archives/2018/08/toeic_15.html
今回は「TOEIC英文法問題ができない間違った解き方」というお話です。 英文法を意味で考えているといつまでも英文法は上達しませんし、意味で考えるのは間違った解き方です。そのように解説している教材はオス...

英語リスニングが聞き取れない意外な理由
https://www.thebelltree.com/toeic_grammar/archives/2018/08/post_42.html
今回は、「英語リスニングが聞き取れない意外な理由」というお話です。 「リスニングができない! リスニング力不足が原因だ!」 「リスニングができないのだから、リスニングの練習をしなければ!」 と短絡的に...

無料レポート「必須英単語2000語を苦労なく覚える方法」
通信簿が2で、英語が大嫌いだった私が1年でTOEIC 900を達成した原動力です。

書きまくりや、赤シート、カードなんか使わなくたって英単語は苦労なく覚えられるんです!

その英単語の覚え方を無料レポートで解説! さらにはTOEIC対策、英会話上達についてまとめた無料レポートも。人が読んでいる無料メールマガジンと共にお届け。メールマガジンは読者登録完全無料、不要になったらいつでも配信停止可能

無料レポート入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて"送信"を押すだけ。入力されたアドレスにお送りいたします。
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。
執筆者:鈴木 拓(すずき たく)のプロフィール
個人英語教室(ネット版)のイングリッシュティーチャー。年以上にわたり、名様以上に英語指導。『日経WOMAN』『English Journal』等掲載。

昔は通信簿2(5段階、公立中学)、偏差値30と英語が苦手。1年でTOEIC 900点TOEIC 990(満点)、英検1級(2次試験はほぼ満点)

必須英単語2000語を苦労なく覚える方法(無料)
海外ドラマから英会話表現ランキング(無料)
英語初心者無料メール講座(無料)
英会話のための英文法 G4C(最も万能なコース 締切)
ゼロからの英語やり直し教室 New Beginning(名様 締切)
分かる! 解ける! 英文法!(名様 締切)
英語真っすぐリーディング講座(名様 締切)
プロフィールをもっと見る