fixedImage

TOEIC、英検、英会話、英語学習法紹介

TOEIC 英検 英語学習
英語嫌いを克服し1年でTOEIC 900を達成した(現在は990(満点)、英検1級、TOEFL 600)英語・英会話学習法、TOEIC・英検攻略、海外ドラマ情報をお届け。
1年でTOEIC 900の秘訣
分かる! 解ける! 英文法!
初心者用講座!
英語真っすぐリーディング講座
英会話のための英文法
勘違い解消でTOEICアップ!
無料レポート
「1年でTOEIC 900!
TOEICの意外な落とし穴」

無料レポートの入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて、送信を押すだけ。さらには単語の覚え方、英会話上達についてまとめた無料レポートも。

そのアドレスに人が読んでいる私の無料メールマガジン(メルマガ)と一緒にお送りいたします。

メルマガ読者登録は完全無料、いつでも配信停止可能
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたメールアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。




いろいろな意味があるcountの使い方

◆--------------------------------------------------------------------◇
        英語力向上メルマガ The English Times
     第691号 2010/06/21 (月) 発行    発行者:鈴木 拓
◇--------------------------------------------------------------------◆

こんにちは。The English Timesをお読みいただきありがとうございます。
発行者の鈴木 拓(すずき たく)です。


「TOEIC 235点と英語が苦手だったのに、745点まで伸びました。
 この講座のおかげもあって、510点アップです!」(受講生さんのご感想)

じっくり型、英会話で役立つ応用力も養える、大人気の新講座、

「ゼロからの英語やり直し教室 New Beginning」
→< http://51.thebelltree.com/newbeginning24.htm >

では現在第25期生を募集させていただいておりますが、
その締切が、今週木曜、24日と迫ってまいりました。


「英語がとにかくしゃべれない」
「適当に知っている単語を並べてるだけ」
「知っている単語、知っている構文なのに、いざ英会話になるとしゃべれない」
「TOEIC対策がんばったのに、英会話はあまり進歩してない」

なんて経験ありませんか?


「英語を読んだり、聞いたりしてわかること」
「TOEICの問題が解けること」



「英語が話せること」

はまったく別の話なのです。


「読み聞き」と「TOEIC」は知識を身に付ければ上達します。

しかし、「英会話」は知識を身につけただけでは不十分で、
その知識を使って、自分で英文を作る練習をしないといけないのです。


現に、私はTOEIC 660と、なかなか良いスコアを持っていた時代でさえも、
(今では、TOEIC 990(満点)、英検1級を持っています)

簡単な英語すらしゃべることができず。

「え!? 自分ってこんなにしゃべれないのか!」
「読んでわかることと、しゃべれることってここまで違うのか!」

とショックを受けたことがあります。


・英文のツールの基礎知識を身に付ける
・身につけた知識を使って、英文を作れるようになり、英会話でも応用できる力
 を身に付ける

こちらをやっていただけるのが、本講座。

基礎からじっくりと説明させていただきますので、初心者の方も安心ですし、

知識を身に付けるだけでなく、その知識を使って、英文を作っていただきますの
で、英会話を上達させたい方にはピッタリの講座となります。

アメリカ人(女性)、イギリス人(男性)のネイティヴ音声付きで、
わからないところは、制作者である私に直接メールでご質問いただけます。

詳しくは↓をご覧下さいませ。(無料サンプルも公開しております)
締切が今週木曜24日と、迫っておりますので、ご検討中の方はお急ぎください。
→< http://51.thebelltree.com/newbeginning24.htm >


※:当メルマガについて
→< http://www.thebelltree.com/tet.html >

その他の情報は当メルマガの下部をご覧下さいませ。


────────────────────────────────────
◆今号のあらすじ (フレンズ、シーズン3のエピソード9)
------------------------------------------------------------------------

モニカとレイチェルのアパート。

今日は感謝祭なので、みんなで豪華ディナー。
シェフのモニカが料理をし、レイチェルとフィービーがそれを手伝っている。

ロス、チャンドラー、ジョーイの3人は、フットボール(アメフト)の試合を見
ている。

感謝祭は、アメリカでは一大イベントで、みんなで集まって豪華ディナーを食べ
て、フットボールの試合を見るというのが恒例となっている。

フットボールがハーフタイムになったので、ジョーイがみんなに「フットボール
やろうぜ」と提案。レイチェルは「やりたい」と言い、フィービーも乗り気のよ
うだ。チャンドラーも最初は乗り気じゃなかったがやることに。

そこで、ロスとモニカも誘うことに。

しかし、2人は突然、意気消沈し、「僕らはフットボールをやっちゃいけないん
だ」と言い、その原因として「昔、ゲラー家(ロスとモニカの実家)では、ゲ
ラーボウルというフットボールをしていた」と語り、説明を続ける。

モニカは「偶然、兄さんの鼻をケガさせてしまった」と言うが、ロスは同意しか
ねるようで、「意図的に肘打ちをしてケガさせて、そのまま走って行った」と言
う。


■フレンズって何?
→< http://www.thebelltree.com/aboutfriends.html >

■今回のエピソードが収録されているDVD
→< http://amazon.co.jp/o/ASIN/B0009Q0JFQ/thebelltree-22/ >

■前号の場面からの続きです。前号のバックナンバーは↓をどうぞ。
→< http://www.thebelltree.com/archives/2010/06/right.html >



────────────────────────────────────
◆スクリプト+日本語訳
------------------------------------------------------------------------

モニカ: To score the winning touchdown, by the way.

ロス: Whoa, whoa, whoa, ho, ho, ho, you did not win the game, the
   touchdown didn't count, because of the spectacularly illegal, oh
   and by the way savage, nose breaking.



ーThinking Time 日本語訳を見る前に、英語だけで意味を考えてみてくださいー



モニカ:あ、ところで、それで決勝点のタッチダウンを決めたのよ。

ロス:おいおいおい、お前は勝ってないぞ。タッチダウンは無効だからな。だっ
   て、めちゃめちゃ派手に反則で、それに野蛮な攻撃だったからな。


────────────────────────────────────
◆英会話表現解説
------------------------------------------------------------------------

・by the way モニカ

「ところで」「そう言えば」という意味の表現で、
話題を変えたり、追加のポイントを付け加えたいときなどに使います。

ロスが「意図的に肘打ちをしてケガさせて、そのまま走って行った」と言ったの
で、その追加ポイントとして、

その後に、「あ、ところで、それで決勝点のタッチダウンを決めたのよ」

To score the winning touchdown, by the way.

と言っています。


ちなみに、winning touchdownというのは、
winning「決勝点の」、「タッチダウン」という意味です。

タッチダウンというのは、フットボールの得点手段の1つで、
最も、一般的な方法です。


・count ロス

スポーツなどで、得点などが、「有効である」という意味で使われる表現です。

モニカは、タッチダウンで決勝点を決めたと言っていますが、
ロスは、「タッチダウンは無効だ」

the touchdown didn't count

と言っています。


☆[英文法の知識を使って、英会話の応用トレーニング!]

countは、もう1つ、
count onで、「頼る」「当てにする」という意味の表現があります。

You can count on George.
「ジョージは当てにしていいよ」


・illegal ロス

「違法の」という意味で知っている方が多いと思いますが、
スポーツでは、「違反の」「反則の」という意味で使うことができます。

モニカは、タッチダウンで決勝点を決めたと言っていますが、
ロスは、タッチダウンは無効で、

「めちゃめちゃ派手に反則で、それに野蛮な攻撃だったからな」

because of the spectacularly illegal, oh and by the way savage, nose
breaking

と言っています。


★ 基礎からじっくり、英会話でも応用できる力を身に付けるならこちら!
→< http://51.thebelltree.com/newbeginning24.htm >

★ 英文法を最初の基礎から一緒にがんばろう! 私に直接メールで質問できる!
→< http://51.thebelltree.com/grammar51.htm >

★ 学習法は↓から、あなたにピッタリのカリキュラムを一緒に組みましょう!
→< http://51.thebelltree.com/legti8.htm >



────────────────────────────────────
◆編集後記
------------------------------------------------------------------------

今、話題になっている、モスバーガーの、ラー油バーガーですが、
私も早速食べてみました。

昔から、モスバーガーは大好きなのですが、
(というか、ハンバーガー自体が大好き)
これは、かなりのヒットですね~。


私が中華好き、辛いもの好きってのもあるのかもしれませんが、
モスのメニューとしては、一番美味しい気もします。
(普通のモスバーガーやサウザン野菜バーガーも美味しいですけどね)

やっぱり、人気なようで、
一部では、販売数を制限しているところもあるみたいです。

今のところ期間限定らしいですが、
これはぜひレギュラーメニュー化してほしいですね~。

ラー油バーガーについては↓をどうぞ。
→< http://www.mos.co.jp/cp/rayuburger/100610/ >
無料レポート「必須英単語2000語を半年で苦労なく覚える方法」
通信簿が2で、英語が大嫌いだった私が1年でTOEIC 900を達成した原動力です。

書きまくりや、赤シート、カードなんか使わなくたって英単語は苦労なく覚えられるんです!

その英単語の覚え方を無料レポートで解説! さらにはTOEIC対策、英会話上達についてまとめた無料レポートも。人が読んでいるの無料メールマガジンと共にお届け。メールマガジンは読者登録は完全無料、不要になったらいつでも配信停止可能

無料レポート入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて"送信"を押すだけ。入力されたアドレスにお送りいたします。
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。
英語力向上メルマガThe English Times