fixedImage
分かる! 解ける! 英文法!
初心者用講座!
英語真っすぐリーディング講座
英会話のための英文法
勘違い解消でTOEICアップ!
無料レポート
「1年でTOEIC 900!
TOEICの意外な落とし穴」

無料レポートの入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて、送信を押すだけ。さらには単語の覚え方、英会話上達についてまとめた無料レポートも。

そのアドレスに人が読んでいる私の無料メールマガジン(メルマガ)と一緒にお送りいたします。

メルマガ読者登録は完全無料、いつでも配信停止可能
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたメールアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。

























執筆者:鈴木 拓(すずき たく)のプロフィール
個人英語教室(ネット版)のイングリッシュティーチャー。年以上にわたり、名様以上に英語指導。『日経WOMAN』『English Journal』等掲載。

昔は通信簿2(5段階、公立中学)、偏差値30と英語が苦手。1年でTOEIC 900点TOEIC 990(満点)、英検1級(2次試験はほぼ満点)

必須英単語2000語を苦労なく覚える方法(無料)
海外ドラマから英会話表現ランキング(無料)
英語初心者無料メール講座(無料)
英会話のための英文法 G4C(最も万能なコース 締切)
ゼロからの英語やり直し教室 New Beginning(名様 締切)
分かる! 解ける! 英文法!(名様 締切)
英語真っすぐリーディング講座(名様 締切)
プロフィールをもっと見る

英文法の最重要ポイントは品詞。関係代名詞がわからない理由





「英文法の最重要ポイントは品詞。関係代名詞がわからない理由」



■英語、英文法は積み重ね

「必ず押さえてほしいこと」をお話する前に、よくメルマガではお話させていただいている、

「英語、英文法は積み重ね」

という話を少しお話しさせていただきます。


最近読み始めた方以外はお読みいただいている方はご存知だと思いますが、英語、特に英文法というのは基礎からの積み重ねが大切です。

A〜Zまで学ぶことがあるとしたら、A→B→C…と順番通りに学ぶ必要があります。

Bを知らずにCは学べませんし、Aを知らずにBは学べません。

よく、

「関係代名詞がわからないから、手持ちの教材の関係代名詞の章を読んでみたけど、結局理解できなかった」

という方がいますが、それは、関係代名詞自体に問題があるのではなく、それまでに必要な知識、例えば、

品詞、文型、副詞、前置詞、等位接続詞、従属接続詞、受動態、不定詞、分詞、第5文型、動名詞、疑問文、疑問節…

などが身に付いていないからなのです。


関係代名詞は上級分野です。それを理解するには、基礎分野をすべて理解している必要があります。

基礎分野ができていないのに、いくら関係代名詞をがんばっても、土台がない家の2階を作るようなもので、うまく行きません。



■一番の基礎は

先ほどのA〜Zの例で言えば、A、あるいはB、Cぐらいに位置する基礎知識に、

「品詞」

というものがあります。


先ほどお話したように、英語、英文法というのは順番通りに学ばないと理解できませんから、品詞が理解できていないとほとんどの英文法知識が理解できません。

当たり前ですが、関係代名詞も理解できません。


このように、非常に、非常に重要な、最重要ポイント「品詞」なのですが、なぜか、ほとんどの教材では扱わないのです。

これは、年以上、名以上の方に英語指導させていただいている私から
すると本当に不思議でなりません。

あれほど大切な、最重要ポイントの品詞をなぜ、ほとんどの教材が説明しないのか?


私は理由としては、2つの可能性があると考えています。

1、ほとんどの教材は最初から英語が得意な人が作っている。最初から英語が得意な人からすると品詞は「誰でも知っていて当たり前」だから、わざわざ説明しない

2、品詞は国語でも勉強する。なので、一般常識であり、説明する必要はない


ただ、どちらもそんなことないんですよね。

私は、今でこそ、TOEIC 990(満点)、英検1級を持っていますが、昔は、通信簿2(5段階)、偏差値30と英語が苦手でした。

ついでに、国語も苦手でした。


以前の私のように、英語が苦手な人には品詞は「当たり前」ではありませんし、国語が苦手なら「一般常識」でもないのです。


なので、

「関係代名詞の後ろの文に目的語が必要なのに、名詞がないよね」

とか説明されても、「はて? 名詞って何だろう?」とサッパリわかりません
でした。(ついでに言うと、「目的語」「文」もわかりませんでしたが)

そして、年以上、名以上の方に英語指導をさせていただいている経験上、これは私だけに限らず、かなり多くの英語学習者が実は品詞をよくわかっていません。

感覚的には少なくとも1/3の人がよくわかっていない。完全にわかっているのは半分ぐらいかもしれません。


私の例は、かなり極端に「わかっていない」例でしたが、そこまでいかなくても、「品詞が原因で苦労しているな」という例は多く見かけます。

もうわかったと思いますが、冒頭でお話しさせていただいた、

「必ず押さえてほしいこと」

というのは、「品詞」です。


初心者はもちろんですが、私の経験上、

「品詞の理解不足で一番苦労しているな」

と感じるのは中級者です。



■疑問文、関係詞

その代表的な例は疑問文や関係詞でしょう。

例えば、

1. ------ do you think he is going to?

(A) Where
(B) Why
(C) When
(D) Which store


で、空欄に当てはまる適切なものは何だと思いますか?


かなり多くの人が

「going(行く)だから、どこに(where)だな」

と連想して、whereと答えてしまいますが、これは間違い。


正しいのは、Dのwhich storeです。

ここで、皆さんはどのように考えていますか?

多くの人は、

A「彼はどこに行くと思いますか?」
B「彼はなぜ行くと思いますか?」
C「彼はいつ行くと思いますか?」
D「彼はどのお店に行くと思いますか?」

のように、意味で考えてしまったり、先ほどのように、

「goingだからwhere」

というように、感覚的に考えてしまいます。


しかし、これでは見事に引っかかってしまい、間違えてしまいます。

考えるべきなのは、品詞なのです。


今回の文、

------ do you think he is going to?

と、最後に前置詞toがありますよね?


前置詞というのは必ず名詞とセットで使う必要があります。

ということは、空欄には名詞を入れてあげる必要があります。

選択肢の品詞を見て行くと、

(A) Where    副詞
(B) Why     副詞
(C) When     副詞
(D) Which store 名詞

と、名詞なのはDだけ、A〜Cはすべて副詞なんです。

なので、答えはDになります。


ほかにも、よく多くの人が間違える、また、よくメルマガで扱う例題、

2. This is the hospital ------ I visited yesterday.

(A) where
(B) which
(C) why
(D) whose

なんかも同様です。


「先行詞(関係詞の前にある名詞)が場所だからwhereだ」

と品詞を意識せずに選んでしまう人が多いのですが、これは間違い。

visitというのは第3文型で使う動詞です。

第3文型と言うのは目的語が必要です。そして、目的語というのは名詞しかなれません。


visitedの後ろにあるのはyesterdayという副詞だけ。ということは、このままでは目的語がない「間違った文」になってしまいます。

なので、空欄には名詞を入れてあげる必要があります。

品詞を見てみると、名詞なのはBのwhichだけ。

だからwhichが答えになるのです。



■ifの例

もう1つ、品詞が原因で混乱することが多い例を挙げておきます。

ifという単語があります。これは、従属接続詞で、従属接続詞と言うのは、必ず後ろに文を置いて使います。

つまり、必ず「if+文」というセットで使うのです。

ifは「もし〜」という意味で知っている方が多いと思いますが、もう1つ使い方があって、「〜かどうか」という意味もあるのです。

例えば、

I don't remember if I locked the door.
「私はカギをかけたかどうか覚えていない」

というような例ですね。


このように、「もし〜」と「〜かどうか」と2つの意味があるわけですが、多くの人は、その2つを区別する際に、意味だけで考えようとしてしまいます。

例えば、

I don't remember if I locked the door.

だったら、

「私はカギをかけたかどうかは覚えていない」なら意味が通るけど、「もしカギをかけたなら、私は覚えていない」だと意味が変。

というような判断の仕方ですね。


でも、これは間違った判断の仕方で、

I don't know if he is angry.

のように、意味だけではどちらでも良さそうな例がよくあります。

「私は彼が怒っているかどうか知らない」
「彼が怒ってたら、私は知らないよ(あなたが対処してね)」

どちらでも良さそうですよね?


そこで、多くの人は「どう見分けたらいいんだ?」と混乱してしまいます。

でも、これも品詞に注目すればなんてことないんです。

先ほど従属接続詞は必ず文とセットで使うとお話しましたが、この「従属接続詞+文」は名詞か副詞になります。

つまり、

「従属接続詞+文=名詞or副詞」

なのです。


ifは名詞か副詞かによって意味が違います。

副詞なら「もし〜」という意味。
名詞なら「〜かどうか」という意味になるのです。


さきほどの例、

I don't remember if I locked the door.
I don't know if he is angry.

は、どちらも、remember、knowという第3文型で使う動詞が使われています。

第3文型と言うのは目的語が必要です。
そして、目的語は名詞にしかなれません。

仮に、if I locked the door、if he is angryという、「if(従属接続詞)+文」が副詞だったら、目的語が存在しないことになってしまいます。

しかし、それでは間違った文になってしまいます。

なので、「if+文」は名詞である必要がある。

なので、「〜かどうか」という意味だ、とわかるわけです。


逆に、

I will call you if he comes back.

は、同じように、callという第3文型の動詞がありますが、今度はちゃんと、youという目的語があります。

と言うことは、if he comes backが名詞だと目的語が2つになってしまい、間違った文になります。

なので、今度は「if+文」は副詞である必要があり、

「もし〜」という意味で、

「彼が戻って来たら、私はあなたに電話します」

という意味になるのです。


最初から意味で考えたらわかりません。
品詞で判断して、その結果として意味がわかるのです。



■品詞から順番に学んで行きましょう!

以上が今回のお話になります。

このように、品詞と言うのは、本当に、本当に大事な知識なんです。最重要ポイントです。しかし、なぜか、ほとんどの教材では説明されません。

でも、これほど大事な知識なんですから、これをちゃんと学ばないと、英語学習でどこかで必ず壁にぶち当たります。

英語学習、英文法学習は必ず品詞から学ぶようにしてください。


冒頭でお話しさせていただいた英文法講座は、もちろん。品詞から説明させていただきます。

「分かる! 解ける! 英文法!」

がお役に立てれば幸いです。


「TOEICで900点突破しました!」
「30代から英語学習にチャレンジ。1年足らずでTOEIC 830点突破! 大学時代は400点未満でした」
「TOEIC 850点突破しました!」
「TOEICで文法問題が全問正解できました!」
「TOEICが1年弱で200点以上もアップしました!」
「TOEICで150点もアップしました!」
「TOEICリーディングセクションだけで100点も上がりました!」
「TOEICが一気に100点近くアップしました!」
「質問しても、丁寧に回答してくれるので本当に助かります!」
「これほど分かりやすい英文法教材は初めて!」
「もっと早く知っていれば!」
「英文がパズルのように見えるのが本当に面白い!」

と、大好評いただいている講座で、

「TOEICの点を上げたい」方はもちろん、
「仕事で英会話ができるようになりたい」方、
「海外で暮らせる英語力を身につけたい」方まで、

本当にいろいろな方に受講していただいております。


わからないところがありましたら、制作者である私に直接メールで質問していた
だけます。(こちらのサポートが大好評いただいております。)

英文法を学びたい方にはぜひオススメの講座です。

詳しくは↓をご覧下さいませ。無料サンプルも公開しております。
「分かる! 解ける! 英文法!」


長文最後までお読みいただきありがとうございました。
皆様、今後とも英語学習がんばって行きましょう!











英会話が話せない理由はインプットとアウトプット
https://www.thebelltree.com/toeic_grammar/archives/2018/05/post_12.html
「英会話が話せない理由はインプットとアウトプット」 ■英語が苦手? 私は今まで、年以上にわたって、名以上の方に英語指導させていただいて来ました。 そのため、 「○○ができないほと私は英語が苦手なんです...

英語教材・参考書の日本語訳を意訳しすぎの弊害
https://www.thebelltree.com/toeic_grammar/archives/2018/05/post_13.html
「英語教材・参考書の日本語訳を意訳しすぎの弊害」 ■日本語訳はついていますが… 英語教材のほとんどには、「日本語訳」がついています。 例えば、 I like apples. だったら、 「私はリンゴが...

TOEICパート5文法問題の間違った解き方・対策
https://www.thebelltree.com/toeic_grammar/archives/2018/05/toeic_7.html
「TOEICパート5文法問題の間違った解き方・対策」 ■何で判断する? 文法を学習していると文法の問題を解くことになります。 今学んだ事項をちゃんと理解しているのか確認するためですね。例えば、関係詞を...

TOEICパート5文法問題、語彙問題が苦手な人の間違った解き方・対策
https://www.thebelltree.com/toeic_grammar/archives/2018/05/toeic_8.html
「TOEICパート5文法問題、語彙問題が苦手な人の間違った解き方・対策」 ■TOEICは英文法だ 最近、いろいろとTOEIC関連のご質問をいただくことが多いのですが、その中で感じるのが、 「英文法って...

TOEICリスニング、リーディング別、伸び悩み頭打ちのパターン
https://www.thebelltree.com/toeic_grammar/archives/2018/06/toeic_9.html
「TOEICリスニング、リーディング別、伸び悩み頭打ちのパターン」 ■リスニングセクションが苦手・伸び悩み・頭打ちの場合:その1 まずは、リスニングセクションが苦手・伸び悩み・頭打ちの場合のお話です。...

英会話スクールでは文法を学べない、ネイティヴは教えられない
https://www.thebelltree.com/toeic_grammar/archives/2018/06/post_14.html
「英会話スクールでは文法を学べない、ネイティヴは教えられない」 ■英会話に英文法は関係ない? 私は今までに、年以上にわたって、名様に英語指導させていただいてきておりますが、以下のようなご相談を承ること...

TOEICパート5文法問題の解き方、対策
https://www.thebelltree.com/toeic_grammar/archives/2018/06/toeic_10.html
「TOEICパート5文法問題の解き方、対策」 ■問題の解き方 1. He is ------. (A) a good very person (B) a person very good (C) a ...

TOEICパート5、文法問題は品詞が重要
https://www.thebelltree.com/toeic_grammar/archives/2018/06/toeic5.html
「TOEICパート5、文法問題は品詞が重要」 ■どうやって問題を解いていますか? 今回は、リーディングセクション、パート5、6のお話です。 1. The employees of this compa...

英語は日本語に訳さない! 訳すと弊害が一杯
https://www.thebelltree.com/toeic_grammar/archives/2018/06/post_15.html
「英語は日本語に訳さない! 訳すと弊害が一杯」 ■日本語に訳す必要はない! 今回は、英語学習をされる皆様に、 「最も気をつけてほしいポイント」 をお話しいたします。 中学・高校の6年間、主要科目として...

英文法の最重要ポイントは品詞。関係代名詞がわからない理由
https://www.thebelltree.com/toeic_grammar/archives/2018/06/post_16.html
「英文法の最重要ポイントは品詞。関係代名詞がわからない理由」 ■英語、英文法は積み重ね 「必ず押さえてほしいこと」をお話する前に、よくメルマガではお話させていただいている、 「英語、英文法は積み重ね」...

英文法は暗記しない、英文法を覚えるのは間違い
https://www.thebelltree.com/toeic_grammar/archives/2018/06/post_17.html
「英文法は暗記しない、英文法を覚えるのは間違い」 ■「なんとなく」や暗記ではダメなんです 私は今までに、年以上にわたって、名以上の方に英語指導させていただいて来ております。 その際に、1つどうしても、...

英文法の重要性。英文法を学ぶ意味
https://www.thebelltree.com/toeic_grammar/archives/2018/06/post_18.html
「英文法の重要性。英文法を学ぶ意味」 ■英文法は英語学習者全員が必要 メルマガではよくお話させていただきますが、英語の基礎は、「語彙、英文法、リスニング」の3本柱。 リーディングだったり、英会話だった...

英語は細かいニュアンスがわからないで良いのです!
https://www.thebelltree.com/toeic_grammar/archives/2018/06/post_19.html
「英語は細かいニュアンスがわからないで良いのです!」 ■細かいニュアンスは気にしない 一口に「英語学習」と言っても、いろいろな英語学習があります。 「単語帳を使って単語を覚える」というのも英語学習です...

英会話が難しい理由は複数のスキルが必要だから
https://www.thebelltree.com/toeic_grammar/archives/2018/06/post_20.html
「英会話が難しい理由は複数のスキルが必要だから」 ■英会話はむずかしい 一口に「英語学習者」と言っても、いろいろな人がいて、目標はそれぞれ違います。 ・英会話ができるようになりたい人 ・TOEICで高...

大人の独学英語勉強は論理力。子どもの感覚には勝てない
https://www.thebelltree.com/toeic_grammar/archives/2018/06/post_21.html
「大人の独学英語勉強は論理力。子どもの感覚には勝てない」 ■論理力は大人が持つ唯一の武器 最近、別のメルマガでお話させていただきましたが、子どもは語学の天才です。 遊び感覚で、無邪気に、しかしスポンジ...

TOEICパート5文法問題の正しい解き方・対策
https://www.thebelltree.com/toeic_grammar/archives/2018/06/toeic_11.html
「TOEICパート5文法問題の正しい解き方・対策」 ■TOEICパート5、6は語彙と英文法が半分半分 TOEICのパート5、6は全部で46問。リーディングセクションの半分以上を占めています。 パート5...

間違ったTOEIC対策。それでは英語力は上がらない
https://www.thebelltree.com/toeic_grammar/archives/2018/07/toeic_12.html
「間違ったTOEIC対策。それでは英語力は上がらない」 ■TOEICで求められる2つの力 TOEICは「英語力をはかる試験」です。 ・どれだけ多くの単語、熟語を知っているか ・どれだけ正確な英文法の知...

英文法の重要性。英語やるなら英文法
https://www.thebelltree.com/toeic_grammar/archives/2018/07/post_22.html
「英文法の重要性。英語やるなら英文法」 ■英語やる気が出た時は英文法 人によってタイミングは違いますが、「英語やるぞ!」とやる気がでるときがあります。 では、「何をやったらいいか?」と言えば、私は間違...

無料レポート「必須英単語2000語を苦労なく覚える方法」
通信簿が2で、英語が大嫌いだった私が1年でTOEIC 900を達成した原動力です。

書きまくりや、赤シート、カードなんか使わなくたって英単語は苦労なく覚えられるんです!

その英単語の覚え方を無料レポートで解説! さらにはTOEIC対策、英会話上達についてまとめた無料レポートも。人が読んでいる無料メールマガジンと共にお届け。メールマガジンは読者登録完全無料、不要になったらいつでも配信停止可能

無料レポート入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて"送信"を押すだけ。入力されたアドレスにお送りいたします。
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。
執筆者:鈴木 拓(すずき たく)のプロフィール
個人英語教室(ネット版)のイングリッシュティーチャー。年以上にわたり、名様以上に英語指導。『日経WOMAN』『English Journal』等掲載。

昔は通信簿2(5段階、公立中学)、偏差値30と英語が苦手。1年でTOEIC 900点TOEIC 990(満点)、英検1級(2次試験はほぼ満点)

必須英単語2000語を苦労なく覚える方法(無料)
海外ドラマから英会話表現ランキング(無料)
英語初心者無料メール講座(無料)
英会話のための英文法 G4C(最も万能なコース 締切)
ゼロからの英語やり直し教室 New Beginning(名様 締切)
分かる! 解ける! 英文法!(名様 締切)
英語真っすぐリーディング講座(名様 締切)
プロフィールをもっと見る