fixedImage
分かる! 解ける! 英文法!
初心者用講座!
英語真っすぐリーディング講座
英会話のための英文法
勘違い解消でTOEICアップ!
無料レポート
「1年でTOEIC 900!
TOEICの意外な落とし穴」

無料レポートの入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて、送信を押すだけ。さらには単語の覚え方、英会話上達についてまとめた無料レポートも。

そのアドレスに人が読んでいる私の無料メールマガジン(メルマガ)と一緒にお送りいたします。

メルマガ読者登録は完全無料、いつでも配信停止可能
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたメールアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。

























執筆者:鈴木 拓(すずき たく)のプロフィール
個人英語教室(ネット版)のイングリッシュティーチャー。年以上にわたり、名様以上に英語指導。『日経WOMAN』『English Journal』等掲載。

昔は通信簿2(5段階、公立中学)、偏差値30と英語が苦手。1年でTOEIC 900点TOEIC 990(満点)、英検1級(2次試験はほぼ満点)

必須英単語2000語を苦労なく覚える方法(無料)
海外ドラマから英会話表現ランキング(無料)
英語初心者無料メール講座(無料)
英会話のための英文法 G4C(最も万能なコース 締切)
ゼロからの英語やり直し教室 New Beginning(名様 締切)
分かる! 解ける! 英文法!(名様 締切)
英語真っすぐリーディング講座(名様 締切)
プロフィールをもっと見る

英語教材・参考書の日本語訳を意訳しすぎの弊害





「英語教材・参考書の日本語訳を意訳しすぎの弊害」



■日本語訳はついていますが…

英語教材のほとんどには、「日本語訳」がついています。

例えば、

I like apples.

だったら、

「私はリンゴが好きです」

というように日本語訳がついています。


I like apples.程度でしたら、ほとんどの方が日本語訳がなくても意味がわかりますが、英語だけではわからないことも多いです。

その際には、意味を確認するのに日本語訳は役に立つことがあります。


ただ、この日本語訳、使い方を間違えると、英語学習に悪影響を及ぼします。

なぜなら、ついている日本語訳の多くは「意訳」だからです。

例えば、

I was late.
「私は遅刻した」

という簡単な文でも意訳なのです。


直訳すれば、

「私は遅いだった」

せいぜい、

「私は遅かった」

となります。


英語では、

I was late.

と、was(〜である)という動詞を使って、
形容詞late(遅い)を使って説明しています。

つまり、

「遅い状態だった」

と、あくまで状態の説明なのです。


一方、日本語訳の

「私は遅刻した」

は、「遅刻した」という状態ではなく動作で表しています。



■意味の確認以上のことをしてしまうと…

これが特に問題にならない人もいます。

現に、

「いや、表現の仕方が違うだけで別に問題なくわかるよ」
「そもそも意訳とは気づかなかった」

という人もいると思います。


ただ、この例では問題なくても、ほかの例になると問題になってしまったり、

I was late.の例でも間違って勘違いしてしまう人もいるのです。

現に、

「日本語に"遅刻した"ってあるってことは、was lateで1つの動詞なんですか?」

と勘違いしてしまう人も多く、

was late 遅刻する
was angry 怒った

というように、

「本来、be動詞+形容詞で状態を表す同じ1つの用法なのに、1つ1つ別の動詞として覚えちゃっている」

というように大変手間がかかることをしてしまう人もいるのです。


また、動詞がwas lateだと勘違いして、SVCという第2文型が理解できなかったり、

「lateだけで遅刻とわかるのに、なぜwasが必要なのかわからない」

という勘違いが出て来てしまったりと、英文法を学習する上での障害になります。



■よくある有名な意訳例

こうやって見てみると、「意訳」というのは非常に多く、もしかしたら、半分近くは意訳だったりするかもしれません。

先ほどの、I was late.の例で問題が生じるのは初心者だけかもしれませんが、上級者でも、けっこう意訳の弊害を受けていたりするのです。


その中でも有名なのが「無生物主語」と呼ばれるもの。

例えば、

This suit makes him look authoritative.

というような文。


直訳すると、

「このスーツは彼を権威があるように見せる」

ですが、一般的には英語教材では、これは、

「このスーツのおかげで、彼は権威があるように見える」

とされます。


日本語では、スーツのような生物ではないものを主語にすることは珍しく、「彼は」というように、人を主語にします。

そのため、教材によっては、

「無生物主語」

という項目を設けて、

「どうやったら自然な日本語に訳せるか」

を説明していたりもします。


しかし、「このスーツのおかげで、彼は権威があるように見える」のような綺麗に訳された日本語を見て、「あぁ、そういう意味なのか」とわかったつもりになったり、訳し方を学んで、「このスーツのおかげで、彼は権威があるように見える」と綺麗な日本語に訳せるようになり、その日本語を通して理解するようになってしまうのは問題です。

わざわざこうまでして訳せるようになるのは意訳しすぎです。


当たり前ですが、TOEICや英字新聞や洋書には日本語訳がついていません。

教材では綺麗に訳された日本語訳がついているので、理解できたつもりになってしまいますが、自分で読むときはそれができるとは限りません。


それにそもそも、日本語に訳して読む方法はできるだけ避けるべきなのです。

メルマガではよくお話させていただきますが、英語は英語のまま理解できるようになるべきです。

英語ができる人はそもそも日本語に訳しておらず、英語のまま理解しています。

そのため、通訳や翻訳者でなければ、

「日本語でどういう意味?」

と聞かれても、

「え? 日本語で? 考えてないからな」

と意外と困ってしまったりもするもの。


いきなり英語まま理解はできませんから、日本語に訳すことは仕方がありませんが、その場合は、

「日本語としての綺麗さ」

にこだわるべきではありません。


確かに、無生物を主語にすることは日本語では不自然かもしれませんが、英語ではそれが自然な表現なのです。

だったら、それはそのまま理解できるようになるようにすべきです。

訳すにしても、

「このスーツは彼を権威があるように見せる」

程度にすべき。これで意味がわかるのですから、これで十分です。

違和感はあるかもしれませんが、英語ではこういう言い方をするのだから、それを受け入れなければいけません。

「自然な訳し方を学べばいい」

と思うかもしれませんが、それでは、「日本語訳を介して理解する」という不要なことを行っていることになり、

「英語→理解」

より、

「英語→日本語→理解」

と1ステップ余分になり、仮に日本語に綺麗に訳せる技術を身につけたとしても、ムダな労力と時間を使うことになってしまいます。



■そもそもなぜ意訳が多いのか?

このように、意訳のしすぎは、気をつけないと意外な弊害があります。

ではなぜ、そもそも教材は意訳を載せているのでしょうか?全部直訳にすれば、上記のような誤解、勘違いは防げるはずです。


それは、

「英語学習に役立つ」
「日本語として自然」

のバランスを取ろうとしているからです。


「このスーツは彼を権威があるように見せる」

程度なら、「まぁ不自然だけど意味はわかる」レベルです。
(それでも不自然すぎると感じる人が作る教材だと、「このスーツのおかげで、彼は権威があるように見える」と意訳されます)

でも、

「私は遅いだった」

だと、不自然を通り越して意味がわかりません。


「私は遅かった」なら不自然さは減りますが、「私は遅刻した」と意味がちょっと変わってしまいます。

「遅かった」でも、「遅刻」とも取れなくはないですが、「走るのが遅かった」「気づいたのが遅かった」のようにも見えます。


なので、意訳で、英語学習に支障が出ることは承知の上で、「私は遅刻した」とするわけです。

この極端な例が、「映画の字幕」です。


教材の場合は、英語学習が目的ですので、「英語学習に役立つ」「日本語として自然」の2つのバランスを取ろうとします。

しかし、映画の場合、目的は英語学習ではありません。

映画で英語学習する人もいますが、映画を見る人の中では少数派です。ほとんどは「ただ単に映画を楽しみたい人」です。

なので、日本語として自然かどうかに思いっきり重点が置かれます。

そのため、字幕と実際の台詞を見ると、「全然別のことを言っている」ということが珍しくありません。

映画の字幕にとっては、

「英語学習に役立つかどうか」はもちろん、「英語の意味を正確に表しているかどうか」よりも、

「視聴者が楽しめるかどうか」が一番大切なのです。



■教材の日本語訳は参考程度に

このように、教材の日本語訳の使い方を間違えると、意外な弊害があります。

「日本語としての自然さを求めたために英語の意味そのままではないこともある」ということを頭に入れた上で、

「日本語訳は参考程度」に留めるべきです。

そうではなく、

This suit makes him look authoritative.

this suitが原因。その結果、himがlook authoritative。

というように、論理的に「要するに何が言いたいのか」を考えるべきです。


以上が今回のお話になります。

日本語訳ではなく、ちゃんと論理的に理解するために、英文法を学びたい方には、

「分かる! 解ける! 英文法!」

がお役に立てれば幸いです。


「TOEICで900点突破しました!」
「30代から英語学習にチャレンジ。1年足らずでTOEIC 830点突破! 大学時代は400点未満でした」
「TOEIC 850点突破しました!」
「TOEICで文法問題が全問正解できました!」
「TOEICが1年弱で200点以上もアップしました!」
「TOEICで150点もアップしました!」
「TOEICリーディングセクションだけで100点も上がりました!」
「TOEICが一気に100点近くアップしました!」
「質問しても、丁寧に回答してくれるので本当に助かります!」
「これほど分かりやすい英文法教材は初めて!」
「もっと早く知っていれば!」
「英文がパズルのように見えるのが本当に面白い!」

と、大好評いただいている講座で、

「TOEICの点を上げたい」方はもちろん、
「仕事で英会話ができるようになりたい」方、
「海外で暮らせる英語力を身につけたい」方まで、

本当にいろいろな方に受講していただいております。


わからないところがありましたら、制作者である私に直接メールで質問していた
だけます。(こちらのサポートが大好評いただいております。)

英文法を学びたい方にはぜひオススメの講座です。

詳しくは↓をご覧下さいませ。無料サンプルも公開しております。
「分かる! 解ける! 英文法!」


長文最後までお読みいただきありがとうございました。
皆様、今後とも英語学習がんばって行きましょう!











英会話が話せない理由はインプットとアウトプット
https://www.thebelltree.com/toeic_grammar/archives/2018/05/post_12.html
「英会話が話せない理由はインプットとアウトプット」 ■英語が苦手? 私は今まで、年以上にわたって、名以上の方に英語指導させていただいて来ました。 そのため、 「○○ができないほと私は英語が苦手なんです...

英語教材・参考書の日本語訳を意訳しすぎの弊害
https://www.thebelltree.com/toeic_grammar/archives/2018/05/post_13.html
「英語教材・参考書の日本語訳を意訳しすぎの弊害」 ■日本語訳はついていますが… 英語教材のほとんどには、「日本語訳」がついています。 例えば、 I like apples. だったら、 「私はリンゴが...

TOEICパート5文法問題の間違った解き方・対策
https://www.thebelltree.com/toeic_grammar/archives/2018/05/toeic_7.html
「TOEICパート5文法問題の間違った解き方・対策」 ■何で判断する? 文法を学習していると文法の問題を解くことになります。 今学んだ事項をちゃんと理解しているのか確認するためですね。例えば、関係詞を...

TOEICパート5文法問題、語彙問題が苦手な人の間違った解き方・対策
https://www.thebelltree.com/toeic_grammar/archives/2018/05/toeic_8.html
「TOEICパート5文法問題、語彙問題が苦手な人の間違った解き方・対策」 ■TOEICは英文法だ 最近、いろいろとTOEIC関連のご質問をいただくことが多いのですが、その中で感じるのが、 「英文法って...

無料レポート「必須英単語2000語を苦労なく覚える方法」
通信簿が2で、英語が大嫌いだった私が1年でTOEIC 900を達成した原動力です。

書きまくりや、赤シート、カードなんか使わなくたって英単語は苦労なく覚えられるんです!

その英単語の覚え方を無料レポートで解説! さらにはTOEIC対策、英会話上達についてまとめた無料レポートも。人が読んでいる無料メールマガジンと共にお届け。メールマガジンは読者登録完全無料、不要になったらいつでも配信停止可能

無料レポート入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて"送信"を押すだけ。入力されたアドレスにお送りいたします。
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。
執筆者:鈴木 拓(すずき たく)のプロフィール
個人英語教室(ネット版)のイングリッシュティーチャー。年以上にわたり、名様以上に英語指導。『日経WOMAN』『English Journal』等掲載。

昔は通信簿2(5段階、公立中学)、偏差値30と英語が苦手。1年でTOEIC 900点TOEIC 990(満点)、英検1級(2次試験はほぼ満点)

必須英単語2000語を苦労なく覚える方法(無料)
海外ドラマから英会話表現ランキング(無料)
英語初心者無料メール講座(無料)
英会話のための英文法 G4C(最も万能なコース 締切)
ゼロからの英語やり直し教室 New Beginning(名様 締切)
分かる! 解ける! 英文法!(名様 締切)
英語真っすぐリーディング講座(名様 締切)
プロフィールをもっと見る