fixedImage
分かる! 解ける! 英文法!
初心者用講座!
英語真っすぐリーディング講座
英会話のための英文法
勘違い解消でTOEICアップ!
無料レポート
「1年でTOEIC 900!
TOEICの意外な落とし穴」

無料レポートの入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて、送信を押すだけ。さらには単語の覚え方、英会話上達についてまとめた無料レポートも。

そのアドレスに人が読んでいる私の無料メールマガジン(メルマガ)と一緒にお送りいたします。

メルマガ読者登録は完全無料、いつでも配信停止可能
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたメールアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。

























執筆者:鈴木 拓(すずき たく)のプロフィール
個人英語教室(ネット版)のイングリッシュティーチャー。年以上にわたり、名様以上に英語指導。『日経WOMAN』『English Journal』等掲載。

昔は通信簿2(5段階、公立中学)、偏差値30と英語が苦手。1年でTOEIC 900点TOEIC 990(満点)、英検1級(2次試験はほぼ満点)

必須英単語2000語を苦労なく覚える方法(無料)
海外ドラマから英会話表現ランキング(無料)
英語初心者無料メール講座(無料)
英会話のための英文法 G4C(最も万能なコース 締切)
ゼロからの英語やり直し教室 New Beginning(名様 締切)
分かる! 解ける! 英文法!(名様 締切)
英語真っすぐリーディング講座(名様 締切)
プロフィールをもっと見る

英語の才能ある人は伸び悩む





今号は、「英語の才能ある人は伸び悩む」についてお話いたします。







■「わかっちゃう」人はいます

今は小学生からですが、皆さんのほとんどは、中学の授業から英語を始めたかと思います。
(アルファベットは知っていたとか、ちょっと英会話教室に行ったことがあるという人はいるとは思いますが)

中学や高校のときって、同じ授業を受けていても、個人差がけっこうあります。

もちろん、真面目にやっている人はできるようになる可能性が高くなりますし、真面目にやらず怠けている人ができるようになる可能性は低くなります。


ただ、必ずしも努力に比例するわけではない。

中には、

「努力しているんだけど、そんなに英語ができるわけじゃないんだよなぁ」

というように、「努力のわりには成績がいいわけじゃない」と言う人も
います。


その反対に、

「そんなに勉強しているわけじゃないのに、成績良いんだよなぁ」

というように、「努力のわりに成績がいい人」もいます。


今回お話ししたいのは、この「努力のわりに成績がいい人」です。

私とは逆のタイプなのですが、

「なぜかわかっちゃうんだよね」

という人っていますよね。


先生が大して説明しているわけでもない、あるいは、説明していても、ほかの生徒は理解に苦労している。

それなのに、「こういうことでしょ?」とささーっとわかってしまう。

例えば、関係詞のwhichとwhereの使い分け。

「オバマ大統領が訪問した博物館に行ってみたい」

I want to go to the museum where President Obama visited.

のように、場所が先行詞(the meseum)だと、すぐにwhereを使ってしまう人が多いんです。

でも、正しくはwhichなんですね。


このwhereとwhichの使い分けはけっこう苦労する人が多いんです。

もちろん、詳しい説明がないのにわかる人というのはあまりいないですし、説明をされても、わからない人は珍しくありません。

ところが、中には、すぐに、

「えーと、これはwhereでしょ? こっちだと、whichでしょ?
 
これはwhere。こっちはまたwhereで、これはwhichね」

というように、なぜか分かってしまう人。

感覚でわかってしまう人っているんです。


上記の関係詞の例は一例に過ぎません。

もっと簡単な話。

例えば、

He doesn't like it.
He isn't a student.

のdoesn'tとisn't使い分けとかもそうです。

このレベルですと、多くの人がちゃんとルールとして理解しているとは思います。

「likeは一般動詞だからdoesn't。isはbe動詞だから、isn't」

というように。


ただ、中学1年のときは知らなかったはず。

普通の人は、

「likeは一般動詞だからdoesn't。isはbe動詞だから、isn't」

のように、ルールを学んだからわかるようになります。

でも、そのときに、なぜか感覚でわかってしまう人っていうのはいるんです。







■壁にぶつかったときに大変です

このように、世の中には、なぜかわかってしまう人っていうのがいるんです。

ハッキリと言ってしまえば、「英語の才能がある人」って言って良いと思います。

一見すると、これは「良いこと」のように思いますよね。

確かに、中学・高校時代や、大人になってからの英語学習でも、「ある程度まで」は良いことなんです。


「才能のおかげで、人より少ない努力でスイスイ身に付いて行く」

良いことであり、楽ですよね。


ただ、こういったタイプの人は、あとでとんでもない壁にぶつかることがあるんです。

才能で出来てしまうのですから、当然ながら、こういう人は才能で進んで行きます。

中学、高校時代の成績もいい。

そして、大人になってからも、TOEICはけっこう良いスコアが取れる。600→650→700と伸びて行く…。


ただ、ここら辺で壁にぶつかってしまう人が多いんです。

中には、本当にすごい才能を持っていて、才能だけで、700→800→900と突破してしまう人もいます。

ただ、これは本当に希。

ほとんどの人は、中級レベル(TOEIC 500〜750ぐらい)で壁に当たるんです。


なぜこうなるかと言うと、だんだんやることがむずかしくなってきて、「よくわからないけど、何となく」では出来なくなってくるからです。

中級までは、持ち前の才能で、どんどん上達するかもしれません。

しかし、中級レベルまで来ると、

「あれー、感覚的にわからない…」

となってしまう。


普通の人だったら、中級になるまでに「考える勉強」をして来ています。

「えーと、これこれこういうルールがあるから、こうなって。だから、これが正しいのか」

というように。


なので、感覚的にわからないのなら、考えればいいだけのこと。

ところが、才能がある人の場合、感覚でわかってしまうがために、考えることをほとんど経験していない。

そして、「何となく」で来てしまったがために、ちゃんとした知識を持っていないことが多いんです。


例えば、

I didn't know that great news.

という文では、第3文型であり、

主語(S)がI
動詞(V)がdidn't know
目的語(O)がthat great news

だってことは、考える勉強をしてきた普通の人だったら知っています。

基礎中の基礎知識と言ってもいいでしょう。


ところが、才能があって、感覚でわかってしまってきた人だと、こういうことをちゃんと学んでいない。

でも、むずかしいことを学ぶには必要だったりするのです。


例えば、

The great news I didn't know was announced was about my friend's engagement with his girlfriend he met exactly one year ago.

では、The great news I didn't know was announcedをちゃんと取れない人が多いです。

そして、

これは、

I didn't know was announcedがthe great newsを修飾している。

もともとは、

I didn't know that which was announced.

という文だった。

IがS
didn't knowがV
that which was announcedは、従属接続詞+文=名詞のOという第3文型。

that節の中身は、

whichがS
was announcedがV

という第3文型の受動態。

そこからwhichというthat節の中身の文のSが前に出た。

その場合、従属接続詞thatが消されないといけないので、消されて、

which I didn't know was announced

となった。

そこからwhichが省略されたので、

I didn't know was announced

となった。

なので、「私が発表されたとは知らなかった素晴らしい知らせは」という意味になる。


という説明を受ける。

これはけっこうむずかしい説明なので、考える勉強をしてきた人でもわからない人はいます。

しかし、才能で突き進んだ人だともって酷く、

「このthatってなんだ? 従属接続詞って何?

このthatってなんで必要なんだ?」

という、もっと根本の基礎ですらわからなかったりします。


・従属接続詞とは何か
・thatは従属接続詞として使うことができる
・従属接続詞that+文=名詞

これらは、基礎知識です。

初心者が習う知識です。


なので、ちゃんと考える勉強をしてきた中級者ならわかることです。

ところが、才能で突き進んできた人だと、こういう考えることをしていないので、基礎知識すらない。


感覚ではわからないので、考えないといけないのに、今まで考えることをしてきてないので、基礎知識がなくて、考えようとすることすらできなくなってしまうのです。







■考える英語学習をしておいた方が…

才能があることは良いことです。

「考えずともわかってしまう」というのは、良いことではあります。

ただ、それは長続きしないことが多いんです。

たまに、才能だけで上級まで行ってしまう人はいますが、大体の人は、中級で壁にぶつかってしまいます。

なので、仮に今、

「考えずともわかってしまう」

という状態の方がいらっしゃいましたら、それは将来的には危険かもしれません。


壁にぶつかってっから、初心者が学ぶような基礎から始めるのはけっこう大変だったりします。

なので、できれば、今のうちから、ちゃんと考える学習をしておいた方が安全だと言えます。


以上が今回のお話になります。

私のように「もともと才能があるタイプではない」方も、「才能だけでやってきて、壁にぶつかってしまった」という方も、「今は感覚だけでわかっているけど、将来を見据えて」という方も、英文法を、論理的に考える形で学びたい方には、

「分かる! 解ける! 英文法!」

がお役に立てれば幸いです。


「TOEICで900点突破しました!」
「30代から英語学習にチャレンジ。1年足らずでTOEIC 830点突破! 大学時代は400点未満でした」
「TOEIC 850点突破しました!」
「TOEICで文法問題が全問正解できました!」
「TOEICが1年弱で200点以上もアップしました!」
「TOEICで150点もアップしました!」
「TOEICリーディングセクションだけで100点も上がりました!」
「TOEICが一気に100点近くアップしました!」
「質問しても、丁寧に回答してくれるので本当に助かります!」
「これほど分かりやすい英文法教材は初めて!」
「もっと早く知っていれば!」
「英文がパズルのように見えるのが本当に面白い!」

と、大好評いただいている講座で、

「TOEICの点を上げたい」方はもちろん、
「仕事で英会話ができるようになりたい」方、
「海外で暮らせる英語力を身につけたい」方まで、

本当にいろいろな方に受講していただいております。


わからないところがありましたら、制作者である私に直接メールで質問していた
だけます。(こちらのサポートが大好評いただいております。)

英文法を学びたい方にはぜひオススメの講座です。

詳しくは↓をご覧下さいませ。無料サンプルも公開しております。
「分かる! 解ける! 英文法!」


長文最後までお読みいただきありがとうございました。
皆様、今後とも英語学習がんばって行きましょう!











英文法暗記法、英文法が暗記できない? その発想が間違いです
https://www.thebelltree.com/toeic_grammar/archives/2018/10/post_55.html
今回は「英文法暗記法、英文法が暗記できない? その発想が間違いです」というお話です。 ■私は英文法で英語ができるようになった 今回は、まずは私自身の話からさせてください。 メルマガをある程度の期間お読...

英文法不要論は英語の才能がある人が言うこと
https://www.thebelltree.com/toeic_grammar/archives/2018/10/post_56.html
今回は「英文法不要論は英語の才能がある人が言うこと」というお話です。 ■日本の学校の英語教育は批判されるが… 私は仕事柄、英語指導者や、英語ができる人とお会いすることが多いです。 ただ、同じ英語指導者...

英文法を覚えるコツ? 英語は覚えるものではない
https://www.thebelltree.com/toeic_grammar/archives/2018/10/post_57.html
今回は「英文法を覚えるコツ? 英語は覚えるものではない」というお話です。 ■とても多い「お悩み」 私は多くのサイトを運営していますが、いろいろな検索ワードで来る人がいます。 例えば、「TOEIC 70...

TOEICの英文法問題の明らかな傾向
https://www.thebelltree.com/toeic_grammar/archives/2018/10/toeic_19.html
今回は「TOEICの英文法問題の明らかな傾向」というお話です。 ■TOEICの英文法問題出題分野 ご存知の方も多いかと思いますが、TOEICの概要をお話させていただきますと、TOEICは、リスニングセ...

英語教科書の暗唱は意味がない、効果がない
https://www.thebelltree.com/toeic_grammar/archives/2018/10/post_58.html
今回は「英語教科書の暗唱は意味がない、効果がない」というお話です。 ■日本の英語教育の一般的な方法 英語で苦戦する日本人は多く、大人向けに、 「やり直しの英語学習法」 が書かれている、雑誌や本は多いで...

TOEIC英文法問題集の間違った解き方
https://www.thebelltree.com/toeic_grammar/archives/2018/10/toeic_20.html
今回は「TOEIC英文法問題集の間違った解き方」というお話です。 TOEICにおいても、非常に重要な点です。 ■日本語に訳させる問題点 よく知られているように、日本の英語教育は、日本語に訳させることに...

TOEICはテクニック本をやらないことがおすすめです
https://www.thebelltree.com/toeic_grammar/archives/2018/10/toeic_21.html
今号は「TOEICはテクニック本をやらないことがおすすめです」というお話です。 ■TOEICが改訂されますが… ご存知の方は多いと思いますが、2016年の5月からTOEICが改訂されました。(前回の改...

英語の才能ある人は伸び悩む
https://www.thebelltree.com/toeic_grammar/archives/2018/11/post_59.html
今号は、「英語の才能ある人は伸び悩む」についてお話いたします。 ■「わかっちゃう」人はいます 今は小学生からですが、皆さんのほとんどは、中学の授業から英語を始めたかと思います。 (アルファベットは知っ...

なぜ英文法が重要・大切なのか? 学ぶのか?
https://www.thebelltree.com/toeic_grammar/archives/2018/11/post_60.html
今号は、「なぜ英文法が重要・大切なのか? 学ぶのか?」についてお話いたします。 ■英語の意味がわかるには? 英語の第一歩、これは、単純に、 「英語がわかる」 これにつきると思います。 教材や試験で出て...

英語は日本語に訳さない。英語は英語のまま理解する
https://www.thebelltree.com/toeic_grammar/archives/2018/11/post_61.html
今号は、「英語は日本語に訳さない。英語は英語のまま理解する」についてお話いたします。 ■良い点もいろいろあるのですが… 世間的には、「日本人は英語が苦手」と言われています。 しかし、日本人は英語を勉強...

無料レポート「必須英単語2000語を苦労なく覚える方法」
通信簿が2で、英語が大嫌いだった私が1年でTOEIC 900を達成した原動力です。

書きまくりや、赤シート、カードなんか使わなくたって英単語は苦労なく覚えられるんです!

その英単語の覚え方を無料レポートで解説! さらにはTOEIC対策、英会話上達についてまとめた無料レポートも。人が読んでいる無料メールマガジンと共にお届け。メールマガジンは読者登録完全無料、不要になったらいつでも配信停止可能

無料レポート入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて"送信"を押すだけ。入力されたアドレスにお送りいたします。
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。
執筆者:鈴木 拓(すずき たく)のプロフィール
個人英語教室(ネット版)のイングリッシュティーチャー。年以上にわたり、名様以上に英語指導。『日経WOMAN』『English Journal』等掲載。

昔は通信簿2(5段階、公立中学)、偏差値30と英語が苦手。1年でTOEIC 900点TOEIC 990(満点)、英検1級(2次試験はほぼ満点)

必須英単語2000語を苦労なく覚える方法(無料)
海外ドラマから英会話表現ランキング(無料)
英語初心者無料メール講座(無料)
英会話のための英文法 G4C(最も万能なコース 締切)
ゼロからの英語やり直し教室 New Beginning(名様 締切)
分かる! 解ける! 英文法!(名様 締切)
英語真っすぐリーディング講座(名様 締切)
プロフィールをもっと見る