TOEIC、英検、英会話、英語学習法紹介

TOEIC 英検 英語学習
英語嫌いを克服し1年でTOEIC 900を達成した(現在は990(満点)、英検1級、TOEFL 600)英語・英会話学習法、TOEIC・英検攻略、海外ドラマ情報をお届け。
1年でTOEIC 900の秘訣
分かる! 解ける! 英文法!
初心者用講座!
英語真っすぐリーディング講座
英会話のための英文法
勘違い解消でTOEICアップ!
無料レポート
「1年でTOEIC 900!
TOEICの意外な落とし穴」

無料レポートの入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて、送信を押すだけ。さらには単語の覚え方、英会話上達についてまとめた無料レポートも。

そのアドレスに人が読んでいる私の無料メールマガジン(メルマガ)と一緒にお送りいたします。

メルマガ読者登録は完全無料、いつでも配信停止可能
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたメールアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。




gotの意外な使い方

◆--------------------------------------------------------------------◇
        英語力向上メルマガ The English Times
     第579号 2009/05/18 (月) 発行    発行者:鈴木 拓
◇--------------------------------------------------------------------◆

こんにちは。The English Timesをお読みいただきありがとうございます。
発行者の鈴木 拓(すずき たく)です。


大人気の英文法講座が明後日20日(水)締切!

「1年でTOEIC 900! 分かる! 解ける! 英文法!」
→< http://51.thebelltree.com/grammar51.htm >

は今までに3,350名以上に受講いただいている人気講座。

現在、第42期生を募集しておりますが、
その締切が明後日20日(水)と迫ってまいりました。


「TOEICで850点突破しました!」
「TOEICが1年弱で200点以上もアップしました!」
「TOEICで150点アップしました!」
「リーディングセクションだけで100点近く上がりました!」
「TOEICが一気に100点近くアップしました!」
「質問しても、いつも丁寧に答えてくれて、本当に助かっています!」
「これだけ英語が楽しいのは初めて!」

と、大好評いただいている講座で、

「TOEICの点を上げたい」方はもちろん、
「仕事で英会話ができるようになりたい」方、
「海外で暮らせる英語力を身につけたい」方まで、

本当にいろいろな方に受講していただいております。


英文法は英語上達において、非常に大切です。

私は昔、通信簿2(5段階)、偏差値30と英語が苦手でしたが、
1年でTOEIC 900、今ではTOEIC 990(満点)、英検1級を持っています。

そのきっかけは英文法を一番の基礎からやり直したこと。


「分かる! 解ける! 英文法!」はその経験から

・「暗記」ではなく「理解」する
・英文法は基礎からの積み重ねが重要なので、基礎を徹底し積み上げて行く

というスタイルで行っております。


英文法は簡単にできるようになるわけではありませんが、
がんばっている受講生さんは

「1年弱でTOEIC 200点以上アップ」「TOEIC 150点アップ」などなど

しっかり成果を出されています。


わからないところがあったら、制作者である私に直接メールでご質問いただける
サポート制度もついております。

締切は明後日20日(水)になります。ご検討中の方はお急ぎください!
→< http://51.thebelltree.com/grammar51.htm >



※:当メルマガについて
→< http://www.thebelltree.com/tet.html >

その他の情報は当メルマガの下部をご覧下さいませ。


────────────────────────────────────
◆今号のあらすじ (フレンズ、シーズン3のエピソード7)
------------------------------------------------------------------------

ジョーイは役者をやっているが、まだそこまで有名ではなく、役者一本で食べて
行くことはできない。

そこで、ちょくちょく短期の仕事を入れており、今は、昼メロ役者の講座の講師
をしている。

以下はジョーイが教室で役者としてのテクニックを教えている場面。


■フレンズって何?
→< http://www.thebelltree.com/aboutfriends.html >

■今回のエピソードが収録されているDVD
→< http://amazon.co.jp/o/ASIN/B0009Q0JFQ/thebelltree-22/ >

■前号の場面からの続きです。前号のバックナンバーは↓をどうぞ。
→< http://www.thebelltree.com/archives/2009/05/_mr_big_shot.html >



────────────────────────────────────
◆スクリプト+日本語訳
------------------------------------------------------------------------

ジョーイ: Okay, some tricks of the trade.

     Now, I've never been able to cry as an actor, so if I'm in a
     scene where I have to cry, I cut a hole in my pocket, take a
     pair of tweezers, and just start pulling.

     Or ah, or, let's say I wanna convey that I've just done
     something evil. That would be your basic "I've got a fishhook
     in my eyebrow and I like it" (Does it by raising one eyebrow,
     and showing off the pretend fishhook)

     Okay, let's say I've just got bad news, well all I do there
     is try and divide 232 by 13. (looks all confused)

     And that's how it's done. Great soap opera acting tonight
     everybody, class dismissed.



ーThinking Time 日本語訳を見る前に、英語だけで意味を考えてみてくださいー

非効率な学校英語の勉強法や、
「聞き流すだけで」「1日10分だけで」というような奇をてらった教材・勉強法

では、英語はなかなかできるようになりません。

やるべきなのは「学校英語とは違い効率的でも、ある程度努力は必要な学習法」
なのです。

通信簿2、偏差値30と英語が苦手な過去がありながら、TOEIC 990(満点)を達成
し、7,500名に英語指導をしてきた経験からお教えいたします。
→ < http://51.thebelltree.com/legti8.htm >



ジョーイ:さてと、テクニックを教えます。

     えーと、俺は役者として泣くことはできないんだ。だから、泣かな
     きゃいけない場面では、ポケットの中に穴を開けておいて、毛抜きを
     使って、ひたすら引っ張るんだ。

     えーと、ほかには、そうだな。何か悪いことをしたと表現したいとし
     よう。ここで役立つのが、簡単な「眉毛に釣り針が入ってて、いい感
     じだぜ」ってやつだ。(片方の眉毛を上げて、釣り針の形を見せる)

     あと、そうだな。何か悪い知らせを聞いたときは「232÷13」を計算
     しようとすればいいんだ。(混乱した表情を見せる)

     まぁ、こんな感じです。今日も昼メロクラスお疲れさまでした。今日
     の授業はこれで終わりです。



────────────────────────────────────
◆英会話表現解説
------------------------------------------------------------------------

・let's say ジョーイ

直訳すると「さぁ言いましょう!」ですが、これはよく使われる表現で、

「そうだな」「そうですねぇ」「こうしたらどうでしょう」

という意味なのです。


ジョーイは役者としてのテクニック(ちょっと変わってますが)を教えています
その中で、

「そうだな。何か悪いことをしたと表現したいとしよう」

let's say I wanna convey that I've just done something evil

と言っています。



・have got ジョーイ

こちらも直訳した「手に入れた」とは違う意味の表現です。

これは本当によく使われるのですが、英語ではhave「持つ」という意味を
have gotあるいはgotで表現することがあるのです。

形は現在完了形か過去形ですが、意味は現在形の「持つ」です。

「することがある」というより、口語ではこちらの方がよく使われます。

ジョーイは、テクニックを教えながら、

「眉毛の中に釣り針を持っている→眉毛の中に釣り針が入っている」

I've got a fishhook in my eyebrow


と言っています。


☆[英文法の知識を使って、英会話の応用トレーニング!]

have gotは文法的にも正しい使い方ですが、中には、gotを普通の現在形の動詞
のように使うネイティヴもいます。

例えば、

Do you got a pen?
「ペンある?」

という形です。

普通はgotは過去形なので、You got a pen.を疑問文にしたら、

Did you get a pen?

としなければなりません。


しかし、gotは意味は現在形で使われることが多いので、まるで現在形の動詞の
ように使い、

Do you got a pen?

としてしまうことがあります。



・that's how it's done ジョーイ

何かをやり遂げて、相手に自慢げに言いたいときに、

「これでどうだ」「こんな感じさ」

という意味で使う表現です。


ジョーイは役者としてのテクニックを見せて、

「まぁ、こんな感じです」

that's how it's done

と言っています。



★ 英文法を最初の基礎から一緒にがんばろう! 私に直接メールで質問できる!
→< http://51.thebelltree.com/grammar51.htm >

★ 基礎からじっくり、英会話でも応用できる力を身に付けるならこちら!
→< http://51.thebelltree.com/newbeginning24.htm >

★ 学習法は↓から、あなたにピッタリのカリキュラムを一緒に組みましょう!
→< http://51.thebelltree.com/legti8.htm >



────────────────────────────────────
◆編集後記
------------------------------------------------------------------------

ちょっと昔の話ですが、血液型本が流行りましたよね。
(あの黒い本小さい本で、A、B、O、AB型に分かれている本)

まぁ、人は一人一人違うので、同じA型でも全然違う人ばかりですし、

話を聞いてみると、

「あー、やっぱり。見るからにO型だもんね」って人もいる一方、
「え? そうなの? 絶対Aだと思ったよ」って人もいます。


ただ、ここまで一般的になると、
なーんとなーく気になってしまうものなんですよねぇ。

アメリカとかは血液型の話は非常に珍しく、自分の血液型を知らない人が多く、
血液型を聞くと、「輸血でも必要なのか?」と思われたりします。

日本特有の文化なのかもしれませんね。


ちなみに、私はA型ですが、どういうわけか私の友達にはAB型が多いです。

A型も多いのですが、日本人の40%がA型で一番多いのですから、当然かもしれま
せんが、10%で一番少ないAB型が多いのも不思議です。

AB型の方に好かれる性格なのかもしれません。
無料レポート「必須英単語2000語を半年で苦労なく覚える方法」
通信簿が2で、英語が大嫌いだった私が1年でTOEIC 900を達成した原動力です。

書きまくりや、赤シート、カードなんか使わなくたって英単語は苦労なく覚えられるんです!

その英単語の覚え方を無料レポートで解説! さらにはTOEIC対策、英会話上達についてまとめた無料レポートも。人が読んでいるの無料メールマガジンと共にお届け。メールマガジンは読者登録は完全無料、不要になったらいつでも配信停止可能

無料レポート入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて"送信"を押すだけ。入力されたアドレスにお送りいたします。
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。
英語力向上メルマガThe English Times