fixedImage
分かる! 解ける! 英文法!
初心者用講座!
英語真っすぐリーディング講座
英会話のための英文法
勘違い解消でTOEICアップ!
無料レポート
「1年でTOEIC 900!
TOEICの意外な落とし穴」

無料レポートの入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて、送信を押すだけ。さらには単語の覚え方、英会話上達についてまとめた無料レポートも。

そのアドレスに人が読んでいる私の無料メールマガジン(メルマガ)と一緒にお送りいたします。

メルマガ読者登録は完全無料、いつでも配信停止可能
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたメールアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。

























執筆者:鈴木 拓(すずき たく)のプロフィール
個人英語教室(ネット版)のイングリッシュティーチャー。年以上にわたり、名様以上に英語指導。『日経WOMAN』『English Journal』等掲載。

昔は通信簿2(5段階、公立中学)、偏差値30と英語が苦手。1年でTOEIC 900点TOEIC 990(満点)、英検1級(2次試験はほぼ満点)

必須英単語2000語を苦労なく覚える方法(無料)
海外ドラマから英会話表現ランキング(無料)
英語初心者無料メール講座(無料)
英会話のための英文法 G4C(最も万能なコース 締切)
ゼロからの英語やり直し教室 New Beginning(名様 締切)
分かる! 解ける! 英文法!(名様 締切)
英語真っすぐリーディング講座(名様 締切)
プロフィールをもっと見る

なぜ英文法が重要・大切なのか? 学ぶのか?





今号は、「なぜ英文法が重要・大切なのか? 学ぶのか?」についてお話いたします。







■英語の意味がわかるには?

英語の第一歩、これは、単純に、

「英語がわかる」

これにつきると思います。


教材や試験で出て来た英文を読んで意味が取れる。

教材や試験の英語を聞いて、意味が取れる。

まず第一歩はこれにつきます。


単純に「英語がわかる」

これができなければ、ほかのことは何もできません。

読んでわからない物を、ライティングにおいて自分で書けるわけがないし、聞いて分からない物を、英会話で自分で話せるわけがありません。


まずは読んでわかる。聞いて分かる。これが出来ないと何もできないんです。


では、「英語がわかる」。これが出来るようになるには、どうしたら良いかと言うと、

英文法と語彙

この2つにつきます。
(さらにプラスすれば、リスニング)


英文法と語彙が出来ていなければ、「英語が読んで分かる」という状態にはなり得ません。

英文法、語彙、リスニングの3つが出来ていなければ、「英語を聞いて分かる」という状態にはなり得ません。


英文法と語彙。

この2つは、英語学習の目的がなんであれ、

TOEICであれ、
英検であれ、
英会話であれ、
英字新聞や洋書をスラスラ読めるようにことであれ、
映画、海外ドラマ、英語ニュースを字幕なしで聞き取れるようになることであれ、

なんであれ、絶対に必要になります。


この2つを固めることが、英語学習の第一歩であり、この2つが出来ていなければ、根本的に英語ができるようにはなりません。

特に、今は、先ほどお話したように、英語学習が一番熱い時期ですから、試験の小手先のテクニック等ではなく、長期的な視点で考えたいところ。


試験の傾向が変わったからスコアダウンしてしまったり、ある程度のレベルまでは力がついたが、そこで壁に当たってしまうような、付け焼き刃ではなく、根本的に英語ができるようになるような方法を模索したいところ。


そういった視点から言うと、まずは語彙と英文法(+リスニング)を徹底したいところです。







■英文法の方がある意味で重要

では、この「英語の根幹」とも言える、語彙と英文法。

もちろん、両方必要であり、両方とも重要なのですが、

「どちらが重要?」
「どちらが注意が必要?」

と言うと、英文法の方です。


なぜかと言うと、語彙はあまり「ムダにしていまう」可能性がないからです。

語彙は基本的には暗記ものです。

「difficult=むずかしい」

のように、暗記するものです。


もちろん、良い方法、悪い方法というのはありますが、たとえ、方法を間違っても、努力すればある程度の力はつきます。


また、語彙には「学ぶべき順番という物がない」というのも大きいです。

「この単語の次はこれ、この単語の次はこれ」

というように、「学ぶべき順番」が決まっていないんです。


例えば、「apple=リンゴ」という非常に簡単な単語を知らなくたって、

「comptroller=会計検査官」

というむずかしい単語を覚えることには何の支障もありません。


comptroller→appleという、「むずかしい→簡単」という順番で覚えたって何の問題もないのです。


ところが、英文法はそうは行かないんです。
「ムダにしてしまう」可能性が高いんです。


例えば、「学び方」。

中には、論理的に理解するのではなく、丸暗記やいい加減な感覚で済まそうとする人が多いのですが、これでは力はつきません。

例えば、

1. I had a bag that was too small ------.

(A) to put the book
(B) to be put
(C) to be put in the book
(D) to put the book in


という問題。

答えはDなのですが、Aを選んでしまう人が多い問題です。

感覚的に、

that was too small to put the book

「それは小さすぎて本を入れられなかった」

というように、正しい意味になるように感じてしまうのです。


しかし、これは間違いで、Dのto put the book inとinがないと間違いなのです。

「なぜinが必要なのか?」
「どういうときにinが必要なのか?」

と言った仕組みまで考えて学習し、

※:以下は「仕組みまで理解している人はこう考えています」という例です。「以下の解説だけで理解して下さい」という意図ではありません。後述しますが、英文法は前提知識がないと学べません。

「なるほど、"主語 be動詞 too 形容詞 不定詞"という形の場合、この不定詞は"程度用法"なんだ。

程度用法では、不定詞の中に、穴(本来は名詞があるべきなのにない場所)が必要なんだな。

to put the book inなら、inという前置詞。前置詞は名詞を後ろに置いて使う。

それなのに名詞がないということは、これは穴だな。

そして、この穴に主文の主語(thatあるいはa bag)を入れると意味が通る。

to put the book in that、あるいはto put the book in a bagなら、"その中に本を入れる"あるいは"バッグの中に本を入れる"と意味が通るもんね。

inがないと上記のルールに当てはまらなくなってしまう。だから、ここではinがないとダメなんだな」

と論理的に理解すればいいのですが、

「なんだか知らないがinが必要と覚えておこう」

と丸暗記で済ませてしまったり、

「うん。なんかinが必要な感じがする」

といい加減な感覚で済ませてしまうと、力がついたとは言えません。


また別の、似たような問題が出たときに、また間違いを繰り返します。


仮にTOEIC等の試験を受けないで問題を解くようなことがなくても、ライティングや英会話では同じような間違いを連発します。

リーディングやリスニングでも意味が取れないことが出てきます。

「この英文、使われている単語・熟語はすべて知っている(or辞書で調べた)のに、文全体の意味が取れない」

ですとか、

「単純な文、短い文は意味が取れるのに、長い文、複雑な文になると意味が取れなくなってしまう」

というのは、典型的な「英文法の力不足」の症状です。


そして、語彙と違って、学ぶ順番も大切です。

語彙の場合、「学ぶ順番」はありませんでした。

ところが、英文法の場合、学ぶ順番があります。


例えば、先ほどの問題で、

「前置詞は後ろに名詞を置くもの」

とか

「名詞が本来あるべき場所」

というお話が出てきました。


これは、不定詞よりもっと前に学ぶべき分野なのです。

よく

「不定詞がわからないから、手持ちの英文法教材の不定詞の章を読んだけど、結局意味がわからなかった」

という人がいますが、これは当然。


不定詞の章は、「不定詞より前に学ぶべき分野はすべて理解していること」を前提に書かれているからです。

前置詞とか、「名詞はどういう場所に置くのか?」という点は、不定詞を学ぶ前に学んでおかなければならないのです。


語彙は、けっこういい加減に、順番をぐちゃぐちゃにしても問題ありませんが、英文法は学ぶ順番を間違えると大変。

特に、

「不定詞がわからないから不定詞の章だけ読もう」

なんて風に、「つまみ食い方式」で学ぼうとするとほとんど身に付きません。


そうではなく、学ぶべき順番で、1から順番に、体系的に学ばないと身に付かないんです。


そう言った意味では、英文法はまとめて、じっくりと腰を据えて学ばないといけないんです。


もちろん、語彙やリスニングも重要です。

しかし、語彙やリスニングに関しては、

「やり方よりも努力」

という性質があります。


ところが、英文法の場合、やり方を間違えると努力がムダになってしまうという傾向があります。

そう言った点から、英文法の方が「取り扱い注意度」が高いのです。

そう言った意味で、英語力アップのカギは「英文法」が握っているケースが多いんです。


以上が今回のお話になります。

英文法をテクニック、暗記や感覚ではなく、腰を据えてじっくりと順番通りに、論理的に理解する形で学びたい方は、

「分かる! 解ける! 英文法!」

がお役に立てれば幸いです。


「TOEICで900点突破しました!」
「30代から英語学習にチャレンジ。1年足らずでTOEIC 830点突破! 大学時代は400点未満でした」
「TOEIC 850点突破しました!」
「TOEICで文法問題が全問正解できました!」
「TOEICが1年弱で200点以上もアップしました!」
「TOEICで150点もアップしました!」
「TOEICリーディングセクションだけで100点も上がりました!」
「TOEICが一気に100点近くアップしました!」
「質問しても、丁寧に回答してくれるので本当に助かります!」
「これほど分かりやすい英文法教材は初めて!」
「もっと早く知っていれば!」
「英文がパズルのように見えるのが本当に面白い!」

と、大好評いただいている講座で、

「TOEICの点を上げたい」方はもちろん、
「仕事で英会話ができるようになりたい」方、
「海外で暮らせる英語力を身につけたい」方まで、

本当にいろいろな方に受講していただいております。


わからないところがありましたら、制作者である私に直接メールで質問していた
だけます。(こちらのサポートが大好評いただいております。)

英文法を学びたい方にはぜひオススメの講座です。

詳しくは↓をご覧下さいませ。無料サンプルも公開しております。
「分かる! 解ける! 英文法!」


長文最後までお読みいただきありがとうございました。
皆様、今後とも英語学習がんばって行きましょう!











英文法暗記法、英文法が暗記できない? その発想が間違いです
https://www.thebelltree.com/toeic_grammar/archives/2018/10/post_55.html
今回は「英文法暗記法、英文法が暗記できない? その発想が間違いです」というお話です。 ■私は英文法で英語ができるようになった 今回は、まずは私自身の話からさせてください。 メルマガをある程度の期間お読...

英文法不要論は英語の才能がある人が言うこと
https://www.thebelltree.com/toeic_grammar/archives/2018/10/post_56.html
今回は「英文法不要論は英語の才能がある人が言うこと」というお話です。 ■日本の学校の英語教育は批判されるが… 私は仕事柄、英語指導者や、英語ができる人とお会いすることが多いです。 ただ、同じ英語指導者...

英文法を覚えるコツ? 英語は覚えるものではない
https://www.thebelltree.com/toeic_grammar/archives/2018/10/post_57.html
今回は「英文法を覚えるコツ? 英語は覚えるものではない」というお話です。 ■とても多い「お悩み」 私は多くのサイトを運営していますが、いろいろな検索ワードで来る人がいます。 例えば、「TOEIC 70...

TOEICの英文法問題の明らかな傾向
https://www.thebelltree.com/toeic_grammar/archives/2018/10/toeic_19.html
今回は「TOEICの英文法問題の明らかな傾向」というお話です。 ■TOEICの英文法問題出題分野 ご存知の方も多いかと思いますが、TOEICの概要をお話させていただきますと、TOEICは、リスニングセ...

英語教科書の暗唱は意味がない、効果がない
https://www.thebelltree.com/toeic_grammar/archives/2018/10/post_58.html
今回は「英語教科書の暗唱は意味がない、効果がない」というお話です。 ■日本の英語教育の一般的な方法 英語で苦戦する日本人は多く、大人向けに、 「やり直しの英語学習法」 が書かれている、雑誌や本は多いで...

TOEIC英文法問題集の間違った解き方
https://www.thebelltree.com/toeic_grammar/archives/2018/10/toeic_20.html
今回は「TOEIC英文法問題集の間違った解き方」というお話です。 TOEICにおいても、非常に重要な点です。 ■日本語に訳させる問題点 よく知られているように、日本の英語教育は、日本語に訳させることに...

TOEICはテクニック本をやらないことがおすすめです
https://www.thebelltree.com/toeic_grammar/archives/2018/10/toeic_21.html
今号は「TOEICはテクニック本をやらないことがおすすめです」というお話です。 ■TOEICが改訂されますが… ご存知の方は多いと思いますが、2016年の5月からTOEICが改訂されました。(前回の改...

英語の才能ある人は伸び悩む
https://www.thebelltree.com/toeic_grammar/archives/2018/11/post_59.html
今号は、「英語の才能ある人は伸び悩む」についてお話いたします。 ■「わかっちゃう」人はいます 今は小学生からですが、皆さんのほとんどは、中学の授業から英語を始めたかと思います。 (アルファベットは知っ...

なぜ英文法が重要・大切なのか? 学ぶのか?
https://www.thebelltree.com/toeic_grammar/archives/2018/11/post_60.html
今号は、「なぜ英文法が重要・大切なのか? 学ぶのか?」についてお話いたします。 ■英語の意味がわかるには? 英語の第一歩、これは、単純に、 「英語がわかる」 これにつきると思います。 教材や試験で出て...

英語は日本語に訳さない。英語は英語のまま理解する
https://www.thebelltree.com/toeic_grammar/archives/2018/11/post_61.html
今号は、「英語は日本語に訳さない。英語は英語のまま理解する」についてお話いたします。 ■良い点もいろいろあるのですが… 世間的には、「日本人は英語が苦手」と言われています。 しかし、日本人は英語を勉強...

無料レポート「必須英単語2000語を苦労なく覚える方法」
通信簿が2で、英語が大嫌いだった私が1年でTOEIC 900を達成した原動力です。

書きまくりや、赤シート、カードなんか使わなくたって英単語は苦労なく覚えられるんです!

その英単語の覚え方を無料レポートで解説! さらにはTOEIC対策、英会話上達についてまとめた無料レポートも。人が読んでいる無料メールマガジンと共にお届け。メールマガジンは読者登録完全無料、不要になったらいつでも配信停止可能

無料レポート入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて"送信"を押すだけ。入力されたアドレスにお送りいたします。
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。
執筆者:鈴木 拓(すずき たく)のプロフィール
個人英語教室(ネット版)のイングリッシュティーチャー。年以上にわたり、名様以上に英語指導。『日経WOMAN』『English Journal』等掲載。

昔は通信簿2(5段階、公立中学)、偏差値30と英語が苦手。1年でTOEIC 900点TOEIC 990(満点)、英検1級(2次試験はほぼ満点)

必須英単語2000語を苦労なく覚える方法(無料)
海外ドラマから英会話表現ランキング(無料)
英語初心者無料メール講座(無料)
英会話のための英文法 G4C(最も万能なコース 締切)
ゼロからの英語やり直し教室 New Beginning(名様 締切)
分かる! 解ける! 英文法!(名様 締切)
英語真っすぐリーディング講座(名様 締切)
プロフィールをもっと見る