TOEIC、英検、英会話、英語学習法紹介

TOEIC 英検 英語学習
英語嫌いを克服し1年でTOEIC 900を達成した(現在は990(満点)、英検1級、TOEFL 600)英語・英会話学習法、TOEIC・英検攻略、海外ドラマ情報をお届け。
1年でTOEIC 900の秘訣
分かる! 解ける! 英文法!
初心者用講座!
英語真っすぐリーディング講座
英会話のための英文法
勘違い解消でTOEICアップ!
無料レポート
「1年でTOEIC 900!
TOEICの意外な落とし穴」

無料レポートの入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて、送信を押すだけ。さらには単語の覚え方、英会話上達についてまとめた無料レポートも。

そのアドレスに人が読んでいる私の無料メールマガジン(メルマガ)と一緒にお送りいたします。

メルマガ読者登録は完全無料、いつでも配信停止可能
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたメールアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。




Screw over はめる, だます

◆--------------------------------------------------------------------◇
        英語力向上メルマガ The English Times
     第599号 2009/07/27 (月) 発行    発行者:鈴木 拓
◇--------------------------------------------------------------------◆

こんにちは。The English Timesをお読みいただきありがとうございます。
発行者の鈴木 拓(すずき たく)です。


「TOEICでいい点を取りたい!」

今まで、私は8,000名以上の方に英語指導して来ましたが、
英語学習者の「英語学習をする動機」の1位はTOEICです。


実際にTOEICを受けたことがある方は実感されていると思いますが、
TOEICのスコアアップはそう簡単ではありません。

しかし、そんな中、私は通信簿2、偏差値30という英語が苦手な過去がありなが
ら、1年でTOEIC 900を達成し、現在では990(満点)を持っています。

私の講座の受講生さんも続々成果を出されており、

「150点アップしました!」
「リーディングだけで100点近く上がりました!」
「一気に100点近く上がりました!」

とうれしいご報告をいただいております。


TOEICで問われる力は2つ。

「語彙、英文法、リスニング、リーディングなど、英語力そのもの」
「持っている英語力をスコアに反映させるテクニック」

です。

どちらが欠けてもよいスコアは出ません。


「1日10語のように、少ない単語数しかやっていない」
「"英文法は覚えることが多い"と思っている」
「とにかく英語を聞いていれば、聞き取れるようになる」
「英文を一杯読んでいれば、リーディング力がつく」
「英会話スクールに行けば英会話ができるようになる」
「TOEICのリーディングセクションが全部終らない」
「TOEICのリスニングセクションで、考えている間に次の放送が始まっちゃう」

こんな方は要注意ですよ!

「英語力アップ」「テクニックを身に付ける」
この両方ができるのが、3,850名以上の方にご利用いただいている人気講座、

「1年でTOEIC 900! 正統派の英語学習プロジェクト」
→< http://51.thebelltree.com/legti8.htm >

です。


今後TOEICを受ける予定の方、TOEICが直前に迫っている方、

TOEICには興味がなく、英会話や映画・海外ドラマ、洋書・英字新聞など別の目
標の方、

初心者、中級者、上級者


目標、レベルを問わず、英語学習をする方、ほぼ全員に自信を持ってオススメで
きる講座となっております。

英語学習がんばって行こうという方はぜひご利用いただければ幸いです。
→< http://51.thebelltree.com/legti8.htm >


※:当メルマガについて
→< http://www.thebelltree.com/tet.html >

その他の情報は当メルマガの下部をご覧下さいませ。


────────────────────────────────────
◆今号のあらすじ (フレンズ、シーズン3のエピソード7)
------------------------------------------------------------------------

ジョーイは役者をやっているが、まだそこまで有名ではなく、役者一本で食べて
行くことはできない。

今はちょうど「オールマイチルドレン」というドラマの「ボクサーのニック」と
いう役のオーディションを受けることになっている。

また、役者以外にも、ちょくちょく短期の仕事を入れており、今は、昼メロ役者
の講座の講師をしている。

しかし、偶然、生徒の1人、カルが同じ「ボクサーのニック」のオーディション
を受けることになっていると知る。

カルはそんなことも知らず、ジョーイに「オーディションに向けてアドバイスを
お願いします」と言う。

最初は真剣に面倒を見てあげていたジョーイだが、カルの演技があまりに上手い
ので、カルを落とすために、あえて、変なアドバイスをする。

以下はそのことをみんなの前でジョーイが言っている場面。当然、みんなはそん
なことをしたジョーイに対して軽蔑の目。


■フレンズって何?
→< http://www.thebelltree.com/aboutfriends.html >

■今回のエピソードが収録されているDVD
→< http://amazon.co.jp/o/ASIN/B0009Q0JFQ/thebelltree-22/ >

■前号の場面からの続きです。前号のバックナンバーは↓をどうぞ。
→< http://www.thebelltree.com/archives/2009/07/plastic.html >



────────────────────────────────────
◆スクリプト+日本語訳
------------------------------------------------------------------------

チャンドラー: You told him to play the boxer gay!!

ジョーイ: Well, I-I might've said supergay.

チャンドラー: You totally screwed him over.

モニカ: Joey, you're this guy's teacher. I mean how could you do this?

ジョーイ: Because, Monica, the guy's so good, and I really, really want
     this part.

フィービー: (sarcastically) Well, if you really, really want it, then
      it's okay.



ーThinking Time 日本語訳を見る前に、英語だけで意味を考えてみてくださいー

大好評の新講座、「ゼロからの英語やり直し教室 New Beginning」は現在第9期
生を募集中です。

・じっくりと学習したい初心者の方
・英会話にも応用できる知識を身につけたい中級者の方

に自信を持ってオススメできる講座となっております。

英語は順番通りに学ばないと「ザルに水」に。英会話には、知識だけでなく、知
識を応用する練習が必要です。詳しくは↓をご覧下さい。
→ < http://51.thebelltree.com/newbeginning24.htm >



チャンドラー:ゲイのボクサーを演じろって言ったぁ!?

ジョーイ:う、うーん、スーパーゲイって言ったかも。

チャンドラー:お前、そいつを完全にはめてんじゃんか。

モニカ:ジョーイはその人の先生なのに。その、なんでそんなことするのよ?

ジョーイ:だって、あいつすげぇ上手いんだよ。俺は本当に本当にこの役がほし
     いし。

フィービー:(皮肉って)うん。本当に本当にほしければ、そういうことしても
      いいんだよね。



────────────────────────────────────
◆英会話表現解説
------------------------------------------------------------------------

・might've ジョーイ

「might have 過去分詞」で、
「~だったかもしれない」という意味の表現になります。

チャンドラーに、「ゲイのボクサーを演じろって言ったぁ!?」と言われ、
ジョーイは

「スーパーゲイって言ったかも」

I might've said supergay

と言っています。


☆[英文法の知識を使って、英会話の応用トレーニング!]

mayとmightは現在形で使われると「~かもしれない」という意味です。

He may come here.
「彼はここに来るかもしれない」


それが過去形になったものが、

「may/might have 過去分詞」

です。


「mayの過去形はmight」と思っている方もいますが、
そうではなく、mayとmightはほとんど同じ意味で、過去形にするには、

後ろに「have 過去分詞」を続ける必要があります。

また、might haveはmight'veと略形にすることができます。



・screw over チャンドラー

「はめる」「だます」という意味の表現です。

自分がオーディションに受かるように、カルに変なアドバイスをしたジョーイに
チャンドラーは

「お前、そいつを完全にはめてんじゃんか」

You totally screwed him over

と言っています。


☆[英文法の知識を使って、英会話の応用トレーニング!]

screw overは「第3文型の動詞+副詞」のタイプのイディオムです。

この場合、Oを

1、1語の代名詞なら挟む
2、それ以外なら、後ろに置く

という基本ルールがあります。


今回はhimと1語の代名詞なので、

screwed him over

と挟んでいます。


これがthis guyであれば、

screwed over this guy

と後ろに置く形になります。


似た形に、「第1文型の動詞+前置詞」のタイプのイディオムがありますが、
こちらは、どんな場合でもOは後ろに置きますので、注意が必要です。

○I looked for them.
×I looked them for.



・how could you モニカ

直訳すると「どうやったら~ができたのか」という意味になります。

これはよく使われる表現で、

「なんでそんなことするんだ?」
「~するなんて信じられない」

と言う意味の表現になります。


モニカは自分の生徒をだましたジョーイに対して、

「なんでそんなことするのよ?」

how could you do this?

と言っています。


★ 学習法は↓から、あなたにピッタリのカリキュラムを一緒に組みましょう!
→< http://51.thebelltree.com/legti8.htm >

★ 基礎からじっくり、英会話でも応用できる力を身に付けるならこちら!
→< http://51.thebelltree.com/newbeginning24.htm >

★ 英文法を最初の基礎から一緒にがんばろう! 私に直接メールで質問できる!
→< http://51.thebelltree.com/grammar51.htm >



────────────────────────────────────
◆編集後記
------------------------------------------------------------------------

先週に皆既日食がありましたね。
皆既日食が日本で見られるのは、何十年に1度という珍しいイベント。

日本で皆既日食が見れるとは言っても、北海道、本州、四国、九州では部分日食
のみ。

それでも、写真を撮れたらな、と楽しみにしていたのですが、
横浜はあいにくの雨(泣)。

一瞬たりとも太陽が出ることはなく、ノーチャンスでした。

次に首都圏で日食が見れるのは2012年5月21日の7時34分29秒頃だそうです。
無料レポート「必須英単語2000語を半年で苦労なく覚える方法」
通信簿が2で、英語が大嫌いだった私が1年でTOEIC 900を達成した原動力です。

書きまくりや、赤シート、カードなんか使わなくたって英単語は苦労なく覚えられるんです!

その英単語の覚え方を無料レポートで解説! さらにはTOEIC対策、英会話上達についてまとめた無料レポートも。人が読んでいるの無料メールマガジンと共にお届け。メールマガジンは読者登録は完全無料、不要になったらいつでも配信停止可能

無料レポート入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて"送信"を押すだけ。入力されたアドレスにお送りいたします。
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。
英語力向上メルマガThe English Times