TOEIC、英検、英会話、英語学習法紹介

TOEIC 英検 英語学習
英語嫌いを克服し1年でTOEIC 900を達成した(現在は990(満点)、英検1級、TOEFL 600)英語・英会話学習法、TOEIC・英検攻略、海外ドラマ情報をお届け。
1年でTOEIC 900の秘訣
分かる! 解ける! 英文法!
初心者用講座!
英語真っすぐリーディング講座
英会話のための英文法
勘違い解消でTOEICアップ!
無料レポート
「1年でTOEIC 900!
TOEICの意外な落とし穴」

無料レポートの入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて、送信を押すだけ。さらには単語の覚え方、英会話上達についてまとめた無料レポートも。

そのアドレスに人が読んでいる私の無料メールマガジン(メルマガ)と一緒にお送りいたします。

メルマガ読者登録は完全無料、いつでも配信停止可能
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたメールアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。




英会話表現「うかつだった」

◆--------------------------------------------------------------------◇
 英語力向上メルマガ 海外ドラマが字幕なしで楽しめる The English Times
     第529号 2008/11/17 (月) 発行    発行者:鈴木 拓
◇--------------------------------------------------------------------◆

こんにちは。The English Timesをお読みいただきありがとうございます。
発行者の鈴木 拓(すずき たく)です。


私は今までに、6,400名以上の方に英語学習指導をさせていただいた経験がある
のですが、英語学習の動機として、圧倒的に多いのが、

「TOEIC」

ただ、残念ながら、TOEICはそう簡単にいい点を取れる試験ではありません。
1度でも受験された経験がある方は実感されていると思います。


まず、当たり前ですが、高い英語力が必要です。

語彙、英文法、リスニングの基礎3本柱はもちろん、リーディングだって必要。

それに加えて、持っている英語力をTOEICのスコアに反映させるためには、
テクニックが必要です。

TOEICは英語ができるだけではダメで、
持っている英語力を引き出すテクニックが必要なのです。


そんなむずかしいTOEICなのに、現在はTOEICは必須の時代となっております。

社会人は転職、昇進、昇級、海外駐在のために、
大学生は就職、単位取得のためにTOEICスコアが要求されます。


しかし、TOEICはしっかりと英語力を高め、テクニックを身につければいい点が
ちゃんと取れるのです。たとえ、今は英語が苦手でも!

その証拠に、私は中学・高校時代は、通信簿2(5段階)、偏差値30と英語が苦
手でしたが、1年でTOEIC 900を達成できました。


TOEICに限らず、英会話、洋書・英字新聞、映画・海外ドラマを字幕なしで楽し
みたい方など、英語学習をする方に自信を持ってオススメできるのが、

「英語が苦手な過去がありながらTOEIC 990(満点)を達成した私自身の経験と
 今までに6,400名の方に英語学習指導をさせていただいた経験を凝縮した」

3,500名以上の方が受講されている、

「1年でTOEIC 900! 正統派の英語学習プロジェクト」
→< http://51.thebelltree.com/legti8.htm >


TOEICを受験される方、11月に受験される方も、1月に受験される方も、それ以降
に受験される方も、一緒に英語学習がんばって行きませんか?
→< http://51.thebelltree.com/legti8.htm >


初心者の方、中級者の方、上級者の方 レベルを問わず

TOEIC、英会話、海外ドラマ、洋書・英字新聞 目標を問わず

英語学習をされる皆様の英語学習にお役に立てるものと自信を持っております。

英語は「正しい方針で」「継続」すればできるようになります。
たとえ、今は英語が苦手でも。

一緒に英語学習がんばって行きましょう!
→< http://51.thebelltree.com/legti8.htm >



※:当メルマガについて
→< http://www.thebelltree.com/tet.html >

その他の情報は当メルマガの下部をご覧下さいませ。


────────────────────────────────────
◆あらすじ (フレンズ、シーズン3のエピソード6)
------------------------------------------------------------------------

3年前。現在はセントラルパーク(喫茶店)となっているバー。

このバーはフレンズメンバーのくつろぎの場所となっているが、閉店して、喫茶
店になる。

フレンズメンバーはオーナーのクリスと仲がよく、クリスはフィービーにカギを
渡して帰る。

以下はフィービーが1人でバーにいるところに、ロスが入ってくる場面。

ロスはキャロルと結婚しているのだが、最近、結婚生活が上手く行っていない。
その原因はわからないままだったが、ついにわかった模様。

ロスはひどく落ち込んだ様子で、「キャロルがレズビアンになってしまったので
離婚…」と言う。それを慰めるフィービー。


■フレンズって何?
→< http://www.thebelltree.com/aboutfriends.html >

■今回のエピソードが収録されているDVD
→< http://amazon.co.jp/o/ASIN/B0009Q0JFQ/thebelltree-22/ >

■前号の場面からの続きです。前号のバックナンバーは↓をどうぞ。
→< http://www.thebelltree.com/archives/2008/11/post_985.html >



────────────────────────────────────
◆スクリプト+日本語訳
------------------------------------------------------------------------

ロス: (sets out 6 shotglasses) I'm an idiot. I mean I shoulda seen it, I
   mean Carol and I'd be out and she'd, she'd see some beautiful
   woman, and, and she'd be "Ross you know look at her", and I'd
   think, "God, my wife is cool"! (realizes that the bottle he's
   pouring is empty)

フィービー: Aw! Hey, do you think that Susan person is her lover?

ロス: (after some thought) Well, now I do!!

フィービー: I'm sorry.

ロス: (comes out from behind bar) Seven years. I mean we've been
   together seven years, she's the only woman who's ever loved me,
   she's the only woman I've-I've ever....

フィービー: Aw, God Ross. Oh.(goes over and hugs him)



ーThinking Time 日本語訳を見る前に、英語だけで意味を考えてみてくださいー

「英文法は英会話に必要ない」なんて勘違いしてませんか?

いくら単語や英会話表現を知っていても、それを適当に並べたのでは、正しい英
文にならず、相手に意図は通じません。

英文法とは英文の構造の知識です。英文法を学び、正しい文が作れるようになら
ないと英会話は上達しないのです。

その英文法は↓から「品詞」という一番基礎から学べます!
わからないところがあっても、制作者である私に直接メールで質問できます。
→< http://51.thebelltree.com/grammar51.htm >



ロス:(6つのショットグラスをセットする)僕はバカだよ。気づくべきだった
   よ。キャロルと僕が外に行くと、綺麗な女を見て、"ロス、あの子見てよ"
   とか言うんだよ。僕は"へぇ、僕の妻って理解あるな"とか思ったよ!
   (注ごうとしているボトルが空なのに気づく)

フィービー:あ! ねぇ、もしかして、例のスーザンって子がキャロルの相手
      じゃない?

ロス:(考えた後)今気づいたよ!

フィービー:ごめんね。

ロス:(バーの後ろから出てくる)7年だよ。7年も一緒だったんだ。キャロルは
   僕を愛してくれた唯一の女性なんだ。キャロルは僕にとって唯一の…。

フィービー:ロス…、かわいそう。(近寄り、ハグをする)



────────────────────────────────────
◆英会話表現解説
------------------------------------------------------------------------

・I shoulda seen it ロス

まず、shouldaというのは、should haveの略形である、should'veをインフォー
マルにしたバージョンです。

カタカナで書くと「シュダ」のような発音をします。

I should've seen itというのはよく使われる表現で、

「気づくべきだった」「うかつだった」

という意味です。


ロスはキャロルがレズであることに気づくべきだったとして、

I shoulda seen it

と言っています。


☆[英文法の知識を使って、英会話の応用トレーニング!]

今回は、IがS(主語)のバージョンですが、もちろん、youやtheyなど別の単語
がSになっても使える表現です。

You should've seen it.
「気づくべきだったね」


また、似たような表現で、「こうなることは覚悟しておくべきだった」という
意味で、

I should've seen it coming.

という表現があります。



・she'd be ロス

これはちょっとくだけた表現なのですが、

S be動詞 "台詞"

という形で、「こう言ったんだよ」「こんな感じだったよ」という意味で使われ
る表現です。

ロスは「キャロルは"ロスあの子見てよ"と言っていた」

she'd be "Ross you know look at her"

と言っています。


☆[英文法の知識を使って、英会話の応用トレーニング!]

ちなみに、she'dというのは、she wouldの略形です。

wouldは基本的に「過去から見た未来形」として知られていますが、

She said that she would come here.

過去を懐かしむ表現としても使えるのです。



・cool ロス

「涼しい」「クールな」という意味で知られている単語ですが、

「理解がある」「仲間である」「隠し事をする対象ではない」

という意味でも使われます。


普通は、妻と街を歩いていて、夫がほかの女性を見ていたりしたら妻が怒るもの
ですが、キャロルは逆に、妻の方から夫に対して、「あの子見てよ」なんて言う
ものですから、ロスは

「キャロルは理解がある」

と勘違いしてしまったようで、ロスは

I'd think, "God, my wife is cool"!

と言っています。


★ 英文法を最初の基礎から一緒にがんばろう! 私に直接メールで質問できる!
→< http://51.thebelltree.com/grammar51.htm >

★ 学習法は↓から、あなたにピッタリのカリキュラムを一緒に組みましょう!
→< http://51.thebelltree.com/legti8.htm >



────────────────────────────────────
◆編集後記
------------------------------------------------------------------------

昨日は我が家のクリスマスツリー(とは言っても、ニセモノですが)の飾り付け
をしました。

私は年末が大好きなんですよね。

「年末に向かって、今年のラストスパート」って感じで街が元気なのがいいです
よね。イルミネーションは綺麗だし、イベントで街は人で一杯。

特にクリスマスは大好きです。

横浜根岸の米軍キャンプの近くの出身で、小さい頃は米軍キャンプのクリスマス
パーティーに参加していて、家でも毎年クリスマスの飾り付けをしていました。

去年まではしばらくツリーをやっていなかったのですが、今年から復活!

Sarah BrightmanのA Winter Symphonyを聞きながら、
クリスマスツリーを眺めて、クリスマスを実感しています。



■このメルマガをどんどん友人、知人、同僚、家族に紹介してください!

このまま友人、知人、同僚、家族の方に転送してしまってもかまいません。
「↓から無料で読者登録できるよ」と教えてあげてください。
→< http://www.thebelltree.com/archives/the_english_times/ >


■配信停止・解除

今までお読みいただきありがとうございました。
↓のページの指示に従って、アドレスを入れ、"解除"を押してください。
→< http://www.mag2.com/m/0000094089.html >



────────────────────────────────────

 メルマガ名 :海外ドラマが字幕なしで楽しめる The English Times
 発 行 者 :鈴木 拓(ハンドルネーム:Ken Adams)
発 行 ペース:毎週月・金曜日発行
発行 システム:まぐまぐ! http://www.mag2.com/
配信停止・解除:http://www.mag2.com/m/0000094089.html
メールアドレス:drama-et[at]all-english.com

※1:スパム対策のために@を[at]にしています。

※2:教材に関するお問い合わせは↑のアドレスではなく、
   ↓からお願いいたします。

「正統派の英語学習プロジェクト」
→< http://www.legit8.com/contact.html >

「分かる! 解ける! 英文法!」
→< http://www.grammar51.com/contact.html >


※3:講座を受講中の方は、受講者様専用アドレスにご質問下さい。

※4:相互紹介は受け付けておりません。

※5:新規の広告主様は募集しておりません。

無料レポート「必須英単語2000語を半年で苦労なく覚える方法」
通信簿が2で、英語が大嫌いだった私が1年でTOEIC 900を達成した原動力です。

書きまくりや、赤シート、カードなんか使わなくたって英単語は苦労なく覚えられるんです!

その英単語の覚え方を無料レポートで解説! さらにはTOEIC対策、英会話上達についてまとめた無料レポートも。人が読んでいるの無料メールマガジンと共にお届け。メールマガジンは読者登録は完全無料、不要になったらいつでも配信停止可能

無料レポート入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて"送信"を押すだけ。入力されたアドレスにお送りいたします。
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。
英語力向上メルマガThe English Times