fixedImage
分かる! 解ける! 英文法!
初心者用講座!
英語真っすぐリーディング講座
英会話のための英文法
勘違い解消でTOEICアップ!
無料レポート
「1年でTOEIC 900!
TOEICの意外な落とし穴」

無料レポートの入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて、送信を押すだけ。さらには単語の覚え方、英会話上達についてまとめた無料レポートも。

そのアドレスに人が読んでいる私の無料メールマガジン(メルマガ)と一緒にお送りいたします。

メルマガ読者登録は完全無料、いつでも配信停止可能
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたメールアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。

























執筆者:鈴木 拓(すずき たく)のプロフィール
個人英語教室(ネット版)のイングリッシュティーチャー。年以上にわたり、名様以上に英語指導。『日経WOMAN』『English Journal』等掲載。

昔は通信簿2(5段階、公立中学)、偏差値30と英語が苦手。1年でTOEIC 900点TOEIC 990(満点)、英検1級(2次試験はほぼ満点)

必須英単語2000語を苦労なく覚える方法(無料)
海外ドラマから英会話表現ランキング(無料)
英語初心者無料メール講座(無料)
英会話のための英文法 G4C(最も万能なコース 締切)
ゼロからの英語やり直し教室 New Beginning(名様 締切)
分かる! 解ける! 英文法!(名様 締切)
英語真っすぐリーディング講座(名様 締切)
プロフィールをもっと見る

大人の独学英語勉強は論理力。子どもの感覚には勝てない





「大人の独学英語勉強は論理力。子どもの感覚には勝てない」



■論理力は大人が持つ唯一の武器

最近、別のメルマガでお話させていただきましたが、子どもは語学の天才です。

遊び感覚で、無邪気に、しかしスポンジのようにどんどん吸収して行きます。

日本人は日本語をペラペラとしゃべりますが、これは子どものころに身につけたもの。

日本語を身に付けるのにがんばった、苦労したと感じた日本人はほとんどいないのではないでしょうか?


残念ながら、大人になると、子どもが持つ鋭い感性は失われています。

また、仕事をしなければならない、羞恥心がある、親という「先生」がいない、など、環境面での差も出て来ます。

大人になってから何らかの言語を「苦労なく身につけた」という人はまずいないのではないでしょうか?

帰国子女でもなければ、日本人が「簡単に英語を身につけた」という例はほぼ皆無と言えます。


このように、大人は不利な面ばかりですが、1つだけ、子どもにはない武器があります。

それが「論理力」


子どもは、感性が鋭い反面、

「whileは従属接続詞。従属接続詞ってのは後ろに文を置くから、while the vacationというのは間違い。

the vacationは文ではないですよね? while I was on vacationのようにちゃんと文を置かないと」

というような論理的な説明を理解するのが苦手、あるいは不可能です。

大人なら、こういった論理的な説明ですぐに納得できるところを、子どもの場合、whileを使った英文を何十回、何百回と読んだり聞いたりして、ようやっと理解できます。


この大人が持つ唯一の武器「論理力」を使わない手はありません。

これを使わなければ、感性で劣る大人が子どもに勝てるわけがありません。



■でも、感覚や暗記でやってしまう人は多い

しかし、残念ながら、論理力をちゃんと使わない大人の人は多いのです。

何となく、感覚や暗記でやってしまう人が多いのです。


「感覚」というのは別の言語や文化に触れる際、
あまり役に立たないことが多いです。

例えば、

「電車が5分遅れた。でもアナウンスはなし」
「いつもは6番線から発車する列車が8番線から発車。でもアナウンスはなし」

日本人からすると、ほとんどの人にとって、これは「おかしい」と感じます。

「遅れたんだから、"遅れてます"とか、"遅れて申し訳ありません"ぐらい言ったらどうだ」

「発車する場所を変えたのなら、教えてくれなければわからないじゃないか」

と思うでしょう。私もそう思います。


でも、欧米ではこのぐらい当たり前なんです。

電車が数分、場合によっては1時間遅れてもアナウンスがないなんて当たり前。むしろ、数分なんて遅れのうちに入りません。

数分の遅れでアナウンスしたら、「その程度で謝るか?」と思われます。

発車する場所が変わっても、わざわざ教えてくれないことが多いです。


これは感覚の違いです。

日本人には当たり前であることが、欧米人には当たり前ではないのです。


感覚と言うのは危ういものです。

「そう感じる」というのは根拠のないものが多く、人によって感覚は違うため、主観的になり勝ちです。


そんな危うい感覚だけに頼って、英語学習をするのは危険を伴います。

例えば、「彼は正直だ」という英文を、

He is honesty.

としてしまう人は多いです。


英文法としては正しいです。意味もなんとか通じるでしょう。

ただ、「変な英語」ではあります。


日本語では、名詞の「正直」も、形容詞の「正直」も、同じように使います。

でも、英語では名詞のhonestyと、形容詞のhonestは全然別の単語なんです。


名詞のhonestyは、厳密に言うと、

「正直であるという性質」「正直と言う概念」

と言った、「抽象的なモノ」なのです。


形容詞のhonestは、厳密に言うと、

「正直な性格をした」

と言った、「人の性質を表す表現」なのです。


なので、

He is honesty.

と言ってしまうと、「彼は正直であると言う性質、概念だ」と言っていることになり、人を抽象的なモノだと言ってしまっているのです。

彼は人ですよね? 抽象的なモノではありません。

だから間違いなのです。


正しくは、

He is honest.

とすべてきなのです。


英語学習では、このように論理的に考えるべき場面が多いです。

感覚に頼って、

「辞書で"正直"って引くと、honestyもhonestも出てくるからいいんじゃん?」
「日本語で、"彼は正直だ"って言うからいいんじゃない?」

と考えてしまうと、なかなか理解できません。



■論理がモノを言う場面は一杯

上記の例はあくまで一例にすぎません。

「あのバッグはこの本を入れるには小さ過ぎる」を、

That bag is too small to put this book.

としてしまったり、

※:正しくはThat bag is too small to put this book in.とinが必要


This is the hospital where I visited.

のように、「場所が先行詞ならなんでもwhere」と思い込んでいたり。


こう言った間違いをする方は、論理ではなく、感覚に頼り切ってしまっている傾向が見られます。

繰り返しになりますが、論理力は大人が持つ唯一の武器。これを使わない手はありません。

冷静に考えれば、子どもであっても、1つの言語を習得するには数年から、10年ほどの年月がかかっています。

日本人の子どもが日本語しゃべれるようになるって、そのぐらい時間がかかりますよね?

感性の鋭い子どもでもこうなのですから、大人が同じことをしていたら、もっと時間がかかります。

大人が持つ唯一の武器「論理力」を活用しなければ、大人が英語を身に付けるのは、非常に困難と言えるわけです。


英文法を論理的に学びたい方は、

「分かる! 解ける! 英文法!」

がお役に立てれば幸いです。


「TOEICで900点突破しました!」
「30代から英語学習にチャレンジ。1年足らずでTOEIC 830点突破! 大学時代は400点未満でした」
「TOEIC 850点突破しました!」
「TOEICで文法問題が全問正解できました!」
「TOEICが1年弱で200点以上もアップしました!」
「TOEICで150点もアップしました!」
「TOEICリーディングセクションだけで100点も上がりました!」
「TOEICが一気に100点近くアップしました!」
「質問しても、丁寧に回答してくれるので本当に助かります!」
「これほど分かりやすい英文法教材は初めて!」
「もっと早く知っていれば!」
「英文がパズルのように見えるのが本当に面白い!」

と、大好評いただいている講座で、

「TOEICの点を上げたい」方はもちろん、
「仕事で英会話ができるようになりたい」方、
「海外で暮らせる英語力を身につけたい」方まで、

本当にいろいろな方に受講していただいております。


わからないところがありましたら、制作者である私に直接メールで質問していた
だけます。(こちらのサポートが大好評いただいております。)

英文法を学びたい方にはぜひオススメの講座です。

詳しくは↓をご覧下さいませ。無料サンプルも公開しております。
「分かる! 解ける! 英文法!」


長文最後までお読みいただきありがとうございました。
皆様、今後とも英語学習がんばって行きましょう!











英会話が話せない理由はインプットとアウトプット
https://www.thebelltree.com/toeic_grammar/archives/2018/05/post_12.html
「英会話が話せない理由はインプットとアウトプット」 ■英語が苦手? 私は今まで、年以上にわたって、名以上の方に英語指導させていただいて来ました。 そのため、 「○○ができないほと私は英語が苦手なんです...

英語教材・参考書の日本語訳を意訳しすぎの弊害
https://www.thebelltree.com/toeic_grammar/archives/2018/05/post_13.html
「英語教材・参考書の日本語訳を意訳しすぎの弊害」 ■日本語訳はついていますが… 英語教材のほとんどには、「日本語訳」がついています。 例えば、 I like apples. だったら、 「私はリンゴが...

TOEICパート5文法問題の間違った解き方・対策
https://www.thebelltree.com/toeic_grammar/archives/2018/05/toeic_7.html
「TOEICパート5文法問題の間違った解き方・対策」 ■何で判断する? 文法を学習していると文法の問題を解くことになります。 今学んだ事項をちゃんと理解しているのか確認するためですね。例えば、関係詞を...

TOEICパート5文法問題、語彙問題が苦手な人の間違った解き方・対策
https://www.thebelltree.com/toeic_grammar/archives/2018/05/toeic_8.html
「TOEICパート5文法問題、語彙問題が苦手な人の間違った解き方・対策」 ■TOEICは英文法だ 最近、いろいろとTOEIC関連のご質問をいただくことが多いのですが、その中で感じるのが、 「英文法って...

TOEICリスニング、リーディング別、伸び悩み頭打ちのパターン
https://www.thebelltree.com/toeic_grammar/archives/2018/06/toeic_9.html
「TOEICリスニング、リーディング別、伸び悩み頭打ちのパターン」 ■リスニングセクションが苦手・伸び悩み・頭打ちの場合:その1 まずは、リスニングセクションが苦手・伸び悩み・頭打ちの場合のお話です。...

英会話スクールでは文法を学べない、ネイティヴは教えられない
https://www.thebelltree.com/toeic_grammar/archives/2018/06/post_14.html
「英会話スクールでは文法を学べない、ネイティヴは教えられない」 ■英会話に英文法は関係ない? 私は今までに、年以上にわたって、名様に英語指導させていただいてきておりますが、以下のようなご相談を承ること...

TOEICパート5文法問題の解き方、対策
https://www.thebelltree.com/toeic_grammar/archives/2018/06/toeic_10.html
「TOEICパート5文法問題の解き方、対策」 ■問題の解き方 1. He is ------. (A) a good very person (B) a person very good (C) a ...

TOEICパート5、文法問題は品詞が重要
https://www.thebelltree.com/toeic_grammar/archives/2018/06/toeic5.html
「TOEICパート5、文法問題は品詞が重要」 ■どうやって問題を解いていますか? 今回は、リーディングセクション、パート5、6のお話です。 1. The employees of this compa...

英語は日本語に訳さない! 訳すと弊害が一杯
https://www.thebelltree.com/toeic_grammar/archives/2018/06/post_15.html
「英語は日本語に訳さない! 訳すと弊害が一杯」 ■日本語に訳す必要はない! 今回は、英語学習をされる皆様に、 「最も気をつけてほしいポイント」 をお話しいたします。 中学・高校の6年間、主要科目として...

英文法の最重要ポイントは品詞。関係代名詞がわからない理由
https://www.thebelltree.com/toeic_grammar/archives/2018/06/post_16.html
「英文法の最重要ポイントは品詞。関係代名詞がわからない理由」 ■英語、英文法は積み重ね 「必ず押さえてほしいこと」をお話する前に、よくメルマガではお話させていただいている、 「英語、英文法は積み重ね」...

英文法は暗記しない、英文法を覚えるのは間違い
https://www.thebelltree.com/toeic_grammar/archives/2018/06/post_17.html
「英文法は暗記しない、英文法を覚えるのは間違い」 ■「なんとなく」や暗記ではダメなんです 私は今までに、年以上にわたって、名以上の方に英語指導させていただいて来ております。 その際に、1つどうしても、...

英文法の重要性。英文法を学ぶ意味
https://www.thebelltree.com/toeic_grammar/archives/2018/06/post_18.html
「英文法の重要性。英文法を学ぶ意味」 ■英文法は英語学習者全員が必要 メルマガではよくお話させていただきますが、英語の基礎は、「語彙、英文法、リスニング」の3本柱。 リーディングだったり、英会話だった...

英語は細かいニュアンスがわからないで良いのです!
https://www.thebelltree.com/toeic_grammar/archives/2018/06/post_19.html
「英語は細かいニュアンスがわからないで良いのです!」 ■細かいニュアンスは気にしない 一口に「英語学習」と言っても、いろいろな英語学習があります。 「単語帳を使って単語を覚える」というのも英語学習です...

英会話が難しい理由は複数のスキルが必要だから
https://www.thebelltree.com/toeic_grammar/archives/2018/06/post_20.html
「英会話が難しい理由は複数のスキルが必要だから」 ■英会話はむずかしい 一口に「英語学習者」と言っても、いろいろな人がいて、目標はそれぞれ違います。 ・英会話ができるようになりたい人 ・TOEICで高...

大人の独学英語勉強は論理力。子どもの感覚には勝てない
https://www.thebelltree.com/toeic_grammar/archives/2018/06/post_21.html
「大人の独学英語勉強は論理力。子どもの感覚には勝てない」 ■論理力は大人が持つ唯一の武器 最近、別のメルマガでお話させていただきましたが、子どもは語学の天才です。 遊び感覚で、無邪気に、しかしスポンジ...

TOEICパート5文法問題の正しい解き方・対策
https://www.thebelltree.com/toeic_grammar/archives/2018/06/toeic_11.html
「TOEICパート5文法問題の正しい解き方・対策」 ■TOEICパート5、6は語彙と英文法が半分半分 TOEICのパート5、6は全部で46問。リーディングセクションの半分以上を占めています。 パート5...

間違ったTOEIC対策。それでは英語力は上がらない
https://www.thebelltree.com/toeic_grammar/archives/2018/07/toeic_12.html
「間違ったTOEIC対策。それでは英語力は上がらない」 ■TOEICで求められる2つの力 TOEICは「英語力をはかる試験」です。 ・どれだけ多くの単語、熟語を知っているか ・どれだけ正確な英文法の知...

英文法の重要性。英語やるなら英文法
https://www.thebelltree.com/toeic_grammar/archives/2018/07/post_22.html
「英文法の重要性。英語やるなら英文法」 ■英語やる気が出た時は英文法 人によってタイミングは違いますが、「英語やるぞ!」とやる気がでるときがあります。 では、「何をやったらいいか?」と言えば、私は間違...

TOEICリーディングセクション対策は英文法がおすすめ
https://www.thebelltree.com/toeic_grammar/archives/2018/07/toeic_13.html
「TOEICリーディングセクション対策は英文法がおすすめ」 ■TOEICでスコアを稼ぎやすい「英文法」 今回はTOEICのお話をしたいと思います。 TOEICでは、いろいろな英語力を要求されます。 ・...

英語をメールで、文字での勉強法
https://www.thebelltree.com/toeic_grammar/archives/2018/07/post_23.html
「英語をメールで、文字での勉強法」 ■英語には文字が必要不可欠 実際に人と話をする「英会話」は一部例外ですが、英語学習には「文字」が欠かせません。 単語を覚える際には、その単語を見て意味を覚えます。 ...

無料レポート「必須英単語2000語を苦労なく覚える方法」
通信簿が2で、英語が大嫌いだった私が1年でTOEIC 900を達成した原動力です。

書きまくりや、赤シート、カードなんか使わなくたって英単語は苦労なく覚えられるんです!

その英単語の覚え方を無料レポートで解説! さらにはTOEIC対策、英会話上達についてまとめた無料レポートも。人が読んでいる無料メールマガジンと共にお届け。メールマガジンは読者登録完全無料、不要になったらいつでも配信停止可能

無料レポート入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて"送信"を押すだけ。入力されたアドレスにお送りいたします。
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。
執筆者:鈴木 拓(すずき たく)のプロフィール
個人英語教室(ネット版)のイングリッシュティーチャー。年以上にわたり、名様以上に英語指導。『日経WOMAN』『English Journal』等掲載。

昔は通信簿2(5段階、公立中学)、偏差値30と英語が苦手。1年でTOEIC 900点TOEIC 990(満点)、英検1級(2次試験はほぼ満点)

必須英単語2000語を苦労なく覚える方法(無料)
海外ドラマから英会話表現ランキング(無料)
英語初心者無料メール講座(無料)
英会話のための英文法 G4C(最も万能なコース 締切)
ゼロからの英語やり直し教室 New Beginning(名様 締切)
分かる! 解ける! 英文法!(名様 締切)
英語真っすぐリーディング講座(名様 締切)
プロフィールをもっと見る