fixedImage
分かる! 解ける! 英文法!
初心者用講座!
英語真っすぐリーディング講座
英会話のための英文法
勘違い解消でTOEICアップ!
無料レポート
「1年でTOEIC 900!
TOEICの意外な落とし穴」

無料レポートの入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて、送信を押すだけ。さらには単語の覚え方、英会話上達についてまとめた無料レポートも。

そのアドレスに人が読んでいる私の無料メールマガジン(メルマガ)と一緒にお送りいたします。

メルマガ読者登録は完全無料、いつでも配信停止可能
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたメールアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。

























執筆者:鈴木 拓(すずき たく)のプロフィール
個人英語教室(ネット版)のイングリッシュティーチャー。年以上にわたり、名様以上に英語指導。『日経WOMAN』『English Journal』等掲載。

昔は通信簿2(5段階、公立中学)、偏差値30と英語が苦手。1年でTOEIC 900点TOEIC 990(満点)、英検1級(2次試験はほぼ満点)

必須英単語2000語を苦労なく覚える方法(無料)
海外ドラマから英会話表現ランキング(無料)
英語初心者無料メール講座(無料)
英会話のための英文法 G4C(最も万能なコース 締切)
ゼロからの英語やり直し教室 New Beginning(名様 締切)
分かる! 解ける! 英文法!(名様 締切)
英語真っすぐリーディング講座(名様 締切)
プロフィールをもっと見る

英文法を覚えるコツ? 英語は覚えるものではない





今回は「英文法を覚えるコツ? 英語は覚えるものではない」というお話です。







■とても多い「お悩み」

私は多くのサイトを運営していますが、いろいろな検索ワードで来る人がいます。

例えば、「TOEIC 700点 壁」とか。

これは、700点あたりまでは伸びたけど、そこから伸びない。壁にぶつかってしまったものと考えられます。

このように、「なるほどー、そういうお悩みかぁ」と感じる検索ワードが多いのですが、中には、

「あー、そう悩んじゃうとダメなんだよなぁ」
「誤解してしまっているなぁ」

と残念に思う物があります。

その中で、最も多いのが、

「英文法 覚え方」
「英文法 覚えられない」
「英文法 覚えるコツ」

などのものです。


中には、

「何がダメなんだろう?」
「何が誤解なんだろう?」
「同じように悩んでいる」

と思う方もいらっしゃるかと思います。

しかし、私からすると、

「英文法の覚え方」
「英文法が覚えられない」

というのは、

「本の食べ方」
「本が食べられない」

と言われているぐらい違和感があります。


「本の食べ方」と言ったら、「いや、本って食べるものじゃないでしょ!」と思いますよね?

それと同じように、「英文法の覚え方」と言われても、

「いや、英文法って覚えるものじゃないでしょ!」

と思わずにはいられないのです。


しかし、それと同時に、そう誤解している人がとても多いという実情は知っていますし、そう誤解してしまう理由もわかります。

そして、私自身も昔は同じように誤解していました。


ただ、私の経験上、この誤解を解かないと、なかなか英語ができるようにはならないのです。

これは、英語が苦手(通信簿2(5段階)、偏差値30)の状態から、
TOEIC 990(満点)、英検1級まで伸ばした私の経験上。

そして、今までに、年以上にわたって、名以上の方に英語指導させていただいた経験上、自信を持って言えることです。







■学校では「覚える」と習う

なぜ、多くの人が英文法は覚えるものと誤解しているかと言うと、理由は単純で、多くの場合、学校でそう教えるからです。

例えば、私は学校では、以下のように習いました。

まず最初に、

「先行詞が場所ならwhereですよ」

と覚えるように習います。

そこで、以下のような問題が出ます。

1. This is the hospital ------ I was born in.

(A) where
(B) which
(C) whose
(D) why


先行詞が場所(the hospital)ですから、迷うことなく、Aのwhereを選ぶわけです。


しかし、答えはAではなく、Bのwhichだと言われます。

すると、

「後ろにinがあるからwhichなんだ」

と教わります。

なので、「inがあったら、場所が先行詞でもwhich」と覚えます。

すると、次のような問題が出ます。

2. This is the hospital ------ I'm having a baby in three weeks.

(A) where
(B) which
(C) whose
(D) why


先行詞が場所なのにinがあります。

だから、覚えた通りに、Bのwhichを選ぶのですが、答えはAのwhereなんです。

すると、

「inがあるけど、後ろにthree weeksがあるでしょ」

と教わります。

「inがあっても、後ろにthree weeksがあればwhere」

と覚えます。

すると、次のような問題が出る。

3. This is the hospital ------ I'm having a baby in three weeks at.

(A) where
(B) which
(C) whose
(D) why


「inがあってもthree weeksがある」

なので、Aのwhereを選びますが、今度は一転して、Bのwhichが答えなんです。

すると、

「atがあるからwhich」

と言われます。

そうすると、もうイヤになって

「英文法って覚えることが多過ぎる!」

と思ってしまうんです。


私も英語が苦手な当時は、上記ように思っていました。

だからこそ、英語が苦手で、「英語って暗記ばっかりで面白くない」と英語が嫌いでした。







■英文法は理解するもの

しかし、上記のように、覚えることが多くなっているのは、学び方が間違っているからなんです。

英文法ってそもそも覚えるものではないんです。

確かに、どうしたって覚えないといけないものもあります。例えば、「前置詞は名詞とセットで使う」なんかは覚えないといけません。

でも、最低限のこと以外は、覚えることはありません。

それよりも、「なぜこうなるのか?」という仕組みの理解なんです。


それなのに、覚えることが多いと感じるのは、「理解しようとせず、覚えようとしている」という間違った学び方にあるのです。


例えば、先ほどのwhichかwhereか? で言えば、


関係詞は、「関係詞+その後ろの文」を1つの文として考える必要があります。

例えば、

1. This is the hospital ------ I was born in.

(A) where
(B) which
(C) whose
(D) why


で言えば、Bのwhichが答えだったわけですが、

which I was born in

を1つの文として考える必要がある。


なぜかと言うと、関係詞と言うのは、もともとは疑問文から出来ているから。
(上記の例で言えば、Which was I was born in?という疑問文)

疑問文は「文」ですから。

文と同じルールを守っていないと間違いになります。

inというのは前置詞。前置詞というのは、セットの名詞が必要です。

which I was born in

だったら、whichが名詞ですから、inとセットの名詞があります。

なので、正しいです。


ところが、これをwhereにしてしまうと、

where I was born in

whereは副詞ですから、inとセットの名詞になれません。

そのため、間違っているんです。


2. This is the hospital ------ I'm having a baby in three weeks.

(A) where
(B) which
(C) whose
(D) why

で言えば、答えはAのwhereなので、

where I'm having a baby in three weeks

を文として見る必要があります。

先ほどはinとセットの名詞がなく、whichにする必要がありました。

ところが、今度の場合、three weeksという名詞があります。

すでに、in three weeksで、前置詞+名詞のセットが出来上がっているのです。


それなのに、名詞であるwhichを入れてしまうと、名詞が余ってしまいます。

もうすでに、inには、three weeksという名詞があるので、もうこれ以上名詞は入れられないのです。

従って、副詞であるwhereにする必要があるんです。

副詞だったら、名詞のように制限はなく、好きなようにいくらでも入れることができます。


このように、「なぜこうなるのか?」という仕組みを理解することが大切なのです。

仕組みを理解していれば、関係詞の問題なんて、全部同じです。

理解せずに、暗記している人なら、

1. This is the hospital ------ I was born in.

2. This is the hospital ------ I'm having a baby in three weeks.

3. This is the hospital ------ I'm having a baby in three weeks at.

は、まったく別の問題に見えて、それぞれ暗記しないといけないように感じるかもしれません。


ところが、ちゃんと理解している人なら、上記の問題は3つとも、まったく同じ問題なのです。


以上が今回のお話になります。

英文法というのは、暗記ではなく、理解するもの。

「覚えるものが多過ぎる」
「覚えられない」

と思っているのは、学び方が間違っているから。

そもそも覚えようとしているからなんです。そうではなく、仕組みを理解しないとダメなんです。


暗記だけで突き進んでも、どこかで壁にぶつかります。

冒頭でお話ししたような、

「TOEIC 700点 壁」

で検索している方は、もしかしたら、英文法を理解ではなく、暗記しようとしていることが原因かもしれません。


英文法を、いい加減な感覚や暗記ではなく、論理的に仕組みを理解する形で学びたい方は、

「分かる! 解ける! 英文法!」

がお役に立てれば幸いです。


「TOEICで900点突破しました!」
「30代から英語学習にチャレンジ。1年足らずでTOEIC 830点突破! 大学時代は400点未満でした」
「TOEIC 850点突破しました!」
「TOEICで文法問題が全問正解できました!」
「TOEICが1年弱で200点以上もアップしました!」
「TOEICで150点もアップしました!」
「TOEICリーディングセクションだけで100点も上がりました!」
「TOEICが一気に100点近くアップしました!」
「質問しても、丁寧に回答してくれるので本当に助かります!」
「これほど分かりやすい英文法教材は初めて!」
「もっと早く知っていれば!」
「英文がパズルのように見えるのが本当に面白い!」

と、大好評いただいている講座で、

「TOEICの点を上げたい」方はもちろん、
「仕事で英会話ができるようになりたい」方、
「海外で暮らせる英語力を身につけたい」方まで、

本当にいろいろな方に受講していただいております。


わからないところがありましたら、制作者である私に直接メールで質問していた
だけます。(こちらのサポートが大好評いただいております。)

英文法を学びたい方にはぜひオススメの講座です。

詳しくは↓をご覧下さいませ。無料サンプルも公開しております。
「分かる! 解ける! 英文法!」


長文最後までお読みいただきありがとうございました。
皆様、今後とも英語学習がんばって行きましょう!











英文法暗記法、英文法が暗記できない? その発想が間違いです
https://www.thebelltree.com/toeic_grammar/archives/2018/10/post_55.html
今回は「英文法暗記法、英文法が暗記できない? その発想が間違いです」というお話です。 ■私は英文法で英語ができるようになった 今回は、まずは私自身の話からさせてください。 メルマガをある程度の期間お読...

英文法不要論は英語の才能がある人が言うこと
https://www.thebelltree.com/toeic_grammar/archives/2018/10/post_56.html
今回は「英文法不要論は英語の才能がある人が言うこと」というお話です。 ■日本の学校の英語教育は批判されるが… 私は仕事柄、英語指導者や、英語ができる人とお会いすることが多いです。 ただ、同じ英語指導者...

英文法を覚えるコツ? 英語は覚えるものではない
https://www.thebelltree.com/toeic_grammar/archives/2018/10/post_57.html
今回は「英文法を覚えるコツ? 英語は覚えるものではない」というお話です。 ■とても多い「お悩み」 私は多くのサイトを運営していますが、いろいろな検索ワードで来る人がいます。 例えば、「TOEIC 70...

TOEICの英文法問題の明らかな傾向
https://www.thebelltree.com/toeic_grammar/archives/2018/10/toeic_19.html
今回は「TOEICの英文法問題の明らかな傾向」というお話です。 ■TOEICの英文法問題出題分野 ご存知の方も多いかと思いますが、TOEICの概要をお話させていただきますと、TOEICは、リスニングセ...

英語教科書の暗唱は意味がない、効果がない
https://www.thebelltree.com/toeic_grammar/archives/2018/10/post_58.html
今回は「英語教科書の暗唱は意味がない、効果がない」というお話です。 ■日本の英語教育の一般的な方法 英語で苦戦する日本人は多く、大人向けに、 「やり直しの英語学習法」 が書かれている、雑誌や本は多いで...

TOEIC英文法問題集の間違った解き方
https://www.thebelltree.com/toeic_grammar/archives/2018/10/toeic_20.html
今回は「TOEIC英文法問題集の間違った解き方」というお話です。 TOEICにおいても、非常に重要な点です。 ■日本語に訳させる問題点 よく知られているように、日本の英語教育は、日本語に訳させることに...

TOEICはテクニック本をやらないことがおすすめです
https://www.thebelltree.com/toeic_grammar/archives/2018/10/toeic_21.html
今号は「TOEICはテクニック本をやらないことがおすすめです」というお話です。 ■TOEICが改訂されますが… ご存知の方は多いと思いますが、2016年の5月からTOEICが改訂されました。(前回の改...

英語の才能ある人は伸び悩む
https://www.thebelltree.com/toeic_grammar/archives/2018/11/post_59.html
今号は、「英語の才能ある人は伸び悩む」についてお話いたします。 ■「わかっちゃう」人はいます 今は小学生からですが、皆さんのほとんどは、中学の授業から英語を始めたかと思います。 (アルファベットは知っ...

なぜ英文法が重要・大切なのか? 学ぶのか?
https://www.thebelltree.com/toeic_grammar/archives/2018/11/post_60.html
今号は、「なぜ英文法が重要・大切なのか? 学ぶのか?」についてお話いたします。 ■英語の意味がわかるには? 英語の第一歩、これは、単純に、 「英語がわかる」 これにつきると思います。 教材や試験で出て...

英語は日本語に訳さない。英語は英語のまま理解する
https://www.thebelltree.com/toeic_grammar/archives/2018/11/post_61.html
今号は、「英語は日本語に訳さない。英語は英語のまま理解する」についてお話いたします。 ■良い点もいろいろあるのですが… 世間的には、「日本人は英語が苦手」と言われています。 しかし、日本人は英語を勉強...

無料レポート「必須英単語2000語を苦労なく覚える方法」
通信簿が2で、英語が大嫌いだった私が1年でTOEIC 900を達成した原動力です。

書きまくりや、赤シート、カードなんか使わなくたって英単語は苦労なく覚えられるんです!

その英単語の覚え方を無料レポートで解説! さらにはTOEIC対策、英会話上達についてまとめた無料レポートも。人が読んでいる無料メールマガジンと共にお届け。メールマガジンは読者登録完全無料、不要になったらいつでも配信停止可能

無料レポート入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて"送信"を押すだけ。入力されたアドレスにお送りいたします。
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。
執筆者:鈴木 拓(すずき たく)のプロフィール
個人英語教室(ネット版)のイングリッシュティーチャー。年以上にわたり、名様以上に英語指導。『日経WOMAN』『English Journal』等掲載。

昔は通信簿2(5段階、公立中学)、偏差値30と英語が苦手。1年でTOEIC 900点TOEIC 990(満点)、英検1級(2次試験はほぼ満点)

必須英単語2000語を苦労なく覚える方法(無料)
海外ドラマから英会話表現ランキング(無料)
英語初心者無料メール講座(無料)
英会話のための英文法 G4C(最も万能なコース 締切)
ゼロからの英語やり直し教室 New Beginning(名様 締切)
分かる! 解ける! 英文法!(名様 締切)
英語真っすぐリーディング講座(名様 締切)
プロフィールをもっと見る