fixedImage
分かる! 解ける! 英文法!
初心者用講座!
英語真っすぐリーディング講座
英会話のための英文法
勘違い解消でTOEICアップ!
無料レポート
「1年でTOEIC 900!
TOEICの意外な落とし穴」

無料レポートの入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて、送信を押すだけ。さらには単語の覚え方、英会話上達についてまとめた無料レポートも。

そのアドレスに人が読んでいる私の無料メールマガジン(メルマガ)と一緒にお送りいたします。

メルマガ読者登録は完全無料、いつでも配信停止可能
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたメールアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。

























執筆者:鈴木 拓(すずき たく)のプロフィール
個人英語教室(ネット版)のイングリッシュティーチャー。年以上にわたり、名様以上に英語指導。『日経WOMAN』『English Journal』等掲載。

昔は通信簿2(5段階、公立中学)、偏差値30と英語が苦手。1年でTOEIC 900点TOEIC 990(満点)、英検1級(2次試験はほぼ満点)

必須英単語2000語を苦労なく覚える方法(無料)
海外ドラマから英会話表現ランキング(無料)
英語初心者無料メール講座(無料)
英会話のための英文法 G4C(最も万能なコース 締切)
ゼロからの英語やり直し教室 New Beginning(名様 締切)
分かる! 解ける! 英文法!(名様 締切)
英語真っすぐリーディング講座(名様 締切)
プロフィールをもっと見る

英語教科書の暗唱は意味がない、効果がない





今回は「英語教科書の暗唱は意味がない、効果がない」というお話です。







■日本の英語教育の一般的な方法

英語で苦戦する日本人は多く、大人向けに、

「やり直しの英語学習法」

が書かれている、雑誌や本は多いです。


先日も、たまたま目にする機会がありました。

その中で、

「高校の内容ばかりをやる人が多いが、実は、中学の内容の方がずっと重要。

中学の内容がちゃんと出来ていれば、高校の内容もスムーズに行きやすい」

とあり、それは私も似たような経験をしているので、

「うんうん。その通りなんだよ!」

と大きくうなずきました。


メルマガではよくお話しさせていただいているので、簡単にお話しさせていただくと、英語と言うのは積み重ねなんです。

A〜Zまで学ぶべきことがあるとしたら、A→B→C→D→E…と順番通りに学ぶ必要があります。

Bを知らずに、Cは学べませんし、Aを知らずに、Bは学べません。

ですから、中学の内容をちゃんと理解していない状態で、いくら高校の内容に手を出しても意味がないんです。


しかし、その後に書いてある内容が、ちょっと「うーん」と首をかしげ、私には、賛同できない内容でした。

「中学の教科書の文を暗唱する」

というものです。


しかし、私は賛同できない内容ではあるのですが、

「教科書の文の暗唱」

というのは、とても一般的な方法でして、実際に、多くの学校で取られる方法ですし、推奨する方も多いです。

実際に、私が中学生のときも、先生に暗唱するよう言われ、私も暗唱しました。

それに、それで効果がある人もいます。

ただ、合わないタイプの人もおり、そういったタイプの人にはオススメできない内容なのです。


そして、私は合わないタイプの人でして、今までに年間にわたって、名以上の方を英語指導させていただいた経験上、世の中に「合わないタイプの人」は多くいらっしゃいます。







■合うのは感じ取れる人

先ほどお話させていただいたように、教科書の暗唱が合う人もいます。

では、合う人というのはどういう人なのか? と言うと、一言で言えば、

「感じ取れる人」

です。


例えば、以下ののような文を暗唱したとします。

The guy who is washing that black car is my brother.
「あの黒い車を洗っている男が私の兄です」

I am reading a book which I bought yesterday.
「私は昨日買った本を読んでいます」

I remember the lady and dog that were walking in the park.
「私は公園で散歩をしていた女性と犬を覚えています」

I went to the restaurant whose steak was the best.
「私はステーキが最高なレストランに行った」

This is the hospital where I was born.
「ここは私が生まれた病院です」

I passed the exam on the day when my sister gave birth to my nephew.
「私は姉が私の甥を生んだ日に試験に合格した」

Could you explain the reason why it is a good idea?
「なぜそれが良い案であるかの理由を説明していただけますか?」


わかる人はわかると思いますが、いずれも関係詞(関係代名詞や関係副詞の総称)を使った文です。

上記のはあくまで例です。

もっと数は多くてもかまいません。例えば、「関係詞を使った文を20個暗唱した」

こういった例でもかまいません。

暗唱した上で、以下のような問題が出て来たとします。

1. I went to the restaurant ------ you were talking about yesterday.

(A) which
(B) where
(C) whose
(D) why


2. That is the bookstore ------ I went the other day.

(A) which
(B) where
(C) whose
(D) why


上記の問題もあくまで例です。別の関係詞の問題でもかまいません。


重要なのは、

「英文を暗唱しただけで、問題をきちんと解ける人は、暗唱が合っている人だ」

という点です。


先ほどお話したように、「教科書の暗唱」というのは、日本の英語教育においては、とても一般的な方法です。

その反面、「文法を論理的に説明する」というのは、あまり一般的ではありません。

私の中学の先生も、そういった典型的なタイプの先生で、暗唱は一杯しましたが、

「これこれこういうときはwhereを使う。でも、こういうときはwhichになる」

という論理的な説明はほとんどしないタイプの先生でした。


しかし、暗唱するだけで、

「whereってこういうときに使うんだな。whichってこういうときに使うんだな」

と感じ取れてしまう人はいるのです。

そして、そういう人は多くの場合、問題を正しく解けてしまいます。

例えば、

1. I went to the restaurant ------ you were talking about yesterday.

(A) which
(B) where
(C) whose
(D) why

だったら、

This is the hospital where I was born.
I went to the restaurant whose steak was the best.
I am reading a book which I bought yesterday.

という暗唱した英文から、

「the hospital whereみたいに、場所の後ろにはwhereを使えるようだね。でも、the restaurant whoseがあるように、絶対に場所ならwhereとは限らないようだ。

今回の場合、talking aboutの目的語がないよな。which I boughtの例も目的語がないよね。

ってことは、今回はwhichなんじゃないかな?」

と感じ取ることができ、whichを選ぶことができる人は、暗唱が合っている人です。

それにそもそも、暗唱が合っている人の場合、上記のように、

「the hospital whereみたいに、場所の後ろにはwhereを使えるようだね。でも、the restaurant whoseがあるように、絶対に場所ならwhereとは限らないようだ。

今回の場合、talking aboutの目的語がないよな。which I boughtの例も目的語がないよね。

ってことは、今回はwhichなんじゃないかな?」

とまで考えないケースが多いです。

「なーんとなく、暗唱した英文からするとwhichっぽい」

のように、感覚でわかってしまう人が多いんです。


こういう人は教科書の暗唱が合っています。

様々な英文から、「どういうルールがあるのか?」を感じ取れてしまうため、英文を暗唱してしまえば、正しい英文ができるようになるんです。







■感じ取れない人は…

しかし、逆に言えば、感じ取れない人は、合わないタイプの人です。

私は感じ取れないタイプの人で、

「場所だからwhereと」と真っ先に飛びついたり、「I went to the restaurant whose steak was the best.って文を暗唱したから、答えはwhoseでしょ」と答えていたタイプの人でした。


暗唱しても感じ取れず、暗唱した英文からちょっとでも変化されるとまったく応用が利かないタイプ
でした。

暗唱では芽が出ず、中学時代の通信簿はずーっと2(5段階)で、高校に入っても、偏差値30という低い数値を取ったりしていました。


では、「感じ取れないタイプの人はどうすればいいのか?」というと、私の経験上、これはもう、

「英文法を論理的に理解して下さい!」

ということを声を大にして言いたい。


私は感じ取れず、暗唱しても意味がありませんでした。

しかし、英文法を「品詞」という基礎から理解を積み重ね、関係詞でも、

「whereというのは副詞であり、場所が先行詞で、なおかつ、後ろの文に穴(本来は名詞があるべきなのにない場所)がない場合だけに使える」

「一方、whichは名詞。だから、後ろの文に穴がある場合に使う」

「今回の場合、talking aboutの目的語がない。目的語は名詞にしかなれない。だから穴がある文であり、whichを入れてあげる必要がある」

だから、

1. I went to the restaurant ------ you were talking about yesterday.

(A) which
(B) where
(C) whose
(D) why

の答えはAだよ。

と説明されれば、ちゃんと理解でき、ほかの関係詞の問題も解けるようになりました。

※:上記の「説明」は、あくまで、「このように論理的にやりましょう」という例であり、「この説明だけで理解して下さい」という意味ではありません。関係詞はむずかしい分野なので、基礎から積み重ねた前提知識がないと理解できません。







■暗記、暗唱、感覚で芽が出ないのなら、英文法の理解!

先ほどお話させていただいたように、暗唱は、日本の英語教育の一般的な方法です。

なので、多くの人が何も疑問に思わず、

「英語って、暗記したり感じ取ったりするものなんだよね」

と思って勉強している人が多いんです。


そして、合うタイプの人はそれで成果が出たりもします。

しかし、私のように合わないタイプはそれでは成果が出ません。

そんな場合は、ぜひ「英文法を論理的に理解する」。この方法を試してみてください。

私自身は、一気に英語ができるようになり、TOEIC 990(満点)、英検1級を達成できましたし、私の講座の受講生様も、多くの方が成果を出してらっしゃいます。


英文法を、いい加減な感覚や暗記ではなく、論理的に仕組みを理解する形で学びたい方は、

「分かる! 解ける! 英文法!」

がお役に立てれば幸いです。


「TOEICで900点突破しました!」
「30代から英語学習にチャレンジ。1年足らずでTOEIC 830点突破! 大学時代は400点未満でした」
「TOEIC 850点突破しました!」
「TOEICで文法問題が全問正解できました!」
「TOEICが1年弱で200点以上もアップしました!」
「TOEICで150点もアップしました!」
「TOEICリーディングセクションだけで100点も上がりました!」
「TOEICが一気に100点近くアップしました!」
「質問しても、丁寧に回答してくれるので本当に助かります!」
「これほど分かりやすい英文法教材は初めて!」
「もっと早く知っていれば!」
「英文がパズルのように見えるのが本当に面白い!」

と、大好評いただいている講座で、

「TOEICの点を上げたい」方はもちろん、
「仕事で英会話ができるようになりたい」方、
「海外で暮らせる英語力を身につけたい」方まで、

本当にいろいろな方に受講していただいております。


わからないところがありましたら、制作者である私に直接メールで質問していた
だけます。(こちらのサポートが大好評いただいております。)

英文法を学びたい方にはぜひオススメの講座です。

詳しくは↓をご覧下さいませ。無料サンプルも公開しております。
「分かる! 解ける! 英文法!」


長文最後までお読みいただきありがとうございました。
皆様、今後とも英語学習がんばって行きましょう!











英文法暗記法、英文法が暗記できない? その発想が間違いです
https://www.thebelltree.com/toeic_grammar/archives/2018/10/post_55.html
今回は「英文法暗記法、英文法が暗記できない? その発想が間違いです」というお話です。 ■私は英文法で英語ができるようになった 今回は、まずは私自身の話からさせてください。 メルマガをある程度の期間お読...

英文法不要論は英語の才能がある人が言うこと
https://www.thebelltree.com/toeic_grammar/archives/2018/10/post_56.html
今回は「英文法不要論は英語の才能がある人が言うこと」というお話です。 ■日本の学校の英語教育は批判されるが… 私は仕事柄、英語指導者や、英語ができる人とお会いすることが多いです。 ただ、同じ英語指導者...

英文法を覚えるコツ? 英語は覚えるものではない
https://www.thebelltree.com/toeic_grammar/archives/2018/10/post_57.html
今回は「英文法を覚えるコツ? 英語は覚えるものではない」というお話です。 ■とても多い「お悩み」 私は多くのサイトを運営していますが、いろいろな検索ワードで来る人がいます。 例えば、「TOEIC 70...

TOEICの英文法問題の明らかな傾向
https://www.thebelltree.com/toeic_grammar/archives/2018/10/toeic_19.html
今回は「TOEICの英文法問題の明らかな傾向」というお話です。 ■TOEICの英文法問題出題分野 ご存知の方も多いかと思いますが、TOEICの概要をお話させていただきますと、TOEICは、リスニングセ...

英語教科書の暗唱は意味がない、効果がない
https://www.thebelltree.com/toeic_grammar/archives/2018/10/post_58.html
今回は「英語教科書の暗唱は意味がない、効果がない」というお話です。 ■日本の英語教育の一般的な方法 英語で苦戦する日本人は多く、大人向けに、 「やり直しの英語学習法」 が書かれている、雑誌や本は多いで...

TOEIC英文法問題集の間違った解き方
https://www.thebelltree.com/toeic_grammar/archives/2018/10/toeic_20.html
今回は「TOEIC英文法問題集の間違った解き方」というお話です。 TOEICにおいても、非常に重要な点です。 ■日本語に訳させる問題点 よく知られているように、日本の英語教育は、日本語に訳させることに...

TOEICはテクニック本をやらないことがおすすめです
https://www.thebelltree.com/toeic_grammar/archives/2018/10/toeic_21.html
今号は「TOEICはテクニック本をやらないことがおすすめです」というお話です。 ■TOEICが改訂されますが… ご存知の方は多いと思いますが、2016年の5月からTOEICが改訂されました。(前回の改...

英語の才能ある人は伸び悩む
https://www.thebelltree.com/toeic_grammar/archives/2018/11/post_59.html
今号は、「英語の才能ある人は伸び悩む」についてお話いたします。 ■「わかっちゃう」人はいます 今は小学生からですが、皆さんのほとんどは、中学の授業から英語を始めたかと思います。 (アルファベットは知っ...

なぜ英文法が重要・大切なのか? 学ぶのか?
https://www.thebelltree.com/toeic_grammar/archives/2018/11/post_60.html
今号は、「なぜ英文法が重要・大切なのか? 学ぶのか?」についてお話いたします。 ■英語の意味がわかるには? 英語の第一歩、これは、単純に、 「英語がわかる」 これにつきると思います。 教材や試験で出て...

英語は日本語に訳さない。英語は英語のまま理解する
https://www.thebelltree.com/toeic_grammar/archives/2018/11/post_61.html
今号は、「英語は日本語に訳さない。英語は英語のまま理解する」についてお話いたします。 ■良い点もいろいろあるのですが… 世間的には、「日本人は英語が苦手」と言われています。 しかし、日本人は英語を勉強...

無料レポート「必須英単語2000語を苦労なく覚える方法」
通信簿が2で、英語が大嫌いだった私が1年でTOEIC 900を達成した原動力です。

書きまくりや、赤シート、カードなんか使わなくたって英単語は苦労なく覚えられるんです!

その英単語の覚え方を無料レポートで解説! さらにはTOEIC対策、英会話上達についてまとめた無料レポートも。人が読んでいる無料メールマガジンと共にお届け。メールマガジンは読者登録完全無料、不要になったらいつでも配信停止可能

無料レポート入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて"送信"を押すだけ。入力されたアドレスにお送りいたします。
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。
執筆者:鈴木 拓(すずき たく)のプロフィール
個人英語教室(ネット版)のイングリッシュティーチャー。年以上にわたり、名様以上に英語指導。『日経WOMAN』『English Journal』等掲載。

昔は通信簿2(5段階、公立中学)、偏差値30と英語が苦手。1年でTOEIC 900点TOEIC 990(満点)、英検1級(2次試験はほぼ満点)

必須英単語2000語を苦労なく覚える方法(無料)
海外ドラマから英会話表現ランキング(無料)
英語初心者無料メール講座(無料)
英会話のための英文法 G4C(最も万能なコース 締切)
ゼロからの英語やり直し教室 New Beginning(名様 締切)
分かる! 解ける! 英文法!(名様 締切)
英語真っすぐリーディング講座(名様 締切)
プロフィールをもっと見る