fixedImage
分かる! 解ける! 英文法!
初心者用講座!
英語真っすぐリーディング講座
英会話のための英文法
勘違い解消でTOEICアップ!
無料レポート
「1年でTOEIC 900!
TOEICの意外な落とし穴」

無料レポートの入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて、送信を押すだけ。さらには単語の覚え方、英会話上達についてまとめた無料レポートも。

そのアドレスに人が読んでいる私の無料メールマガジン(メルマガ)と一緒にお送りいたします。

メルマガ読者登録は完全無料、いつでも配信停止可能
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたメールアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。

























執筆者:鈴木 拓(すずき たく)のプロフィール
個人英語教室(ネット版)のイングリッシュティーチャー。年以上にわたり、名様以上に英語指導。『日経WOMAN』『English Journal』等掲載。

昔は通信簿2(5段階、公立中学)、偏差値30と英語が苦手。1年でTOEIC 900点TOEIC 990(満点)、英検1級(2次試験はほぼ満点)

必須英単語2000語を苦労なく覚える方法(無料)
海外ドラマから英会話表現ランキング(無料)
英語初心者無料メール講座(無料)
英会話のための英文法 G4C(最も万能なコース 締切)
ゼロからの英語やり直し教室 New Beginning(名様 締切)
分かる! 解ける! 英文法!(名様 締切)
英語真っすぐリーディング講座(名様 締切)
プロフィールをもっと見る

TOEICパート5文法問題の間違った解き方・対策





「TOEICパート5文法問題の間違った解き方・対策」



■何で判断する?

文法を学習していると文法の問題を解くことになります。

今学んだ事項をちゃんと理解しているのか確認するためですね。例えば、関係詞を学んだのなら、関係詞の問題を解いて、理解度をチェックします。

TOEICでは文法問題が一杯出題されます。
(パート5、6の半分は文法問題)


基本的に、文法問題というと、以下のように穴埋め問題になっています。

------ did you go to before you came here?

(A) where
(B) why
(C) when
(D) which store


こういった場合、皆さんはどのように、考えますか?

「選択肢の単語を入れて一番ピッタリ来そうなのを選ぶ」
「文全体を見てしっくり来そうなのを選ぶ」

という方が多いのではないでしょうか?

しかし、残念ながら、この考え方は間違いです。

例えば、単語を入れてみて選ぶ方法。

A「ここに来る前にどこに行ったの?」
B「ここに来る前になぜ行ったの?」
C「ここに来る前にいつ行ったの?」
D「ここに来る前にどのお店に行ったの?」

なんかどれでも良さそうですよね?
これは間違った解き方・対策です。これでは答えは選べません。


文全体を見てみると、goという単語があります。

go「行く」というと、多くの人は場所を連想します。場所というと、多くの人はwhereを連想します。

そのため、Aのwhereを選んでしまう人が多いのです。

しかし、答えはAではなく、Dのwhich storeなのです。


このように、「意味」や「感覚」で選んでしまうのは間違った解き方・対策です。文法問題は一杯間違えてしまいます。



■論理的に考える

英文法というのは、

「英語と言うのはこういう語順で、各単語はこういう使い方をすべし」

という「ルール」です。


ものすごく簡単なルールを例に出せば、

「"何を"という目的語(O)は動詞(V)の後ろに置かなければならない」

というものなんかが一例です。

例えば、「私はリンゴが好き」だったら、

I like apples.

とします。


日本語の語順から判断すると、

I apples like.

となりますが、英語ではこれは間違え。applesはOなので、Vの後ろに置かなければいけません。


上記の例でしたら、すごく簡単ですから、間違える人はほとんどいないでしょう。

「OはVの後ろに置かなければならない」ということを考えるまでもなく、「感覚的にI like apples.が正しい」ということがわかる方がほとんどだと思います。


でも、感覚的にわかるかもしれませんが、背景にはちゃんと、

「OはVの後ろに置かなければならない」

という、論理的なルールがあるのです。


簡単な問題なら感覚で解けます。しかし、むずかしい問題になってくると、ちゃんとこういった論理的なルールを意識しないと解けません。

例えば、先ほどの問題

------ did you go to before you came here?

(A) where
(B) why
(C) when
(D) which store

は、感覚的に答えるとAを選んでしまい勝ちです。

※:以下の説明は簡素な解説です。ある程度前提知識が必要であり、前提知識がない場合は、何らかの教材・講座でそれを学ぶ必要があり、以下の解説だけで完璧に理解を求めるものではありません。


でも、英語では、「目的語が必要なら、目的語は埋めなければならない」というルールがあります。

今回の場合、

というように、O(目的語)が存在しません。

before you came hereは副詞であり、副詞は目的語になれません。


目的語が必要ない動詞もありますが、go toは目的語を必要とする動詞です。

目的語になれるのは、名詞だけです。

ということは、空欄には名詞を入れてあげないといけないのです。


選択肢を見てみると、

(A) where    副詞
(B) why     副詞
(C) when     副詞
(D) which store 名詞

と、名詞なのはDだけ。

なので、答えはDのwhich storeになる、というわけです。



■論理的に考えないと英文法は理解できない

このように、ちゃんと論理的にルールを考えてあげないと英文法の問題は解けません。これがTOEICパート5、6の文法問題の正しい解き方・対策です。

これは何も、英文法問題に限った話ではありません。

「私はTOEICとかは受けないから、英文法問題を解く必要はない」
「英会話には関係ない話でしょ」

と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、
英文法は英語をやる以上、何にでも必要です。

例えば、英会話で、

Where did you go to?
Which restaurant did you go?

とように間違った言い方をしまう方はけっこう多いです。


whereを使うんだったら、

Where did you go?
「どこに行ったの?」

が正しく、which restaurantなどを使うなら、

Which restaurant did you go to?
「どのレストランに行ったの?」

が正しいです。


今回挙げた例はあくまで一例であり、
別の例も一杯あります。

This is the hospital ------ I visited yesterday.

(A) where
(B) which
(C) why
(D) whose

のように、「場所が先行詞だからwhere」と間違ってしまうのも一例ですし、
(正解はBのwhich)

This river is too dangerous ------.

(A) to swim in it
(B) to swim in
(C) to swim it
(D) to swim

では、Dを選んでしまう人が多いですが、Bが正解で、前置詞inが必要です。


最初の方に挙げた、I like apples.のような簡単な問題なら感覚で解けてしまいます。

むしろ、わざわざ論理的に考える方がわずらわしいでしょう。

でも、むずかしい問題になってくると、感覚や意味で考えるのは逆効果です。

まずはその英文の構造をしっかりと見極めて(Oがないとか)、論理的に考えて答えを出す必要があります。

そうじゃないと、見事に引っかかってしまい、多くの問題を間違えてしまいます。


以上が今回のお話になります。

意味や感覚ではなく、ちゃんと論理的に英文法を学びたい方には、

「分かる! 解ける! 英文法!」

がお役に立てれば幸いです。


「TOEICで900点突破しました!」
「30代から英語学習にチャレンジ。1年足らずでTOEIC 830点突破! 大学時代は400点未満でした」
「TOEIC 850点突破しました!」
「TOEICで文法問題が全問正解できました!」
「TOEICが1年弱で200点以上もアップしました!」
「TOEICで150点もアップしました!」
「TOEICリーディングセクションだけで100点も上がりました!」
「TOEICが一気に100点近くアップしました!」
「質問しても、丁寧に回答してくれるので本当に助かります!」
「これほど分かりやすい英文法教材は初めて!」
「もっと早く知っていれば!」
「英文がパズルのように見えるのが本当に面白い!」

と、大好評いただいている講座で、

「TOEICの点を上げたい」方はもちろん、
「仕事で英会話ができるようになりたい」方、
「海外で暮らせる英語力を身につけたい」方まで、

本当にいろいろな方に受講していただいております。


わからないところがありましたら、制作者である私に直接メールで質問していた
だけます。(こちらのサポートが大好評いただいております。)

英文法を学びたい方にはぜひオススメの講座です。

詳しくは↓をご覧下さいませ。無料サンプルも公開しております。
「分かる! 解ける! 英文法!」


長文最後までお読みいただきありがとうございました。
皆様、今後とも英語学習がんばって行きましょう!











英会話が話せない理由はインプットとアウトプット
https://www.thebelltree.com/toeic_grammar/archives/2018/05/post_12.html
「英会話が話せない理由はインプットとアウトプット」 ■英語が苦手? 私は今まで、年以上にわたって、名以上の方に英語指導させていただいて来ました。 そのため、 「○○ができないほと私は英語が苦手なんです...

英語教材・参考書の日本語訳を意訳しすぎの弊害
https://www.thebelltree.com/toeic_grammar/archives/2018/05/post_13.html
「英語教材・参考書の日本語訳を意訳しすぎの弊害」 ■日本語訳はついていますが… 英語教材のほとんどには、「日本語訳」がついています。 例えば、 I like apples. だったら、 「私はリンゴが...

TOEICパート5文法問題の間違った解き方・対策
https://www.thebelltree.com/toeic_grammar/archives/2018/05/toeic_7.html
「TOEICパート5文法問題の間違った解き方・対策」 ■何で判断する? 文法を学習していると文法の問題を解くことになります。 今学んだ事項をちゃんと理解しているのか確認するためですね。例えば、関係詞を...

TOEICパート5文法問題、語彙問題が苦手な人の間違った解き方・対策
https://www.thebelltree.com/toeic_grammar/archives/2018/05/toeic_8.html
「TOEICパート5文法問題、語彙問題が苦手な人の間違った解き方・対策」 ■TOEICは英文法だ 最近、いろいろとTOEIC関連のご質問をいただくことが多いのですが、その中で感じるのが、 「英文法って...

TOEICリスニング、リーディング別、伸び悩み頭打ちのパターン
https://www.thebelltree.com/toeic_grammar/archives/2018/06/toeic_9.html
「TOEICリスニング、リーディング別、伸び悩み頭打ちのパターン」 ■リスニングセクションが苦手・伸び悩み・頭打ちの場合:その1 まずは、リスニングセクションが苦手・伸び悩み・頭打ちの場合のお話です。...

英会話スクールでは文法を学べない、ネイティヴは教えられない
https://www.thebelltree.com/toeic_grammar/archives/2018/06/post_14.html
「英会話スクールでは文法を学べない、ネイティヴは教えられない」 ■英会話に英文法は関係ない? 私は今までに、年以上にわたって、名様に英語指導させていただいてきておりますが、以下のようなご相談を承ること...

TOEICパート5文法問題の解き方、対策
https://www.thebelltree.com/toeic_grammar/archives/2018/06/toeic_10.html
「TOEICパート5文法問題の解き方、対策」 ■問題の解き方 1. He is ------. (A) a good very person (B) a person very good (C) a ...

TOEICパート5、文法問題は品詞が重要
https://www.thebelltree.com/toeic_grammar/archives/2018/06/toeic5.html
「TOEICパート5、文法問題は品詞が重要」 ■どうやって問題を解いていますか? 今回は、リーディングセクション、パート5、6のお話です。 1. The employees of this compa...

英語は日本語に訳さない! 訳すと弊害が一杯
https://www.thebelltree.com/toeic_grammar/archives/2018/06/post_15.html
「英語は日本語に訳さない! 訳すと弊害が一杯」 ■日本語に訳す必要はない! 今回は、英語学習をされる皆様に、 「最も気をつけてほしいポイント」 をお話しいたします。 中学・高校の6年間、主要科目として...

英文法の最重要ポイントは品詞。関係代名詞がわからない理由
https://www.thebelltree.com/toeic_grammar/archives/2018/06/post_16.html
「英文法の最重要ポイントは品詞。関係代名詞がわからない理由」 ■英語、英文法は積み重ね 「必ず押さえてほしいこと」をお話する前に、よくメルマガではお話させていただいている、 「英語、英文法は積み重ね」...

英文法は暗記しない、英文法を覚えるのは間違い
https://www.thebelltree.com/toeic_grammar/archives/2018/06/post_17.html
「英文法は暗記しない、英文法を覚えるのは間違い」 ■「なんとなく」や暗記ではダメなんです 私は今までに、年以上にわたって、名以上の方に英語指導させていただいて来ております。 その際に、1つどうしても、...

英文法の重要性。英文法を学ぶ意味
https://www.thebelltree.com/toeic_grammar/archives/2018/06/post_18.html
「英文法の重要性。英文法を学ぶ意味」 ■英文法は英語学習者全員が必要 メルマガではよくお話させていただきますが、英語の基礎は、「語彙、英文法、リスニング」の3本柱。 リーディングだったり、英会話だった...

英語は細かいニュアンスがわからないで良いのです!
https://www.thebelltree.com/toeic_grammar/archives/2018/06/post_19.html
「英語は細かいニュアンスがわからないで良いのです!」 ■細かいニュアンスは気にしない 一口に「英語学習」と言っても、いろいろな英語学習があります。 「単語帳を使って単語を覚える」というのも英語学習です...

英会話が難しい理由は複数のスキルが必要だから
https://www.thebelltree.com/toeic_grammar/archives/2018/06/post_20.html
「英会話が難しい理由は複数のスキルが必要だから」 ■英会話はむずかしい 一口に「英語学習者」と言っても、いろいろな人がいて、目標はそれぞれ違います。 ・英会話ができるようになりたい人 ・TOEICで高...

大人の独学英語勉強は論理力。子どもの感覚には勝てない
https://www.thebelltree.com/toeic_grammar/archives/2018/06/post_21.html
「大人の独学英語勉強は論理力。子どもの感覚には勝てない」 ■論理力は大人が持つ唯一の武器 最近、別のメルマガでお話させていただきましたが、子どもは語学の天才です。 遊び感覚で、無邪気に、しかしスポンジ...

TOEICパート5文法問題の正しい解き方・対策
https://www.thebelltree.com/toeic_grammar/archives/2018/06/toeic_11.html
「TOEICパート5文法問題の正しい解き方・対策」 ■TOEICパート5、6は語彙と英文法が半分半分 TOEICのパート5、6は全部で46問。リーディングセクションの半分以上を占めています。 パート5...

間違ったTOEIC対策。それでは英語力は上がらない
https://www.thebelltree.com/toeic_grammar/archives/2018/07/toeic_12.html
「間違ったTOEIC対策。それでは英語力は上がらない」 ■TOEICで求められる2つの力 TOEICは「英語力をはかる試験」です。 ・どれだけ多くの単語、熟語を知っているか ・どれだけ正確な英文法の知...

英文法の重要性。英語やるなら英文法
https://www.thebelltree.com/toeic_grammar/archives/2018/07/post_22.html
「英文法の重要性。英語やるなら英文法」 ■英語やる気が出た時は英文法 人によってタイミングは違いますが、「英語やるぞ!」とやる気がでるときがあります。 では、「何をやったらいいか?」と言えば、私は間違...

無料レポート「必須英単語2000語を苦労なく覚える方法」
通信簿が2で、英語が大嫌いだった私が1年でTOEIC 900を達成した原動力です。

書きまくりや、赤シート、カードなんか使わなくたって英単語は苦労なく覚えられるんです!

その英単語の覚え方を無料レポートで解説! さらにはTOEIC対策、英会話上達についてまとめた無料レポートも。人が読んでいる無料メールマガジンと共にお届け。メールマガジンは読者登録完全無料、不要になったらいつでも配信停止可能

無料レポート入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて"送信"を押すだけ。入力されたアドレスにお送りいたします。
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。
執筆者:鈴木 拓(すずき たく)のプロフィール
個人英語教室(ネット版)のイングリッシュティーチャー。年以上にわたり、名様以上に英語指導。『日経WOMAN』『English Journal』等掲載。

昔は通信簿2(5段階、公立中学)、偏差値30と英語が苦手。1年でTOEIC 900点TOEIC 990(満点)、英検1級(2次試験はほぼ満点)

必須英単語2000語を苦労なく覚える方法(無料)
海外ドラマから英会話表現ランキング(無料)
英語初心者無料メール講座(無料)
英会話のための英文法 G4C(最も万能なコース 締切)
ゼロからの英語やり直し教室 New Beginning(名様 締切)
分かる! 解ける! 英文法!(名様 締切)
英語真っすぐリーディング講座(名様 締切)
プロフィールをもっと見る