fixedImage
分かる! 解ける! 英文法!
初心者用講座!
英語真っすぐリーディング講座
英会話のための英文法
勘違い解消でTOEICアップ!
無料レポート
「1年でTOEIC 900!
TOEICの意外な落とし穴」

無料レポートの入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて、送信を押すだけ。さらには単語の覚え方、英会話上達についてまとめた無料レポートも。

そのアドレスに人が読んでいる私の無料メールマガジン(メルマガ)と一緒にお送りいたします。

メルマガ読者登録は完全無料、いつでも配信停止可能
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたメールアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。

























執筆者:鈴木 拓(すずき たく)のプロフィール
個人英語教室(ネット版)のイングリッシュティーチャー。年以上にわたり、名様以上に英語指導。『日経WOMAN』『English Journal』等掲載。

昔は通信簿2(5段階、公立中学)、偏差値30と英語が苦手。1年でTOEIC 900点TOEIC 990(満点)、英検1級(2次試験はほぼ満点)

必須英単語2000語を苦労なく覚える方法(無料)
海外ドラマから英会話表現ランキング(無料)
英語初心者無料メール講座(無料)
英会話のための英文法 G4C(最も万能なコース 締切)
ゼロからの英語やり直し教室 New Beginning(名様 締切)
分かる! 解ける! 英文法!(名様 締切)
英語リーディング実践講座 44(名様 締切)
プロフィールをもっと見る

英文法の覚え方と検索している時点で間違いです





「英文法の覚え方と検索している時点で間違いです」







■本当に多い「お悩み」

私はウェブサイト(ホームページ)を運営していますが、そこには実に、さまざまな検索ワードでやってくる方々がいらっしゃいます。

例えば、

「TOEIC 聞き取れない」

とか。

これは、TOEICのリスニングで苦労している方ですね。このように、検索ワードは「お悩み」を反映していると言えます。


こういった検索ワードの中でとても多いが、

「英文法 覚えられない」
「英文法 覚え方」

などです。


上記の検索ワードを見て、

「あー、英文法が覚えられなくて苦労しているんだなぁ」

と思われたり、

「うんうん。わかるよ。自分も英文法が覚えられないんだよ」

と共感される方もいらっしゃるかもしれません。


しかし、私からすると、

「英文法 覚えられない」
「英文法 覚え方」

という検索ワードには、強烈な違和感を覚えます。

それと同時に、こういう悩みを感じさせてしまう日本の英語教育を残念に思います。


私からすると、

「英文法が覚えられない」

というのは、

「机を投げられない」「車を書き取れない」

みたいに言っているのと同じ違和感を感じます。

「机が投げられない?
 机って投げる物じゃないでしょ?
 そもそも投げようとしていることがおかしいよ」

「車を書き取れない?
 車って書き取る物じゃないでしょ?
 そもそも書き取ろうとしていることがおかしいよ」

と思うのと同じように、


「英文法が覚えられない?
 英文法って覚える物じゃないでしょ?
 そもそも覚えようとしていることがおかしいよ!」

と思うのです。

(誤解のないように書いておくと、日本の英語教育は、英文法を覚えるように教えるので、学習者が「覚えるもの」と感じるのは仕方がない面があります。

残念なのは、学習者の人たちではなく、教育制度の方です)







■確かに覚える物もありますが…

確かに、英文法にだって覚える物はあります。

最低限のルールは覚えないといけません。

例えば、「前置詞」というものがあります。

前置詞には、at、in、on、about等があるのですが、これらはいずれも、

「前置詞+名詞」

というように、名詞とセットで使います。


例えば、

I bought this book at the bookstore.
「私はこの本を書店で買いました」

のat the bookstoreは、

「前置詞(at)+名詞(the bookstore)」

となっています。


このように、

「前置詞と言うのは、必ず名詞とセットで使うもの」

というのは、「覚えるべきこと」です。


「なぜ名詞とセットで使うの?」

と理由を問うべき物ではありませんし、

「なぜ前置詞は名詞と使われるようになったのか?」

というように仕組みを探るべき物でもありません。


これは車の運転で言えば、「ハンドルは曲がる時に使うもの」に相当するようなものです。

「なぜ曲がる時にはハンドルを使うのか?」

などと考えないのと同じです。







■それって、覚えるべきことですか?

しかし、中学や高校では、覚えるべき物ではないものまで、「覚えろ」と言われることが多いんです。

例えば、同じ「前置詞」の話であっても、

1. I went to the restaurant ------ we had dinner at one week ago.

(A) which
(B) where
(C) whose
(D) why


のような問題において、

「atがあったら、答えはwhichと覚えておく」

というのはまったく意味が違います。


上記の問題は関係詞(関係代名詞と関係副詞の総称)の問題ですが、上記のような問題で、場所が先行詞(関係詞の前にある名詞)だと、自動的にwhereを選んでしまう人がいます。

しかし、上記の答えはwhichです。

そして、先生にもよりますが、中学や高校では、

「atがあるだろう? こう言う場合はwhichになるんだ。そう覚えておいて」

と言ったりします。

そして、生徒もそのように丸暗記する人が多いんです。

でも、これは覚えるべき物ではありません。むしろ暗記で逃げてはいけないものです。

ちゃんと仕組みを理解しないといけないものです。


atというのは前置詞です。

そして、先ほどお話したように、前置詞は、必ずセットの名詞が必要です。

では、セットの名詞はあるのでしょうか?

あるのはone week agoという副詞だけ。

副詞ですから、名詞にはなれません。

ということは、このままでは、前置詞atとセットの名詞がなくなってしまい、前置詞が間違った使い方をされていることになってしまいます。


ということは、空欄には名詞を入れてあげて、atとセットの名詞を作ってあげないといけないのです。

選択肢の中で名詞なのはAのwhichだけ。

だから、答えはAなのです。


このように仕組みがちゃんとあるものであり、それを理解すべき物なのです。

それを「atがあったらwhichが答え」と暗記していたのでは、

2. I went to the restaurant ------ we had dinner at that wooden table one week ago.

(A) which
(B) where
(C) whose
(D) why


というような、「似たような問題」で間違えてしまいます。

今度は、atにはthat wooden tableというセットの名詞があります。

ということは、前置詞+名詞のセットがすでに完成していいる。

空欄に名詞を入れてあげる必要はない。むしろ、名詞を入れるべき場所はないので、入れてはいけないのです。

なので、どこにでも自由に入れられる存在である、副詞を入れる必要がある。

Bのwhereは副詞なので、Bが答えになるというわけです。


ところが、「atがあったらwhichが答え」なんて暗記していると、Aのwhichを選んでしまいます。

こう言う問題を「引っ掛け問題」と言ったりしますが、ちゃんと理解している人からすれば引っかけ問題ではない。

引っかかっているのは、暗記で済まそうとしているからなんです。


上記のように、英文法というのは、覚える物ではありません。

「仕組みを論理的に理解すべき物」

なのです。

確かに、「前置詞は名詞とセットで使う物だ」のように、最低限は覚えるルールはあります。

しかし、それ以外は覚える物はない。

むしろ覚えようとしてはいけないもの。
仕組みを論理的に理解しないといけないものなのです。


それなのに、覚えようとしていると、上記のように、「引っ掛け問題」で間違えたり、どんどん覚えることが増えて、

「英文法って覚える物が多すぎてつまらない!」

と英語が嫌いになる原因になったりしてしまいます。


英文法を、暗記や感覚ではなく、論理的に仕組みを理解する形で身につけたい方は、

「分かる! 解ける! 英文法!」

がお役に立てれば幸いです。


「TOEICで900点突破しました!」
「30代から英語学習にチャレンジ。1年足らずでTOEIC 830点突破! 大学時代は400点未満でした」
「TOEIC 850点突破しました!」
「TOEICで文法問題が全問正解できました!」
「TOEICが1年弱で200点以上もアップしました!」
「TOEICで150点もアップしました!」
「TOEICリーディングセクションだけで100点も上がりました!」
「TOEICが一気に100点近くアップしました!」
「質問しても、丁寧に回答してくれるので本当に助かります!」
「これほど分かりやすい英文法教材は初めて!」
「もっと早く知っていれば!」
「英文がパズルのように見えるのが本当に面白い!」

と、大好評いただいている講座で、

「TOEICの点を上げたい」方はもちろん、
「仕事で英会話ができるようになりたい」方、
「海外で暮らせる英語力を身につけたい」方まで、

本当にいろいろな方に受講していただいております。


わからないところがありましたら、制作者である私に直接メールで質問していた
だけます。(こちらのサポートが大好評いただいております。)

英文法を学びたい方にはぜひオススメの講座です。

詳しくは↓をご覧下さいませ。無料サンプルも公開しております。
「分かる! 解ける! 英文法!」


長文最後までお読みいただきありがとうございました。
皆様、今後とも英語学習がんばって行きましょう!











英文法暗記法、英文法が暗記できない? その発想が間違いです
https://www.thebelltree.com/toeic_grammar/archives/2018/10/post_55.html
今回は「英文法暗記法、英文法が暗記できない? その発想が間違いです」というお話です。 ■私は英文法で英語ができるようになった 今回は、まずは私自身の話からさせてください。 メルマガをある程度の期間お読...

英文法不要論は英語の才能がある人が言うこと
https://www.thebelltree.com/toeic_grammar/archives/2018/10/post_56.html
今回は「英文法不要論は英語の才能がある人が言うこと」というお話です。 ■日本の学校の英語教育は批判されるが… 私は仕事柄、英語指導者や、英語ができる人とお会いすることが多いです。 ただ、同じ英語指導者...

英文法を覚えるコツ? 英語は覚えるものではない
https://www.thebelltree.com/toeic_grammar/archives/2018/10/post_57.html
今回は「英文法を覚えるコツ? 英語は覚えるものではない」というお話です。 ■とても多い「お悩み」 私は多くのサイトを運営していますが、いろいろな検索ワードで来る人がいます。 例えば、「TOEIC 70...

TOEICの英文法問題の明らかな傾向
https://www.thebelltree.com/toeic_grammar/archives/2018/10/toeic_19.html
今回は「TOEICの英文法問題の明らかな傾向」というお話です。 ■TOEICの英文法問題出題分野 ご存知の方も多いかと思いますが、TOEICの概要をお話させていただきますと、TOEICは、リスニングセ...

英語教科書の暗唱は意味がない、効果がない
https://www.thebelltree.com/toeic_grammar/archives/2018/10/post_58.html
今回は「英語教科書の暗唱は意味がない、効果がない」というお話です。 ■日本の英語教育の一般的な方法 英語で苦戦する日本人は多く、大人向けに、 「やり直しの英語学習法」 が書かれている、雑誌や本は多いで...

TOEIC英文法問題集の間違った解き方
https://www.thebelltree.com/toeic_grammar/archives/2018/10/toeic_20.html
今回は「TOEIC英文法問題集の間違った解き方」というお話です。 TOEICにおいても、非常に重要な点です。 ■日本語に訳させる問題点 よく知られているように、日本の英語教育は、日本語に訳させることに...

TOEICはテクニック本をやらないことがおすすめです
https://www.thebelltree.com/toeic_grammar/archives/2018/10/toeic_21.html
今号は「TOEICはテクニック本をやらないことがおすすめです」というお話です。 ■TOEICが改訂されますが… ご存知の方は多いと思いますが、2016年の5月からTOEICが改訂されました。(前回の改...

英語の才能ある人は伸び悩む
https://www.thebelltree.com/toeic_grammar/archives/2018/11/post_59.html
今号は、「英語の才能ある人は伸び悩む」についてお話いたします。 ■「わかっちゃう」人はいます 今は小学生からですが、皆さんのほとんどは、中学の授業から英語を始めたかと思います。 (アルファベットは知っ...

なぜ英文法が重要・大切なのか? 学ぶのか?
https://www.thebelltree.com/toeic_grammar/archives/2018/11/post_60.html
今号は、「なぜ英文法が重要・大切なのか? 学ぶのか?」についてお話いたします。 ■英語の意味がわかるには? 英語の第一歩、これは、単純に、 「英語がわかる」 これにつきると思います。 教材や試験で出て...

英語は日本語に訳さない。英語は英語のまま理解する
https://www.thebelltree.com/toeic_grammar/archives/2018/11/post_61.html
今号は、「英語は日本語に訳さない。英語は英語のまま理解する」についてお話いたします。 ■良い点もいろいろあるのですが… 世間的には、「日本人は英語が苦手」と言われています。 しかし、日本人は英語を勉強...

おすすめの大人の英語学習法は感覚ではなく考えること
https://www.thebelltree.com/toeic_grammar/archives/2018/11/post_62.html
今回は、「おすすめの大人の英語学習法は感覚ではなく考えること」についてお話いたします。 ■子どものように学ぶべき? よくお話させていただくので、ご存知の方も多いかと思いますが、私は英語学習において、英...

日本人の英語、海外の反応:「話せないのに読める」のは特殊
https://www.thebelltree.com/toeic_grammar/archives/2018/11/post_63.html
今回は、「日本人の英語、海外の反応:「話せないのに読める」のは特殊」についてお話いたします。 ■日本人の英語学習事情は特殊 先日、仕事で、日本ではなく、ほかの国の人の英語学習について触れる機会がありま...

日本語を使わない英語学習が役に立つ
https://www.thebelltree.com/toeic_grammar/archives/2018/11/post_64.html
今回は、「日本語を使わない英語学習が役に立つ」についてお話いたします。 ■一番大切なこと 一番大切なことなので、けっこう頻繁にお話させていただくことなのですが、 「英語を日本語で考えない」 ということ...

英文法は面白い、楽しい、楽しく理解する
https://www.thebelltree.com/toeic_grammar/archives/2018/12/post_65.html
今回は、「英文法は面白い、楽しい、楽しく理解する」についてお話いたします。 英語学習したい方にぜひオススメしたいのが、 「英文法」 なんです。 理由は単純で、「英文法は面白いから!」これにつきます。 ...

英文法の覚え方と検索している時点で間違いです
https://www.thebelltree.com/toeic_grammar/archives/2018/12/post_66.html
「英文法の覚え方と検索している時点で間違いです」 ■本当に多い「お悩み」 私はウェブサイト(ホームページ)を運営していますが、そこには実に、さまざまな検索ワードでやってくる方々がいらっしゃいます。 例...

関係詞がむずかしい、わからない理由
https://www.thebelltree.com/toeic_grammar/archives/2018/12/post_67.html
「関係詞がむずかしい、わからない理由」 ■説明がすっ飛ばされていることがよくある メルマガではよくお話させていただいておりますが、私は昔は、通信簿2(5段階)、偏差値30と英語が苦手でした。 (今は、...

TOEICのパート5、それは文法問題です。語彙問題ではありません
https://www.thebelltree.com/toeic_grammar/archives/2018/12/toeic_22.html
「TOEICのパート5、それは文法問題です。語彙問題ではありません」 ■TOEICのパート5 多くの方がご存知かと思いますが、5月から、TOEICが改訂(リニューアル)しました。 パート5は、40→3...

無料レポート「必須英単語2000語を苦労なく覚える方法」
通信簿が2で、英語が大嫌いだった私が1年でTOEIC 900を達成した原動力です。

書きまくりや、赤シート、カードなんか使わなくたって英単語は苦労なく覚えられるんです!

その英単語の覚え方を無料レポートで解説! さらにはTOEIC対策、英会話上達についてまとめた無料レポートも。人が読んでいる無料メールマガジンと共にお届け。メールマガジンは読者登録完全無料、不要になったらいつでも配信停止可能

無料レポート入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて"送信"を押すだけ。入力されたアドレスにお送りいたします。
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。
執筆者:鈴木 拓(すずき たく)のプロフィール
個人英語教室(ネット版)のイングリッシュティーチャー。年以上にわたり、名様以上に英語指導。『日経WOMAN』『English Journal』等掲載。

昔は通信簿2(5段階、公立中学)、偏差値30と英語が苦手。1年でTOEIC 900点TOEIC 990(満点)、英検1級(2次試験はほぼ満点)

必須英単語2000語を苦労なく覚える方法(無料)
海外ドラマから英会話表現ランキング(無料)
英語初心者無料メール講座(無料)
英会話のための英文法 G4C(最も万能なコース 締切)
ゼロからの英語やり直し教室 New Beginning(名様 締切)
分かる! 解ける! 英文法!(名様 締切)
英語リーディング実践講座 44(名様 締切)
プロフィールをもっと見る